アーカイブ: ルドルフ・フォン・アーバン博士

「房中術」の簡単な解説1:遠心性の気の流れのポリネシアン・セックス、求心性の気の流れの「房中術」

竹下雅敏氏からの情報です。
 アーユルヴェーダの解説の56回目です。48回目で、“時事ブログでは「房中術」の解説はしません”と言っていたのですが、何回か、「内丹術」の関連として「房中術」の簡単な解説をしたいと思います。ただ、詳しい内容は書けませんので、詳しいことが知りたい方は、映像配信で学んでください。
 ウィキペディアにあるように、房中術は中国古来の「養生術」の一種です。「無用に精をもらさないことで身体を保養し、男女の身心の和合を目指すもの」だと書かれているように、夫婦の性行為は5日~10日に一度の節度が求められ、“無用に精をもらさない”ことが大切です。男性が射精をするのは、5日~10日に一度の性行為のなかで、一度だけだと考えてください。
 “続きはこちらから”のポリネシアン・セックスには、“挿入後30分はピストン運動を行わず抱擁に留める”とありますが、ルドルフ・フォン・アーバン博士は、その著書「愛のヨガ」で、性交時間を27分以上としました。前戯の時間を含めず、完全な性交に入ってからの時間が27分以上なければならないのです。
 ですから、完全な性交に入ってから30分以上、性行為が続けられるなら、ゆっくりと動くのは構いません。その場合も、ピストン運動を出来るだけ避けて、腰を動かすだけにすると長く持つでしょう。
 さて、ウィキペディアの「房中術と内丹術」には、還精補脳の技法と書かれています。これは、動画「生命延長の秘密、房中術」の28分~29分22秒のところで、“生命エネルギーを循環させる方法を房中術と言い…水と火が一つになって沸騰すると、その気運は〈督脈〉を通して循環作用するようになります”と言っているように、簡単に言うと性行為のなかで、男性が「小周天」を行うことなのです。コツを会得すると、簡単に出来るようになります。
 ポリネシアン・セックスも男女の生命エネルギー(気)の交換を行うものなのですが、「房中術」とは決定的な違いがあります。それは、「小周天」の技法で言えば、遠心性と求心性の違いです。
 ポリネシアン・セックスは遠心性の気の流れで、自然なものです。しかし、「房中術」は求心性の気の流れで、精神的・霊的な進化をもたらす方向性です。そのため、求心性の気の流れに身体が慣れるまでは、身体に違和感を覚える人が多く出てくるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
房中術

房中術(ぼうちゅうじゅつ)とは、中国古来の養生術の一種。房事すなわち性生活における技法で、男女和合の道である。
(中略)
房中術には様々な性行為の技法が含まれているが、女性が十分に興奮した状態で交わること、男性は快楽に身を任せず精(精液のことではなくの一種)を漏らさないように交わることが随所で説かれている。

本来の房中術は、性という人間の必須の行為に対して節制を保ち、おぼれることなく適度な楽しみとし、無用に精をもらさないことで身体を保養し、男女の身心の和合を目指すものであった。
(中略)
房中術と内丹術 代以降、行気や存思などの道教の養生術から、従来の煉丹術である外丹術とは異なる内丹術という修行法が発達したが、これと房中術の還精補脳の技法との関連性を指摘する研究者もいる。房中術は陰丹とも呼ばれた。

後代の内丹法は、清修派と双修派の丹法に大別される。「禁欲的」で一人で行う単修法が「清修派」で、中国の修行者のほとんどはこの丹法である。そして「房中術」を取り入れたのが、男女の二人で修行する「双修派」の丹法である。双修派の丹法は、その接触形態から二つに分かれる。男女が「肉体的」に交接することで気を循環させる「体交法」と、肉体の交接をせず「神(意識)」のみで行う「神交法」である。

「体交法」は、「肉体的」交接により気のやりとりを行い、気の循環を図る。気のやりとりの無いものは通常の性的行為であり、内丹法としての房中術ではないとされる。体交法は、交接により男女の「双方」で気のやりとりを行うが、効果を出すためには双方ともみだりに精を漏らしてはならないとする。他に、男女の片方が一方的に気を奪い取る「玉女採戦」があるが、奪われる側は体をひどく損ねるとされ問題視された。

「神交法」は、隔体神交法とも呼び、肉体での交わりはせずに離れた所から互いに「神(意識)」だけで気のやりとりを行う。要点は、男は衣をゆるめず、女は帯をとかず「男不寛衣、女不解帯」。神明のごとく敬い、父母のごとく愛せ「敬如神明、愛如父母」。つまり、厳粛実直の気持ちで、相手に対し父母に対するがごとく淫念を持たず愛し、相手から離れて静かに向かい合って意識で気を交わらせる、とされ体交法よりも効果が高いという。
(以下略)
————————————————————————
生命延長の秘密、房中術 【ソコンジャTV】
配信元)

» 続きはこちらから

[ふよふよ速報]オタクっぽい旦那さんと結婚したママ友が心底羨ましい…。ちゃんと人柄で結婚相手を選べばよかった・・・。

竹下雅敏氏からの情報です。
 過去の結果として現在があります。だから、未来を良いものにしたければ、現在を良いものにしましょう。
 書き込みはよくわかりますが、このまま一生旦那が失敗だったと思い続けると、あなたの未来は確実に失敗になります。要は人間関係でどれだけ成長できるかが鍵になります。
 文中“稼ぎが悪くても見た目が悪くても、子煩悩であれば全て許せるのに”とありますが、これはウソです。そうではなく、自分が夫から愛されているという実感があれば、その他のことは“すべて許せる”のです。あなたが“貧乏くじを引いた”と思っていれば、旦那もまったく同じことを感じています。相手を変えるのは無理なので、自分が変わるより他にありません。どんな女性が愛されるのか、ほとんどの女性は知りません。答えはあまりにも簡単なのでわからないのです。
 その答えを公開しましょう。“床上手”な女性が愛されるのです。
 反発を感じる方は、ルドルフ・フォン・アーバン博士の「愛のヨガ」(野草社)をご覧ください。反論はその後にしてください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
オタクっぽい旦那さんと結婚したママ友が心底羨ましい…。ちゃんと人柄で結婚相手を選べばよかった・・・。
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[Livedoor’ NEWS 他]妻には内緒!夫の秘密TOP10 / 性の本質を変える:ポリネシアンセックス

竹下雅敏氏からの情報です。
  上の記事は、夫婦間の不満の本質が何かを浮き彫りにしています。その根本的原因は何かというヒントが、下の記事です。記事の後半部分にウルバン博士が出て来ますが、これまで何度も紹介した「愛のヨガ」(野草社)の著者であるルドルフ・フォン・アーバン氏のことだと思います。文中に吉沢明歩さんの“ものすごい体験をしたんです!”というその体験談が語られていますが、“アーバン博士の愛の6か条”によれば、この体験は不完全で失敗です。要点は二人が性的に結合して、少なくも27分間は結合状態が持続しなければならないのです。
 ここに書かれている体験は、本当の性愛の初歩の初歩に過ぎません。アーバン博士の著作を読めば、この記事の内容の、10倍以上重要な情報が書かれています。
 現在映像配信で、この分野に関して講義を始めていますが、その内容はアーバン博士の著作の内容量の100倍になる予定です。ただし興味本位の方はご覧にならない方が良いと思います。せめて、先のアーバン博士の著作を真剣に読んでからにして下さい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
妻には内緒!夫の秘密TOP10
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
性の本質を変える:ポリネシアンセックス
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ロケットニュース24]幸せとは? 科学者が調査した20の事実

竹下雅敏氏からの情報です。
 この調査の内容は、概ね正しいものだと思います。もっとも幸せに影響するものが、“遺伝・育ち”というのはうなづけます。子供は自分の資質を伸ばすために、両親を自ら選んで転生に入ると言われています。要するに親は子を選べないが、子は親を選んで生まれて来るということのようです。こうした意味で、遺伝というよりは、縁が決定的な因子になるようです。そして、どのような家庭環境で育ったかが決定的ではないかという気がします。いつも否定されて、学業なりスポーツなり、常に達成を求められる環境で育てられた子供が、幸福になれるはずがありません。最後の部分に“抱擁などスキンシップがある家庭で育てられた子供は幸せな大人になる”とあり、要するに愛情深くありのままを受け入れられた子供は、幸せになるということなのです。
 要するに幸せとは、自己本来の性質であって、外から与えられるものではないのです。ところが育てられた環境および現状の不満から、自己を常に否定しているようでは、幸福になれるはずがありません。非常に簡単に言うと、幸せな人は自分自身に不満を持っていないのです。“あなたは自分自身が好きですか?”と聞かれて、“もちろんです”と言える人が、幸せな人なのです。
そうでない人は、瞑想によって自分の心の中を大掃除する努力がどうしても必要になります。自分には瞑想する時間など無いし、ひどい家庭環境だったと言う人は、どうすればよいのでしょうか。私からのアドバイスは、夫婦の営みを瞑想に代えて下さいというものです。まずルドルフ・フォン・アーバン博士の「愛のヨガ」(野草社)を読んで下さい。
 夫婦関係の劇的な改善が、あなたの性格、その他あらゆる不満をすべて解決してしまう可能性があります。
 自分には相手が居ないのだが?
こまりましたね…。しかし、物事はポジティブに考えなければなりません。修復不可能な夫婦関係に陥っている人たちより、自分はずっと希望があると考えましょう。まず、内側に人を惹きつける磁場のようなものを作る努力が必要になります。これはどのような心構えで生きるか、そして仕事をするかということで形作られるものなので、この行為はカルマ・ヨーガ(行動の道)と呼ばれます。あなたの仕事などの取り組み方・関わり方に対する心構えで、あなたの体の中に特殊な磁場が形成されます。宇宙は与えたものが返ってくるという非常に単純な法則(カルマの法則)で出来ています。嘘をつけば人に騙されるようになりますが、愛を与えれば愛が返ってきます。あなたが十分に魅力的な人間になれば、必ず幸せになれます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
幸せとは? 科学者が調査した20の事実
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

赤字編集有り:[マイナビニュース他]癌の征圧は間近か!? –鳥取大、悪性度の高い未分化がんを正常細胞に転換

編注)赤字編集を加えました。 

竹下雅敏氏からの情報(2点)です。
 日本語である。文法は合っている。当用漢字しか出てこない。なのに、ほぼ何が書いてあるのかわからない。このおもしろさを理解するには元記事で上の記事の全文を読むのを奨めます。脳が苦痛を感じるのがよくわかります。
 下の記事はそのワケのわからないものを出来るだけわかりやすく説明してくれているものです。この中で興味深かったのは、"「死なない細胞」が、がん細胞"というところで、ひょっとするとルシファー崇拝で、錬金術によって人間より先に不死を実現したのが、がん細胞なのではないか?彼らもルシファー崇拝を捨てれば、もとの正常細胞にもどれるらしい。マイクロRNA「520d」は、ルドルフ・フォン・アーバン博士の「愛のヨガ」なのか?などという妄想が膨らむのでした。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

—————————————1点目———————————
がんの征圧は間近か!? - 鳥取大、悪性度の高い未分化がんを正常細胞に転換
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————2点目————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2