2021年3月14日 の記事

ラー文書「一なるものの法則」の情報源は、コーリー・グッド氏が接触したブルー・エイビアンズ(青い鳥族)のRa-Tear-Eir (ロー・ティール・エール) ~ブルー・エイビアンズの存在界層

竹下雅敏氏からの情報です。
 ラー文書「一なるものの法則」というチャネリング本があるようです。ウィキペディアによれば、1984年に米国のシファー出版から刊行された本で、“古代エジプト人に関連する「ラー」という名とのつながりについては、「そのつながりは、一致であると言えます」とも語っている”とあります。
 「私はラー」で始まるラー文書の情報源は、コーリー・グッド氏が接触したブルー・エイビアンズ(青い鳥族)のRa-Tear-Eir (ロー・ティール・エール)のようです。なので、「私はラー」というのは嘘ではないのですが、古代エジプトの太陽神ラーとは別の存在です。
 「球体連合」のメンバーで、コーリー・グッド氏が接触した人間の姿をしていない奇妙な宇宙人が、ロー・ティール・エールとゴールデン・トライアングル・ヘッドです。昨日の記事の動画の28分33秒、31分10秒に、彼らのイメージが描かれています。
 彼らは、シリウスハイアラーキーのメンバーで、トップがエジプト神話の太陽神ラーだったのです。彼らの狭義の肉体の「身体」の存在次元は、3.2次元です。コーリー・グッド氏を利用して地球を破壊しようとしたために、シリウスハイアラーキーは滅ぼされました。肉体ごと破壊された者もいますが、ロボット人間となり自由意志を持たない者も多いです。地球の解放が終われば、ロボット人間の方も処分されるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
一なるものの法則とSSP~悪の勢力【コズミック・ディスクロージャSeason7,Episode3】
配信元)
10分15秒~13分1秒
Ra:あなたたちの次元では、意識の扉を開けることに導く情報源と力を求めて、訓練と法規を実践して連絡しようとする者がいます。

David:彼らが流血トラウマを生み出すようなことに手を染めるのは、これと関連しているのでしょうか。
Corey:大いに関連があると思います。なぜなら、彼らがそういう嘆かわしい生贄儀式を行うのには、十分な理由があるからです。…人目につかない深い山の中で、彼らは集まり、円陣を組んで、何かの儀式を行うのです。そして多くの場合、円陣の中心にレプティリアンが現れるのです。
David:確かに、ハバードとパーソンズの行った儀式によって、地球の保護フィールドが実際に損傷を受けたと前に言いましたね。その裂け目はどんな影響を与えたのでしょうか。裂け目が出来て何が起きましたか?
Corey:その裂け目が他次元の存在が私たちの次元への進出を許したのです。
David:つまり、本来なら入ってこられなかったのが、それがポータルとなって入ってこられるようになったのですね。
Corey:ええ。でも、それが閉じられなくなったのです。
————————————————————————
【ブルー・エイビアンズの存在界層】

PDF


[YouTube]ハムちゃんの大脱走

竹下雅敏氏からの情報です。
視聴5000万回越えのハムちゃん。
(竹下雅敏)
————————————————————————
🐹🦂Scorpion maze with Traps hamster Police Pets🐹 in Hamster Stories
配信元)

メキシコ便り(85):新世代18歳の学生が、80歳の元大物政治家に宛てたメッセージ動画は、眩しい✨

 メキシコに新星登場✨さらにメキシコ眩しくなってきました。今回は、朝の大統領プレス・コンファレンスで質問された内容をもとに、メキシコの脱皮をお伝えします。
 長年、ネオリベラリズムの政権とズブズブな関係を持っていた元大物政治家ディエゴ・フェルナンデス・デ・セヴァジョス氏(80歳)が、なぜか突如ソーシャル・メディア・デビュー。久々に注目を浴びたディエゴ氏は、ネット動画のインタビューで豪語。ほとんどのメキシコ国民はこっそり「ばかじゃない?!」と思うだけのところ、新世代18歳の学生は、ディエゴ氏へのメッセージ動画を堂々配信❗️このことが大統領プレス・コンファレンスでも触れられたため、一気に広まることに。そのメッセージ内容がまたすばらしい。気持ちいい。そして、眩しい✨メキシコは完全に脱皮をした!と思った出来事でした。
 若者が多いメキシコでは、もう二度と大勢の人たちを犠牲にし、少数派だけが甘い汁を吸うことは、きっと許されないでしょう。だって若者の覚醒がすごいんだもん!日本でも、もしかしたら、こんな若者がいるかもしれない、いやいてほしいと切に思ったpopoちゃんでした。
 大統領プレス・コンファレンスでの質問に対する回答として、ロペス・オブラドール大統領はご自身の20年前の動画を流して去りました。言っていることは、今も変わらず全く同じ!昔から大統領が大切にしているのは「メキシコ」、「メキシコ国民」、そして「ヤマ・ニヤマ」❗️ 本物でっす!そして、この大統領の精神は、すでに新世代に引き継がれているのかも。。。
(popoちゃん)
————————————————————————
メキシコ便り(85):新世代18歳の学生が、80歳の元大物政治家に宛てたメッセージ動画は、眩しい✨

3月5日大統領プレス・コンファレンスでの質問


3月5日(金)の大統領プレス・コンファレンスでの最後の質問。大統領の回答は、粋だと思いました。ざっくりまとめてみました。

ハンサラサール記者:「Diego Fernandez de cevallos (ディエゴ・フェルナンデス・デ・セヴァジョス)氏が、「大統領は、毎日、汚職をしている。」と言っています。」

ハンサラサール記者 (1時間35分あたり)
3月5日(金)の大統領プレス・コンファレンスより)


AMLO大統領:「えっ?何?」

ハンサラサール記者:「大統領は、毎日、汚職をしていると。。。なので、いつでも大統領を起訴できると。。。」

AMLO大統領:「それは、頭にくるなぁ。」

全く怒りの感情なしに、ニヤリとしながらそう答えました。

ハンサラサール記者:「大統領は、ディエゴ・フェルナンデス・デ・セヴァジョス氏について、どんなお考えをお持ちですか?」

AMLO大統領:「私は今から飛行機に乗らないといけません。」

そして、端っこでいつも待機している大統領のアシスタントらにこう質問。

「あのディベートの動画をここでシェアしましょう。20年前のあのディベート動画あるかな?私がメキシコ市長候補者時代だったときの。。。」

AMLO大統領:「あのディベートは、現在でも同じです。ここでシェアしましょう。」

20年前の自身のディベート動画を見せているオブラドール大統領

» 続きはこちらから