月別アーカイブ: 1月, 2020

「新型コロナウイルス」は、人々にワクチン接種を強要するためのもので、“このワクチンは体内に入るとその人の遺伝子を組み替えその人を白痴にして不妊にさせる”

竹下雅敏氏からの情報です。
 コブラの「新型コロナウイルス」に関する情報です。これまでもお伝えしているように、コブラ情報は3次元の低層に関しては比較的正確です。高次元に関するものは、ほぼすべて間違いです。彼らは、そもそも高次元の情報に直接アクセスできる術を持ち合わせていません。
 下の記事をご覧ください。今回の「新型コロナウイルス」は、人々にワクチン接種を強要するためのもので、“このワクチンは体内に入るとその人の遺伝子を組み替えその人を白痴にして不妊にさせる”と言っています。記事では、「白雉(白色のキジ)」になっていますが、誤変換でしょう。
 昨日のYutikaさんの「ジョン・ラポポート情報」に、“ワクチン接種した自分の子どもに何が起こったか、胸が張り裂けるような事態”を親たちが語っている動画が添付されていました。ワクチン接種によって、“その人を白痴にさせる”とはどういうことかが、この動画でよくわかるでしょう。
 この記事の引用元では、“国連は自分たちが堕天使であること”を認めており、“白痴の奴隷人間のクローン化というアジェンダ”を推進している。そして、“堕天使らは、人間よりも高次元のシャンバラ(サナット・クマラ=ルシファー)に対する忠誠心について話し合っています”と言っています。
 これはこの通りですが、「高次元のシャンバラ(サナット・クマラ=ルシファー)」に忠誠を誓っているのは、銀河連合やコブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)も国連と同様であることは、言うまでもありません。もっとも彼らは、未だにサナット・クマラ=ルシファーが、すでに滅びたことを知らないのかも知れませんが…。
 今回の「新型コロナウイルス」の件も、関わっているのはコブラのRMの上層部のみで、それ以外の者は何も知りません。彼らは、地球上の人類と大して変わらない存在で、いわば「金魚並み」なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コブラ 更新情報
終末時の狂気 2020年1月29日
引用元)
(前略)
2019-nCoVは、主にアジア人を標的とする高度な人種生物兵器です。
https://benjaminfulford.net/2020/01/29/engineered-novel-corona-virus-okay-for-europeans/
(中略)
中国のエージェントは、カナダの研究室からコロナウイルスを盗びました。
https://greatgameindia.com/coronavirus-bioweapon/
http://greatgameindia.com/chinese-researchers-caught-stealing-coronavirus-from-canadian-lab/
そして、武漢の研究室で生物兵器にアップグレードしました:
https://www.zerohedge.com/health/man-behind-global-coronavirus-pandemic
https://greatgameindia.com/dr-xiangguo-qiu-chinese-biological-warfare-agent/
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/news.guo.offload.media/wp-content/uploads/2020/01/25133703/Brief-summary-of-evidence-of-lab-finish.pdf
その後、米国のエージェントは、以前、武漢研究所に潜入し、ウイルスの開発に関与し、コロナウイルスのサンプルを盗み、武漢の鮮魚市場と動物市場に広めました。それ以来、ウイルスへの恐怖心を煽って幾何学的な進行で広がっていました。
https://moneymaven.io/mishtalk/economics/coronavirus-geometric-progression-suggests-100-000-infections-in-a-week-jzcZTq6Je0GpmioumMXSyg
(以下略)
————————————————————————
新型コロナウイルスパンデミックの背後にあるもの
引用元)
(前略)
https://beforeitsnews.com/politics/2020/01/there-is-a-whole-lot-more-going-on-that-we-are-being-told-3166787.html
(概要)
1月28日付け
(中略)



(概要)
ネット上では真実を伝えている人たちのアカウントやサイトがグーグルによって削除され続けています。
(中略)
彼らは新しいワクチンを作り出すために新型コロナウイルスをまき散らしたのです。このワクチンは体内に入るとその人の遺伝子を組み替えその人を白雉にして不妊にさせるのです。(中略)… ウイルスをまき散らす3か月前にすでにこのワクチンは完成しており香港に保管されています。
(中略)
中国は、遺伝子組み換え用のワクチン(人間をバカな奴隷にするため)を作るために新型コロナウイルスを開発したのです。
(中略)
このワクチンは人類を滅亡させるものです。ただし生き残る者がいれば、その者たちは白雉で不妊の奴隷となります。世界をこのような状態にしようとしているのが国連なのです。
(以下略)

WHO(世界保健機関)が「緊急事態」を宣言するも、中国への渡航制限勧告は見合わせると表明 ~中国共産党の「フェイク・ニュース」に加担し、誤った情報を拡散しているWHO

竹下雅敏氏からの情報です。
 WHO(世界保健機関)が「緊急事態」を宣言しました。“中国に多額の資金を受けているWHOが中国を忖度”したのか、「中国への渡航制限勧告は見合わせると表明」しました。この度の「新型コロナウイルス」に関しては、WHOの動きが不可解で、恐らく中国共産党の「フェイク・ニュース」に加担していると思われます。
 “続きはこちらから”をご覧ください。板垣英憲氏は、「中国国内の15~16の主な都市は、すべて感染しており、10万人以上が死んでいる」と言っていますが、さまざまな情報を総合すると、これが間違った情報だとは言えません。フルフォードレポートは、中国政府が「真実を話していないのは明らか」だと言っています。さらに、“これはコロナウイルスではなく、ニパウイルスであり、WHOは、2018年8月にこのことを知っていた”というのです。
 WHOは「風評や誤った情報が拡散することへの対策」を行うべきだと言っていますが、誤った情報を拡散しているのは、この犯罪に加担しているWHOだという認識を持つ必要があるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
WHOが「緊急事態」宣言
配信元)
————————————————————————
WHO「緊急事態」を宣言 医療のぜい弱な国への感染拡大懸念
引用元)
新型のコロナウイルスの感染拡大を受けて、WHO=世界保健機関は専門家による緊急の委員会を開き、感染がほかの国でも拡大するおそれがあるとして「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。
(中略)
貿易や人の移動を制限することは勧告しないとしたうえで、医療態勢がぜい弱な国を支援すること、ワクチンや治療法、それに診断方法の開発の促進、風評や誤った情報が拡散することへの対策、データの共有などを行うべきだとしています。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

[Twitter]だからワンコって憎めない。。。

ライターさんからの情報です。
とっても正直なワンコ?!
だからワンコって憎めない。。。
(popoちゃん)
————————————————————————
配信元)

30日参議院予算委員会・タムトモ田村智子議員と驚きの追求をした山添拓議員 〜 自民党総裁選にまで利用された「桜を見る会」、そしてそもそも公開前提だった桜の名簿

 30日の参院予算委員会で、タムトモさんこと田村智子議員が安倍総理と「直接対決」でした。これまで明らかになった数々の事実が「総理の私物化だということが総理には分かっていない。官僚の皆さん、教えなきゃダメですよ!言いなりになってちゃダメですよ!」と正面切って指摘し「資料を示す、調査を命じる、自ら真相を明らかにすることが求められている」と安倍総理の言い逃れを制しました。
 悪徳マルチ商法ジャパンライフの山口会長を招待した件も、安倍総理は壊れたロボットのように「今申し上げましたように、もう何度も申し上げましたように、ご本人がどのような発言をされているかには関わらず、個人に関する情報であるため招待されたかどうかも含めて従来から回答を控えさせていただいておるところでございます(もう覚えたよ)」を繰り返し、その無意味な答弁に議事が中断する始末。安倍総理には今の審議だけをやり過ごせれば後は野となれ、なのでしょう(14:40〜)。
 今回の質問では、安倍総理が「桜を見る会」を私物化し利用してきた新たな側面を明らかにしました。長い自民党政権の歴史の中でも第2次安倍政権の招待者数が目立って急増していることは、安倍総理自身も認めています。田村議員はそこに、あえて支援者を増やす意図、目的があったことを明らかにしました。
最も招待者が多かったのは平成30年の9495人。その年の9月には石破氏と一騎打ちになった党総裁選がありました。それまで数々の政権不祥事が発覚し苦戦していた安倍総理は、地方の党員票対策の一環として地方県議員を異例の大量招待をし、その前夜、わざわざ自民党地方議員研修会を初めて開催し、萩生田幹事長代行の下、800人(党員の約6割)もの参加者を集めました。党員大感激の結果、総裁選は安倍総理の勝利となったわけです(34:18〜)。「桜を見る会」は総理によって、総理の座に居座り続けるために利用されたのだと喝破しました。
 
 さて、タムトモ議員の後、山添拓議員が続いて質問に立ちました。こちらがまた目を見張る展開でした。山添議員は、安倍総理と内閣官僚がずっと○○のひとつ覚えのように「個別の招待者については個人情報なので答弁できない」と言い続けていることを取り上げ、本当にそもそも名簿が「開示できない」性質のものなのかを追求しました。なんと山添議員の入手した資料では、内閣府が各省庁に推薦者名簿の提出依頼をした際の文書に「開示請求の対象とされたことがある」と明示してあったようです。つまり公開が前提であったことが確認できるのです。この直後、大塚内閣大臣官房方は色をなして「公開前提ではない」と否定しますが、声が震えています(1:40〜)。安倍事務所の招待者名簿も開示の対象になり得ると内閣府から伝えられていますが、安倍総理の答弁はムチャクチャになっています(7:15〜)。総理も官僚も狼狽が隠せません。山添議員は、開示され得る文書は1年間は保存するのが原則である点を突きました。議員自身が2003年に名簿開示の例があったことを突き止めているのに、官僚側は最後まで答弁を拒みました。
 さらにもう一点、今度は、政府の言う「招待者名簿はルールに基づいて廃棄済み」というリピート答弁について、そのルールに切り込みました。桜の名簿の保存期間が2018年4月で1年未満に変わりました。その根拠とされた平成29年の行政文書保存のガイドラインの改定は、そもそも森友問題で起こった近畿財務局の文書廃棄の反省から1年未満文書をなるべく「少なくするために」改定されたものでした。ところがよりにもよって、そのガイドラインを理由に桜を見る会の名簿の保存期間「だけ」短くしてしまっていました。
ガイドラインの「1年以上保存」の規定を求めると、原則ではなく例外規定を担当大臣に読ませるなど「意地悪」をされながらも(24:23〜蓮舫議員の抗議が聞こえる)、桜の名簿が本来1年以上の文書に相当するものであることを指摘しました。
これだけ問題になって焦点とされる名簿を「不要だ、不要だ」と決めつける内閣府、内閣官房は「ガイドラインの悪用」をしていると。
 山添議員の調査でさらに興味深いことが分かりました。「東日本大震災追悼式招待者名簿」は保存期間が1年ですが今だに保存されています。同じ内閣府の所管で、この一周年の受付表の招待者区分番号が桜を見る会とソックリです。過去8年間ずっとこの様式で、しかもその理由は「前例を踏襲するのが通例だから」と、ごもっともな回答でした。桜の名簿も無いはずがない。少なくとも、内閣府と内閣官房内閣総務官室(総理を直接補佐する、官邸直結の政治家枠を扱う部署)以外は全て保存されています。
 山添議員は、ヤジにも動じず淡々と安倍内閣の異様さを浮き彫りにしました。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)





» 続きはこちらから

続「今国会に提出される種苗法改正を止めるために!」種苗法の核心部分と地元議員に訴える時のポイント

 1/23「種苗法改正を止めるためには」と題した記事に、フットワークの軽いしんしん丸氏が即応され、1/28「地元の与党議員に連絡してみました」という大変参考になる記事を上げてくださいました。
しんしん丸氏ならではのレポートですが、さていざ自分が電話の前に立つと、見知らぬ議員事務所に向かって何をどう言うべきか、あれこれ準備しておきたくなります。ただ単に「不安な有権者の感想」に終わらない効果的なメッセージをしたいと欲が出てしまいます。
今回の改正で一番気になるのが「原則としてすべての登録品種で、育成者の許可を得ることなくタネを採ったり、わき芽挿しをすることが禁じられる」点ですが、条文のみを見ていると問題点が見えにくいのも事実です。
 すると、まさにその姿を見越しておられたかのような投稿が届きました。
仮に自家採種禁止反対に耳を傾けてくれる与党議員さんがいてくれたとして、農水省からこの説明を聞かされてあっさり納得されては困りますので、」と、与党議員さんが官僚に丸め込まれないためにしっかり伝えるべき要点を記しておられます。ありがたし。
 この投稿をご覧になったしんしん丸氏の「相づちコメント」も併せて掲載しました。
貴重な参考意見をありがとうございました。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
種苗法改正について政府の説明とその問題点
なぜ自家採種が制限されるのか

 種苗法改正について少し勉強してみたのですが、政府は、今回の改正による自家増殖(自家採種は自家増殖の一形態)に対する許諾制の全面導入について、

①育成権を有する人や団体が増殖状況を把握して、海外流出を防げるようにするために必要
許諾性の対象は登録品種のみで、一般品種は従来通り。(今回投稿した「メダカのがっこう」の記事によると、登録品種は全体の5パーセントほどとのこと。)
③許諾制が適用される場合も農家の負担にならないよう留意する。
と説明するようです。
[参考]日本農業新聞「新品種流出で刑事罰 通常国会で法改正へ 農水省検討会」(19/11/16)

 仮に自家採種禁止反対に耳を傾けてくれる与党議員さんがいてくれたとして、農水省からこの説明を聞かされてあっさり納得されては困りますので、陳情される場合は、農水省の説明にどういう問題点があるか踏まえた上での方がよいと思います。

 ①の問題点については、しんしん丸さんの過去の複数の投稿にもありましたね。海外流出を防ぎたいならそれを直接禁止することではなぜ足らないのか私には分かりません。また、海外流出を防ぐことと、全面的に自家増殖の許諾制を導入することとに距離がありすぎて、説明になっていないと思います。

匿名読者さんの言われるように、①の海外流出を防ぐために自家増殖禁止するということのおかしさですよね。なので、目的はおそらく自家増殖禁止だろうと推測されるわけです。(しんしん丸)


» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 32