アーカイブ: 金塊の歴史年表

ニール・キーナン最新情報:後退してはならない 3/3 ~キーナン・チームの過去の業績まとめ(後編)~

 前々回、前回と続き、三部作の最後です。キーナン・チームが金塊史の中から再度重要な部分をピックアップしてくれています。
 昨年末の「金塊の歴史年表シリーズ1~13」でラストにあったのが、今回の冒頭の12章です。
 13章からは金塊史にはない、2016年度9月までの情報となります。前回もそうですが、一回目の韓国の掩体壕泥棒以降は元記事がありますので、文章の内容が整合性が取れない場合や単語を取り違えていると思われる箇所などは、より詳しい元記事の方の情報を元に訳しました。場合によっては真逆の意味になっておりますが(9章のlordingという記載を元記事のdwarfingと変えたり)、いちいち断りを入れておりませんので悪しからず。
 記事を読むと、国連を始めとするカバール連中が追い詰められていく様が伝わって来ますが、その一方でキーナンのチームも先へ進むには免責特権や逮捕権限など、まだまだ道具が足らないようです。
 キーナン氏とその周囲の人々は暗殺未遂を何度も経験しています。仲間が投獄されたり、実際に暗殺されたこともあります。ご本人も盛られた毒の影響か、ややぐったりしている様子の動画があり、最近は記事の更新も減りました。ヒーリング・コンピューターで治療しているようですが、確かに根を絶たないと解決しませんよね。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン最新情報:後退してはならない 3/3 ~キーナン・チームの過去の業績まとめ(後編)~
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ


12.国際担保口座群の財政管理人、M1にニール・キーナンが選出される

 

2015年12月

11月25日の夜遅く、アジアのとある国(インドネシアではない)で会合が開かれた。出席したのは国際担保口座群資金の最も多く(何千兆もの価値)を所有している長老たち、スピリチュアルな助言を長老たちに行っている者、通訳としてジョー、そしてニール・キーナン。非常に厳戒な警備態勢が敷かれた。

彼を待ち受けている資産の存在、加えてその受け渡しを“安全に”行える時期が間近に迫っていることを通達されたキーナンは、さらに長老たちが一年も前に彼が署名すべき「書状」を作成済だったことを聞かされて益々驚いた。

キーナンが署名することで、彼は「ナンバー1(N1)」、あるいはよりよく知られた名称としては「M1」として認識されることになる。キーナンのN1選出は長老たちの全会一致の同意による決定だった。

「ニール・キーナン更新情報:口座群が目前に/前途は順風満帆」 
「ニール・キーナン更新情報:誰よりも上手くやれる――それが【選ばれた】理由」 


13.【マレーシアの】首相ナジブ・ラザクをカバールの14兆アメリカドルの資金調達取引に引き摺り込もうとするフィリピン大統領【の息子】“ボンボン・”マルコスの試み

 

2016年2月

信じ難い程の経済的被害を世界の大半にもたらしかねない、グローバリストの一大詐欺が行われようとしていることをキーナンは知らされた。もしNWOの下僕が14兆ものアメリカドルを世界市場に投じることを許可されてしまったら、アメリカドルの価値は一体どうなることだろう?

「ニール・キーナン更新情報:マレーシアよ、皆が見ているぞ」 

 

14.同一制度の看板を挿げ替えるに過ぎない、“古い”アメリカ共和国を“新共和国”に置き換えるというカバールの企みをキーナンが暴露

 

2016年5月

我々はあまりにも長きに渡って、政府と称する単なるいち企業体に翻弄され続けてきた。さて、奴らには前へ出て来てもらって、自分たちがついに追い詰められ、逃げ道を塞がれたのだともうそろそろ自覚して頂こうか。

 

確かに我々は新共和国の話は耳にしているが、パズルのピースを繋ぎ合わせれば新旧どちらも同じものだと気が付く――単に新しい色を塗った新しい国旗だのを掲げるだけである。

「ニール・キーナン更新情報:旧共和国vs新共和国、観念しろ」 


15.潘基文やジェブ・ブッシュや其の他を使ったカバールの資金補充計画をキーナンが暴露、中国の習近平国家主席と韓国の朴大統領に事前の警告が伝えられ、企みは阻まれた

 

2016年7月

「潘基文がそこを訪れた目的は、NWOないしはグローバリストのアジェンダを延命させるためだ。習近平国家主席は腰掛けたまま、彼の提案を面白げに眺めていた。」
「ニール・キーナン更新情報:中国や韓国に一杯食わそうとした国連事務総長潘基文の試み――無残にも失敗」 
「ニール・キーナン更新情報:国連・NWO・潘基文の愚行は中国が押し退け、キーナンがトドメを刺す」 

» 続きはこちらから

ニール・キーナン最新情報:後退してはならない 2/3 〜キーナン・チームの過去の業績まとめ(前編)〜

 前回はこのところ激化している韓国での掩体壕泥棒の話でした。このサイトの数箇月前の記事、「最終戦線が張られようとしている 〜小沢一郎氏からの告発〜【前半】」とか「ニール・キーナン最新情報:カバールの解体(後編)」などを見て頂くと、日本人の泥棒も続々登場していますから他人事ではありません。
 元記事では名前やら名刺やらパスポートやら、あまつさえ写真まで曝されて、我が国の恥です。トップの安倍がモリ&カケで金を巻き上げている国だけあります。お家芸になりつつあるので、その前に終わらせたい。
 今回は「キーナン・チームの過去の業績まとめ(前編)」といったところです。次から次に、あっちもこっちも略奪だらけ。地球人の歴史ってなんなんでしょう……。
 ここでも日本が侵略する側として登場します。キーナン氏のサイトに時々登場する「日本の軍隊」ってのは自衛隊のことでしょうな。英語ではアレ、「日本軍」ってごく普っ通に呼びますから。「自衛隊」なんてごまかしが通用するのはお花畑な日本人シープルだけっす。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン最新情報:後退してはならない 2/3 〜キーナン・チームの過去の業績まとめ(前編)〜
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ 

ニール・キーナンとKグループ:これまで達成した主要な業績 

1.一兆ドル訴訟

 

2011年10月
これは現代史において、最も大規模かつ一番のスクープとなった話かもしれない。我々は情報を繋ぎ合わせて一つにし、今ではオカルトな金融・地政学的場面で何が起こっているか、そして117以上の国々による同盟がいかに金融独裁から地球を解き放とうと動いているか、を理解するようになった。
「金融独裁を終わらせるかもしれない一兆ドル訴訟、第一部」 
「金融独裁を終わらせるかもしれない一兆ドル訴訟、第二部」 


2.G7の各中央銀行と連邦準備制度下の12の銀行に対してキーナンが担保権を主張する訴訟を起こす

 

2012年5月
これらの新たな担保権【訴訟】は非常に複雑怪奇な海事法という制度の中で提訴している。

訳者解説
上の一兆ドル訴訟中、判事がオバマ側の回し者に挿げ替えられてしまったのでそちらを一時中断し、別枠で訴え直した。



これらの担保権は、連邦準備制度に連なる共謀者各自に対する逮捕令状を構成している。
「逮捕令状:G7の中央銀行に対する担保権提訴」 


3.カバールがサウスカロライナ州チャールストンで核爆弾を爆発させる計画を阻止したという情報をキーナンが拡散

 

2013年10月
キーナンは自分のところにまず届けられた機密情報を報告した;「アメリカ国防総省よ、我々を救いに駆け付けてくれてありがとう。機密への最高ランクのアクセス権限を有していた最上位の大将4人が我々のために立ち上がり、各々の職と家族を養う術を失ってしまった」。

彼ら愛国者たちは、サウスカロライナ州チャールストンにある核弾頭の爆破計画を阻止したのだ;この計画は、偽旗事件としてでっち上げるため、オバマのハンドラー連中がオバマ経由で命じたものだった。

 「ニール・キーナン更新情報:ペンタゴンよ感謝する、我々を救いに駆け付けてくれて」 

» 続きはこちらから

金塊の歴史年表13(最終回):克服しなければならなかった挑戦と引き延ばし作戦の数々 / この世界は解放されるのだろうか?

翻訳チームからの情報です。
 金塊史、最終回です。今回は総括ということで、常々心配されていたキーナン氏の個人資産情報など。想像以上に嫌がらせを受けていらっしゃいます(というか、完全に犯罪ですよね、関係者を逮捕出来ないのが理解不能なレベルの)。
 それと周辺のスタッフや協力者の名前が挙げられています。最後の〆の「ラディン」氏ですが、キーナン氏のサイトでも他の頁には登場していないようです。誰なのでしょうか。ネットで幾つか組み合わせを検索してみましたが見つかりませんでした。暗号なのでしょうか。
 兎にも角にも、ここまでお付き合い頂きありがとうございます。キーナン氏のコメントにもありましたが、皆さまどうか素敵な冬休みを。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
金塊の歴史年表
転載元より抜粋翻訳)

8.00現状 最後の一手



キーナンは掩体壕への十分なアクセスを得るため、そして国際担保口座群を開けるため、もうあと一歩のところまで来ていた。彼の努力は、カバールの犯罪的な戦法によって足を引っ張られていたのだ。彼らはキーナンの銀行口座を“消し去り”、手助けしてくれていた良き友を暗殺し、もう一人の仲間を車の“事故”で殺そうと試み、さらにはとある国家にキーナンとの取引をしないよう、要求していた。

なすべきことを行っていく過程で、キーナンは参加を表明してくる者共、全員と会った。そしておとりや嘘つきや中傷者共と真っ向勝負をし続けた。皆ことごとく撤退し、一部は法の裁きを待つ身となった。キーナンは持ち前のユーモア精神を少しも損なうことなく、暗殺者たちを巧みに切り抜け、傷一つなく姿を現した。【中略】

今やキーナンはますます多くの人材を獲得しており、誰にも引けを取らない一流の警備と、最強の国際弁護士という2人の専門家を招集した。全員の準備は万全、Kグループを別の次元に引き上げてくれるだろう。【中略】

8.01 克服しなければならなかった挑戦と引き延ばし作戦の数々



(2008年から2015年までの期間)

人道的支援に向けて国際担保口座群を開放するため、キーナンは自分の財布から何百万ドルも支出してきた。

キーナンが2011年11月にカバールを相手取って訴訟を提起した後、奴らはキーナンのアメリカ合衆国パスポートを取り上げ、オバマによって搭乗拒否(ブラック)リストに載せた。キーナンはそれ以来、アメリカの自宅には帰っていない。

南アメリカとカリブ諸島とアメリカ合衆国にあったキーナン独自の何百万ドルという資産は、カバールによって凍結された。

2014年の終わりから2015年1月にかけて長老会と取引の最中に、インドネシアにいた盗賊共によってキーナンは2万ドル盗まれた。

2015年より以降は、インドネシアのデビットカード口座とブルガリアの私的口座が被害に遭った。どちらも6桁を超える金額が預けられていた口座だった。

以上の期間中、これまで合計6回の暗殺未遂がキーナン自身に、さらに幾つもの未遂が彼のチームに試みられた。

【上部:「ニール・キーナンが失われた聖櫃を救い出す」、下部:「国際担保口座群」 ※映画の引用がお好きなようです。こちらはキーナン氏をインディ・ジョーンズに見立てた映画ポスター】

【上部:「ニール・キーナンが失われた聖櫃を救い出す」、下部:「国際担保口座群」
※映画の引用がお好きなようです。こちらはキーナン氏をインディ・ジョーンズに見立てた映画ポスター】



» 続きはこちらから

金塊の歴史年表12:レッド・ドラゴン大使の正体 / 暗殺未遂事件 / ニール・キーナン氏こそがN1(M1) / 連邦準備制度による最後の悪あがき…他

翻訳チームからの情報です。
 壮大な金塊史も残すところ、あと一回となりました。今日は2015年7月、レッド・ドラゴン大使やASM王の正体を暴くところからです。相変わらず、巨額の資産に群がる詐欺師が何人も暗躍しています。雇っているのが、「欧米のアルファベット何文字かを名乗る機関(しかも複数)」だという点。つまりUNだのCIAだのOITCだの、アルファベットの名称で通用してしまう組織だというのが実に情けない。
 また、映画ばりの暗殺未遂もあります。以前、虫型ロボットに暗殺されかけたのに比べると、非常に分かり易いオーソドックスな手法とも言えますが、生きた心地はしませんよね。
 11月末には、キーナン氏がインドネシアのスカルノ大統領を継いで、N1(ナンバーワン)つまりM1(Monetary 1=たった一人の口座管財人)に任命されることが決定します。その会議で登場する「スピリチュアル・アドバイザー」って、誰なのでしょう。コブラ氏が前からちょいちょい台湾に出没しているので気になっています。
 じわじわと敵対勢力が追い詰められているのがよく分かる回で、個人的にはスカッとしました。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
金塊の歴史年表
転載元より抜粋翻訳)

7.36 偽のレッド・ドラゴン大使、続編



2015年7月 ‐ キーナン・チームは偽のレッド・ドラゴン大使の正体をさらに暴いた。ということで、架空のアジアン・レッド・ドラゴン・ファミリーに所属し、甘い言葉をささやいていた大使とやらの正体は、ボー・ミカエル・リンドストローム。1998年まで在インドネシア大使を、2006年まで在日本大使を、そして2010年まで在中国大使を務めたスウェーデンのミカエル・リンドストローム外交官の息子だ。

息子:ボー・ミカエル・リンドストローム、偽の大使    父親:ミカエル・リンドストローム、本物の大使

息子:ボー・ミカエル・リンドストローム、偽の大使   
父親:ミカエル・リンドストローム、本物の大使


詐欺的なASMのASBLP銀行やLSM-TVM666口座群への権利を主張する大半の大使関係者たちもそうなのだが、大概が犯罪歴を有する怪しげな関係者たちと共に、レッド・ドラゴン大使の正体も暴かれることとなった。

アンソニー・サンティアゴ・マーティン“王”すなわちASMとLSM-TVM666口座群:最初に我々が暴いた大使の正体からもご想像はつくとは思うが、王に成りすましたこの男の存在も、世界銀行グループ文書によって偽装され、彼が所有している「ホワイト・スピリチュアル・ボーイ口座群(ないしはスピリチュアル・ホワイト・ボーイ口座群)」もASBLP銀行とやらも全てがでっちあげである。

【※ASMフィリピン国王(あくまで自称)は、ASBLP銀行のトップ。噂ではマルコス大統領の息子だとかなんとかで、そのバックにいるのが世銀と300人委員会っぽいです。下の画像で「アルファ・オメガ」という名称が出てくるのは、ASM国王がアルファ・オメガ・ワールド開発マーシャル計画という団体のトップであるマルコス王子、暗号ネームLSM-TVM-666だという噂があるせいでしょうか。】

【右下はアルファ・オメガ・ステーション(AOS)の5弁の花びらの印章を拡大したもの。「國際梅花協會」と表記されています。左はアルファベット5つの機関、スピリチュアル・ホワイト・ボーイのLSM-TVM-666口座群の紋章でしょうか?同じく5つの梅印があります。 ちなみに右上はこちらの解説曰く、アルファ・オメガ・ステーションの紋章と、それに黒い雌鶏をかぶせただけのレッド・ドラゴン集団機関の紋章】

【右下はアルファ・オメガ・ステーション(AOS)の5弁の花びらの印章を拡大したもの。「國際梅花協會」と表記されています。左はアルファベット5つの機関、スピリチュアル・ホワイト・ボーイのLSM-TVM-666口座群の紋章でしょうか?同じく5つの梅印があります。
ちなみに右上はこちらの解説曰く、アルファ・オメガ・ステーションの紋章と、それに黒い雌鶏をかぶせただけのレッド・ドラゴン集団機関の紋章】


現在進行中のこととして、入れ替わり立ち替わり現れる詐欺師たち(最低でもこれまで5回)は、欧米のアルファベット何文字かを名乗る機関どもがテコ入れし、アンソニー・サンティアゴ・マーティン(ASM)と名乗らせている。実のところ、最初のASM氏自身が認めてしまっているのだが、彼は正当なASM口座群への不当なアクセスを目的として作り上げられたのであって、署名人としての役割しかないのだそうだ。

【つまり、自分は操り人形に過ぎないのであって、口座の金を実質横取りするのは、バックに控える組織だと証言した、という意味。】

2015年7月 ‐ キーナンとジョーの命が狙われた。事件に先立つ週には、キーナンに情報がもたらされ、海外で彼が使用していた暗めの色の車を運転しないよう警告されていた。幾つかの理由で、キーナンとジョーは次の行き先まで電車で行くことにしたのだ。

駅へ向かう道は混みあってなかなか動かなかったのだが、中が見えないよう窓が着色してある、日本産小型スポーツカーが二人の乗ったタクシーに近づいてきた。最初の一撃の発射後、キーナンはどの車から自分たちが狙われているのかを把握した。窓から銃を持つ手が見えている。さらに二発発射され、一発は後部座席の金属ドアに食い込み、もう一発はタクシーの窓を割って、しゃがみ込もうとしたジョーの頭すれすれをかすめた。キーナンもジョーもなんとか無事で済んだが、翌日は電車移動した方がいいと決意したのだった。

» 続きはこちらから

金塊の歴史年表11:金塊の隠し場所に入る / レッド・ドラゴン大使の正体 / バンドン会議:大きな一歩…他

編注)土曜日の掲載予定でしたが、諸事情により、本日の掲載となりました。申し訳ありません。 

翻訳チームからの情報です。
 今回は2014年12月から2015年4月までです。
 前回釈放されたインドネシア人のネル氏と共に、キーナン氏は西洋人として初めて金塊の隠し場所に入ることを許されました。ようやく一部をこれまでの報酬として貰いますが、相変わらず色んな詐欺師が入れ代わり立ち代わりたかって来ます。いい加減、キーナン氏がぶち切れたご様子。
 2015年に開催されたバンドン会議も登場します。NAM(非同盟諸国)といい、一般の歴史教科書では重視されない会議や団体が実は大きな役割を果たしているのが分かります。悪の会合や団体も教科書では隠蔽されますから、”先進国”の現代社会がいかに情報統制されているのか窺い知れるというもの。こういうことの積み重ねで、一般市民は判断能力を削がれていくのでしょうか。
 あとは、次回も登場するレッド・ドラゴン大使。スイスインドのM1詐称といい、この世界は詐欺集団が跋扈しすぎですよね。1%のために存在する歪んだ金融システムが誘発している気がします。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
金塊の歴史年表
転載元より抜粋翻訳)

7.30 箱を開ける



2014年12月 ‐ 極めて重要な特筆すべき事柄だが、西洋人では初めて“掩体壕”に入ることになったのがキーナンだ。内部には、金塊・宝石・美術館に収蔵されるレベルの工芸品・全種類の額面金額での近代の世界の通貨といったアジア家系の巨万の富に加えて、人類に対して犯された残虐行為の一部を詳しく記載した大変貴重な書類も保管されていた(発見された書類はキーナンが再度訴訟を起こす際に、補強証拠として使われるだろう)。

【金塊の入った箱を開けるネル氏とキーナン氏】

【金塊の入った箱を開けるネル氏とキーナン氏】


この掩体壕(約1000ほどあるうちの1つ)は広さ16エーカー、高さ4階の地下の洞窟で、ドラゴン・ファミリーが今日まで長年に渡って収納して来た財宝で埋め尽くされていた。掩体壕に辿り着くまでには、幾つもの予測不可能な挑戦が待ち受けていた。キーナンとネルとジョーが掩体壕に入れるようになるには、長老たちからの複数の認可手続きが必要とされた。しかし三人は度重なる延期にも睡眠不足にも怯むことなく、入室許可の呼び出しがかかるまで体調を整えていた。

【下記の「とある動画」】

【下記の「とある動画」】


キーナンの偉大なる活躍に対する感謝のしるしとして、長老たちは金の延べ棒が詰められた箱を彼に与えた。とある動画で、彼はその箱の1つを開け、中にある金の延べ棒を見せている。

2014年12月 ‐ キーナンは別の掩体壕へ入る道を確保するために、上記の金の延べ棒入りの箱を使って「the Horse of Fortune」との更なるレバレッジを求めた結果、盗難に遭ってしまう。

【※the Horse of Fortuneとは:
中国語で「馬上發財」を意味する馬の置物(ようするにお金を運んでくる縁起物)を英訳するとこうなるのですが、この文脈で何を意味しているのかはっきりしません。もしかしたら下記の長老のあだ名なのか、単に更なる幸運を求めたと婉曲的に表現したいのか……】

【左端のキーナンが「俺の金はどこだよ?」とユリアント(中央)、サトリオ(右端)の両者に視線を向けています】

【左端のキーナンが「俺の金はどこだよ?」とユリアント(中央)、サトリオ(右端)の両者に視線を向けています】


指定仲介人だったユリアントとサトリオは、資金を渡すべき相手だった長老の下には届けず、私利私慾のために盗んでしまった。キーナンは盗人に対して告訴を行った。資金を取り戻す当該手続きは今も続いている。

7.31 レッド・ドラゴン大使の正体



2015年2月 ‐ キーナンのチームはレッド・ドラゴン大使が誰でないのかを、【下記記事の】第一部で説明している。確かに“レッド・ドラゴン・ファミリー”大使だと名乗る人物は存在する。彼は自分の名前を明かさず、動画で自分の姿を映すことすら拒絶しているが、人類のためという名目の下、様々な約束事は口にするのだ(スイスインドもどきである)。欧米の黒い貴族連中のピラミッドの頂点周辺でないと出来ないような約束の類である。よもやそんなことは…あるまいな?

【※スイスインドとは:
こちらのまとめによると、全ての王族の血筋をひくインドネシア在住の男性こそがM1で、世界中の全ての金塊への権利を有している、との主張をしている団体だそうです。各国の“代表”からなる政府を形成し、全人類へ資産分配する計画を発表しています。】

【左絵の上:黙示録12章3節より「一つのしるしが天に現れた:…赤い大きな竜である。これには七つの頭と十本の角があって、その頭に七つの冠を被っていた。」 ハーメルンの笛吹きに扮するレッド・ドラゴン大使のセリフ「ついておいで…私は君たちが考えている人物ではないのだ…」 右上の紋章:「ローマの黒い鷹あるいは不死鳥(もしくは雌鶏?)」 右下:ASBLPグループ「秘密の最優先事項は300人委員会の金融」】

【左絵の上:黙示録12章3節より「一つのしるしが天に現れた:…赤い大きな竜である。これには七つの頭と十本の角があって、その頭に七つの冠を被っていた。」
ハーメルンの笛吹きに扮するレッド・ドラゴン大使のセリフ「ついておいで…私は君たちが考えている人物ではないのだ…」
右上の紋章:「ローマの黒い鷹あるいは不死鳥(もしくは雌鶏?)」
右下:ASBLPグループ「秘密の最優先事項は300人委員会の金融」】


彼らは偽のロゴマークを使用し、“レッド・ドラゴン・アジアン・ファミリー”という偽の名前を騙る。そして最も重要なのは、偽の口座であるASMやASBLP銀行およびLSM-TVM666である。過去の詐欺師たちは、そもそも自分たちのものですらないこれらの口座への権利を主張してきた。第二部では詐欺師たちの正体を暴いている。

7.32 手帖の公開について示唆



2015年3月 ‐ キーナンが激怒し、手元にある口座の暗号管理手帖とマクルマット宣言書を世界規模で曝すことの出来る受け取り手に開示すると発表した。管理手帖には、国際担保口座群へのアクセス・コード、口座が誰のものなのか、誰がこれまで秘密裏にその資産を盗み出してきたのか、詳しく記載されてある。

【キーナン氏】

【キーナン氏】


「この三箇月の間、様々な苦しみを味わってきた。自分の金は盗まれるわ、大みそかには自分の複数の銀行口座が空にされるわ、友人が我々を助けようとして殺されるわ、さらに別の友人は自動車事故で命の危険に曝されるわ、全てカバールが裏で糸を引いている。
とうとう今夜、“奴ら”がいかなる国も我々を援助してはならないと言っているのを耳にした。だから何だというのだ。全力で応戦する時が来た。同じことを仕返しさせてもらおう。奴らの弱みを逐一搾取してやろうじゃないか。
ここで1つはっきりさせておきたい。手帖があれば、ギリシャ政府はEUのふざけた返済要求について全く心配する必要はない。手帖は、EC(欧州委員会)がEU(欧州連合)全体に提供したのはただの何も書かれていない紙切れだったと暴露するだろう。なのに奴らは返済してもらえると思い込んでいる。ならば全く無価値の紙切れを返してやろうじゃないか?さらばだ、EU!
ロシアが手帖を手にしたら、欧米への損害は一体どれだけのものになると思うかね、この“金融の聖杯”を彼らが手にしたら?欧米が自分たちの人民に対して好き勝手に際限なく繰り返してきた詐欺行為の数々を白日の下に曝すことだろうよ!

7.33 ジャーマンウイングス9525便墜落事故の犯人は誰か



2015年4月 ‐ とある諜報員からキーナンへの緊急報告。ジャーマンウイングス9525便は米軍・NATO軍がテスト中のレーザービーム兵器によって撃ち落とされ、150名の無辜の命が殺害された。

・情報によると米軍・NATO軍のジェット機が墜落直前、9525便のすぐそばにいた。
・証拠の改ざん:ニューヨーク・タイムズ紙にコクピットの異変について偽情報が送られた。
・本物のボイスレコーダーの発見:本日マルセイユにて記者会見が進行中。
・NATO連合の潜在的危機 ‐欧洲は戦争をしたくてたまらないカバールにようやく見切りをつけたのか?

大手のメディアは真実を隠蔽し、総力を挙げて副操縦士を非難した。彼の経歴について使い古されたお決まりの筋書きのプロパガンダを繰り広げ、自殺するためだったと言い募る。だがインタビューを受けた操縦士によると、ひと月前に一緒に飛行した際の副操縦士は完全に問題なかったのだそうだ。毎度のことだが、大手メディアの言うことは全くもって辻褄が合わない。

» 続きはこちらから
1 2 3 4