2020年1月26日 の記事

武漢発新型コロナウイルスは、2014年のゲームで「2020年に中国でSARSに酷似したコロナウイルスが発生する」と正確に予告されていた ~新型コロナウイルスが生物兵器であった可能性が高い

竹下雅敏氏からの情報です。
 武漢発新型コロナウイルスは、英国のNdemic Cleationsという会社が制作した2014年のゲームで、「2020年に中国でSARSに酷似したコロナウイルスが発生する」と、正確に今回の事件が予告されていたということです。新型コロナウイルスが生物兵器であった可能性が、ますます高くなったといえるでしょう。
 また、In Deepさんが指摘しているように、“新型ウイルスが発生した中国武漢は「世界で最も危険な病原体(バイオセーフティーレベル4)」を研究する施設がある場所だった”ことと、“中国以外の一部の科学者たちは、これらの BSL-4 研究施設から病原体が外部へと広がることを不安視”していたということは、頭に入れておいた方が良いでしょう。
 In Deepさんの記事と、現場の医療関係者の声を考慮すると、新型コロナウイルスの感染拡大が、この程度で収まるようには思えません。こうした場合、冷静に、しかし最悪の場合を想定して準備を怠らないようにしなければなりません。
 「武漢は既に制御不能」で、お店から商品は消えているようです。なので、今のうちに食糧を十分に備蓄しておき、出来る限り外に出ないで済むようにしておくのが賢明だと思います。マスクはN95でなければ、通常のものは意味をなさないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ゲームが予告していた武漢の新型肺炎
引用元)

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
ゲーム「コロナウイルス」

急速に感染が拡大中の武漢発新型コロナウイルスだが、なんと五年前のゲームの中ですでに発生が予告されていた。そのゲームは英国のNdemic Cleationsという会社が制作した、2014年のPlague Incという感染症を扱ったゲームだ。
(中略)
の説明の中で、「2020年に中国でSARSに酷似したコロナウイルスが発生する」と、正確に今回の事件が予告されていたのである。
(以下略)
————————————————————————
新型ウイルスが発生した中国武漢は「世界で最も危険な病原体(バイオセーフティーレベル4)」を研究する施設がある場所だった。そこで沸き起こる「兵器化された病原体が流出したのではないか」という懸念
転載元)
(前略)
香港の報道では、「医療従事者たちがどんどん感染している」ということが報じられています。
(中略)



(中略)
世界屈指の医学部を有する米ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院の教授は以下のように述べていたことが報じられていました。
 
「爆発的流行において、医療従事者が感染するのはまれです。医療従事者が感染したとしたら、それは常に警告信号となります。医療従事者が感染しないよう防護している状況の中で感染したということは、ウイルスは容易に感染する可能性があることを意味しているからです。」

(中略)
中国政府は、武漢を始めとする 7都市を隔離し、2300万人の住民たちの移動を制限しました(その後、隔離を 10都市に拡大)。


 
しかし、たとえば、武漢は 1100万人の人口を誇る大都市ですが、日経新聞などによれば、春節の前に旅行や帰省で、隔離前に武漢を出た人が 300万人以上いるという観測もあるようで、そのくらいの数の人たちが、すでに全世界に旅立っている可能性がありそうです。

唯一幸いというか、この新型ウイルスの「毒性」つまり致死率や重症化率が「低いかもしれない」ということです。

2003年の SARS の致死率は 9.6%でしたが、今の新型コロナウイルスの致死率は、1月23日時点で 2.8%(618人が感染して 17名が死亡)ということになっていまして、また、重症化するのも基礎疾患を持った高齢者が圧倒的ですので、健康な人たちはあまり脅威に感じなくてもいいのかもしれません。

ただ、「今後、毒性が変異したら?」という懸念はあります。
(中略)
今、全世界で噂されているのが、
「このウイルスは兵器用に設計されたものではないか」
ということなのです。それが、何らかの原因で流出してしまったのではないかと。

そういう話が出てきた理由は、この中国の武漢には、現在、中国で唯一、最高危険度のバイオセーフティーレベル4(BSL-4)の病原体を研究するバイオ施設があることがわかったことからです。
 
バイオセーフティーレベルとは、危険な細菌やウイルスなどを取り扱う実験室・施設の格付けで、以下のように分類されています。
 
バイオセーフティーレベルとは

人に対する病原体の危険度をレベル1〜4段階(BSL:バイオセーフティレベル:1〜4)に分類し、レベル4を最高危険度の病原体として位置づけています。

このレベル4の病原体に感染した場合は重症で致死率が高く、しかも有効な予防法または治療法がないエボラ出血熱やラッサ出血熱など、国内には存在しないウイルス性の病原体であります。

バイオハザードの発生と病原体の危険度分類

(中略)
 
» 続きはこちらから

新型コロナウイルスの実際の感染者数は、政府の発表をはるかに超えている! ~現場の医療関係者によると「医師らの推定で10万人が感染している」

竹下雅敏氏からの情報です。
 午後7時のNHKニュースで、新型コロナウイルスの感染者が世界で2000人を超えたと言っていました。しかし、ネット上のさまざまな情報を考慮すると、現状は遥かに深刻であると思った方が良いようです。
 大紀元によると、「実際の感染者数は政府の発表をはるかに超えている」とし、現場の医療関係者は、「医師らの推定で10万人が感染している」とのことです。「報道は事実と全くかけ離れている」ようで、冒頭のツイートの動画の看護師の女性は、「すでに9万人です。このウイルスの感染率は…近くの14人を感染させてしまう。スピードは大変早い」と言っています。
 どちらが本当なのか? 2つ目のYouTube動画の武漢の医療現場の声を聴くと、これを炎上目的や演技で行っているとは、とても思えません。動画の1分55秒~2分5秒では、「医師たちは感染者数を10万人と推計している…多すぎてどうしようもない」と泣きながら言っています。
 中国政府は情報も新型コロナウイルスも、両方を封じ込めようとしていますが、無理のようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

 
————————————————————————
配信元)
 
————————————————————————
「政府の発表を信じないで」 ネットに医療関係者の告発相次ぐ
引用元)
(前略)
中国政府は25日10時30分時点で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が1330人、死者41人と発表した。しかし、現場の医療関係者が相次ぎ、SNSに投稿し、実際の感染者数は政府の発表をはるかに超えていると訴えている。
(中略)
女性医療関係者はSNS微信で泣きながら「(現状は)テレビの報道よりずっと恐ろしい」と訴えた。「医師らの推定で10万人が感染している」「多くの患者はすでに手遅れ状態です」(中略)… 最後に女性は「くれぐれも政府を信じないで。自分で自分の身を守ってください」と呼びかけた。
(中略)
 湖北航天病院の医師は微信で、感染者が10万人を超えていると発言した。「病院が地獄のようだ。"助けて"の叫び声があちこちから聞こえている」という。また、箝口令が敷かれているが、「(この発言で)処分されることもいとわない」と語った。
(以下略)

» 続きはこちらから

[YouTube]牧羊犬?

竹下雅敏氏からの情報です。
牧羊犬? ええ仕事してはる。
(竹下雅敏)
————————————————————————
Doggo Makes Sheep Friends || ViralHog
配信元)

メキシコ便り(55):popoちゃんのメキシコ私立病院体験記!

 前回のメキシコ便り(54)で、今年1月1日からメキシコの国立病院はすべて無料になったことをお伝えしました。その際、大手メディアがフェイク・ニュースを一斉に流していた原因として、大手メディアが大手チェーン病院(Grupo Angel:グルーポ・アンヘル)も所有していたことを、ナチョさんが明らかにしました。

 その「天使の集団」という名の大手私立チェーン病院。実は、popoちゃん一度だけ流産のときに利用したことがありました。今回は、その時の体験記を書いてみました。薬嫌いのpopoちゃん問題児に手こずる女医。そして、それでもそんなpopoちゃんに薬を山ほど押し付ける女医。白か黒!でグレーなゾーンがほぼ存在しないお子ちゃまpopoちゃんは、ムキになってしまい。。。

 そんな体当たりのpopoちゃん、最後に、美しい夕焼けのおかげで気づきを得ることに。

 まだまだウソ・悪が氾濫した社会、真実を知りはじめた者が、この社会でうまく生きていくには、竹下先生がおっしゃるように様々な知恵と工夫が必要かなと。。。実感した出来事でもありました!

(注)popoちゃんの一度だけの体験なので、すべての私立病院がそうであるとは言えません。あくまでも一例として参考までに。。。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
popoちゃんのメキシコ私立病院体験記!


助産婦さんに紹介されたのは
ファレスで一番良いと噂されている
立派な私立病院棟にオフィスをもつ産婦人科女医


ファレスには稀な高層ビル
エレベーターなんて久しぶり
上に上がるに連れ
テンションどんどん下がっていく
ドアが開くと重いため息
どぉーっとこぼれる

「はぁ〜。。。」


とぼとぼ下を向いて
暗い廊下を歩いていると
ちらっと目の端に何かが光る✨

「???」

ふっと顔を上げると。。。

「うわぁ〜✨きれい〜✨」


» 続きはこちらから

ままぴよ日記 41 「PTAってなあに?」

PTAって何だろう?子ども会って何だろう?

子どもの健やかな成長のために協力し合うのはとてもいいことだけど、目的のために役割を強いられて、行動を期待されて、責任を負わされるなんて何だか変だなあ。

そして、皆がおかしいと思っているのに与えられたものに盾突くのはいけないという空気が流れるのは何でだろう?
見回したら学校も会社も政治も、家庭の中も、子育ても同じ空気が流れている。
日本は市民革命が起きないわけだ。

みんな自分を生きているのかな?我慢して、あきらめて愛が枯渇していないかな?
(かんなまま)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

保護者と教師が協力しながら学校運営をサポートする組織PTA


PTA(Parent Teacher Association)は子どもの健やかな成長をサポートするために保護者と教師が協力しながら学校運営をサポートする組織です。子ども会は地域の親子で構成され、学校ではなく地域で子どもの健全育成をするための団体です。お祭り、餅つき、ドッジボール大会、親睦会、ラジオ体操、プール当番などがあり、どちらも任意加入です。


でも実態は組織の説明もなく、1年生になったら全員に配られる入学書類一式の中にPTAの会費納入の用紙が入っているので学校の組織だと思って加入してしまう人が多いようです。子ども会も地域の当番からいきなりお誘いが来ます。そして、いったん入ると年度ごとに役員決めがあって会長、副会長、広報、書記、何々委員会、監査などの役割を割り振られます。


「負担を平等にする会」になってしまったPTA


ひと昔までは自営業や専業主婦など比較的昼間の時間に出席できる人が役員になっていました。ところが、今は保護者の数が減ったので、ほとんどの保護者が何らかの役をしなければ成り立たなくなりました。

会議は夜です。働いている、妊娠中、子どもが小さい、介護をしている、病気などの個人の都合や、その役に向いていない、やりたくないなどの意思はかき消されて、みんな同じように我慢する「負担を平等にする会」になっています。


» 続きはこちらから