2021年2月15日 の記事

福島県沖でのМ7.3の地震の際に、不可解な光が発生していた! ~ディープステート掃討のための米軍の軍事作戦をするために狙った停電か、電磁パルス攻撃をしたのはTR3Bか

竹下雅敏氏からの情報です。
 13日の23時8分頃に、福島県沖でМ7.3の地震が起きました。引用元でNHKの動画をご覧になると、この時、不可解な光が発生していたのがわかります。ツイートは、その場面を切り取ったものです。
 “続きはこちらから”の動画の7分の所をご覧ください。地震直後にUFOが目撃されたというのですが、どうも、米軍のTR3Bではないかと言われています。9分35秒の所で、“(ディープステート掃討のための)米軍の軍事作戦をするために地震を起こして、停電を一時的に起こしたのではないか。停電を担ったのは恐らく電磁パルス攻撃をしたTR3Bではないか”と言っているのですが、その可能性が高いように思います。直観的には、地震も米軍が起こしたと言って良さそうです。
 動画の下のツイートには、TR3Bによる電磁パルス光線が撮影されていますが、どうやら、日本ではなさそうです。他のツイートも、影の位置が不自然だったりするので、イラストだろうと思いますが、TR3Bのイメージを掴めると思います。
 動画の3分のところでは、富士山で米軍と自衛隊が軍事演習中に火災が起こったという話題を取り上げ、地下にあるアドレナクロム工場を破壊したのではないかと言っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
福島県沖 震度6強のあとも地震相次ぐ 今後1週間程度注意を
引用元)

動画は引用元でご覧ください(画像をクリックすると引用元へ飛びます)

13日夜遅く、福島と宮城で震度6強の激しい揺れを観測する地震があった福島県沖では、その後も地震が相次いでいます。気象庁は、今後1週間程度は最大震度6強程度の揺れを伴う地震に注意するよう呼びかけています。
(以下略)
————————————————————————
福島県沖 震度6強の地震で気象庁会見
東日本大震災の余震
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

13日(土)23時08分頃に発生した最大震度6強の地震に関して、気象庁は14日(日)1時10分より会見を行い、東日本大震災を引き起こした2011年3月の超巨大地震の余震との見解を示しました。
 
気象庁は地震の規模と深さを速報値から暫定値へと更新し、マグニチュードは7.3と上方修正、深さは約55kmです。地震のメカニズムは西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型と解析しています。沈み込む太平洋プレートの内部で発生した地震と見られます。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

【再掲載】スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文4 
ハイアラーキーとNWO計画の誕生、そして終焉

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの4回目の通信文です。通信文をご覧になれば、天界のクーデターで、地に投げ落とされた者たちがその後ハイアラーキーという組織を作ったことがわかります。真の神にとって、ハイアラーキーは地に投げ落とされた魔の軍団であり、闇の組織なのです。
 この組織の中で、サナット・クマーラとマイトレーヤ(弥勒菩薩)は特に重要な立場に居ます。サナット・クマーラはユダヤ教、キリスト教、イスラム教において、唯一絶対の神であり、マイトレーヤは仏教における救世主であると同時に、神智学ではイエスにオーバーシャドーした真のキリストだからです。要するにこうした一連の宗教的思想そのものが、仏教、ヒンズー教も含めて闇の軍団の統治計画なのです。日本では裏天皇、八咫烏、日月神示、大本教などがこの流れに乗ったものです。
 すでに“天界の改革シリーズ”などで示しているように、こうしたハイアラーキーの連中は、心から改心した者以外全て滅ぼされ消滅しています。いまだに日月神示や日ユ同祖論などの周辺でうごめいている者たちは、ハイアラーキーの協力者(イニシエート)であると言えます。自分たちが仕えていた主がすでに滅ぼされたことを知らない者が、いまだに多いのです。裏天皇を中心とするグループの上層部が、現在ようやくこの事に気づき、ナサニエル陣営に従うようになったというわけです。
(竹下雅敏)
————————————————————————

〈通信者:中西征子〉
〈通信日時:2014年12月6日13:00〉

「今回は、今から約3500万年前の天界での出来事から始まり、現在までの大まかな流れについてお伝えしたいと思います。

先回、地球への転生を拒否した神々についてお話ししました。
このようにして転生のシステムが乱れる事により、思わぬ事態が引き起こされてきたのです。

反逆した神々の中で、筆頭の地位にあったのが、“サナット・クマーラ”と呼ばれていた神です。
彼はホツマの神々の中でもその地位は非常に高く、彼に従う者達は数百万もの神々や神霊、み使い達で成り立っていました。

やがて神への反抗は攻撃となり、統治する神の組織に対して、クーデターを計画する事態にまで発展していくことになりました

闘いは神の組織の圧倒的な勝利に終わり、サナット・クマーラと彼の仲間は全員、地上近くの界層に投げ落とされ、その界層の支配者となっていきました。

それは時を経て“ハイアラーキー”と呼ばれるようになり、太陽系惑星群の統治システムとして、“太陽系ハイアラーキー”と呼ばれるようになりました。
彼等支配者層の名前は後に“神智学”として知られるようになった思想の中で、段階的に明らかにされるようになりました。
詳しい人名はすでに竹下雅敏様によって、映像配信や先日のブログで明らかにされています。

彼らは地球の人類を支配するための、ハイアラーキーの組織を使って様々な手段を用いて、人類を正しい霊的進化の道から悪の道へと誘導していきました。

地上に転生した指導者達を用いて、偽りの宗教、悪魔崇拝、堕落した性道徳、神殿売春、物質崇拝、権力闘争、民族闘争、国家主義、快楽主義、その他様々の誘惑や欺瞞で人類を誤導し、自分達の支配の及ぶ範囲をこの地球上に拡大していきました。

そのひとつの手段が貨幣の使用でした。
貨幣は様々に形を変え、実物の貨幣から象徴的貨幣へと姿を変え、より便利により広範囲な使用を促す今日の流通貨幣へと変化していきました。
大量の貨幣の流通により、悪の勢力は凄まじい勢いで拡大し、天界のハイアラーキーはその勢力を思いのまま操り、地球上の統一国家さえも実現させるために、“NWO”(シャンティ・フーラ注:新世界秩序)と呼ばれるとてつもなく邪悪な企てを実行に移すため、千数百万年前から、着々と準備をすすめてきたのです。

近年、多くの人々がマスコミの誤報と偽りの情報により、真実を知らされる事なく、霊的無知のままに彼らに従ってきた事が、この1世紀の歴史で証明されてきたと言えるでしょう

これまで、長い時間をかけて地上を支配してきた彼らは、20世紀を彼らの野望の実現の最終段階とするべく、特に力を注いできました。

しかしこの野望は今、神々の新しい統治の始まりによって、完全に粉砕されてしまいました。

神々は今、この新しい1兆年の折り返しの時に、従来からの宇宙の計画通り、最後の審判によって次の周期にふさわしい魂を選別し、これから数年にわたり、地球上のあらゆる組織の大改革を行う事を全員一致の元に決定し、今、準備をすすめているところです。

これからは、より詳細な出来事を掘り下げて明らかにしていきたいと考えています。

次回に続きます。」

[Facebook]リアル・ファンタジー

パータさんからの情報です。
バージニア州の国立公園にあるリゾート施設に滞在していた親子。
ある朝のこと、坊やは可愛いお友達を連れて帰ってきました。

インタビューに答えたママ。
「おやつをごちそうしたくて連れて帰ってきたようですが、私は息子に『この子のママが探しているだろうから、会えるようにちゃんと森へ連れて帰ってあげなさい』と伝えました。」
(まのじ)
 ※詳細はこちらの記事をご覧ください。
————————————————————————
配信元)

*まるっと◎なんくるないさぁ~* あい∞ん在宅看取り介護10(最終回)

 あい∞んさんは介護の日々を終えられました。生前のお父様と話し合われた通り、3日間ご自宅に安置して、その翌日に火葬、そして骨葬を無事済まされたそうです。あい∞んさんはサラッと言われましたが、これを実行するのはやはり信念の要ることだと思いました。
 お見送りからすでに数年を経た、あい∞んさんの今のお気持ちを伺いました。在宅介護を選ぶということ、病院で最期を見守ること、あるいはそれ以外の事情であっても、大切なことは同じかもしれないな、と思えてきました。多くの支え、祈り、自身の心を見つめること。その中からタイトルの言葉を確信されたのかもしれません。
(まのじ)
————————————————————————

あい∞ん在宅看取り介護10(最終回)

Q.あい∞んさんの介護体験、当時を思い返していかがですか。

全てが終わって振り返ってみると、やってみて良かったと想う事ばかりだなぁ…と感じます。「気づきと学びの宝庫」でした。神様が与えて下さった「今までの宿題保留を解消する機会だよ~☆スパルタ式だよ~(笑)」

命に向き合って、感じて、相手を観察しつつ、今はこれが必要かな…と直感的に感じたことを実践していくような…貴重な日々を神様が下さったように感じています。

ずっとありのままの父を受け入れられなかったけれど、最後に父に色々なお世話をさせていただけて、今までのことも謝れて、父が自慢に思っていたお家を(見えるとこだけ(笑))片付け、きれいにして、お別れに来て下さった方々にお抹茶をお出ししたり、おもてなしをさせていただけて、あぁ良かったなぁ…と安心しております。

「今まで色々沢山ありがとうございました。
そして色々ごめんなさいでした…。
今世の人生、本当に本当にお疲れ様でした!!」


Q.私があい∞んさんのお話の中で一番好きなエピソードは、お抹茶とお花のところでした。お父様も喜んで聞いておられるような気がするのですよ。あい∞んさんが丁寧にお茶を点てる姿を見るのもお好きだったのではないかしら。

父は寂しがり屋で人好きな人だったので、家に様々な方々、…看護婦さんや先生や訪問入浴の皆様が訪ねてきて下さるのは嬉しいことだったかもしれません。毎回の様に「金魚が大きくて立派で凄いですねぇ!」と皆様が言って下さると、嬉しそうな顔をしていました!

♪コイじゃない~♪
金魚ぎょっっ♪


丁度季節が春だったので、近所の桜の花が咲いたことや、庭にある花が咲いたら見える場所に活けたりなど、季節の移ろいを伝えてあげたりすると良い反応を返してくれました。

春爛漫の頃には、桜やチューリップ、水仙、シャガ、鈴蘭みたいなお花などを、里山暮らしの友人が父に届けて下さって…。部屋に居ながらのお花見と素晴らしい香りに、父も「おぉ~すごい」と、とっても喜んでいてお花ちゃん達から元気を頂いている様子でした!父に「ほんとに有り難いね」と言うと「うん」と素直に返事してくれました。

父は家のお花を活ける担当だったので、父が出歩ける時には母と二人で花を買いに行っていましたが、外出しなくなってからも母が花を買ってきて、父がお仏壇・お地蔵様・玄関などの花を活けていました。父は茶道の先生をしていた時期もあり、字も上手だったし、浪曲とかも好きで風流なことが好きでした。そしてお花を活けるのも、育てるのも本当に上手だったのです。

クリスマスローズ


幾つものお花を組み合わせてセンス良く上手に活けるのって難しかったりしますが、父の活けたお花は本当に毎回美しかったです。心根が優しいから、お花の気持ちが解るのかな…。


Q.とても優しい情景ですね。

やりきった…からでしょうか、悲しい想いは無くて(^o^;) お父さん無事に解放されて良かったな~と。そして、あんなに「嫌だー!」と想っていたいろいろなお世話を乗り越えられた…と安堵の気持ち…なのかな。尿も便も、出てくれて(毒素を身体から出してくれて)ありがとう~と感謝できた自分にも驚き&ちょっと嬉しくなりました。身体さんは本当に素晴らしく素直で、学ぶことが沢山でした。

そして、あぁ…私3種―9種で良かったなぁ(*^^*)と、体癖が役立っていて感謝です!9種強めが幸いしたのか…介護の職人技を自分なりに追求(追究?)しようとした事が、色々な閃きに繋がって大変助けられた様な気がします。今まで気付けていなかった事が『あ!』と解ったりすると喜びに感じてしまい、更にマニアックに探求(探究?)したくなります(笑)

そして、感情が表に出やすい3種なので…、疑問点不安点などの気持ちも包み隠さずに看護・介護士さん方々に伝えてしまった事が幸いして、お互いに信頼感が増した事は何より嬉しい事でした!
父の好みの食べ物も、すぐにピンっと解る~(笑)



Q.おお!体癖ですか。確かに2種の私には「とてもとてもムリムリ!」と思えるお世話を心を込めてされる様子は頭が下がりました。
看護師さんのアドバイスを参考にされたり、見よう見まねでされていましたね。

看護のお仕事の大変さ、有り難さが、とっても身に沁みました!!看護師さんの言葉かけの優しさも、見習うことが沢山でした!!介護の終盤、私の限界を超えた時の自分の心は優しくないことも…(>_< ) 父のお陰で良く理解できました。

そして父が身をもって、死の過程までの身体と心の変化の過程を教えてくれたような気がします。亡くなった父に「本当にありがとうね!!」と身体をなでてあげたりお礼を伝えたりしてから、病院に電話をしました。


Q.家で介護ができてよかったですか?

もしも病院と良いご縁を頂けたなら、病院ではいつも優しい対応で接していただけて、プロの方々に安心してお任せできて、家族も心身に余裕がうまれて、いつも優しくすることに専心できるので、居心地良く旅立てるかもしれない!?と感じました。

でも私の在宅介護の場合は、後半はすったもんだ有り…家族それぞれの問題点が色々浮き彫りになってしまいましたが…、きっとそれも必要な事だったのかもしれません。

余談ですが、父の場合は、在宅介護でかかった料金も在宅入浴の料金も、「え…計算間違えてない?」って言うくらいにお安かったです。介護内容で様々に料金が決まっていますが、本人さんの負担割合の違いや、私がほとんどのお世話を自分で行ったから、というのもあるのかも知れませんが、、、本当にビックリでした!! 病院も在宅も、それぞれにメリットやデメリットがあるでしょうし、人それぞれの事情や身体の状況が異なるので…為るようになる!のだと思いました。

父の自慢だった家で、質素ではあるけれど、静かで、あたたかな、穏やかなお別れの時を過ごさせていただけたのではなかしら…。父も嬉しく感じてくれたかしら…。


Q.今は、あい∞んさんの介護をされた時期とは異なり、コロナへの対策もあって本当に大変だと思われます。あい∞んさんの体験談の中でも「祈りと全託」は、今も大事かもしれませんね。
あい∞んさんは覚えておられるかしら、ごく初期に、在宅介護を振り返って書いておられた詩があります。読者の方にもご紹介して、あい∞んさんの在宅介護体験記をお仕舞いにしようと思います。

お家で亡くなるのっていいな♪
いつものベッド、いつものお布団、いつもの見慣れたお部屋だもの。
とっても落ち着くと思うもの。

死へと向かう身体さんは、身体の中を軽く、きれいにするために、
♪おそうじ!おそうじ!大掃除!!!大忙し!!

あの手この手で、徹底的に身体の中から『出す』んだね!
そりゃあ、もう、プロフェッショナルなお仕事だったなぁ

身体さんは、すごい。
身体さんは、すなお。
身体さんは、けなげ。
身体さんは、優しい。
とっても不思議で、神秘的。。。。

あんなに痛かったところ、『痛みが無くなりますように…』
心からお願いして信じたなら、
ちゃんとその願いを聴きとどけ治まってくれたよ。

身体さんありがとう!
お願い聴いて下さって本当にありがとう!!

お願いしたら、やっぱり御礼が大事だよね♪
『ありがとう』の言の葉は、
言うのも言われるのも、いっぱいなのが嬉しくて、幸せだもの。

幸せの潤滑油なんだな~と想ったもの。

神様も、いつも見守って下さり、助けて下さるよ!!

色んなご配慮で、救いの手を優しく差し伸べて下さるから、
ちゃんと最後はお家で亡くなることが叶いました。
感謝いっぱい申し上げます。



お家で看取り!?お家で介護…ハードル高そう!?

初めてでも、きっと大丈夫。
自分自身が『大丈夫だ~ぁ♪』と想ったなら、何とかなる! なるようになる!

解らないこと色々は、
ちゃあんとプロフェッショナルな方達が優しく丁寧に教えて下さるし、
助けて下さるから大安心!

だけど、先に学んで知っておかないといけないことがあります。

知っておかないと、身体さんの大掃除が上手く出来ないことが起こるかも…しれないから。。。。
世間一般の常識は、身体さんからしてみたら『それ非常識だよ~』ってなることを、
先に皆様方々から色々学ばせていただいていたから…、

大安心で、
ありのままを受け入れられて、
なるようになり、

すったもんだ色々反省することが沢山あったとしても、

結果『あぁ良かったなぁ…』と。

みんな『死』を素直に迎え入れられて、
ほっとした空気の中を過ごさせていただけたのだと…ただ感謝の想いです。


看取り介護は学びと気付きの宝庫なのでした。
そして総合芸術だなぁと想ったし、身体は命は美しかった。。。。


今まで見えていなかったことに、光があたったんだね。

自分自身の限界を超えた時、今の本当の自分の内面を知る。

あぁ…だめだめだなぁ…と、良く解ったからこそ、
浄化の大切さがより納得できて身に沁みる。

自分の中の大きな囚われ、ずっとずっと手放したかった想い、
命と命で向き合う貴重な機会を頂いた
から…

やっと水に流すことができたんじゃないかなぁ…と思う。

いっぱいの気付き
いっぱいの学び
いっぱいの貴重な経験


最後にちゃんと向き合えて、良かったなぁ!

本当にありがとうございました。
本当におつかれさまでした。

感謝しないといけないこと、
当たり前じゃないこと、
大切なことを沢山沢山教えていただきました。

人生のご卒業に敬愛と感謝を込めて。
あい∞ん


「なんくるないさー」は、挫けずに正しく歩むべく努力すれば、いつか良い日が来る、という意味だそうです。生きている中で沢山の色々な事が起こるし、沢山挫折もするけど、「まるっ」と今を受け入れて、「なんくるないさぁ~」を心の杖にして生きれたなら良いな~♪
(あい∞ん)


21/02/08 フルフォード情報英語版:アメリカ大陸の新時代への移行が始まる

 2月8日のフルフォード・レポートです。依然、中共はいろんな国(アメリカ、パキスタン、ミャンマー、インド)を支配し続けたいようですが、日本の軍事情報筋によると、旧明・宋・唐の王族とつながりのある台湾派は、中国本土にいる800万人の秘密結社のメンバーの活動を開始させたため、中共は権力を失ってきていると。

コロナ関連のニュースでは、PCR検査のスワブ(綿球)にナノディバイスを付け、ワクチンを嫌がる人々に対し、密かにスワブで接種?!させているかもという、ナチュラル・ニュースの記事を取り上げています。が、ここは要注意です❗❗❗
2020年12月14日の竹下先生の同じ内容の記事をご覧ください。“元記事の「波動」が著しく悪い”と書かれています。そして竹下先生の今年の2月6日の記事に“「真実を追求している人達」が闇側の宇宙人情報を信じ切っている”とあります。是非、情報源の波動チェックを♪

世界ではCovid-19の犯罪者と幼児性愛の犯罪者らが、粛清されている模様。

アメリカの件では、トランプさんがホワイトハウスを出た理由、マイケル・フリンさんのインタビューを取り上げ、フリンさんが「今後の結果に100%の自信を持っている」と述べたので、どう展開していくか見守ろうというフルフォード氏。また、アメリカの独立宣言に虚偽の記述があるらしく、アメリカ人の多くはそのことについて知らないと。これは先住民族の大量虐殺政策を正当化するために使用されたらしい。

アマゾン創始者、ジェフ・ベゾスが宇宙を植民地化したいらしい。「はぁ〜?!」ですが、フルフォード氏によるとベゾスよりももっと陰湿な敵は、フォーチュン500の企業を支配している一族。石油大手らは、ガソリン車よりも汚染する電気自動車のEV充電のバリューチェーン資産を買い占めていると。が、そんな石油利権者から日本は独立しようとしているらしい。日本の右翼情報筋によると、ハザールの代理人らが組織的に排除されているとのこと。

今後、オランダ、イタリア、ミャンマーで起こった政権交代が、世界で続々起こると日本の右翼筋が予言。旧正月後の3月には、東西の秘密結社が交渉を再開予定のため、ここ数週間、混乱が生じる可能性もあるのでご準備を!とのこと。

相変わらずの悪者たちに呆れてしまいますが、「人のふり見て、我がふり直せ」でpopoちゃんの野心にさようなら。。。👋
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:アメリカ大陸の新時代への移行が始まる
投稿者:フルフォード Transition to a New Age for the American Continent Set to Begin

ホワイトハウスは空き家


P3 sources say Amazon founder Jeff Bezos is now the de facto Director calling the shots as interim caretaker, so-called President Joe Biden is holding his oval office appearances at the Castle Rock, Amazon Studios in Culver City, California. https://www.youtube.com/watch?v=d3bx42MrtZw P3の情報源によると、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスは現在、暫定管理人として指揮をとる事実上のディレクターであり、大統領と言われるジョー・バイデンは、カリフォルニア州のカルバーシティにあるアマゾンスタジオ、キャッスルロックの執務室で出演している。

動画はシャンティ・フーラが挿入
キャッスルロック・スタジオ

The White House in Washington DC remains unoccupied. According to a colleague with a White House Press pass: ワシントンDCのホワイトハウスは空き家のままだ。ホワイトハウスのプレスパスを持つ同僚によると:

“The White House…press office and WH press contacts phone numbers have been disconnected, but I am still receiving forwarded emails from another server other than the White House. Also, the public comment line at the White House has been closed…this is just on the surface and is playing out to wake the sleepwalkers but I don’t see how they can keep up with this ruse for much longer.”
「ホワイトハウス……プレスオフィスとホワイトハウスプレスの連絡先の電話番号は切断されているが、私はホワイトハウス以外の別のサーバーから転送されたメールを受信している。また、ホワイトハウスのパブリックコメント回線は閉鎖されている……これは表面上のことで、目覚めていない人を起こすために演じているだけだが、どうみても人々がこの策略【だまし】にそんなに長くついていけるとは思えない。」

The so-called regime now “controlling” the United States has already proposed to other countries the idea of holding online meetings. In other words, it is just a matter of time before the leaders of other governments realize there is no physical Biden competent enough mentally for them to meet. 現在、米国を「支配」しているといわれる政権は、すでにオンライン会議を開催することを他国に提案している。言い換えれば、【直接、他の政府の指導者と】会える十分な精神的能力を持った物理的なバイデンはいないということに、他の政府の指導者たちが気づくのは時間の問題だということだ。


中共はアメリカ、パキスタン、ミャンマー、インドを支配したい


The P3 now wants Bezos to oversee a transition to a new system based on meritocracy and real-time democracy. They say he was assigned following a failed attempt by the
Rockefeller family and the Khazarian Mafia to hand the U.S. over to Communist China in exchange for vast amounts of money.
P3は現在、ベゾスに実力主義とリアルタイム民主主義に基づく、新しいシステムへの移行を監督することを望んでいる。莫大な金(マネー)と引き換えにアメリカを中国共産主義に引き渡そうとしたロックフェラー一族とハザール・マフィアの失敗後、ベゾスが任命された、と彼ら【P3】は言う。

When the Rockefellers were removed from control by the Illuminati, the Chinese Communist Party – also controlled by the Khazarian Mafia – retaliated by trying to invade Taiwan. ロックフェラー家がイルミナティによって支配から外されると、中国共産党(同じくハザール・マフィアによって支配されている)は台湾を侵略しようとすることで対抗した。

Now, following the CCP defeat in the air war over Taiwan, the CCP seized de facto control of Pakistan and Myanmar. They now have India surrounded and are threatening to invade it. 中国共産党が台湾との空戦で敗北した後、中国共産党はパキスタンとミャンマーの事実上の支配権を掌握した。今やインドを包囲し、侵略すると脅している。

The military coup in Myanmar, which accounts for roughly 10% of global rare earth metal production, temporarily sent shares of Chinese rare earth companies surging, driven by fears that instability and U.S. sanctions could disrupt exports. 世界のレアアース生産量の約1割を占めるミャンマーでの軍事クーデターで、不安定さと米国の制裁による輸出の混乱が懸念され、中国のレアアース企業の株が一時的に急騰した。


富士山近くの大規模な火災は中国の攻撃?!


Also, on February 3rd, the U.S. and Japanese military were staging a live-fire drill at a training ground near Mt. Fuji when a massive fire erupted that raged uncontrolled all night. It was briefly reported in the Japanese media before a news black-out was enforced. None of our contacts was willing to talk about what happened but it looks like they were attacked, probably by the Chinese. https://www.youtube.com/watch?v=LqczipCW1j0&feature=youtu.be また、2月3日には、日米軍が富士山近くの訓練場で実弾射撃訓練を行っていたところ、大規模な火災が発生し、一晩中制御不能な状態が続いた。ニュースが報道管制される前に、日本のメディアで手短に報道された。我々の【情報筋の】連絡先は、誰も何が起こったかについて話そうとしなかったが、おそらく中国によって攻撃されたようだ。

動画はシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから