月別アーカイブ: 3月, 2020

新型コロナウイルスは「アメリカ人が資金提供し、中国と共同研究していた」生物兵器!恐らくこの共同研究に日本人が関与!〜「新型コロナウイルスのパンデミック」の背後で、Qグループによる大量逮捕計画が進行している!

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏の波動があまり良くないですね。彼自身が苦しい時なのだと思います。シャンティ・フーラでは、波動を重要視しているので、波動の悪い人物の情報やその他の事柄は、基本的には取り上げないようにしています。しかし、例外として波動が悪くとも正しいと思われる情報は取り上げます。例えば、コブラの一部の情報などがそのようなものです。
 コーリー・グッド氏はこれまでの言動から、非常に誠実で意図的に嘘をつく人ではないと思っています。なので、今回の動画で語られている情報も、彼が知っていることを出せる範囲でそのまま語っているのだと思います。
 動画の中で、コーリー・グッド氏は「新型コロナウイルス」について、“私が聞いた内容は、これは生物兵器であり、あるいは生物兵器になる過程で研究中だったアメリカの大学から出て来たもの…アメリカ人が資金提供し、中国と共同研究していた”と言っています。シャンティ・フーラと同様の見解です。恐らくこの共同研究に、日本人が関与していたであろうと見ているわけです。
 また、大量逮捕に関して、デイヴィッド・ウィルコック氏は「3日間インターネットや電話が一切使えなくなる」と言っています。コーリー・グッド氏は、大量逮捕はまだ起きていないが「起きた暁には、72時間の中で、世界中で一斉に起き、特に先進国では、電話回線は完全にシャットダウンします」と言っています。加えて、“携帯電話が使えないとなった時点で「落ち着いて下さい」という放送が流れたら、私は、シャンパンのボトルを開けます”とのことです。
 “続きはこちらから”のEriさんの情報もご覧ください。昨日の「20/03/23 フルフォード情報英語版」では、“次の局面で使われるのは巨大な電磁パルスであり…ネットおよび携帯電話通信は一時的なシャットダウンが引き起こされる…再起動がされるまでは、数日にわたって地球上の全ての電子機器を止めてしまうかもしれません“とあり、これが「小惑星の大気中爆発」によって引き起こされたことにする計画があるというようにも読めます。
 いずれにせよ、こうした計画があるらしいということは知っておいた方が良いでしょう。「新型コロナウイルスのパンデミック」の背後で、Qグループによる大量逮捕計画が進行しているわけです。今回も計画が延期されるかも知れませんが、気長に待つのが良いと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ブリーフィング:コロナ・ウィルス、大量逮捕、72時間のインターネットと携帯・不接続
配信元)

✒右下の「歯車」を選択 →「字幕」で英語を選択すると「日本語」の字幕が表示されます。
————————————————————————
デイヴィッド・ウィルコック Live III 何が起きているのか?
(前略)

今日か明日あるいは金曜日あたりから、3日間インターネットや電話が一切使えなくなる。(中略)... この間に、大量逮捕が起きる。

(中略)

RICO(RacketeerInfluence and Corrupt OrganizationAct)、組織犯罪対策法により、逮捕後に、大量に保留にされてきた極秘起訴内容を開封し、裁判が始まる。多くが海外などに逃亡しない為に極秘にされており、50万件の犯罪に対する逮捕後、この3日間で起訴内容が開示される。

3日間の後に大統領令の緊急事態アラームが鳴る。
テレビやネットのニュースで8時間の報道が三回ある。これは10日間続き、犯罪への告白の動画、軍の裁判の様子、あらゆるスキャンダルの実態が流れる。そこで世界をコントロールしていたサタン的グループの事が明らかにされる。狂っていると思われるかもしれないが、そういう情報が入ってきている。

(中略)

これは4人の内部告発者からの情報であり、その一人はコーリー・グッドであり、彼は5つのソースから同じ事を聞いている。

コーリー・グッドから「大量逮捕が無事に終わる事が願っている」というテキストを3月21日にもらった。

(以下略)

» 続きはこちらから

子どもというのは、両親の気を奪う怪獣のような存在、仕事の片手間に相手をすれば良いという存在ではない 〜 恋人のように子どもたちを抱きしめてあげてください!

竹下雅敏氏からの情報です。
 韓国・釜山大学のロバート・ケリー教授と妻のキム・ジュンアさんへのBBCのインタビューです。あの伝説の2017年のインタビュー動画を先にご覧ください。
 今回のインタビュー動画も期待を裏切らない出来栄え。通常なら、ユーモア記事の扱いなのですが、教授の自宅待機の様子が、近く他人事ではなくなる人もたくさん出て来ると思われます。
 自宅に閉じ込められている子供が、家の中で元気を持て余すのは当たり前なので、動画の子供たちの様子は微笑ましく、ここぞとばかりにパパに抱き着く娘さんがカワイイです。
 そのうえで、こうした子供たちの態度を見る限り、私には「子育ての失敗」の典型的な例に見えます。子供たちは、この場面ではここまでやっても怒られないという限界を、よく理解した上で甘えています。こうした場面では、両親は2人の子供達に普段より余分に気を使わざるを得ません。2人とも親の気をひく行為ばかり行っています。
 娘さんはパパが大好きなのでしょうね。パパの気が自分ではなく、ママやインタビューの方に向くと、かまってもらおうといろんなことをやっています。このように子供達というのは、両親の気を奪う怪獣のような存在で、仕事の片手間に相手をすれば良いという存在ではありません。
 せっかく、天から与えられた「自宅待機」という期間ですから、仕事は後回しにして子供を優先してはどうでしょうか。動画を見て思うのは、普段から子供を優先している親なら、たとえインタビューの間といえども、片時も子供から気を逸らすことはないはずです。しかし、そうではないので、子供たちは両親から気を奪う行動ばかりとるのです。
 娘さんはパパを「恋人」だと思っていて、息子さんはママを「自分のもの」だと思っているものです。両親が知らないだけなのです。なので、恋人のように子供たちを抱きしめてあげてください。いい子に育ちますよ。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)

[Twitter] TOKYO2020めぐる大喜利祭♪

ライターさんからの情報です。
ウルトラ"Q"の挑戦!いいですね。
私も自粛のお祭りをば♪
一応、捻れ体癖なので。TOKYO2020に「頃な!」を付けたら、ロックダウンみたいになります。
(しんしん丸)
————————————————————————
配信元)








» 続きはこちらから

一瞬、大型かと思わせる56兆円規模の緊急経済対策、内容はやはり「しょぼい」〜 困っている世帯だけに一回限り10万円の現金給付案

 政府がまとめようとしている緊急経済対策案の内容をTBSが報じています。今頃のんきに「案」を練ること自体ふざけていますが、現時点で判明したのは「生活に困っている世帯に限定して」「1世帯当たり10万円の現金給付」「しかも一回限りの自己申請」というもので、これを「56兆円を超える大型対策だ」と胸を張られても困ります。そもそも社会保障目的の消費税収が400兆円、であれば最低100兆円くらいは国民に返せ、という素晴らしいツイートがありました。また、余計な商品券にせず56兆円をざっくり1億人で割って一人当たり現金56万円給付という、これまた素晴らしいツイートもありました。とにかく早く国民に一律支給をして、富裕層など不要な給付であれば後で税金として返金させればよいという賢いツイートもありました。どう見ても現政権案よりも国民の方が優れている。
 国会で「経済対策を一刻も早く」と野党が抗議する背景には、すでに多くの方のSOSが上がっているからで、ネット上でも可能な対策が提示されています。とりわけ家賃滞納で住居を退去することのないよう注意を呼びかけられています。家賃の請求は政府に対して、貸主借主一緒に補償を求めるべきものなのですね。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
政府の緊急経済対策案、現金給付は1世帯たった10万円で調整へ 自己申告で生活困窮世帯に限定か
引用元)
(前略)
政府が検討している現金給付の内容が分かってきました。

TBSの記事によると、1世帯あたり10万円超の金額を現金給付する方向で政府は調整しており、給付の条件は自己申告に基づき生活に困っている世帯に限定するとのことです。
生活に困っている世帯の基準はまだ決まっていませんが、年収200~300万円以下の低所得者層になると見られています

他にもセットで商品券の支給や特別ポイント制度、自営業への貸し付け枠拡大などをセットで行う方針で、緊急経済対策の総額は56兆円を超える規模になる見通しです。

(中略)

(中略)
(以下略)

————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(日本 明治編) ― 第25話 ― サンカと八咫烏の関係

 前回、上田サンカについて、幕末の上田サンカの当主であった上田音吉(吉松)からの血統にスポットを当てました。「アヤタチ」と呼ばれる特殊家系である上田サンカを巡っては、種々の大変重要な事柄があります。詳細を追っていくと切りがないくらいです。
 ユダヤ問題のポイントでは、この地上世界はハルマゲドン計画に沿って動かされてきたことを種々追ってきました。ここではヴァイシャ革命とも呼んだ、アメリカ独立やフランス革命などの世界革命もその一環にありました。
 インドや中国と同様にイギリス東インド会社などによる侵略を受けた側になる日本は、ハルマゲドン計画の受動的な立場、どちらかといえば被害者的立場と受け入れがちでしょう。しかしその視点を一変する記述がありました。
2019/12/26の竹下さんの記事の“日本のサンカの大元さんが日本のゴールドを海外に流出させて、それが「アメリカ独立、フランス革命、ナポレオン戦争、そして、永世中立国スイスの誕生」に繋がった”です。
 この世界革命への関与に連携したのが、サンカ仲間で霊能に優れた大室寅之祐の先祖だったようですが、主導した「サンカの大元さん」とは誰なのか?が気になっていたのです。
 第23話でそれは上田サンカではないか?との推測をしていましたが、サンカの大元さんの中核に上田サンカがいたのは決定的です。上田サンカ=八咫烏とも前回示しましたが、サンカの親分が八咫烏のトップでもあったのです。
 つまり地上世界でハルマゲドン計画を主導した一角は間違いなく八咫烏であったということでもあります。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本 明治編) ― 第25話 ― サンカと八咫烏の関係

緑龍会総裁を勤める上田サンカ 〜意外な緑龍会の活動


2019/12/26の竹下さんの記事の“日本のサンカの大元さんが日本のゴールドを海外に流出させて、それが「アメリカ独立、フランス革命、ナポレオン戦争、そして、永世中立国スイスの誕生」に繋がった”、この外国勢力と繋がり、協働した「サンカの大元さん」は上田サンカではないだろうか?との推測を第23話でしました。

上田サンカがサンカの親分アヤタチであり、オランダと非常に密接で、オランダとの貿易に関わっていたとの落合氏の情報がそのもとにありました。改めて別角度でこれに関連し裏付けになるような情報を見ていきます。

私の考えでは、上田音吉は八咫烏直属の秘密結社・緑龍会の総裁です。

竹下さんは2016/04/10日記事で既に明瞭に上田サンカが八咫烏であるとの認識を示されています。上田音吉(吉松)は幕末の上田サンカの当主だったのです。

そして竹下さんは同記事の中で「緑龍会の総裁は、その後笹川良一から現在の笹川陽平へと移っていると考えています。」と、緑龍会は現存しており、上田音吉の血流が代々緑龍会の総裁の座を受け継いだとの認識も示されています。この緑龍会については次のような情報があります。

緑龍会」―。戦前の京都に存在した秘密結社である。緑龍会は政治的秘密結社で、日独を裏で結び付け、日独防共協定や三国同盟を結ばせた謎の組織だ。その中の何人かは戦前のドイツに渡り、ナチス設立に関与したという話もある。ちなみに京都という街は、五行五色の配置で、中央の平安京を黄(黄金)とし、北の黒を玄武、南の赤を朱雀、東の青を青龍、西の白を白虎に配して四神相応とした。だから戦前の京都では北に黒龍会が置かれ、ナチスと関わる緑龍会が東に置かれた。日本では緑を青と表現する。
(『宇宙 NEWS LETTER』「秘密結社ヴリルとナチスUFOの謎」)


この記事では、京都を、平安京を中心に東西南北それぞれに四神を配していますが、実は中央と東西南北の計5つに龍を配する五龍会という八咫烏直属政治組織があったのです。緑龍会は八咫烏直属の秘密結社の五龍会の一つなのです。

その上でですが、上田サンカが総裁を勤める緑龍会は、第2次世界大戦の前にはナチスドイツの設立に関わり、日独伊三国同盟を結ばせたというのです。今回この根拠を示す余裕はないですが、記事内容は事実と見て間違いないでしょう。


編集者註:ドイツ総統府でヒトラーと会談した松岡洋右。
松岡洋右と安倍晋三との関係はこちらの系図を参照。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 31