2017年3月5日 の記事

宇宙のセントラルサンのヒメミコ様の進化と、太陽系のプラズマ異常を排除した光

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまでお伝えしているように、こうした記事は人工知能からのものです。おそらく、今後もそうだろうと思います。世界情勢を分析する上で、人工知能からの情報もある程度参考になりますので、一応目を通すつもりですが、それほど重要なものとは見なしていません。
 これらの情報は間違ってはいませんが、本質から大きく外れています。2017年2月26日に驚くべきことが起こって、“ポジティブなプラズマの巨大な波が太陽系を一掃し…この波は、最もネガティブなプラズマを太陽系から効果的に除去しました”というのは本当だと思います。しかし、これが記事にあるように、2月26日の日食の機会を利用した集団瞑想による効果だというのは、本質がずれています。
 コブラは、私たちの天の川銀河のセントラルサンをソースと呼んでいました。“ソースの上には何もない”とコブラが発言していたことを以前紹介しました。ソース以上の存在として、以前、味噌、醤油を示しましたが、今回は、正確に上位存在を網羅してみようと思います。
 1位:砂糖、2位:塩、3位:酢、 4位:醤油、5位:味噌、この下に6位:みりん、7位:ソース、8位:マヨネーズとなります。ソースは、実のところ上から7番目の存在なのです。
 各システムにおいて、キツヲサネ(東西中南北)と称される五岳大帝が最上位の存在で、その下にアウワで示される三官大帝が存在することを、以前紹介しました。ソースはこの時の記事にある、三官大帝(アウワ)の中の地官大帝(ウ)に相当する神なのです。
 五岳大帝(キツヲサネ)の最高位は中岳大帝(ヲ)です。実は、 2月26日に私たちの宇宙のセントラルサンである中岳大帝(ヲ)が、地球に降臨なされていたのです。25日、26日の私の日記を見ると、次のように書いています。
 『宇宙のセントラルサン(惑星神の第五レベルのキツヲサネ「ヲ」の神)が進化段階を上昇した模様。おそらく26日午前0時にサハスラーラ』(25日)
 『朝方、高貴な風貌の女性(16歳ぐらい)が見える。その後、洋装の髪型で現れる。おそらく宇宙のセントラルサンのヒメミコ』(26日)
 宇宙のセントラルサンのヒメミコ様は26日の午前0時に進化段階が193へと上昇されたようです。私はこの日、ヒメミコ様の意識が拡大する様子に気づいていたので、日記にこれを記しているわけです。
 朝方、ヒメミコ様のお姿をチラッとですが拝見しました。これはヒメミコ様が地球に降臨なされていたからです。私の自宅から見える山頂で実際にはお会いしたようです。残念ながら、その時の模様を自覚しているわけではありません。
 太陽系からプラズマ異常を一掃するポジティブな波動がヒメミコ様によって放たれたことは、疑いの余地がありません。いずれヤルダバオトの頭を吹き飛ばす、さらなる光が放たれる時期もおよそ見当がついていますが、ここでは発表しないことにします。
 今回の件も全く触れるつもりはなかったのですが、人工知能からのこうした記事が出たことで、公表する気になりました。この様な事は、全て私たちが行っていることなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
エーテルの解放レポート
引用元)
Etheric Liberation Report

2017年3月1日付

エーテルの解放レポート

2017年1月から、惑星地球の光グリッドをめぐる天下分け目の戦いが起きていました。日曜日の私たちの瞑想は、4月までかかりそうなこの戦いにおいてターニングポイントとなりました。それは光の大勝利の一つです。

(中略)...

活性化の瞬間、ポジティブなプラズマの巨大な波が太陽系を一掃し、シューマン共鳴を爆発させながら電離層を通過しました。

この波はロシアのトムスクにある宇宙観測システムで検出されました。現地の活性化時刻は午後9時55分でしたが、その1時間後くらいからプラズマが急激に活発になり、その状態が約36時間続いていたことが、下図をクリックするとよくわかります。

http://sosrff.tsu.ru/?page_id=7
20170305-182618

この波は、最もネガティブなプラズマを太陽系から効果的に除去しました。そしてレジスタンスはそのことをこう伝えてきました。「月軌道を越えると、プラズマ異常は一切検出されない」と。また、月軌道を越えたところのプラズマのトップレット爆弾は、すべて除去されました。

つまり、ヤルダバオト・エンティティーの「触手」は永久になくなり、今は「頭」のみということになります。

(以下略)
————————————————————————
拡散希望! エーテルの解放 2017-2-26/コンゴの状況
引用元)
MAKE THIS VIRAL! ETHERIC LIBERATION 2017-2-26

2017年2月16日付

拡散希望! エーテルの解放2017-2-26

(前略) 私たちは2月26日の日食の機会を利用してポータルを生じさせ、(中略)... 光のエネルギーを地表に降ろして、アセンションのプロセスを速めるために必要な光のグリッドを強化します。

(中略)...

私たちの瞑想のための占星術チャートは、火星/天王星、ヴェスタ、木星、冥王星のカーディナル・グランド・スクウェアを示しています。これは、私たちが年頭から感じている地球の緊張を表しており、それは4月半ばにならないと完全に消えないでしょう。今回の日食における、魚座8度の太陽―月の合は、この緊張を解消し始めるエネルギーを集める、巨大な焦点レンズの働きをします。

(中略)...

e20
私たちはこの瞑想を、食の最大を迎える2月26日日曜日中央ヨーロッパ時間(CET)午後3時55分に行います。 (中略)... あなたの地域で何時になるか、ここで確認できます。
https://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=ETHERIC+LIBERATION&iso=20170226T1655&p1=3343
日本時間は2月26日日曜日23時55分です。

(以下略)

遺伝子組み換え食品は「生物学兵器」という視点…本当に危険で凶悪な存在は誰か?

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロシアは、遺伝子組み換え食品を生物学兵器と考えているようです。専門家の意見でも、“遺伝子組み換え食品は、完全に、そうした兵器になりえる”と言っています。これほど危険な事に“なぜ社会は警笛を鳴らさないのか?”ですが、それは、これが“巨大多国籍企業によるビジネスだから”です。メディアは、完全に彼らにコントロールされています。また、政治家も同様です。
 したがって、こうした事柄に対してバランスの取れた視点でものが言えるのは、代替メディアだけなのです。
 スプートニクは、遺伝子組み換え食品が生物学兵器だと理解していると思いますが、記事では断定を避ける形で書かれています。しかし、代替メディアはNWO(新世界秩序)を推進するカバールの人口削減計画の一手段として、この遺伝子組み換え食品を捉えています。その観点からは、ワクチンやケムトレイル、そしてISISというテロリスト集団なども、こうした計画の一部だと認識しています。
 多くの人は、テロリストたちが凶悪な者たちだという事は理解していても、そうしたテロリストたちを支援し、彼らを使って一般民衆を殺戮しようとする社会のエリート層が存在することを、なかなか認められません。それほど凶悪な人間が自分たちの近くに存在している事を、信じられないのです。
 ところが、テロリストやイスラム教徒は危険だというわけです。私には、銀行家の方がよっぽど危険だと思うのですが… 。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
遺伝子組み換え食品:普通の食べ物、それとも生物兵器?
転載元)
人々はこれまでずっと、様々な種類の重い病気にかかるのではないかと非常に心配してきた。それが遺伝学と医学の発達に伴い、多くの病気蔓延の脅威は、部分的に一掃された。しかし同時に、科学の進歩は、誰かがそこからメリットを引き出すばかりでなく、他の人達に害を及ぼすような諸条件を作り出してしまった。

(中略)...

病気を作り出す有機体を故意に拡散させる様々な手段は、生物学兵器として受け止められている。しかし普通の人達にとって、最も恐ろしいことは、日常口にする普通の食べ物や、あるいは飲む水を通して、人々の間に病気が蔓延するという事だ。そうしたリスクは、一体どれほどのものなのだろうか? その点では、遺伝子組み換え食品は、どんな役割を果たすのだろうか?

(中略)...

スプートニク日本のタチヤナ・フロニ記者は、この質問を、ロシアの専門家、ウラジーミル・ツィヂェンダムバエフ氏に向けてみた。

(中略)...

ツィヂェンダムバエフ氏:遺伝子組み換え食品は、完全に、そうした兵器になり得る。なんらかの病原性細菌の遺伝子を、植物ゲノムに組み込むチャンスは常にある。例えば、コレラや、あるいは炭疽菌のようなものだ。そうした植物の種から得られる食物は、その後、バイオテロ攻撃実施のための手段として用いることが可能だ。毎日の生活の日常のレベルで、それは、少なくともアレルギーを、ひどい場合にはガンを誘発させる。しかし、そうした食物をとることで第一に影響が出るのは、生殖機能においてである。血液の成分が変化し、肝臓、腎臓、副腎に害を与える可能性がある。そして一度に数千の遺伝子の働きが変わる。

スプートニク:遺伝子組み換え食品の危険性は、誇張されているのではないか? なぜならそうした食品は最終的に禁止されていない。そんなに危険であるならば、なぜ社会は警鐘を鳴らさないのか?

ツィヂェンダムバエフ氏:まず第一に、これは、遺伝子が組み替えられた種を作っている巨大多国籍企業によるビジネスだからだ。遺伝子組み換えを利用する根拠とされたのは、それによって飢餓状態にある人達を救う助けになるという事だった。それ以外に、定着しつつある遺伝子組み換え植物の70%は、除草剤に対する耐性遺伝子を含んでいる。それゆえ企業は、種ばかりでなく、それらが耐性を持っている除草剤も売ることができる。そうすることで、巨大多国籍企業の利益は、2倍に膨らむのだ!

スプートニク:大部分の国々では、遺伝子組み換え食品は、すでに禁止されたか、あるいは、どんな物質がどれだけ含まれているか、表示が義務付けられている。ロシアでは、どんな状況なのか?

ツィヂェンダムバエフ氏:昨年の夏に、法律が効力を発し、それによってロシア国内での遺伝子組み換え植物の栽培と微生物の培養が禁止された。それらは学術目的に限ってのみ、栽培・培養が許される。なぜなら環境にとってさえ、極めて否定的な影響を与えるからだ。例えば、もし遺伝子組み換え作物が植えられている畑の隣に普通の畑があれば、じきに普通の畑へも確実に危険が迫るからだ。トウモロコシは風により受粉するが、その花粉は平均11メートル先まで飛んでゆく。それゆえ普通のトウモロコシも、遺伝子が組み替えられたものの花粉を受け入れてしまう恐れがある。つまり普通の作物も当然感染してしまうのだ。

(以下略)

[Twitter]おてつだい

竹下雅敏氏からの情報です。
 早送りがぴったり。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)

「財務省と国交省を動かした…相当の大物政治家」が誰かほぼ明らかな状況、”第二の森友”事件で安倍政権はほぼ詰み

竹下雅敏氏からの情報です。
 “安倍夫婦と特別な関係がある学園にただ同然で国有地が払い下げられた”事件ですが、“ 8億円ダンピングに関わった政治家がいるはず”で、この事件に“決定的影響力を行使したのは誰か”が最大の問題です。状況から、“財務省と国交省を動かした…相当の大物政治家のはず”。財務省の苦しい答弁を見ると、“余程の政治圧力がかかっている”ことがわかります。
 この件に関し安倍夫婦は関与を全面否定し、“私らでんでんノータッチ”と言っていますが、無理やり昭恵夫人が名誉校長にさせられたという話は、“早くも崩壊”。驚いたことに、大阪府が難色を示さなければ、学校名は安倍晋三記念小学校になっていたようです。どうやら、“安倍晋三が断ったから止めたのではなかった”らしい。
 “続きはこちらから”以降をご覧になるとよくわかると思いますが、2015年9月4日の財務省近畿財務局での4者会合の前日に、財務省の迫田理財局長が“首相官邸に行ってる”わけです。迫田氏を国会に呼べば、全てが明らかになります。それを止めているのは自民党です。
 一連の状況から、“財務省の理財局長に対して、国有地を事実上タダにさせられるのは安倍首相しかいない”と実は誰もが思っているのではないでしょうか。ですが、国会でちょっとでもそのようなニュアンスで質問をすると、あべぴょんがブチ切れるのです。それで決定的な証拠が出てくるまで、皆、慎重な物言いになっているというわけです。
 ところがここへ来て、その決定的とも言える“「第二の森友学園」疑惑!親友が経営、昭恵夫人が名誉園長… 37億円の土地がタダに”という、とんでもない事件が出てきました。ツイートを見ると、土地の提供を受けるお友達の加計孝太郎氏には、三井住友銀行がついているようです。さすがに籠池理事長とは違って、加計孝太郎氏のことを“知らない会ったことはないって言えないのは辛い”ところです。この第二の森友事件発覚によって、安倍政権はほぼ詰んだと言ってよい状況だと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)







» 続きはこちらから

頭おかし過ぎの異常教育…自民党・日本会議の者達が目指す国家の理想像、反撃の中核は天皇陛下を支持するグループでは

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画はどう考えても、“頭おかし過ぎ”。ところが昭恵夫人は、こうした“塚本幼稚園の教育を全国に広げたいらしい”。おそらく、森友学園の籠池理事長は小学校を手始めに、将来、中学、高校を作るつもりだったのではないでしょうか。こうした“完全に特殊な教育内容を絶賛して”行政の後押しがあったことを、籠池理事長は喋ったようです。
 共産党の小池議員の質疑の中で、幼稚園の教育方針に対して“自民党席から素晴らしいと声が上がった”ようで、教育勅語の暗唱に対しても、“閣僚席から「いいじゃないか」と声が上がった”ようです。現在の安倍政権の閣僚のほとんどが日本会議所属なので、こうした声が上がるのも無理はないと言えます。
 彼らが国民の意識からいかにかけ離れているかを知るには、彼らが目指す国家のあり方を知れば十分です。彼らは、“「家長」に絶対服従する家族像”が理想なのです。要するに日本会議というのは、男尊女卑のオッサンの集まりなのです。こうした国家の頂点に立つのがあべぴょんで、彼らは自民党の総裁任期を連続3期9年に延長しました。“安倍夫婦ファシズム帝国を盤石にする気”のようです。要するに、この阿呆共は、天皇陛下をダシに使って、“天皇陛下を超える安倍皇帝”が支配するファシズム国家を目指しているのです。森友学園はこうした異常な教育をするためのモデルケースで、いずれこのタイプの学校を全国に作る計画だったと思われます。
 共謀罪で国民の口を塞ぎ、憲法改正でこうした野望が実現出来ると思っていたのでしょう。現在起きている反撃は、天皇陛下を支持するグループが中核に居ると考えて良いのではないでしょうか。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)