アーカイブ: ホロコースト

ナチスによるユダヤ人迫害は、実は「ユダヤ人によるユダヤ人虐殺」だった! ~ついにシオニストの謀略が暴かれつつある

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォードレポートによると、ついにシオニストの謀略が暴かれつつあるとのことです。ナチスによるユダヤ人迫害は、実は「ユダヤ人によるユダヤ人虐殺」だったことがバレ始めたらしい。正確には、このような極悪非道なことをするのは、ユダヤ人ではなくユダヤ人のふりをした偽ユダヤ人、すなわち悪魔崇拝者たちです。
 ヨーロッパではホロコースト否認論を唱えると犯罪者扱いされるようですが、実際に調べてみると、アフマディーネジャード・イラン元大統領の「ホロコーストは作り話」という発言の方が信憑性が高いことがわかります。こうしたことも、今後明らかになってくると思われます。
 “続きはこちらから”は、シオニストの考え方です。彼らはユダヤ人以外を動物以下の存在(ゴイ)だとしています。自分たちは神に選ばれた者たちで、世界を支配する権利があると本気で信じているようです。この時点で、彼らは未来の地球には居場所がないと思われます。
 文中に、“神はユダヤ人に対して、他民族の労力で裕福になれと命令しました”と書かれています。この一文が事実なら、ここに書かれている神というのは、間違いなく神ではないでしょう。ブラックロッジの大主であるか、エノクかのいずれかではないでしょうか。
 エノクはハイアラーキーの先代のキリストで、ユダヤ人は彼をメタトロンとして認識しています。旧約聖書でイスラエルの民を導いたのがエノクです。旧約聖書で主の言葉とされる大部分が、エノクによるものです。非常に高圧的、支配的で、サディストであったと思われます。
 これに対して、エノクの後にキリストの地位に就いたマイトレーヤは、聖書の物語から推し量ると、マゾヒストだったのではないかと思われます。両者が主と仰いだサナット・クマーラは、性的不能の変態でした。
 地球上の各国政府を支配する最上層部は皆変態で、異常性欲者であることがわかって来つつありますが、それは、彼らを操っていたハイアラーキーの覚者たちも同様だったのです。世界中のほとんどの宗教が、変態によって作られたおぞましいものであるという認識を、人類は持つべきではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ社会の内部分裂、変わる欧米の権力構造
引用元)
現在、ユダヤ社会では革命的な動きが加速している。
その理由は大きく2つある。 1つは、犯罪に全く関わっていない一般ユダヤ人が「一部の悪質な連中(ハザールマフィア)のために集団的懲罰を受けるのではないか」とひどく恐れていること。 もう1つは、ホロコーストが 実はユダヤ人をイスラエルに追いやるために引き起こされた「ユダヤ人によるユダヤ人虐殺」であったことがバレ始めたからだ。 これにより、世界権力層、特に欧米権力の最高峰に本質的な構造の変化が起きるのは必至だ。
 
【 ユダヤ社会の分裂 】
「ホロコーストはユダヤ人によるユダヤ人虐殺だった」という話は、これまでタブー中のタブーだった。しかし今、それに関する告発が続々と噴出している。例えば、ポーランド系ユダヤ人で副国務長官など歴代政権の中で長年にわたり重要ポストに就いていたスティーブ・ピチェニック(Steve R. Pieczenik)が2月16日に映像を公開し、爆弾発言を行っている。

彼によると、ナチドイツ軍幹部の多くはユダヤ人だった。そして、ホロコーストに加担したナチ系ユダヤ人による非ユダヤ人犠牲者などについても詳しく証言している。 彼のポーランド系ユダヤ人の親戚も、そのナチ系ユダヤ人の犠牲者であり、中でも特に注目すべき発言は ユダヤ人を大量虐殺したユダヤ人団体が...(以下有料部分)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

[Pars Today]ホロコーストを否定した87歳のドイツ人女性に禁固8ヶ月 〜アウシュヴィッツの真相が明らかになるとロスチャイルド家は存続出来ない〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 “アウシュビッツは、絶滅収容所ではなく、強制収容所だった”と発言したドイツ人女性に、8か月の禁固刑が言い渡されたとのことです。ドイツが民主主義国家では無かったことが暴露されました。ことユダヤ人問題に関しては、言論の自由は無いのです。イスラエルがロスチャイルド家のポケットマネーで造られた国だというのは常識です。また、欧米のメディアは彼らによってコントロールされています。真実が知られると、彼らにとっての命取りになります。
 ナチスドイツは当時、労働力の不足に苦しんでいました。そうした中で、強制収容所での労働力は貴重なもので、彼らを絶滅させる意図をヒトラーは持っていませんでした。ユダヤ人を焼却するには、膨大な労力と重油が必要でした。当時のナチスドイツに、そのような余分な重油も労働力も存在しませんでした。
 下の動画は、前イラン大統領の発言で、2分15秒〜3分33秒のところをご覧下さい。現在でも、“いくつかの国ではホロコーストの学術的研究を発表すると逮捕される”ようです。逆に言えば、真相を知られると、世界を牛耳る連中にとって致命傷になることを意味します。
 「アウシュビッツの真実」と題する動画とその説明文を参照してください。ここに書かれている通り、アウシュビッツにおけるガス室でのホロコーストの犠牲者数が600万人という通説は、疑問を持たざるを得ないのです。いずれ、真相が明らかにされると思いますが、ここが明らかになると、ロスチャイルド家が一族として存続出来るとはとても思えません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ホロコーストを否定した87歳のドイツ人女性に禁固8ヶ月
転載元)



これまでに、何度もホロコーストを否定してきた87歳のドイツ人女性に禁固8ヶ月の刑が言い渡されました。

ドイツDPA通信によりますと、ウルスラ・ハーバーベック氏は、ホロコーストに関する最近の発言の中で、「ユダヤ人がアウシュビッツ強制収容所で虐待を受けていた事実はない」としました。

ドルトムントの裁判所は、2日金曜、ハーバーベック被告に8ヶ月の禁固刑を言い渡しました。

このドイツ人女性は、ドルトムントの市長に書簡を送り、アウシュビッツは絶滅収容所ではなく、強制労働所だったと記しました。

この女性は、これ以前にも、同様の発言によって何度か有罪判決を受けています。

また昨年には、ホロコーストは歴史の中で人々に語られた、最も長い最大の嘘だと発言し、裁判所に送られました。

ホロコーストの問題はタブー視されており、研究者に対してもこれに関する歴史的な事実を調査する許可が与えられることはありません。

この問題は、イスラエルという政権の存在や、世界のシオニズムや西側政府の重要な利益と密接に結びついています。

――――――――――――――――――――――――
『ホロコーストはなかった』 ホロコ-ストとイスラエル イラン大統領 2009
配信元)

[日本や世界や宇宙の動向]ホロコーストは嘘 〜ユダヤ人弾圧はイスラエル建国のため〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 これはこの女性の言う通りではないでしょうか。ナチスがユダヤ人を迫害したのは事実で、許されることではありません。しかし、“アウシュビッツで数百万人のユダヤ人が殺害された”というのは、どうみても無理があります。ガス室で毒殺したことになっているのですが、大量に殺害したユダヤ人を、地下から地上の焼却所まで移送しなければなりません。数百万人をガス室で殺して地上に運び出すのは、物理的に不可能だと考えられています。その他にも、様々な論点が学者によって論じられています。400万人という数字は、かなり膨らんだものだと言えるでしょう。
 ユダヤ人弾圧の理由ですが、イスラエル建国のためであることがわかっています。ユダヤ人が世界の同情を勝ち得、イスラエル建国にこぎつけるには、ユダヤ人に対する弾圧が必要だったのです。悪魔崇拝者たちにとって、殺されたユダヤ人は神への生贄だったのです。
 驚くのは、学者によっても真剣に議論されているこのことを、ドイツで発言すると有罪になるという事実です。これはドイツがまともな国でないという証拠であり、よほど知られたくない真実が隠されているということだと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ホロコーストは嘘
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2015/06/breaking-86-year-old-woman-raided-and-ransacked-for-saying-holocaust-is-the-biggest-and-most-persistent-lie-in-history-on-german-tv-who-are-the-real-nazis-3166460.html
(概要)
6月6日付け:

86才のドイツ人女性は、ドイツのテレビ番組で、「ホロコーストは、史上最大で最もたちの悪い嘘だ。」と発言しました。

aU3HXn1zF+lWM4kufY66iQFEtV6isxW3E=

↑ こちらの86才の女性(Haverbeckさん)はいたいけな感じの女性に見えますが、実は、ドイツや他のヨーロッパに邪悪なエスタブリッシュメント(支配組織)を危機に陥れる恐れがあります。

今年3月に、彼女は、第二次世界大戦後から続いている全体主義体制のヨーロッパで初めて、ドイツの国営TV局Bの番組に出演し、”ホロコースト”に挑戦したのです。

その直後にドイツ警察は彼女の家に押し入り、入念に家宅捜査しました。もし彼女が有罪判決を受けるとするなら、5年の実刑判決が言い渡されることになるでしょう。

こちらが彼女が出演した番組の様子です。その後、大きな論争を呼びました。



» 続きはこちらから

[ラジオイラン]エジプト高官「ホロコーストはアメリカ情報機関の嘘」

竹下雅敏氏からの情報です。
ヴィクトール・E・フランクルの「夜と霧」を読んでいますので、ナチスによるユダヤ人(恐らくアシュケナジー)への迫害があったことは事実と認識していますが、それが600万人という人数なのか否か、また、アウシュヴィッツにガス室が本当にあったのかマルコポーロ事件)に関しては、かなりの疑問を持っています。
疑問を提示すること自体を否定されたのでは、民主主義では、あり得ないのですが、マルコポーロ事件に関する状況を考えると、日本が民主主義国家だと思う方がまちがっていると感じます。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
エジプト高官「ホロコーストはアメリカ情報機関の嘘」
転載元)

エジプトの高官が、ホロコーストをアメリカの情報機関による嘘であるとしました。

UPI通信社がエジプトの首都カイロから伝えたところによりますと、エジプト政府系出版物編集者選考委員会のファトヒー・シハーベッディーン委員長は、「アメリカの情報機関は同盟国の同様の機関と連携し、第二次世界大戦の間、自分たちに反対するナチスドイツの戦線を壊滅させる目的で、枢軸国に対する戦争や、枢軸国の軍事機関・非軍事的な機関の大規模な破壊、とりわけ広島・長崎の原爆投下の正当化のためにホロコーストを作り上げた」と語りました。

シハーベッディーン委員長は現在、エジプトのモルシ大統領に極めて近い立場にある政府高官です。

また、シハーベッディーン委員長は「600万人のユダヤ人がナチスによって第二次世界大戦中に殺害されたとされているが、これは事実と矛盾している」と語っています。

多くの西側諸国が言論の自由を主張する中、これらの国々ではホロコーストへの疑問を提示すると禁固刑や罰金が課されます。