2015年9月24日 の記事

[日本や世界や宇宙の動向]法王とオバマが会談 / ドイツ銀行が破たんの危機に! 〜ヨハネの黙示録の予言を中心に、世の中の出来事が組み立てられている〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 欧米はもちろん、日本も含めて、ヨハネの黙示録の予言を中心に、世の中の出来事が組み立てられているように思います。
 黙示録と言えば、有名なのは反キリスト666と偽予言者です。この2人が誰なのかについては、様々な見解があります。その一つとして以前に取り上げた記事の中で、偽予言者をフランシスコ法王とし、反キリストをオバマとする説がありました。これは状況を見ると、極めて有力な説だと思います。
 この記事でも、“法王は偽の予言者である可能性が高い”とあります。人々にマイクロチップを埋め込む反キリストはオバマが有力ですが、もう一人反キリストの候補として有力なのは、ウイリアム王子です。これらの連中が未だに人類の大量殺戮を実行に移そうとしているのか否かが、問題になります。
 下の記事にある通り、世界的な金融システムの崩壊で金融パニックが起こり、流通がストップすると、大規模な飢餓が全世界に広がります。核戦争で殺すことの出来る人数よりも、飢餓や伝染病で死ぬ人数の方が多いと言われています。彼らがこの引き金を引かなければ良いのだがと考えています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
9月23日(USタイム)にワシントンDCで法王とオバマが会談
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/power-elite/2015/09/popes-september-agenda-busted-wide-open-at-welcoming-ceremony-what-he-has-to-say-to-congress-will-peak-your-interest-2449936.html
(概要)
9月23日付け

法王の9月のアジェンダがワシントンDCで公開されようとしています。明日、米両院議会で法王がスピーチを行います。

white-house

By Lisa Haven

ユダヤ教のYom Kippurの日(あがないの日であり、1年のうちで最も聖なる日)の朝、オバマ大統領とフランシスコ法王が秘密の会談を行いました。
翌日、法王は米両院合同会議で法王として史上初めてのスピーチを行います。スピーチの内容はもちろんイルミのグローバル・アジェンダに関連したものです。
そして法王が訪米した真の目的、およびアメリカが危機的状況であることを知ることになります。



http://beforeitsnews.com/prophecy/2015/09/you-wont-believe-what-just-happened-has-the-false-prophet-of-revelation-made-his-first-move-video-2473200.html

(概要)
9月23日付け

法王が赤ちゃんの心臓を治癒しました。生後3ヶ月の娘(ダウン症、目と心臓に欠陥がある)の母親は一体何が起きたのか分からず非常に驚いています。
法王がこの赤ちゃんの胸に触れた後、赤ちゃんの心臓(穴が2つ開いている)が治癒したのです。
法王は偽の預言者である可能性が高いため、このような奇跡の減少を起こすことができるのでしょう。聖書にも、最初に偽の預言者が奇跡を起こすと書いてあります。



» 続きはこちらから

[Sputnik]メルケル首相、難民問題はロシアなしには解決不可能 / 戦略に変化? NATOがキエフにミンスク合意遂行を呼びかけ

竹下雅敏氏からの情報です。
 明らかに欧州の態度が変わっています。通常では説明できない変化です。フルフォード情報で、マーティン・デンプシー統合参謀本部長が、ドイツとトルコに飛び、“トルコとNATO将軍に…シリアでロシアと共同するよう話した”とあります。この情報が正しかったと考えなければ、これらの記事の説明がつきません。
 どうやら、マーティン・デンプシー統合参謀本部長は本当に信頼して良い人物のようです。それに引き換え、アシュトン・カーター米国防長官は、文中で“将軍たちに強制された”とあるように、やはりあまり信用できない人物のようです。
 私の考えでは、アシュトン・カーターはフランシスコ法王と繋がっているので、次に取り上げる記事に関する事柄を懸念しています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
モゲリーニEU上級代表 ロシアの建設的な役割を認め、シリア問題に関してロシアと協力することを呼び掛ける
転載元)
947244

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表は、南ドイツ新聞のインタビューで、ロシアはイランの核問題の解決で極めて建設的な役割を演じたほか、難民危機の克服にも積極的に参加していると語った。

モゲリーニ代表は、次のように述べている‐

ロシアは重要なプレーヤーだ。ロシアはイランとの合意に達する中で極めて建設的な役割を演じた。難民危機についてだが、私たちはロシアと共に、難民の不法入国を斡旋している人々と戦っている。ロシアは、国際社会の責任ある一員として認識されることに関心を持っている」。

またモゲリーニ代表は、欧州がシリア危機の進展を防ぐ可能性について、「イランと核問題について合意に達したことで、同地域の発展過程を変えることが可能だ」と述べ、次のように指摘した‐

「もしEUがその全ての影響力を行使し、シリアの移行プロセスをサポートするならば、私たちは他のプレーヤーたちと一緒に、一定の成果を達成できるだろう。ロシア、サウジアラビア、イラン、トルコ、米国、EUの全員が、交渉のテーブルに着かなければならない」。

――――――――――――――――――――――――
メルケル首相、難民問題はロシアなしには解決不可能
転載元)
940944

メルケル独首相は移民の危機の原因について、複数ある原因のうちひとつはシリアの危機に関連したものであり、露米の協力なしには克服しえないと語った。これより前、独のほかの政治家からも同様の見解が示されている。

「我々は米国とのみ共にできる。だがシリアを考えると、ロシアとも共にできると思う。逃亡する原因に取り組むためだ。」メルケル首相はベルリンで記者団に対し、こう語った。リアノーボスチ通信が報じた。

これまでメルケル首相はこの問題については、「イスラム国(IS)」のテロリスト対策においても独は米国ともロシアとの協力が欠かせないという声明を表していた。メルケル首相は、これを行えない場合は問題解決は不可能だと指摘している。ラジオ「ドイチェ・ヴェレ」のニュースサイトが報じた。

独の「キリスト教社会同盟」党もまたロシアとの協力をより活発化するよう求めている。ゼーホーファー党首はプーチン大統領の参加なくしてシリア紛争の解決は不可能との見解を表している。シュピーゲル誌の報道をロシアのイノTVが引用して報じた。

同じくキリスト教社会同盟出身のミュラー独経済開発協力相もゼーホーファー党首の意見に賛同し、「我々には国連にロシア、米国、EUおよび地域大国を加えた共通の外交発案が必要だ」と強調し、それを見事に立証したのがイランとの核交渉だったと指摘している。

» 続きはこちらから

[カラパイア]素人じゃないな?フクロウのユラユラダンスがファンキー

竹下雅敏氏からの情報です。
 いい味出してます。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
素人じゃないな?フクロウのユラユラダンスがファンキー
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[田中龍作ジャーナル]反戦・反原発 「参院選まで怒りを持ち続けて」 〜前途多難、政府の思惑を見破るしか方法がない〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 反戦と反原発が合流したとのこと。必然の流れだと思います。“敵はひとつ、安倍”とのことですが、安倍が例え病気で退陣しても、石破も稲田も居るし、最悪の場合、来年の参院選で橋下が復活し、自民との連立で橋下が首相になったりすれば、それこそ悪夢です。突然維新が分裂した背景には、このような密約も考えられます。
 来年、日本でテロが起きる公算が高いと考えられるわけですが、そうなると、それまで反戦を唱えていた人たちが考えを変える可能性が出て来ます。前途多難ですが、政府の思惑を見破るしか方法がないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
反戦・反原発 「参院選まで怒りを持ち続けて」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

竹下氏のコメント追記:[ロシア・ゴールドメディア放送局]ナチス・ドイツ:UFO作戦 【第三部:円盤】

竹下氏よりコメントが入りましたので、追記いたします。(15/9/24/14:31)
 編集長が取り上げた出典の5人の女性は全員がドイツ人女性でニセモノです。これは典型的な情報操作の一例です。
 出典とは異なり、右のドイツ人女性をジグラム、左のドイツ人女性をマリア・オルシッチとすると本物の二人に似ています。
(竹下雅敏)
 これまで時事ブログでは、地球外UFOとは分けて地球製UFOが紹介されてきました。その地球製UFOについて竹下氏は”トゥーレ協会がチャネリングによって得た科学技術が、ナチスによって悪用されたところから始まっています”とコメントされていました。【第三部:円盤】の冒頭には、そのトゥーレ協会のチャネラーのシグラムとマリア・オルシッチが出てきます。ここでは”おうし座の文明と交信”して、UFO開発のための情報を得たことが指摘されています。
 ヒトラーは、チャネリングによって得た情報を優秀な科学者に研究させるため、トゥーレ協会やブリル(秘密結社)の幹部と対談し、世界的に有名な発明家のヴィクター・シャウバーガーを勧誘します。そしてシャウバーガーは”空気と水のみで光、熱、機動を創出”するインプロージョン・エンジンの開発に成功します。そのエンジンを搭載した貴重なUFO画像やその他多くのUFO画像が出てきますのでお見逃しなく。
 終戦が近くなるとナチスはこうしたUFO/技術を隠蔽し、科学者と優秀な人材の多くを南極大陸の地下秘密基地へ移動させたようです。
 こうした話は一見SF小説のように聞こえてしまいますが、これだけはっきりした証拠の数々を見せられると信じざるを得ません。平和利用を目的にこうした科学技術を公開してほしいものです。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ナチス・ドイツ : UFO作戦 (ロシア/2006)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。