アーカイブ: *生き方

ぴょんぴょんの「こもりびと」 〜人間はどこで自立につまづくのか?

 夜、なにげなくラジオをつけたら「みんなでひきこもりラジオ」が始まるところでした。
 なんとも珍しいタイトル、2時間、最後まで聞いてしまいました。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「こもりびと」 〜人間はどこで自立につまづくのか?


ひきこもりが抱える問題


「おくりびと」は聞いたことあるけど、「こもりびと」?
子守りびと?

ちゃうちゃう!
「ひきこもらー」のことだよ。

「ひきこもらー」?

ひきこもりのことだよ。
全国に、100万人以上いるという。


100人にひとり?! なんか、多くねえか?

夕べ、ラジオでひきこもらーを対象にした、「みんなでひきこもりラジオ」をやっててさ。
ひきこもらーのメッセージや電話トークがおもしろくて、2時間、最後まで聞いちゃったよ。



ひきこもらーのメッセージが、おもしろい?

ふつうのラジオじゃ聞けないようなメッセージが、新鮮でね。
でも、驚いたのは、リスナーの年齢層。
若い人ばかりと思ったら、13歳から60代まで、幅広い。
特に50〜60代が多かったけど、今や、ひきこもらーの半数以上が40~64歳だって言うからね。

ひきこもらーで、生活できてんのか?

そこが深刻な問題なんだ。
8050(はちまるごーまる)問題」。

はちまるごーまる?

80代の年金暮らしの親が、生活力の無い50代の面倒を見ているケースが増えている。

そういや、こんな事件があったな。
元中学体育教師の父親(66歳)が、20年以上ひきこもりの長男(40歳)を殺した事件。
YAHOO!ニュース


» 続きはこちらから

21/08/09 フルフォード情報英語版:シオンの長老たちに挑むイルミナティ

 8月9日フルフォード・レポート(英語版)です。フルフォード氏休暇中のため、事前に書かれた記事の第3弾です。前回のレポートで、フルフォード氏はアジア秘密結社と協力することにし、彼らにビルダーバーグ、外交問題評議会、三極委員会グループメンバー全員のリストを渡し、これらのグループをターゲットにすることで大量虐殺を阻止できるとフルフォード氏はアドバイスしたということでした。

 今回は、その3つのグループのトップ、デイヴィッド・ロックフェラーが2007年末自伝のプロモーションで来日時、フルフォード氏がインタビューをしたことがきっかけにフルフォード氏はその後、何度も破壊、暗殺されそうになったという話です。まるで映画の世界!

 「シオンの長老」、つまりロスチャイルド家とその手下たちに日本の政治を操るために派遣されたマイケル・グリーンバーグに、フルフォード氏は女性暴行者、アンフェタミン中毒者など中傷されたり、グノーシス派イルミナティのサーシャ・ゼリックに麻薬密輸業者として嵌められそうになったり、協力関係にあったアジア秘密結社からも保護を撤回され、忍者の白峰からもヤクザの幹部からもフルフォード氏が殺されることが公認されていると言われたそう。そんなフルフォード氏は山口組本部に出向き保護を頼むことに。

 マフィアやバチカンに命令を出しローマ皇帝の子孫というイルミナティの当時の代表、レオ・サガミがフルフォード氏を訪ねて来日。その後、フルフォード氏はイタリアのP2フリーメーソンに招かれ、さらにサガミはドイツ騎士団の騎士ヴィンチェンツォ・マッツァーラにフルフォード氏を紹介。が、ここでも暗殺未遂に!フルフォード氏が酷く病んで日本に戻った直後、2009年6月3日「キアッソ事件」が。この事件の真相が語られています。「キアッソ事件」の3日後、フルフォード氏、北朝鮮の工作員に毒針で刺され、またもや暗殺未遂を経験。日本の警察に相手してもらえず、日本外国特派員協会の同僚も欧米の報道機関の前でフルフォード氏がこの事件について話すことを拒否。この毒殺でフルフォード氏が死ななかった理由は、知り合いからビタミンC1gとビタミンD5,000IUを毎日飲めば解毒できるとアドバイスしてくれたお蔭というのはとても興味深い。生き残ったフルフォード氏は、2011年3月11日の福島原発事故と津波による大量殺人の引き金になったことをリアルタイムで知らされることに。次回は福島原発とその秘密の余波についてお話ということです。

 ヤクザに大量虐殺陰謀者に尻込まずどんどん自分から接触するそんな度胸は、一体どこからくるの?フルフォード氏主演のサスペンス映画の一部をどうぞ!
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:シオンの長老たちに挑むイルミナティ
投稿者:フルフォード 

秘密結社に嵐が吹き荒れる


The Illuminati Challenge the Elders of Zion After the Asian secret societies targeted the Western criminal elite, a total sh-t storm broke out among secret societies. Many of these societies have operated over millennia and mostly remain dormant. Now they all sprang to life and mobilized their members. I experienced this firsthand, as their members approached me or tried to destroy me. アジアの秘密結社が西洋の犯罪エリートをターゲットにした後、秘密結社の間では糞の嵐【異常に混乱した状況】が吹き荒れた。これらの秘密結社の多くは、何千年にもわたって運営されてきたが、ほとんどが休眠状態にある。今、それらはすべて息を吹き返し、メンバーを動員した。私は、そのメンバーが私に近づいたり、私を破壊しようとしたりするのを直接経験した。


来日中のデイヴィッド・ロックフェラーのインタビューのアポ取り成功


The real trigger for this was an interview I had with David Rockefeller in late 2007. Rockefeller had arrived in Japan to promote a Japanese language version of his autobiography. As a part of this promotion, some men in black arrived at a large bookstore and closed off all the exits before Rockefeller appeared and made himself available to sign his book. Somebody took a photo of this event and sent it to me with the note “Rockefeller is in town.” そのきっかけとなったのは、2007年末に行ったロックフェラー氏とのインタビューだった。ロックフェラーは、自叙伝の日本語版のプロモーションのために来日していた。そのプロモーションの一環として、大きな書店に黒服の男たちがやってきて、出口をすべて封鎖した後、ロックフェラーが現れてサインをした。誰かがその様子を写真に撮り、「ロックフェラーが町に来ている。」というメモを添えて送ってくれた。

デイヴィッド・ロックフェラー
ツイートはシャンティ・フーラが挿入

As a long-term foreign correspondent in Japan, I knew big wigs like him typically stayed at the Hotel Okura across the street from the U.S. embassy. So, I waited until 10 PM, when I figured his handlers would have left the room but he was still awake, called the switchboard and asked for David Rockefeller. I was put straight in touch with him. I told him who I was and my background, and asked him for an interview. He agreed. 日本で長く外国特派員をしていた私は、彼のような大物はアメリカ大使館の向かいにあるホテルオークラに泊まるのが普通だと知っていた。そこで私は、彼の側近が部屋を出た後、彼がまだ起きていると思われる午後10時まで待って、電話交換台に電話をかけ、デイヴィッド・ロックフェラーを尋ねた。すると、すぐに彼と連絡が取れた。私は自分が何者であるか、自分の経歴を話し、インタビューを申し込んだ。彼は同意してくれた。

This interview took place the following morning. However, the fact that I was able to directly contact the head of the Bilderberg, Council on Foreign Relations and Trilateral Commission shortly after the Asian societies threatened the members of these groups let the world know this was the real deal. このインタビューは翌日の朝に行われた。然りとて、アジア秘密結社がビルダーバーグ、外交問題評議会、三極委員会グループのメンバーを脅かした直後に、私がこれらのグループのトップ【デイヴィッド・ロックフェラー】と直接連絡を取ることができたという事実は、これ【脅し】が本物であることを世界に知らしめるものだった。

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「昼はオニババ、夜マリア」 〜沢田美喜を通して見る、占領時の日本

 戦後、アメリカ軍兵士と日本人女性の間に生まれた、望まれない子どもらが社会問題になりました。とくに黒人との混血は差別され、悲劇的な光景があちこちで見られたそうです。
 その惨状を見て立ち上がったのが、「エリザベス・サンダース・ホーム」を立ち上げた沢田美喜さん。彼女について書かれた「GHQと戦った女 沢田美喜」を参考に、書きました。
(文中のページ数は本のページ、また本に準じて、沢田美喜、澤田廉三と記載しました)
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「昼はオニババ、夜マリア」 〜沢田美喜を通して見る、占領時の日本

「女彌太郎」と呼ばれた女傑


「エリザベス・サンダース・ホーム」、聞いたことあるか?

たしか、戦争孤児を集めて育てた施設で、女性一人で立ち上げたんだよね。
沢田美喜さんだっけ


うちのばあちゃんが、沢田美喜のファンでなあ。
「財閥の令嬢なのに、戦災孤児のために生涯を捧げた」って尊敬してた。


美喜さんは、三菱財閥のご令嬢だったね。
いくら、有り余る財産があっても、目の前の捨てられた孤児を助けるとなると、
勇気がいると思う。

それも、ただの孤児じゃねえ。
ついさっきまで戦争してた鬼畜米英との混血で、中には肌の黒いのもいるし。

ふつうの人なら、見てみぬふりだろうねえ。

ふつうの人、じゃなかったんだな。
美喜、「ママちゃま」を周囲の者はこう見ていた。
ママちゃまは普通の人ではない。生きていることそのものが素晴らしい。化粧もしていない。けれど凄い人。昼間はオニババ、夜はマリア・・」(16p)。

はあ? 昼はオニババ?? 

なんたって、三菱の創始者、岩崎彌太郎の孫だからな。

岩崎彌太郎
Wikipedia[Public Domain]

岩崎彌太郎のマゴ?!

祖父のDNAを引き継いだのだろう、「女彌太郎」と呼ばれた女傑だった。
塀の中で守られて暮らすのはキライ。
宗教も、岩崎家が反対するキリスト教を選ぶ。
結婚も、退屈な華族とはイヤ。


まさに、ワガママ令嬢って感じだね。

なんせ、とんでもない大金持ちだからな。
美喜の生まれた岩崎家本邸を見りゃわかる。



» 続きはこちらから

21/08/02 フルフォード情報英語版:北朝鮮人を知る

 8月2日のフルフォード・レポート(英語版)です。フルフォード氏は休暇中で、今回は前もって書かれた記事の第2弾です。記者としてフォーブスで働いていたフルフォード氏は、フォーブスから検閲され始めた。本の執筆にキャリア変更しようと思っていたとき、天皇陛下の従姉妹に当たる中丸薫さんから突然、電話。その後、ご本人と会うことに。そこで中丸薫さんに「あなたは日本の腐敗についてはすべて理解しているが、本当の原因が西洋にあることを何も知らない。」と言われ9.11の真相ビデオをもらった。それがフルフォード氏にとってレッド・ピル(赤い錠剤:真実に目覚めること)だった。その後、歴史的に戦争を始めるための口実として偽旗がよく使われたことを学ぶ。9.11の真相を知ったフルフォード氏は、日本外国特派員協会で記者会見を開き、海外メディアに証拠を発表したが、ほとんどのメディアはその証拠を報道せず、欧米のメディアから報道の自由が失われていることを実感。

 日本人作家、太田龍氏との出会いもフルフォード氏に衝撃を与えた。太田氏からは、西洋にはロスチャイルド家やロックフェラー家のような一族が運営する秘密政府があることを学んだ。
 フルフォード氏は、日本の政治家などが殺害されたのは、ロックフェラー社による日本株式会社の敵対的買収の一環であることに気づき始めた。ロックフェラー社がこの作戦を実行するために利用したキーマンが竹中平蔵氏。竹中は財務・経済大臣任期中(2002~2005)、銀行と企業が互いの株式を保有する株式持合制度を解体。銀行が保有する日本の上場企業の株式を外資系ファンドに売却。

 竹中平蔵氏がフルフォード氏に送った人物から、フルフォード氏が人類の9割を殺す計画に協力するなら、日本の財務大臣をやらせてもいいと言われ、このオファーを断ったら殺されると脅迫。その人物からもらった録音テープでは問題は「シオンの長老たち」と言っていた。

 その翌日、「赤と緑」のアジア秘密結社から電話。彼らは欧米の秘密結社と長い間協力関係にあったが、アジア人を殺すための生物兵器SARSで殺されそうになったので戦時体制下に入った。
 フルフォード氏はアジア秘密結社に協力することになり、ビルダーバーグ、外交問題評議会、三極委員会のメンバー全員のリストを渡し「目を抜きとる 」ことをアドバイス、またアメリカ国債の購入をやめるようにもアドバイス。これで人類の9割を抹殺しようとする試みは頓挫。これが2008年の金融危機「リーマンショック」、そしてオバマ政権誕生の真の背景であると言うフルフォード氏。

 次回は、「デビッド・ロックフェラーとの出会い」「黒い太陽」、「イルミナティ(2種類)」、「秘密宇宙計画ナチス」、「ロシア連邦保安局」、「元MI6 長官マイケル・ファンデミーア博士」などの出会いについてお話しされるそうです。

 常に正義感に溢れたフルフォード氏、その正義感が数々のご縁を引き寄せたのかな?!
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:北朝鮮人を知る
投稿者:フルフォード 

Getting To Know The North Koreans

はじめに


Notice to readers. So that I may take my annual sabbatical in the Canadian wilderness, the next several reports will be pre-written. They will focus on the history of how I got involved in fighting the Khazarian Mafia. Hopefully, this will help readers get a better understanding of what is happening now. Of course, if something really big happens, we will issue an emergency report. 読者の皆さんにお知らせだ。私がカナダの荒野で年に一度の休暇を取ることができるように、次のいくつかのレポートはあらかじめ書かれている。それらは、私がどのようにしてハザール・マフィアとの戦いに関わったのかという歴史に焦点を当てている。読者の皆さんには、今起きていることをよりよく理解していただけることを願う。もちろん、何か大きな出来事があったときには、緊急レポートを発行する。


北朝鮮の王女がフルフォード氏に証拠を見せる


The assassination attempts against me and the murder of many of my colleagues were part of a Nazi coup d’etat that took place in the U.S. after 9.11.2001. This Nazi faction, led by Fuhrer George Bush Sr., was a sub-group of the Khazarian Mafia. They were killing journalists as a part of an attempt to control the narrative, the story by which Western society was led. However, I did not figure that out until a North Korean princess showed me the evidence. 私に対する暗殺未遂や多くの私の同僚の殺害は、2001年9月11日以降、米国で起きたナチスのクーデターの一部であった。総統のジョージ・ブッシュ・シニアが率いるこのナチスの一派は、ハザール・マフィアのサブグループだった。彼らは、西欧社会を導くシナリオをコントロールするために、その一環としてジャーナリストを殺害していたのだ。しかし、私は北朝鮮の王女がその証拠を見せてくれるまで、そのことに気づかなかった。


フォーブスがフルフォード氏を検閲


Here is how it happened. I was running into serious censorship at Forbes. This started after I had run the story about the murder of the banker, that I detailed in last week’s report, brought me to the attention of the people who gave orders to the Forbes family. その経緯は以下の通りだ。私はフォーブスで深刻な検閲に遭遇していた。先週のレポートで詳述した 銀行員殺害の記事を掲載した後に検閲が始まった。銀行員殺害記事はフォーブス家に命令を下す人々の目に留まった。
For example, a story about Citibank (a Rockefeller company) being kicked out of Japan because it was money laundering for gangsters was killed even though my source was the Japanese Finance Ministry speaking on the record. The last straw for me came when I found out that an anti-virus software company was making viruses. Forbes killed the story, telling me I was “unreliable,” when in fact the story was killed because Steve Forbes had been given $500,000 by the anti-virus company, according to a Forbes whistleblower. 例えば、ロックフェラーの会社であるシティバンクが、ヤクザのためにマネーロンダリングを行っているという理由で日本から追い出されたという記事は、日本の大蔵省がオフレコで話しているというソースがあったにもかかわらず潰された。私の我慢の限界は、アンチウィルスソフトの会社がウィルスを作っていることを知ったときだった。フォーブスは、私を「信頼できない」と言って記事を没にしたが、実際には、フォーブスの内部告発者によると、スティーブ・フォーブスがアンチウィルス会社から50万ドル【約5500万円】をもらっていたために記事が消されたのだ。

» 続きはこちらから

21/07/26 フルフォード情報英語版:今終わりつつある秘密の戦争に、私がどのようにして関わることになったか

 7月26日のフルフォード・レポート(英語版)です。只今、フルフォード氏休暇中のため、今回から確か4回は、前もって書かれた記事とのことです。今回の記事は、フルフォード氏がハザール・マフィアとの戦いに関わるようになった経緯が書かれています。80年代後半の日本のバブル期の様子に始まり、当時の日本政府の操り人形振り、野村証券、日航機123便墜落事故などの裏事情。日航機墜落事故(1985年)以降、事実上日本の支配権を握っていたパパ・ブッシュの企みは、バブル期に日本中に散らばっていた巨額の資金を掌握することだったらしい。

 バブル崩壊後、日本政府が救済したのは、ヤクザにお金を貸していた元官僚らの不動産ローン会社。この時フルフォード氏は自ら「ヤクザに話を聞いてみよう」と思い立ち、ヤクザを紹介してもらい政府とヤクザの関係を知る。その関係はまるで前政権までのメキシコ政府とカルテルの関係と同じ。フルフォード氏は「自殺」とされた日本債券信用銀行の本間忠世社長が殺害されたことを「フォーブス」に掲載したことで、ハザール・マフィアに狙われることに。ちなみに殺害の理由は、本間社長が銀行の全財産が北朝鮮に流れるのを阻止しようとしたから。ハザール・マフィアのブラックリストに載ってしまったフルフォード氏を狙った東京とロシアでの殺人未遂のお話もあり。

 毎度のこと命よりもお金が大切なマフィアです。いつもの記事とはガラリと変わり、まるでノンフィクションの小説を読んでいるような感じで最後まで興味深く読めました。こうしてフルフォード氏が生きているのが奇跡なんだと思いました。ピンチの時のフルフォード氏の機転の良さ、勇敢さは、ちょっと男前でした。😁
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:今終わりつつある秘密の戦争に、私がどのようにして関わることになったか
投稿者:フルフォード

はじめに


Notice to readers. So that I may take my annual sabbatical in the Canadian wilderness, the next several reports will be pre-written. They will focus on the history of how I got involved in fighting the Khazarian Mafia. Hopefully, this will help readers get a better understanding of what is happening now. Of course, if something really big happens, we will issue an emergency report. 読者の皆様にお知らせがある。私がカナダの荒野で年に一度の休暇を取ることができるように、今回からいくつかのレポートはあらかじめ書いたものである。このレポートでは、私がハザール・マフィアとの戦いに関わるようになった経緯を中心にお伝えする。読者の皆さんには、今起きていることをよりよく理解していただけることと思う。もちろん、何か大きな出来事があったときには、緊急レポートを発行する。


80年代後半、世界を牛耳るチンピラに遭遇


If you are really doing your job as a front-line reporter, it will not take too long before you run into a dark underside of the powers that run the world. In my case, I first ran into the hoodlums who run the world while reporting on the Japanese financial bubble of the late 1980s. Japan was very important at the time because the bubble made the real estate in Japan worth 20 times more than all the real estate in the United States. The stock market too was worth by far more than that of the U.S. With so much money involved, the foreign financial companies and their controlled press wanted in on the action. もし、あなたが第一線の記者として実際に仕事をしていれば、世界を牛耳る権力者の邪悪な面に遭遇するのにそう時間はかからないだろう。私の場合は、1980年代後半の日本の金融バブルを取材しているときに、初めて世界を牛耳るチンピラたちに遭遇した。当時、日本は非常に重要な国だった、というのもバブルによって日本の不動産はアメリカの不動産の20倍の価値があったからだ。株式市場もアメリカよりはるかに価値があった。これだけの大金が動くと、外国の金融機関やその支配下にあるマスコミも、この動きに入りたがっていてた。

1989年に、三菱地所が8億4600万ドル(当時の日本円で約1200億円)
で買収したニューヨークのロックフェラー・センター。
当時の日本企業による国外不動産買い漁りの象徴となった。
Wikimedia_Commons[Public Domain]
画像はシャンティ・フーラが挿入


フルフォード氏、レポーターの道を選ぶ


At the time, I was a rare native English speaker who could read a Japanese newspaper and as a result, was offered many lucrative jobs in the financial industry. I chose to become a reporter instead. My first reporting job (with Knight Ridder Financial News) involved going every week to the Finance Minister’s (Kiichi Miyazawa at the time) weekly press conferences so I had a front-row seat at the center of Japanese power. 当時、私は日本の新聞を読むことができる珍しい英語のネイティブスピーカーで、その結果、金融業界で多くの儲かる仕事のオファーを頂いた。しかし、私はレポーターになることにした。最初の報道の仕事(ナイト・リッダー・ファイナンシャル・ニュース)では、毎週、大蔵大臣(当時は宮澤喜一氏)の記者会見に出向き、日本の権力の中心を最前列で見ることができた。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 133