2018年1月2日 の記事

波動が闇に落ちている人物や集団には関わらないことが鉄則〜闇の光を受け取った者も波動が闇に落ちる!

竹下雅敏氏からの情報です。
 すでに終わったことですが、闇による“満月の国際的な遠隔ヒーリング”に関する記事です。闇の光を受け取ると、受け取った者は、闇に落ちます。もちろん、このイベントに関わった者たちは、皆そうなります。時事ブログでは CobraのRM(レジスタンス・ムーブメント)は闇の組織であると断定しています。ただ、光を装いながら闇と結託し、悪事をなす彼らの3次元低層における情報は精度が高く、連中の陰謀を先読みするためにも、私は注視しています。
 今回のような闇による国際的な遠隔ヒーリングは、霊的にはかなり重い罪になります。実際にこれに関与した者たちは、著しい体調不良にこれから悩むだろうと思います。
 彼らの比較的高次元の情報は、間違いだらけです。彼らによると、サナンダというのはイエスのことになっていますが、2人は全く別人です。また、インドではクリシュナと呼ばれると書かれていますが、イエスとクリシュナは全くの別人です。
 「マイトレーヤの使命Ⅲ」(ベンジャミン・クレーム著 シェア・ジャパン)のp636では、イエスの魂の光線が6となっています。これに対して、p647では、クリシュナの魂の光線は2です。魂の光線は変わらないはずなので、この2人は別人だということになります。
 さらに問題なのは、引用元に出てくるアセンデッドマスターの全員が、今では完全に消滅して存在しないにもかかわらず、存在する者として人々を騙しているということです。
 引用元には、このイベントを紹介する動画があります。動画の中にイラストが出てくるので、波動を調べてください。ムーラーダーラ・チャクラ(会陰)辺りに意識が同調すると思いますが、正確にはムーラーダーラでは同調しません。意識を会陰よりもずっと下に下げてください。そうすると同調するかも知れません。これは、彼らの大部分が現在、意識の最低次元(2.01次元)に転落していることを示しているのです。
 波動が闇に落ちている人物や集団には関わらないのが鉄則です。まして、このような連中が企画する闇の光を受け取るようなことは、もっての外です。彼らは、今回の大罪のツケを払わされることになるでしょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
年末年始の国際的な遠隔ヒーリングのお知らせ
引用元)
(中略)

Cobraの13光線(レイ)による満月の国際的な遠隔ヒーリングのお知らせ

日時:2017年12月31日(日)、2018年1月1日(月・祝)

日本時間:23時00分~23時30分
(30分間)

Date : Sunday December 31th , 2017 and Monday January 1st , 2018
Time : GMT 14:00~14:30 (in 30 minutes)

(中略)

【アセンデッドマスターレイ】


サナンダレイ

サナンダ(イエス)は人類に無条件の愛を教えるために何度も地球に来た大師です。
インドではクリシュナと呼ばれ、西洋ではキリストと呼ばれています。 彼は現在、アシュターと緊密に連携し、無条件の愛のエネルギーをシリウスから地球に送っています。
彼の主な使命は人類に無条件の愛を伝えること、人々のハートを癒すこと、全ての人々を無条件に愛することを学ぶことです。

(以下略)

イルミナティと関連のあるシンボルが登場〜アイドル業界の黒い実情!

竹下雅敏氏からの情報です。
 普段アイドルグループには全く無関心なのですが、時事ブログでいろいろとコメントをしている関係で、今回のNHK紅白での欅坂46のメンバーが体調不良で倒れたというニュースは、気になるものでした。早速動画を見ると、決めのポーズが例の三角形。ひょっとしたら、センターの女の子は髪で片目を隠しているか、手で片目を隠す形になっていたのではないかなどという妄想を抱きました。
 ゆるねとにゅーすさんは、“欅坂46といえば… 「軍隊」「暗黒世界」「悪魔崇拝」「カルト」などのイメージ”と言っていますが、私も同様に感じます。
 紅白で歌われたという「不協和音」の歌詞を見ると、私にはその意味が、自由の名のもとでの“神への反逆”のように感じます。
 下の記事は、彼女たちのデビュー作のミュージックビデオに、あの「万物を見通す目(プロビデンスの目)」が出てくるというもの。引用元の記事では、“制作側にはイルミナティが操る「カバラ数秘術」に詳しい人間が含まれている可能性が高い”と書かれていますが、そもそも「46」という数字自体に特別な意味が込められているとのことです。
 私から見れば、制作側だけではなく、メンバーの中に数人関係者が居るように見えます。波動のわかる方は、メンバーの中で非常に波動が低い者を見つけることができるでしょう。単に歌っているだけで波動の最下点に転落するということは、通常では起こらないことなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
欅坂46の平手友梨奈、鈴本美愉、志田愛佳の3名が紅白歌合戦で倒れる!パフォーマンス中に震えたり、倒れ込む姿が映り、ネットで物議!
転載元)
どんなにゅーす?

・2017年12月31日、NHK紅白歌合戦の生放送中に、欅坂46のメンバー3人(平手友梨奈さん、鈴本美愉さん、志田愛佳さん)が体調不良で倒れ、待機していた看護師が対応するトラブルが発生していたことが分かった。

・パフォーマンス中にも彼女らが震えたり、倒れ込んでいる様子が映り込み、ネット上では現在の彼女らの容態や、ブラック企業さながらの酷使などを心配する声が上がっている。

(中略)

↓問題のシーン。


(中略)

ブラックな運営実態が囁かれる秋元グループのアイドルメンバーが、紅白の生中継中に3人同時に倒れる事態に!


出典:YouTube


(中略)

報道では「いずれもただの過呼吸だった」「紅白への思いが強すぎてしまった」などと説明されているけど、本当のところはちょっと分からないね。

欅坂46といえば、以前にナチスの制服そっくりの衣装が国際的に問題視され、イスラエル大使館まで反応させてしまうような騒ぎを起こしたこともあったけど、ボクも、「軍隊」「暗黒世界」「悪魔崇拝」「カルト」などのイメージをついつい連想させてしまう芸風の欅坂46はどうも苦手だ。

こうしたイメージそのままに、日本の芸能界は相当に人権無視のブラックな実態があるし、秋元氏のアイドルグループも暴力団とのかかわりなど色々なことが言われてきたからね。
間違いなく芸能界には、暴力団やそれに連なる麻薬組織が周辺に張り付いているし、ボクはアイドル業界にも相当黒い実情があると見ているよ。

(以下略)
————————————————————————
【ナチス問題】「欅坂46」はイルミナティの手先だった!? 過去のビデオに「プロビデンスの目」、数字「46」にも深い意味が!
引用元)
(前略)

昨年8月21日に誕生した欅坂46は、今年4月6日にファーストシングル「サイレントマジョリティー 」でCDデビューを果たした。しかし、この「サイレントマジョリティー」のミュージックビデオに、フリーメイソンやイルミナティの象徴である「万物を見通す目(プロビデンスの目)」と思しき図柄が描かれた看板が写り込んでいる。


動画は「YouTube」より

(中略)


画像は「YouTube」より引用

(中略)

今後も「欅坂 46」のミュージックビデオにフリーメイソンやイルミナティと関連のあるシンボルが登場するのか? そのような見方で彼女たちを追いかけてみるのも面白いかもしれない。

(以下略)

新春戌年シリーズ:[Twitter] 雪と犬

読者からの情報です。

天から舞い降りてくる雪、不思議だった。
このわんこと私は共感できてる。
だって、パクパクしてるもんね!

(メリはち)
————————————————————————
雪と犬
配信元)

地球ニュース:アジア来訪動画の謎 その3

 Qシリーズ、前回の続きで北朝鮮その3です。白い兎さんがででんと鎮座するCIAのワンダーランドでございます。
 毎回思うんですがあの人たち、お金の無駄な使い方に長けていますよね。前回見た場違いなホテルといい、今回のスペースXといい。某エセ宗教団体のポチ、安倍ぴょんの(他人の金)ばらまきに通じるものがありますな。大衆が必要としているところから奪って仲間内で分配、ですもの。
 北朝鮮の核利権、美味しかったんだろーなー、と非常に生暖かい目で見てしまいました。日本の安倍礼賛大手企業も参加してそうなのに、こうやって検索すると名前すら上がらない(笑) こっそりやっているからというより、所詮は顔ナシの雑魚扱いなのだと思いまふ。何せ植民地日本は米国様のATM。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:アジア来訪動画の謎 その3

核武装は誰のお蔭


11月24日にはQがこんな写真をポンと投稿:

説明は一切なしです。前面のビル・クリントンと金正日は分かりますけど、後方は昨今ペドゲートで有名なジョン・ポデスタ位しか分かりませんて。

ということで4チャンの皆さま、お願い致します

あー、成程。2009年8月4日に平壌で撮影したものでしたか。この訪問後、同年3月に拘束されたアメリカ人ジャーナリスト二名が解放してもらえたそうです。北朝鮮女性の中国への人身売買を追ってドキュメンタリーを作っていました(そら捕まるわ)。

他の4チャンの解説スレやウィキペディア英語版等を総括すると、左から……
◆ロジャー・バンド:ペニンシルバニア大学病院の緊急医療担当で、ビル・クリントンの医師
◆ジャスティン・クーパー:クリントン政権時のIT補佐官でヒラリーの私的メールサーバーをセットアップした人
◆ジョン・ポデスタ:言わずと知れたヒラリーの選対本部長で、ビル・クリントン政権時の首席補佐官
◆ダグラス・バンド:テネオ(投資会社)の社長で弁護士(クリントン政権時の次席補佐官で後に顧問、政権が終わってからはクリントン財団幹部)
◆デイヴィッド・ストラウブ:在ソウル大使館政治課長や国務省朝鮮部長を務めた外交官で、国務省引退後はスタンフォード大などの朝鮮半島研究者

つまり、全員クリントンの政権時代からの側近です。但し医師は側近というより、クリントンが昔から定期健診受けに行っている人物。一応アメリカ側は、金正日の健康状態を探る為に連れてったと言い訳しています。……お馴染みの人身売買だからユーも来ちゃえよ、みたいな? あ、すみません、無・関・係の妄想がダダ漏れでした。

そいで女性は金正日側の人ですかね、カン・ソクジュという名前だそう。でもこれって男性名ですよね確か。この点は4チャンの間違いなのかも。こちらの記事末尾のスライドショーの4つ目と5つ目から推察するに、通訳の方な気がします(北朝鮮の外務省にお勤めなのかもしれませんけど)。

ちなみに4チャンは、この渡航費用がどうやって捻出されたかは不明、とも指摘してくださっていました。

何せ上の記事曰く、名目上は非公式の訪問なので、詳細が発表されていないのです。御説明したようにジャーナリスト解放が電撃訪問の口実でしたが、金桂冠という核交渉担当の外交官もクリントンをお出迎えしたんだそーな(何故そんなこと“だけ”はロイターがわざわざ書いてくれるんでしょーねー、アタシよく分かんなぁい)。


歴代アメリカ大統領の大いなる功績


こちらの動画が紹介していた記事は、北朝鮮が核武装出来たのはカーター&クリントンのせいだと非難しています。

1994年、当時の大統領クリントンによって送り込まれた元大統領カーターは、北朝鮮が核兵器開発を諦める見返りとして、原子炉2基と50億ドルを提供。カーターの2002年ノーベル平和賞受賞に繋がる功績となり、クリントンは「核拡散の脅威に終止符を打った」と褒めそやしました。但し、北朝鮮は当初からこの取引に違反していたことが後から判明します。

……平和賞仲間のオバマもそうですけど、結局は北朝鮮に核を配備させたのアメリカじゃん。そら記念写真も撮らせてもらえますって。

4チャンのとある匿名さんが指摘していました:
Q曰く、オバマは北朝鮮に逃げ込んでいる可能性が高いって話でした。そしてイランでの人質解放のために飛行機に積み込んだ資金、その一部は北朝鮮に流れて核開発に使われたのでは、と匂わせていました。一台じゃなくて、何台か飛ばしていますから、或いは技術者や材料なんかも運び込まれたのかもしれません。で、オバマ政権が終わった頃には北朝鮮がめでたく核を保有し、小型化にも成功しておりました、と。

11月2日のQの投稿にあったのですが、「NSA【=国家安全保障局】、CIA、DI【=国防情報局】など全員が、あと5年以上はそのような技術は整わないと口を揃えていたのはどうなった(2016年の発言)」。

いやもう、ホントそうですよ。追い詰められたディープ・ステート、北朝鮮に逃げ込むつもりで整備を急いでいるんでしょうか。

» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第13話 ― ナチスとシオニズム、コインの裏表 ―アイヒマンの処刑―

 ご覧のように奇妙なコインがあります。表がナチスのハーケンクロイツの紋章、裏が六芒星シオニスト・イスラエルの紋章が刻印されています。幾つかの情報では、ナチス宣伝大臣ゲッペルズによって作られたメダルもしくは発行されたコインです。
 1933年1月末にヒットラーが政権を握って早々に、ドイツシオニスト協会のリーダーがナチ親衛隊員、後のSSユダヤ局の主となるミルデンシュタインに接触して、共に半年間パレスチナに滞在します。ミルデンシュタインは、ナチスの機関誌にその体験記親シオニズムの記事を連載、その記念として、宣伝大臣のゲッペルズが表示のコインを作らせたのです。
 ヒットラーが政権を握るやいなや、シオニストたちはその勢力をたちまち拡大させました。そして世界シオニスト機構はナチ政権誕生同年の1933年に、ナチスとの秘密協定を早くも締結させています。ドイツとパレスチナ間のユダヤ人と物資の移送に関する協定で、「ハーヴァラ協定」(シオニスト=ナチ通商協定)と称されます。ナチス政権発足からたちまちの出来事です。事前の計画と準備なしにはあり得ません。「偽ユダヤ」によって計画と準備は施されていたのです。ヒットラーのナチス政権自身が「偽ユダヤ」の計画のもとで発足に至っているのです。
 前回見たように、シオニストによって建てられたイスラエルは事実として「鉄の壁」のファシスト国家です。優生学の差別思想、他民族排他主義、武力暴力手段行使による統治のナチス・ファシズムと全く同質です。表と裏、相手によって見せる顔は異なりますが本質としては文字通りナチスとシオニズムはコインの裏表でした。表裏は一体だったのです。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第13話 ― ナチスとシオニズム、コインの裏表 ―アイヒマンの処刑―


知りすぎた男アドルフ・アイヒマン


アドルフ・アイヒマン
1961年のエルサレムでの裁判にて [Public Domain]


1962年5月末イスラエルでアドルフ・アイヒマンが処刑されました。1961年4月にエルサレム地裁で始まった裁判と死刑判決によるものです。敗戦後アルゼンチンに潜んでいたアイヒマンは、モサドによる超合法的手段(つまり犯罪)でイスラエルに拉致され裁判にかけられたのです。死刑判決の主たる罪状は「人道に対する罪」なる不明な名目によってです。

人道に対する罪? 誰が定義できるのでしょう? 確たる罪状名目が立てられなかったのです。「人道に対する罪」が公平に全ての人間に問われ、アイヒマンの行為が死刑に値するならば、過去から現在に至る米英やイスラエルなどの支配層で、死刑を免れる者はほぼ皆無でしょう。アイヒマン処刑は“見せしめ”でした。

拉致される前にアイヒマンは自らの果たした役割についてのインタビューに答えていました。そのナチスとシオニストの関係が暴露されたインタビュー記事がイスラエル当局の手に渡りその内容の正確さに慌てた当局が、モサドに拉致を命じたのです。(アイヒマンの足跡を執拗に追いかけモサドに通報した「ナチ・ハンター」が、ガリチア出身のサイモン・ヴィーゼンタールで、これらの功績で1977年米国に「サイモン・ヴィーゼンタール・センター(SWC)」が創設。SWCが「ホロコースト博物館」を運営しています。)

アイヒマンはSSユダヤ局の主であったミルデンシュタインから、後継としてその座を受け継ぎ任務に当たりました。1937年彼は「(初代首相となる)ベングリオンとベルリンで会談。この時に2人は合意に達し、アイヒマンは書面で「ドイツのユダヤ人を代表する組織は、ドイツを去るユダヤ人がパレスチナにのみ移住するように圧力をかけるものとする」と約束していたのである。

また同年、アイヒマンはパレスチナに招待されており、彼の帰途の報告によると、「シオニスト・ユダヤ人たちは、ドイツのユダヤ政策に非常に喜んでいる。その理由は、それによってパレスチナのユダヤ人口を数倍に増大させたから」であった。ゲシュタポとパレスチナのユダヤ人(シオニスト)の協力関係は、アイヒマンの努力によって緊密になったのである。」(「ヘブライの館2」)。

アイヒマンはその任務上、ユダヤ人移送に関する全ての情報を把握していました。欧州のユダヤ人取り扱いに関するナチス首脳と米国や英国高官らとの会議の書記、パレスチナのシオニスト指導者たちとの折衝、全てアイヒマンが担い、各国の高官やシオニストの代表者たちが「いつ、どこで、どのような」発言をしたか克明に記録していたのです。

これらが表に出ることをイスラエルは(英・米国も)絶対に容認するわけにはいかなかったのです。アイヒマンは事実を明かしかけたため、見せしめとして公開処刑されたわけです。


ホロコーストの実際


少し脱線しますが、ナチスとシオニストの関係の言及上は避けて通れないのでホロコーストについて。

前述のSWCが主体となって「ナチに『ガス室』は無かった」との記事を掲載した日本の雑誌を攻撃し廃刊に追い込んでいます。SWCらが提唱するホロコーストの要点は次のようです。

「ユダヤ人廃絶の絶滅収容所があった。(アイヒマンらによって)絶滅収容所に送り込まれた600万人のユダヤ人は主にガス室で毒殺された。その遺体は焼却炉で焼かれた」。

この定説ですが、①数年で600万人を主にガス室で毒ガスにて殺害②その600万の死体を焼却、全くありえません。

まず毒ガスとガス室ですが、毒ガス兵器を最初に開発使用したのはドイツです。第1次世界大戦で使用の毒ガスは臭いが似ていたのでマスタードガスと呼ばれます。大変な威力の細胞毒でした。

この毒ガス兵器は“薬”に転用されています。「抗がん剤」です。現在でも多くの抗がん剤に入っています。抗がん剤は殺人兵器の毒ガスを薄めた薬剤と解釈しても間違いではないのです。当然医療関係者は吸入や皮膚付着の“被曝”を避けるため細心注意を払います。注意書きには「皮膚に微量でも付着すれば、ただちに大量の水で洗い流すように」とあります。

このような代物を患者に薬物療法と称し体内に注入する狂気の沙汰はさておき、毒ガスの取り扱い非常な危険困難と大変な手間がつきまといます。絶滅収容所のガス室で使用されたとされる青酸ガスも同様です。専用の密閉された堅牢なガス室以外で毒ガス使用すると使用する側が“殺られ”ます。本来の目的が異なる収容所はそのような設計では建設されていません。専用ガス室に転用するのは無理です。

しかし定説ではアウシュビッツでは毎日6000人が毒ガス処理されたとのこと。あり得ませんが、譲って仮に本当だとするとこの全身致死量の毒ガスまみれの6000もの死体どうするのでしょうか?


死体に下手に近づくと毒ガスを吸い込み“殺られ”ます。もちろん触れません。また毎日6000の死体を焼却できる焼却炉?? 無いです!! 焼く大量のガソリンは? ドイツは石油を産出しません。当時戦争中です。石油がなければナチス自慢の飛行機も戦車も潜水艦も「張りぼてのトラ」巨大なガラクタです。定説の大虐殺、あり得ないのです。詳細は映像配信の宗教学259回(神智学「エスタンジア」)をご視聴ください。

» 続きはこちらから