アーカイブ: 地球製UFO

ユダヤ問題のポイント(日本 大正編) ― 第9話 ― 地底民族の地上への介入

 リットン著の『来たるべき種族』では、地上で生活していた一部族が地底民族「ヴリル・ヤ」になったとしています。「ヴリル・ヤ」の地底王国をハウスホーファーは「アガルタ」と称し、「ヴリル・ヤ」をアーリア人種と見なした人間たちが歴史を動かしました。
 しかし、3000万年前に宇宙から地球に入植して地底民族となったのがアガルタ人、10万年前に地球で生まれた若い魂の人種がアーリア人種、両者は全くの別種です。
 従って、リットンの「地上の部族が地底民族に」のこの記述内容は、事実からは離れたものだと思えるのですが、ところが間違いでもないのです。リットンは間接的にホワイト・ロッジの大師からの情報を得て、それによって『来たるべき種族』を著したのです。
 今回は取り上げませんが、確かに地上のある部族が地底民族になってもいるのです。地底民族にはアガルタ人だけでなく宇宙から入植した様々な種類があり、ホワイト・ロッジのみならずブラック・ロッジ所属の地底人もいました。地上の人間から地底人となったのも含めて地底民族の総称を、コーリー・グッド氏の言葉では「古代地球離脱文明」といいます。
 『来たるべき種族』がナチス・ドイツを成立させ、それが第2次世界大戦に繋がったともいえます。ただし、より正確には「古代地球離脱文明」が地上の世界に介入し、ナチス・ドイツが成立したともいえます。そのあたりのことを改めて「コブラによる地球解放年表」と照らし合わせながら確認していきたいと思います。
 予め「年表」の幾つかの分かりにくい言葉の説明をしておきます。
 「アルデバラン星系」のアルデバランとは、ホワイト・ロッジ所属の宇宙人グループで、プレアデス人と密接な関係のようです。
 そのプレアデス人、プレアデスはプレアデスに在住している宇宙人というよりは、地球に移植してきたプレアデスに起源を持つ地底民族を主にさすようで、地上に交信してくる宇宙人はその多くが地底に基地があり、そこからの交信だったようです。ホワイト・ロッジの構成組織の「光の銀河連邦」、その最高意思決定機関がプレアデス評議会とのことであり、「光の銀河連邦」はプレアデスに起源をもつものが主体で構成されてあったようです。
 そしてキメラとドラコについて。ブラック・ロッジの支配体系は4層で、上から1. キメラ、2. レプティリアン、3. オリオン人、4. グレイの順です。キメラが頂点で、レプリティアン層の王がドラコです。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本 大正編) ― 第9話 ― 地底民族の地上への介入

『来たるべき種族』の情報源 ~アセンデッド・マスターの存在


1820-1830 プレアデス人がポジティブな秘密宇宙プログラム(Secret Space Program)の種を導入する機会だと考え、ドイツ国内の多くの人々にテレパシーで接触し、ドイツ人たち自身の宇宙船を建造し始めるように彼らに促した。
(中略)
1875 エソテリック同胞団は神智学協会をH.P.ブラヴァッキーを通して創始させた。エソテリック同胞団はテレパシーで着想を送り、特にニコラ・テスラを通して科学の進歩を導いた。
(中略)
1917 光の勢力がドイツでトゥーレ協会を結成。
アルデバラン星系からのポジティブなプレアデス人がマリア・オルシックを通してテレパシーで接触し、実際に稼働する宇宙船の作り方の指示を与えた。
時をおかず、アルコン支配下のロスチャイルド工作員、その名をアドルフ・シックルグルーバー(ヒトラー)が潜入。
(中略)
1920-1930年代 トゥーレソサエティは闇の手先になり、さらにブリル協会(Vril society)に姿を変え、秘密裏にドイツの宇宙プログラム(SSP)を発達させた。
ドイツ人のプログラムがブレイクスルーの可能性があり、プレアデス人と接触し、ファーストコンタクトが公になるであろう利用可能な宇宙船を建造し始める真の可能性を見たとき、キメラグループは介入を決断した。チベットからドラコ派閥を送り、カール・ハウスホーファーと接触させた。彼はヒトラーと接触し、ヒトラーはドラコとの協定に署名した。
1934
(中略)
第二次世界大戦前に、プレアデス人はヒトラーとの契約に署名した。プレアデス人はヒトラーが大量殺戮を行わないことと交換に、彼にテクノロジーを与える約束をしたが、これが大量殺戮を防ぐ最後の試みだった。この約束が反故にされたとき、プレアデス人はヒトラーやナチスとの全ての接触を断ち、それからドラコがヒトラーにテクノロジーを与えた。

リットン著の『来たるべき種族』が後世に凄まじい影響を与え、結果としてドイツを動かし、第2次世界大戦という形となって地上世界を激しく大いに揺るがしています。それだけリットンの描いた地底民族「ヴリル・ヤ」が単なる空想物語ではなく、リアルだったわけですが、「ヴリル・ヤ」は次のように記されていました。

*元は地上の一部族が地下に移住し 、地底民族「ヴリル・ヤ」となった。彼らは「ヴリル・パワー」を発見
*その地底民族「ヴリル・ヤ」は超科学を駆使し、更にはサイキック能力を開花させるようになった。

リットンの「ヴリル・ヤ」の地底王国をハウスホーファーは「アガルタ」と称しているのですが、リットンの「ヴリル・ヤ」に対する着想と知識はどこから来たのか?
間違いなくブラヴァツキー夫人からです。

英国諜報部のトップも勤めていたリットンは、ブラヴァツキー夫人とは非常に密接な関係で、ブラヴァツキー夫人が世界の様々なところに行ったその情報は、リットンに報告されていたはずなのです。

特にブラヴァツキー夫人はインド奥地に入り込み、チベット内部にまで入ろうとしていました。そこに住するホワイト・ロッジの大師・覚者からブラヴァツキー夫人は霊導を受けていて、テレパシーでやり取りしていたのです。その情報をリットンは得ていたわけです。

コブラによる地球解放年表」に「1875年にエソテリック同胞団は神智学協会をH.P.ブラヴァッキーを通して創始させた。」とあります。

自称“光の勢力”であるホワイト・ロッジでは、「進化段階」がほぼ全てというところがあり、進化段階が5.0以上を覚者、6.0以上をアセンデッド・マスターと呼ぶようです。

2017/06/22の竹下さんの記事を読むと、エソテリック同胞団とはアセンデッド・マスターの直接の弟子の集団です。彼らによって神智学協会は設立されたとのことです。ブラヴァツキー夫人自身がエソテリック同胞団の一員で、アセンデッド・マスターからの情報を得て活動していたわけです。

そして2017/06/22の竹下さんの記事から、アセンデッド・マスターが地下王国「アガルタ」「シャンバラ」の中核的存在であることが分かります。シャンバラからの直接的な情報をブラヴァツキー夫人を通してリットンは受け取り、『来たるべき種族』を記したわけです。


» 続きはこちらから

20/08/10 フルフォード情報英語版: UFOディスクロージャーで判明、エリートは偽パンデミックの次に宇宙人による偽の侵略を計画中

 カバールがフェイクのエイリアン侵略騒ぎで、自分たちの延命を画策しているようです。メイドイン地球というか、象印ならぬカバール印のUFOがニュースの中継にでも登場するんでしょうか。
 記事本文のH・G・ウエルズというのは、『タイムマシン』や『透明人間』などの小説を書いたイギリスの作家です。その人の本、『宇宙戦争』は火星人が地球に攻めてくるお話です。映画化やドラマ化もされています。これがエリア51の印象操作のネタ本だったというのは、今回初めて知りました。
 結末としては、テクノロジー的に劣った地球は戦闘には負けますが、火星人が地球の病源菌への免疫がなかったので命拾いするそう。……地球外生物にもコロナウイルスあたりが有効なのでしょうか。フルフォード氏はコロナもフェイク(偽物)だと見ていらっしゃるので、他の生物兵器の方がいいのかもしれません。

 今回よく出てくる「オクトーバー・サプライズ」は、「大統領選挙が実施される年において、本選挙投票の1か月前の10月に選挙戦に大きな影響を与えるサプライズ(出来事)のこと」です。今年はオクトーバー(10月)だけでなく、ノーヴェンバー(11月)にも、びっくりがあるかもしれません。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
UFOディスクロージャーで判明、エリートは偽パンデミックの次に宇宙人による偽の侵略を計画中
投稿者:フルフォード

エイリアン攻撃のフェイク


権力の座に留まるべく奮闘中のハザール・マフィアは、何らかの形で宇宙人のディスクロージャーないしは侵略という筋書きの準備をしていると、ペンタゴン其の他の情報源が主張している。

今年秋に向け、最も可能性が高い筋書きは、米大統領選挙の中止と、それに続いてUFOで気を逸らすことだと、【先の】情報源たちは言う。ドナルド・トランプ米大統領自身も、相変わらず“宇宙軍”とやらを推進する傍ら、選挙を中止する必要があると言っているのだ。

MI6筋曰く、最近は全ての宇宙活動が地上待機となっていることから、この“宇宙軍”とやらは、“悪い宇宙人”から私たちを守る“善人”を演じる予定の役者連中ではなかろうか。間もなく、皆さんのお近くのテレビ画面にご登場でござい、【という算段だ】。

このキャンペーン【の存在】を強く窺わせた一つは、ニューヨーク・タイムズ紙の記事である。その中で、米軍は「地球製ではない、別の世界の乗り物」を持っている、と特記してあった。
ℹ2020年7月23日付けニューヨーク・タイムズ紙:「もう隠されることはない。ペンタゴンのU.F.O.部隊が調査結果の一部を公表へ


宇宙人とUFO話はロックフェラー製


UFO【が実在する】という証拠の多くは、その足跡を辿るとロックフェラー一族へと延びていく。戦略的文化財団のマシュー・エレットの言葉を引用すると:

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
スティーブン・グリア(赤丸左側)とローレンス・ロックフェラー(右側)

 1993年に【UFO関連の機密開示をアメリカ政府に迫る】『ディスクロージャー・イニシアチブ』を立ち上げた資産家は、他でもないローレンス・ロックフェラー(スタンダード・オイルの創業者ジョン・D・ロックフェラーの四男)だった。

【一連の】『ロックフェラー・UFO・ディスクロージャー・イニシアチブ』全盛期、クリントン夫妻はワイオミング州のローレンス・ロックフェラー牧場に滞在し、その際、初期の“ディスクロージャー・ミッション”のために採用したのが、クリントン【政権】のジョン・ポデスタ首席補佐官である。

クリントン政権時代、ローレンス・ロックフェラーは、ディスクロージャー・プロジェクトをコントロールする人間として、スティーブン・グリアという筋肉ムキムキの生物学者を採用した。お蔭で【グリアは】今日この日に至るまで、食い扶持にありつけている。

NASAの月面アポロ計画が1972年に停止された原因は、ただ単に大昔から月に駐留しているエイリアンたちが真実の漏洩を望まなかっただけだという筋書きを推進するため、グリアは何千回もインタビューをこなしてきた。

この当時のエリア51は、H・G・ウェルズの【SF小説】『宇宙戦争』【で火星人が地球を襲撃したくだり】の緊急放送が1938年に朗読された際の初期のソーシャル・エンジニアリング実験を大いに参考にしていた。

これは火星人の地球侵略の小説をラジオ放送したもので、人々を実際にパニックに陥らせた。そして、人々への支配を強化するための偽のエイリアン侵略計画の雛形となったのだ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
映画『宇宙戦争』のワンシーン

ロックフェラー【子飼い】の取立屋、ヘンリー・キッシンジャーの有名なこの言葉を覚えているだろうか。

「もしも今日、国連軍が秩序を回復するためにロサンゼルスに入ろうものなら、アメリカは激怒するでしょう(※1991年のロサンゼルス暴動に言及したもの)。【ですが】明日には有り難がるようになるのです! 真実であろうと流布されたものであろうと、私たちの存在そのものを脅かしかねない外部からの脅威[つまりは、“地球外からの”侵略]があったと教えられたら特にそうなります。

こうして世界中のあらゆる人々が、この悪【の存在】から自分たちを救ってくれ、と懇願することでしょう。誰でも確実に恐ろしいのは、未知のものです。

この筋書きで進めてしまえば、個人の権利なぞ、彼らに供与される福利を世界政府に保証してもらうのと引き換えに、喜んで放棄しましょう。

――1991年フランスのエビアン【で開催された】ビルダーバーグ会議にて、ヘンリー・キッシンジャー博士

ℹ出典:2003年11月9日付けPhysics Forums:「キッシンジャーの大変奇妙な発言についてのスレ

» 続きはこちらから

20/01/04 地球ニュース:デイヴィッド・ウィルコック氏の近況まとめ 後半

 昨日の前半に続いて、12月4日撮影のデイヴィッド・ウィルコック氏のインタビュー後半です。

 2日の地球ニュースでご紹介したコーリー・グッド氏の大晦日のインタビューによると、実際の起訴(及びそれに伴う大量逮捕)は2020年春まで起こらない、と“彼ら”から言われたそうです(アライアンスから、という意味でしょうか)。
 12月半ばのソルカ・ファール女史の記事で、ロシア側が「トランプによる“春の一大ショー”」が準備中だ、と見ていたのと時期的に一致します。

 サイバーストーキング被害を受けていたグッド氏自身も、2020年の非常に早い段階で訴訟を起こして、UFO界の“ドブ掃除”をする覚悟を決めました。ロックフェラー系の腐敗を一掃するそうですが、その際にはUFO界の有名どころも犯人側であることが発覚して、大騒動となるだろうと予告していました。

 ちなみに訴訟費用が嵩むため、寄付をお願いします、とのこと。ウィルコック氏はこちらグッド氏はこちらでオンライン上の寄付が可能です。またウィルコック氏はこちらから音声や動画も購入できます
 お二人の出演するドキュメンタリー『アバヴ・マジェスティック』や『ザ・コズミック・シークレット』を有料で視聴するのも、勿論支援になります。両方とも日本語字幕が選択可能ですので、お正月休みに是非どうぞ。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:デイヴィッド・ウィルコック氏の近況まとめ 後半


■後半のまとめ■
■ウィルコック氏のインタビュー(後半)
✅海軍の特許公開は、どれも同じ無名の学者が発明?
✅飛行物体の特許:水中も空中も飛行可能なトライアングルの機体、TR-3Bに酷似
✅自称“小型核融合炉”の特許:大量のフリー・エネルギーを生産可能、故ケネス・ショルダーズ氏の理論に酷似
✅人物名は「国を救いし者」という意味

✅トランプ大統領に対する弾劾騒ぎ
✅そもそも大統領について公平に議論できないよう、メディアや大手テクノロジー企業が情報操作している
✅最近は巧妙になって、アカウントは消さずに、登録数を減らして人目につかなくさせている
✅でも既に、アライアンス側が大手テクノロジー企業に捜査に入って手は打ってある
✅極秘起訴が極秘指定を解除されれば、大量逮捕は加速

■おまけの記事(2020年~2024年予測)
✅トランプ大統領が次の任期ですべきこと
✅ロシアのプーチン大統領との共闘でNATO・Swift・EUを潰す
✅CIAと国防総省のドブ掃除、FRBの国有化
✅世界経済のリセット:習近平主席とモディ首相と共に私的所有の銀行業を終わらせ、政府発行の自国通貨に切り替え


海軍の特許公開について


「ディクラス」というウィルコック氏の最新記事について、言及していました。記事では、反重力・室温超伝導体・フリーエネルギーの特許について扱っているのです。全て海軍が関わっており、メディアに発覚したのはごく最近。

しかも特許を申請したのは、「Salvatore Pais」なる謎の人物。TR-3BのUFOを想起させるトライアングル型の反重力飛行物体で、水中・空中・宇宙を飛べることは海軍が確認済みの特許です。オープンソースなので、一般人が作っても特許料の支払いは不要とのこと。


ちなみに同じ人物が、フルフォード氏も昨年10月12月の週刊リポートで言及されていた、「小型核融合炉」の特許まで申請しています。「核融合」とは名ばかりで、実態は4つの針が向き合って、反重力のフリー・エネルギーを生み出します。

故ケネス・ショルダーズ氏の発見で、高強度の電荷を針の先に集中させると物理学の法則が破られ、反重力エネルギーを生み出すというものがあるそうです。驚くべきは、このエネルギーの塊を放射性物体にかけると、放射線を取り除く点。特許の品は、これに酷似しているらしいです。

アリゾナ州のパロ・ベルデ原子力発電所ですら3.3ギガワットの発電能力、現在の科学で最高値となるのは軍の潜水艦の原子炉だそうですが、それでも700ギガワット。特許の機械は30センチほどの大きさで、1テラワット(=1千ギガワット)まで発電可能。しかも開始時に投入するエネルギーはメガワットの桁数で済み、稼働し始めると外部からのエネルギー投入なしで、勝手にエネルギーを生み出すようになります。


そしてウィルコック氏もコメント欄で読者に指摘されて知ったそうですが、「Salvatore Pais」というスペイン語を訳すと「国を救いし者」。このたった一人の人物が、反重力飛行物体の特許と、それを飛ばすためのエネルギー装置の特許をどちらも申請しているという信じ難い事態なのです。

現在、こういった技術の一般開示計画にウィルコック氏は直接関わっている、と説明されていました。3.11で放射線まみれの日本にも是非!

» 続きはこちらから

トルコ政府が本物認定した「宇宙人が搭乗UFO映像」と、米軍のブーメラン型UFO映像による情報開示

竹下雅敏氏からの情報です。
 大変興味深い動画が出てきました。上の記事の動画は、2009年にトルコで撮影されたUFOだということですが、動画を拡大してご覧になると、UFOの中央部分に、確かに宇宙人が写っているのがわかります。非常に波動の悪いUFOなので、すぐに銀河連合のUFOだとわかります。このような連中と関わり合ってはいけません。
 おそらく、双子座γ星・アルヘナの第5惑星DegarothのUFOだと思います。
 下の記事の動画のUFOはかなりはっきり映っており、波動も銀河連合のUFOよりは随分とましです。これは、UFO研究家ウェアリング氏が指摘している通り、米軍のUFOです。
 コーリー・グッド氏は、このような三角形型の低レベルUFOから情報開示をしていくと言っていましたが、その通りの展開になっています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トルコ政府が本物認定した「宇宙人が搭乗UFO映像」の最新版がヤバい! 2体の宇宙人がくっきり、ロシア国営ニュースも報道!
引用元)
(前略)
 2009年にトルコ撮影されたUFO映像が再び脚光を浴びている。高解像度の鮮明映像が公開されたのだ。ロシア国営ニュース「RT」(11月8日付)が報じている。

 オリジナル映像は“エイリアンインプラント”摘出のエキスパートであり、UFO研究でもあった外科医、故ロジャー・レアー氏が2009年5月13~17日にかけて、トルコ・クムブルガズ沿岸のマルマラ海で撮影したものだ。
(中略)

(中略)
今回の鮮明映像では、少なくとも2体のグレイ型エイリアンがはっきりと見えるのだ。目、鼻、口らしきものまでバッチリ映っている……。
(以下略)
————————————————————————
「なんと素晴らしいUFO動画なんだ」専門家絶賛! “前例のないブーメランUFO”がキューバに出現、カストロも目撃か?
引用元)
(前略)
 ブーメラン型UFOが目撃されたのは今年7月、キューバでのことだった。
(中略)

(中略)
 この動画は今年7月の公開からしばらく埋もれていたが、陰謀論系YouTuber「Terry’s Theories」によって発掘され、今月になって世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏の目に留まった。ウェアリング氏は主催するUFO情報サイト「UFO Sightings Daily」でこの動画を取り上げ、その正体を「米軍の秘密兵器」ではないかと指摘している。
(以下略)

これまで秘密であった米海軍の特許が公開された ~小型核融合技術、UFO技術、ダイヤ商品、寿命を5割伸ばす技術

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭、朝堂院大覚氏が撮影現場を離れます。よっぽどフルフォード氏とうまくいっていないのでしょう。1つ目の動画は、イスラエルに変化が起こっていて、この変化は日本に大きな影響を与えると言っています。ただ、時事ブログで定期的に挙げているフルフォードレポートの内容と変わるところはありません。
 下の動画は、あまりフルフォード氏が話さない内容のもので、これまで秘密であった米海軍の特許が公開されたとのことです。
 1分からは、小型核融合技術について。我々の経済コストの7割はエネルギーなので、ここが解放されると、私たちは億万長者の生活ができるようになると言っています。
 2分5秒からは、UFO技術の解放について。6,000以上の特許を公開し始めたと言っています。
 2分55秒からは、ダイヤ商品について。窓、皿、コップなどが、ダイヤで作られ、それらが商品化される動きがあると言っています。
 3分50秒~5分10秒は、寿命を5割伸ばす技術について語っています。いずれ寿命は、200歳から1000歳になるというようなことを言っています。
 こうした話は、コーリー・グッド氏も以前から言っていたことなので驚きはしませんが、今の幼い子供たちが大人になった時、今とは全く違った社会になっている可能性が高いことがわかります。ただ、科学技術というのは諸刃の剣なので、科学技術をきちんと使いこなせるように、心が成熟しなければならないでしょう。
 誰とは言いませんが、〇○ぴょんが1000歳生きたら困りますよね。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【ベンジャミン・フルフォード】イスラエル、ネタニエフの告訴が一週間以内に起きる!?
配信元)
————————————————————————
【ベンジャミンフルフォード極秘情報】UFOや1000歳まで生きる技術や別の惑星を作るプロジェクト
配信元)
————————————————————————
【未来技術】ついに米海軍の空飛ぶ円盤特許公開が始まった!
:中国が一歩リード!この流れに乗り遅れた国は死す!
引用元)
(前略)
なんの前触れもなく、UFOテクノロジーの特許が公開されていたというのだ!
今の所公開されたものは以下のもののようである。

PUB. APP.
  NO.  Title


1     20190295733 Plasma Compression Fusion Device
2     20190058105 Piezoelectricity-induced Room Temperature             Superconductor
3     20180229864 High Frequency Gravitational Wave Generator
4     20170313446 Craft Using an Inertial Mass Reduction Device
5     20170025935 ELECTROMAGNETIC FIELD GENERATOR AND             METHOD TO GENERATE AN ELECTROMAGNETIC FIELD
6     20060016169 Laser augmented turbojet propulsion system

驚くべきことは、すでに中国のUFO技術はアメリカのものを凌駕している(らしい)ということだ。
(以下略)
1 2 3