アーカイブ: オバマ

オバマ元大統領と肉体関係を持っていたラリー・シンクレアという男性がタッカー・カールソンのインタビューに出演 / マイケル・オバマが2024の大統領選挙に立候補するという噂

竹下雅敏氏からの情報です。
 ラリー・シンクレアという男性がタッカー・カールソンのインタビューに出演し、FOXニュースでは絶対に放送できなかった話をしています。
 【公式】カナダ人ニュースさんのツイートにリンクされている書籍『バラク・オバマとラリー・シンクレア: コカイン、セックス、嘘と殺人?』によれば、ラリー・シンクレア氏は1999年11月6日~7日にバラク・オバマと合意の上でホモセクシャルセックスをした。当時、オバマは地元以外では比較的無名だったが、2004年に民主党全国大会で基調演説を行い、全国的な表舞台に立った。ラリー・シンクレア氏はそのとき初めて、自分が新進気鋭の政界のスーパースターとセックスに及んでいたことに気づいた。2007年、ラリー・シンクレア氏はオバマ陣営に何度も接触し、候補者の1999年の薬物使用と販売について自白するよう要求した。オバマ陣営はドナルド・ヤング(バラク・オバマの同性愛の恋人)を使って、ラリー・シンクレア氏に連絡を取り、オバマの犯罪と行動を誰に話したかについて情報を求めた。ドナルド・ヤングは2007年12月23日に殺害された。ラリー・シンクレア氏は、オバマとジェレマイア・ライト牧師が、オバマの元恋人である合唱団長ドナルド・ヤングの殺人に関与していると考えている、ということです。
 アーロン大塚氏のツイートによれば、「マイケル・オバマが2024の大統領選挙に立候補する噂がある」とのこと。マイケル・オバマと言えば、「ミシェル・オバマはマイケル・ラヴォーン・ロビンソン(#MichaelLaVaughnRobinson)という【実の男】として生まれ、12歳の時にミシェルに改名した」という話や、こう言った写真などが出てきます。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
※全文はツイッターをクリックしてご覧ください

※全文はツイッターをクリックしてご覧ください



» 続きはこちらから

ギングリッチ元下院議長「オバマが政権を運営していると思います。バイデンは運営していないと思います。…実際の腐敗はヒラリー・クリントン、バラク・オバマであり、バイデンはその3人の中で最も小さい存在です。」

竹下雅敏氏からの情報です。
 ギングリッチ元下院議長がFOXニュースで堂々と「陰謀論」をぶちかましています。
 “オバマが政権を運営していると思います。バイデンは運営していないと思います。彼らの賢い動きは、すべてオバマの信奉者から来ていると思います。バイデンはただ漂っているだけです。…実際の腐敗はヒラリー・クリントン、バラク・オバマであり、バイデンはその3人の中で最も小さい存在です。…まずはクリントン財団のすべての財務記録に対して召喚状を出すことから始めると、数百万ドル単位の不正行為の証拠が出てくるでしょう。ジョー・バイデンに関する腐敗をはるかに超えるでしょう。…オバマは反米、反官僚、反中産階級、反法律の最も過激な作家であるアリンスキーの弟子だったということだ。ヒラリー・クリントンもアリンスキーの個人的な友人でした。…その腐敗の深さは息をのむほどです”と言っています。
 「おおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」のツイートの内容がスゴイですね。コロナ前なら想像も出来なかったレベルの暴露話が公開されるということみたいです。
 ギングリッチ元下院議長は、2016年11月にドナルド・トランプ政権移行チーム副委員長に指名されていましたから、昨日の記事でお伝えした「コロモイスキーの逮捕」とともに、バイデン政権への攻撃だと見て良いでしょう。
 “続きはこちらから”の動画をご覧ください。「私たちがFRBをどう終わらせるかの道筋」を伝えています。キンバリー・ゴーグエンさんは中国のディープステートがFRBを香港に移転させる計画があると言っていましたが、同時にトランプ・チームはアメリカを中国に売り渡すことに同意しているとも言っていました。
 これなら、こうした動きが起きている理由がよく分かります。ただ、お金がないので、こうした計画はうまくいかないようです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)


» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝93 ― 闇落ち

 「命より金。」 驚いたことに実際にこのような人たちが案外と多くいるのを見せられています。権力者や支配層にこの手のタイプがごまんといるのを私達は見せられているのです。金とはパワーの象徴で、それが権力や支配力になります。彼らは「死んでも権力・支配力を離さない。」とするのです。実際に現実の世界の政界を見渡しても、ゴムマスクや替え玉がごろごろいるのが分かります。本人は消されてしまったのでしょう、それでも替え玉の所以なのか、消された本人と替え玉は同じ行動を取ります。「それで消されてしまっているのに大丈夫か?」と思わず思ってしまいます。上が消えてその座についた後任も、それを見ていただろうに、消された上と同じ行動を取ります。権力を、支配力を自分の野望のために振り回すのです。それで上が消されたのに…。まるで延々と続く劣化コピーの繰り返しです。
 今回は必要あって「天界の改革」に触れていきますが、「天界の改革」に立ち会っていく中で唖然とさせられたのが、サナット・クマラとマイトレーヤの転落消滅でした。神そして救世主として改革の旗手だったはずの彼らでした。ところが闇落ちし消滅したのです。改革が進む中で、彼らは恐れたのだと思います。何を恐れたのか? 過去のあるがままの彼らの姿が多くの民衆に知られてしまうことを。そうなってしまうと、神と救世主の座を失ってしまうのではないか、と。
 過去の自分も自分自身です。命です。受け止める以外にないのですが、それを否定、神・救世主というとてつもなく高い地位を優先することにした。形は変えれども、結局のところは「命より金。」ということになります。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝93 ― 闇落ち

ナサニエル陣営の形成


2011年8月31日に、モナコで57カ国会議が開催されました。57カ国会議の呼びかけ人は、ロスチャイルド一族の本家総帥であるジェイコブ・ロスチャイルドであり、主催者はジェイコブの息子であるナサニエル・ロスチャイルドでした。

ナサニエルとジェイコブ

この時点でのナサニエル・ロスチャイルドの年齢は40歳だったと思います。若い世代のナサニエルを中心とする新たな一大勢力の陣営、竹下さんが名付ける「ナサニエル陣営」が、57カ国会議を通して形成されていきました。

当時のナサニエル陣営は、光の側・神々サイドの陣営です。またこの57カ国会議によって、ジェイ・ロックフェラーともどもデイヴィッド・ロックフェラーは、権力を完全に失墜したのでした。

2013年時点における5つの世界権力
フルフォード氏による分類 竹下氏による解説 竹下氏による分類
① 現ローマ法王、英国王室、日本の皇室が1つの勢力となって連携
裏のイルミナティ
※ フランシスコ法王はバーバリアン・イルミナティ
光の側 ナサニエル陣営
(ヘルメス派)
② ブッシュ・ナチ勢
裏のイルミナティ
※ NWO(新世界秩序)を目論む
闇の側 ブッシュ・ナチ陣営
(戦争屋)
ニムロデ派
③ ロックフェラー・オバマ勢
裏のイルミナティ
※ NWO(新世界秩序)を目論む
闇の側 ロックフェラー・オバマ陣営
(アンチ戦争屋)
イエス派
④ 良心的なアジアの結社・BRICS同盟・欧米のホワイトドラゴンが連携する勢力
裏のイルミナティ 光の側 ナサニエル陣営
⑤ グノーシス派
表のイルミナティ
※ NWO(新世界秩序)に対抗
光の側 ナサニエル陣営
参考:時事ブログ 2013/06/252013/07/012013/07/092013/08/112013/09/28


このナサニエル陣営の誕生はまさに驚愕のものでした。なぜならばジェイコブ・ロスチャイルドはロスチャイルド一族の総帥であり、かつデイヴィッド・ロックフェラーにその座を追われるまでは、地上の全ての裏のイルミナティメンバーのトップ(ピンダー)だった人物です。2007年元旦時分でも、裏のイルミナティのヘルメス派のトップだったのです。裏のイルミナティは、相対的な光の組織であるハイアラーキー内闇組織の地上組織です。ジェイコブ・ロスチャイルドは地上世界での闇の首領の一角だったのです。

そして更にこのナサニエル陣営には、表のイルミナティの最高権力者であるゾロアスター13家も参入したのです。表のイルミナティは、ホワイト・ロッジと敵対する地獄の悪霊組織であるブラック・ロッジ(闇の館)の地上組織です。

表裏のイルミナティの最高権力者・地上世界での闇の首領たちがナサニエル陣営を立ち上げ、神々のサイドとして働くのです。これは驚愕だったとしかいいようがありません。

なぜこの驚愕の展開となったのか?は、やはり「天界の改革」と「ハルマゲドン(救世主降臨)計画」をある程度は認識していないと、理解が不能です。

「天界の改革」は思いもよらない目まぐるしい変化の連続となっていったのですが、「天界の改革」の開始は2007年の元旦でした。この当初においての改革の旗手となっていたのがハイアラーキーのメンバーでした。

ハイアラーキーの天皇ともいえるサナット・クマラ、ハイアラーキーのホワイト・ロッジ軍団を従えるマイトレーヤなどが中心メンバーであり、サナット・クマラの摂政となっていたカインも、メンバー内でもトップとして非常に重要な役職にありました。また、サナット・クマラの側近でハイアラーキーの宰相ともいえるエノクも、高い地位の役職で「天界の改革」に加わっていました。

編集者註:用語「ルシファー」については、所属するグループや位階で様々に意味が変化する名前(役職名)であるため、それぞれを参照のこと。
✅ ハイアラーキーに所属している者から見たサナット・クマーラの場合。
✅ 悪魔崇拝者から見た洗礼者ヨハネカインエノクの場合。
✅ ブラック・ロッジの支配者に与えられた闇の大王の役職名としてマルドゥクカナンの場合。

その開始の2007年の夏頃に、驚くべきことにブラック・ロッジの太守でNo.3のデーヴァダッタが改心し、神々サイドにつくのです。ついで同年の秋頃には、同じくブラック・ロッジの太守No.4のカナンが改心し、神々サイドにつきました。これでデーヴァダッタとカナンが霊導していたゾロアスター13家が神々サイドにつくことになったのでした。こうした中で、特にゾロアスター13家のトップであるぺぺ・オルシーニの働きは目覚ましいものだったのです。



» 続きはこちらから

ジョージ・ソロスの財団、クリントン財団、ロックフェラー財団の資金で、オバマとバイデンが始めたウクライナ生物兵器研究所 ~ロシア国防省資料「ウクライナにおける生物化学兵器ラボアメリカの協力フロー」

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画「ウクライナ生物兵器研究所はジョージ・ソロスの資金でオバマとバイデンが始めた」で、オバマ・バイデンの政権が出来たのは2009年だが、この2人がウクライナ政府と生物兵器計画の協定に調印したのは、2人が上院議員だった2005年のことで、資金はジョージ・ソロスの財団、クリントン財団、ロックフェラー財団が出していたと言っています。
 ツイートのロシア国防省資料「ウクライナにおける生物化学兵器ラボアメリカの協力フロー」には、アメリカ民主党→行政・教育機関→スポンサー・財団
→ウクライナ国内執行機関→ペンタゴン・製薬会社という資金の流れが描かれています。
 こうしたスキームで、ウクライナに米国防総省配下の生物兵器製造所が30以上造られたのですが、“米国防総省がウクライナを生物兵器の実験場に利用し、アメリカ国内では出来ない危険な医薬品を用いた非人道的な実験にウクライナ人を使っていた”と、ロシア政府は説明しているとのことです。
 3月21日の記事で紹介しましたが、“ウクライナでの生物兵器研究所の話を進めたのは、ユシチェンコ(親米)大統領時代(2005年1月~2010年2月)のティモシェンコ元首相で、アメリカ側は当時のバラク・オバマ上院議員だった”ということでした。
 また、“2010年にユシチェンコ(親米)政権は崩壊、親露派のヤヌコビッチ政権が誕生。ミコラ・アザロフ元首相は、2013年に米政府(オバマ政権)に生物兵器研究所の閉鎖を書簡で通告。その後、2014年にアメリカ主導のクーデターが起こり、ウクライナがナチス化した”ということでした。
 邪悪なオバマ・バイデン政権にどこまでもついて行く日本政府の「糞魚の金(金魚の糞ともいう)」は、何とかならないものか。
(竹下雅敏)
————————————————————————
2022.5.13 ウクライナ生物兵器研究所はジョージ・ソロスの資金でオバマとバイデンが始めた【及川幸久−BREAKING−】
配信元)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

「ホンモノのビンラディンはまだ生きている」と言う噂は事実! ~死んだことになっていて、本当は生きている人物として、サダム・フセイン氏、カダフィ大佐、ソレイマニ司令官

竹下雅敏氏からの情報です。
 「ホンモノのビンラディンはまだ生きている」と言う噂は以前からあり、調べると確かに「体外(身体)」の波動が残っています。噂は事実のようです。
 「メイカさんからの続報」によると、“オバマ政権がビンラディンをイランに移送、イランに口止め料1520億ドルを払った。そして偽者のビンラディンを銃殺した”ということですが、冒頭の一連のツイートには「我々は物理的な証拠、音声データと文書を持っている。ビンラディンは中東に20年近く潜伏していた」と言う内部告発者ニック・ノー氏の証言があります。
 オバマ政権は、“オバマ再選選挙直前にビンラディンを殺した”ということになっているのですが、このような「国家を裏切る犯罪」は、“トランプが再選された後、全世界に発表される”ということのようです。オバマ、ヒラリー、バイデンの逮捕もセットでないと納得できない処です。
 死んだことになっていて、本当は生きている人物として、サダム・フセイン氏カダフィ大佐ソレイマニ司令官がいます。
 昨日の記事で取り上げた動画で、元フリーメーソンのドナルド・マーシャルさんは、「ガダフィは死んだとされていますが、それはクローン人間であり、本人は生きています」と言っています。影武者が殺されたのかと思っていたのですが、クローンだったのですね。
 「カダフィ大佐の最期」と言う動画の1分の所で、映像を止めて見ると、確かにカダフィ大佐とされる人物のチャクラがありません。間違いなくクローンのようです。
 実は「イルミナティのクローン・プログラム」を暴露しているドナルド・マーシャルさん自身がクローンなのです。ところが引用元をご覧になると、“マーシャルさんも自身のクローン人間が作成され、様々な被害に遭っています。対象者は必ず記憶を抜き取られるため、記憶を取り戻すまでは、自分に何が行われているのかもわかりません。…マーシャルさんが自分を本物だと判断する理由は、クローン人間であれば、ハンドラーの許可なしに公の場に勝手に出ることができないからだそうです”とあります。
 この言葉から、クローン人間は自分がクローンであることを知らないということが分かります。どこか別の記事で、“クローンは自分が本人だと思っている”と言うような記述があったのですが、そうなのかもしれません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
 
————————————————————————
メイカさんからの続報
引用元)
(前略)
米国のソーシャルメディアが、「ホンモノのビンラディンはまだ生きている。殺害されたのは偽者だった。」と報道した。オバマ政権(オバマ、バイデンか、ヒラリーが関与)がホンモノのビンラディンをイランに移送した。その際、イランに対し、ホンモノのビンラディンをイランに移送したことを隠すようにと、口止め料1520億ドルを払った。

そして偽者のビンラディンを銃殺した。ビンラディンは米特殊部隊にロケット砲を発射し20人の特殊部隊員が殺害された。オバマ政権はこのことを隠蔽した。犠牲になった特殊部隊の遺族が当時の証拠を集め真相を調査中。

トランプが再選された後、全世界にこのことが発表される。ヒラリーのEメールの内容も発表する。民主党は国家を裏切る犯罪を行った。
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 16