2017年10月6日 の記事

ラスベガス銃撃事件の真相か…「アメリカ国民に警備が厳重な場でも安全ではないと思わせたい」

竹下雅敏氏からの情報です。
 ラスベガス銃撃事件の真相と思われる、重要な情報が出てきました。冒頭の動画の4分30秒〜8分15秒の部分が核心です。動画によると、この事件の前に、事件を警告する書き込みがあったと言うのです。支配層は、“アメリカ国民に警備が厳重な場でも安全ではないと思わせたい”のだということです。事件の後に、“金属探知機や警備機器を導入する法案が提出され…ネバダ州はカジノへの金属探知機と全身スキャナー導入を義務付ける法案を通し、その後、機器が大学、高校、連邦建物…に設置される”と言うのです。カジノ王シェルドン・アデルソンがこれらの機器の主要スポンサーで、法案が通ると、彼のカジノで導入することになると言っています。動画の後半では、事態がこの通りに動いていることが説明されています。
 下の動画の1分54秒〜4分の所で、フルフォード氏も同様の事を言っています。
 トランプ政権下で、このような事件を起こすのはかなりのリスクがあると思いますが、それだけNWO(新世界秩序)推進派の連中は焦っているという事でしょう。
 下の記事では、今回の銃撃事件がカタロニアの独立問題から目を逸らせたいのではないかと言っており、グローバリストは、金融システムが崩壊する前に、“すべてのアメリカ市民から銃を取り上げようとしている”とあります。これはこの通りかも知れません。
 グローバリストは、民衆の怒りが自分たちの方に向かうことをとても恐れているのです。結果として自分たちの首を絞めることになるこのような事件を、引き起こしてしまいます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「ラスベガス銃撃事件」を予言した、9月11日の不気味な投稿。
配信元)

————————————————————————
ラスベガスの銃乱射事件は役者芝居  北朝鮮で核爆弾投下の実験 陰謀論者というレッテル貼りの歴史etc【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会
配信元)

————————————————————————
ラスベガス銃撃:ニセ旗、心理作戦、注意をそらす
ブラック作戦(後半)
転載元)
カタロニア国民投票の成功から注意をそらす必要 

NWO 陰謀団が、カタロニアの独立を求める圧倒的な投票のような、歴史的出来事についてのインターネットの話題を、急いで変える必要を感ずるときは、必ず、彼らは反射的に、世界のどこかでテロ攻撃を行う。

(中略)

進行中の EU(ヨーロッパ連合)問題がある。このカタロニア人の独立へのイエス投票は、実はEUの未来にかかわるものであり、自分たちの超国家を、圧政的・全体主義的な超国家存在として正しく受け止める、すべてのヨーロッパ人の、解放の炎を掻き立てる働きをするだろう。「EUの正体:ヨーロッパを破壊するための、計画された全体主義的超国家」
http://stateofthenation2012.com/?p=40678
 
したがって、なぜ、ブリュッセルのグローバリストたちが、重大で劇的な投票プロセスを通じてカタロニアに当てられていたスポットライトを、別のところへ移さねばならなかったのか、その理由が容易くわかるであろう。

(中略)

時の権力は、なぜベガスのカントリー・ミュージック会場を虐殺に選んだのか?  
 
彼らがこの大流血事件を起こすのに、なぜこの特定の場所を選んだのか、多くの理由がある。

(中略)

グローバリストは、すべてのアメリカ市民から銃を取り上げようとしている。 武装したアメリカ人は、彼らの計画する One World Government の建設にとって、唯一最大の障害物である。
 
パワー・エリートにとって、それよりもっと気がかりなのは、“グローバルな経済と財政システム”の解体の前に、民衆を武装解除しなければならないことである。

(中略)
 
多くの無邪気な、カントリー・ミュージック・ファンは、保守派、キリスト教徒、愛国者、ナショナリスト、トランプ党、ティーパーティ派の傾向が強く、彼らを恐怖で抑え込むことは、銃規制に向かって彼らを動かす試みである。

(中略)

キーポイント:このラスベガス銃撃について、いつまでも記憶されるであろうことは、コンサート会場を通じて鳴り響く高速発射音であろう。インターネット上のあらゆるビデオが、マンダレー・ベイ・ホテルの前の自動発射音のスタッカートを捕らえた。明らかに、この側面は意図的に考えられたもので、議会が直ちに、すべての似た攻撃兵器や弾薬の没収を、法制化するためであろう。

(中略)

» 続きはこちらから

衆院解散選挙:人々の注目を集めるためのパフォーマンス記事と攪乱情報 〜今行われているのはカオスを創り出すこと〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事は、希望の小池代表と民進の前原代表が、連合の神津会長に支援を要請したというものですが、この3名は、元々今回の政変の中心人物で、裏の事情をよく知って動いているはずです。なので、この記事の内容は、人々の注目を集めるための単なるパフォーマンスです。
 板垣英憲氏の情報によると、創価学会は、「希望の党」を支援するとのことで、これは私が以前にコメントした通りです。
 今回の選挙は、キッシンジャー博士の命令によるものなので、統一教会、創価学会、日本会議は大方の予想を裏切って「希望の党」を支援することになり、余程のハプニングがない限り、「希望の党」が勝利することになるはずです。
 板垣英憲氏は、「希望の党、自民党、公明党3党連立政権」の樹立を目指しているとありますが、これは攪乱情報だと思います。小沢一郎氏は、ずっと政権交代可能な2大政党制の実現を目指していました。今、その実現が可能な状況になってきて、それを諦めるとは思えません。
 思惑に反して、「希望の党」が思うように議席が取れなかった時の次善の策として、この3党の連立構想があると言うのならわかります。
 今、行われているのは、意図的に制御可能なカオスを作り出すことです。自民党からも大量の離反者が出るほどのカオスです。そうして初めて、ダーティーなイメージを植え付けられてしまった小沢一郎氏の復活の準備が整うわけです。
 全て、シナリオ通りに動いているように見えます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
小池、前原両氏が連合訪問
引用元)

小池、前原両氏が連合訪問



 希望の党代表の小池百合子東京都知事と民進党の前原誠司代表は6日、東京都千代田区の連合本部を訪問し、神津里季生会長と会談して支援を要請した。

 小池氏は会談後、報道陣の取材に応じ「(神津氏から)これまでつながりのあった皆さんの支援をいただくという話を頂戴した。選挙戦が間近なので、前原代表も含め、連携して頑張っていきたい」と述べた。

 小池、前原両氏に続いて、立憲民主党の枝野幸男代表も神津会長と会談して支援を要請した。神津氏は会談後、報道陣に「私たちが支援する推薦候補がどちらの党にいても、無所属であっても全力を挙げて支援すると伝えた」と強調した。

【共同通信】

————————————————————————
小池知事「希望の党」 刺客擁立大失敗で“絶望”の24選挙区
引用元)
(中略) 

「排除の論理」を掲げる小池代表は、枝野幸男が結成した「立憲民主党」の候補者が立つ選挙区に刺客を送り、リベラル派を徹底的に叩き潰すつもりだ。しかし、狙い通り刺客作戦が成功するのかどうか。肝心の刺客が“返り討ち”に遭う可能性が高まっている。

(中略) 

よくぞここまでヒドイ刺客を集めたものだ。もう少しマシな人材はいなかったのか。

————————————————————————
配信元)

————————————————————————
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
小池百合子代表と前原誠司代表は、「小沢一郎代表」を首班指名し、「希望の党、自民党、公明党3党連立政権」を樹立する
◆〔特別情報1〕

 「希望の党」の小池百合子代表は10月5日、東京都内のホテルで前原誠司代表とともに記者会見し、総選挙への出馬を「考えていない」と完全否定、希望の党の首班指名候補について、「自民党の方々は羽田政権の後の村山政権を担いだということがあった」と述べて煙に巻いた。小池百合子代表と前原誠司代表は、すでに安倍晋三首相を退陣に追い込み、「小沢一郎代表」を首班指名選挙で選び、「希望の党、自民党、公明党3党連立政権」を樹立しようとしている。公明党の支持母体「創価学会」の池田大作名誉会長の妻・香峯子夫人は、「婦人部」に対し、「小選挙区で公明党候補を立てている選挙区以外は、希望の党候補に投票、比例区は自由投票」を指示しているといい、早くも「希望の党、自民党、公明党3党連立政権」樹立に向けて走り出している。

[YouTube]パパが子犬に階段トレーニング 

竹下氏からの情報提供です。
 みんな、こうして見守られてきたのですね。今も見守って下さっているように。
(しんしん丸)
————————————————————————
How to Train a Puppy Dog to Go Down The Stairs
配信元)

地球ニュース:ブラジル&中央アフリカ 〜国の資源を外資に切り売りする政府 / 無視された惨状〜

 今回はあまりニュースで取り上げられない国の情報を探してみました。一時に比べて保護熱が冷めてきてしまったアマゾンの熱帯雨林の話と、一時どころかついぞ注目されることのないアフリカのど真ん中の国のお話。
「権力者って、監視の目がないとここまで好き放題をしますか」とびっくりすること請け合いです。もうね、人に対しても自然に対しても悪魔に魂売っているとしか思えない所業です。
 中央アフリカに関しては、国としての体裁すら失いかけています。子どもたちが少年兵や少女兵にされ、国連平和維持軍や仏軍の性的暴行が問題になっている場所です。
まとめ動画を見ると、宗教対立というのはとってつけた口実で根は単なる政治経済の諍いです。長らく奴隷貿易や植民地政策で搾取され、貧困が更なる貧困を呼ぶという悪循環に陥っています。
 今週頭のルーマニアの写真集、画像が上手く表示されていなかったのを早速調整して頂きましたので、気分転換はそちらでどうぞ(※記事冒頭の悪魔崇拝ファッションショーは無視してください)。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:ブラジル&中央アフリカ

ブラジル:国の資源を外資に切り売りする政府



「アマゾンは地球の肺」

 先月末、ブラジル政府が原住民の先祖伝来の土地をオークションにかけました。

更に売り出された土地での石油やガス開発においては、水圧破砕法などの新しい手法を使っていいと謳ってやがります。水圧破砕法、アメリカ等で「フラッキング」と呼ばれ、健康面でも環境面でも大問題になっているやつですよ。何考えているんですか。

政府主催のオークション自体は初ではなく、行き詰った経済を立て直すためにこれまでも何回か開催されておりましたが、もっと小規模で範囲も狭かったのです。今回著しく低くしたのは参加費と売買価格だけ。

まず参加費は2013年にビジネス主体あたり280万レアルだったのが、今回はたったの500,000レアル。

参加した32の企業の中には、(ロイヤル・ダッチ・)シェルだのエクソンモービルだのBPだのトタルだの……超有名な国際石油資本が名を連ねています。もっと金とれるやん。

そして売買価格は例えば1レアル(ドルでいうと30セント)。いくら負債を抱えていたからって、ブラジル電気(国営)の子会社(電力供給)をそんな値段で売りますか。来年には本体のブラジル電気を民営化する気のようです。

一部で米国と金持ちのクーデターによって大統領にしてもらったと噂され、ブラジル史上最も国民から嫌われている(※そもそも選挙で大統領に選ばれてない)ミシェル・テメルは、国そのものを外資に売り捌こうとしているとしか思えません。


※関連動画探していたら、昨年アマゾンの川(上記の動画の)に43のダムのネットワークを作るとか言い出しているって情報まで見つけてしまいましたorz 
やだもうこの腐敗政府。

先月には違法鉱山作業員どもが酔っぱらった勢いで、原住民を次々殺害して切り刻んだことを暴露。国際的なニュースになりましたが、どうやらこちらも大して目新しい話ではなく、テメル政権下では原住民や環境活動家の殺害事件が増加しています。

おまけにアマゾンの熱帯雨林を保護するための経費は今年度6,500万ドルも削減されてしまいました(そもそもブラジル政府が支出しているのではなく、ノルウェーに出してもらっていたが、管理がなってないと減らされた)。逆に森林破壊は、ほぼ倍の速さで広がるようになりました。

またアマゾンの保護区を一部解放すると宣言し、鉱山開発を許可しちゃいました。46,000平方キロメートルほどだそうです。鉱山活動はその3割程とか言っとるけど、招き入れた時点でこれまでみたいに違法な採掘だの、焼いて土地を売っぱらうだのが横行しますよね? 今のところ裁判所が止めているそうですが、いつまで持つやら。

詳しく調べたら、数日前に政府が撤回しとりましたが、こいつら放っておいたらまた言い出しそう。それか違法採掘を黙認する方向に転じるか。

だってね、撤回とか言いながらも「ブラジルは成長し、職を作出し、鉱山投資を呼び込み、さらには当該地域の経済的可能性を引き出す必要がある」って鉱山およびエネルギー省がコメント出しているんですよ。大人しく森林保護する気は全くなさそう。こちらのまとめ動画を見ると政権の面子も大企業と繋がっていて、ロクなのがいません。

2019年まであと8回もオークションを計画しているそうで、与党内からも国の資源を余りにも安く売り過ぎだと言う批判が出ているほど。このままだと、アマゾンの美しい大自然と原住民の貴重な文化があっという間に消えてなくなりそうです。

かつて世界的にアマゾンの保護が叫ばれていた頃、森林破壊は減っていたんです。世界の関心が薄れた2004年頃から再び増加傾向にあります。皆さま、今一度意識を向けて頂けないでしょうか。


» 続きはこちらから

ラスベガス銃乱射事件:偽旗疑惑 / 4階から発砲!? / 制服姿の複数犯がホテル警備員を射殺!? / クライシスアクターを募集!?…等々

 ラスベガス銃乱射事件についていろいろな情報が出ているようなので、拾ってみました。やらせというよりは本当のテロだとは思いますが、色々と準備されていたような感じですね。32階から撃ってあんなにヒットするものかと違和感を感じましたが、4階から撃っていたのでは!?とかいう動画も出てきたり。
 まだまだ何か起こりそうなアメリカですね。
(acco☆彡)
————————————————————————
配信元)

事件発生:当初から偽旗疑惑





4階から発砲していた





「犯人」はマシンガンを扱えない




ホテル宿泊客が、制服姿の複数犯がホテル警備員を射殺するのを目撃



» 続きはこちらから