アーカイブ: ローマカトリック

フランシスコ法王は、司祭らの修道女への性的虐待の事実を認めた! ~地球上の宗教でまともなものは一つもない

竹下雅敏氏からの情報です。
 フランシスコ法王は、司祭らの修道女への性的虐待の事実を認めたとのことです。少年への性的虐待問題は、すでに世界的な批判にさらされています。
 フランシスコ法王は、これらの問題に対する解決に消極的で、これまで事実を隠蔽する側でしたが、性暴力被害者を支援する「#MeeToo(私も)」運動の世界的な広まりで、隠し通すことができなくなったということでしょう。
 これらの暴力行為は今に始まったことではなく、何千年も続いてきたことだと思います。時代の転換点である今、その闇の部分に光が当たり始めたわけです。
 地球上にある宗教は、そのほとんどがハイアラーキーか悪魔によってもたらされたもので、真の神に通じるものはまずないと思います。顕教から密教、そして秘教へと歩みを進める中で、何人もの人がカルト宗教に取り込まれてしまいました。彼らは自分たちが天使や神々と繋がっていると信じているのですが、まず間違いなく、繋がっているのは悪霊か宇宙人、あるいはハイアラーキーのメンバーです。
 彼らは、神々や天使のフリをするのですが、実際には、かつての悪魔崇拝の因果により、魂(モナド)が動物システムへと転落してしまった者たちなのです。一般的な言葉では、魂を失くした者たちなのです。
 このような者たちの例として、サナット・クマーラ、マイトレーヤ、チャネリング関係でアセンデッド・マスターと言われている者たち、ヒンドゥー教の神々などが挙げられます。エジプトの神々のラー、ホルスに代表されるシリウスハイアラーキーの魔神たちも同様です。
 なので、ディビッド・ウィルコック氏が推薦している「一なるものの法則」に出てくるラー、すなわちブルー・エイビアンズのロー・ティア・エールや、ゴールデン・トライアングル・ヘッドらも同様です。彼らは、魂を失った魔の軍団(ルシファーと闇の軍団)に属する者たちなのです。
 仏陀・釈迦牟尼(ゴータマ・シッダールタ)や十大弟子らも同様で、彼らは魂を失くし神になれなかったので、仏、菩薩という別の概念を作り出しました。このように、地球上の宗教でまともなものは一つもありません。
 彼らの特徴は、神の名を騙り、偽りの教えを説くことです。全てが偽りなのだから、本物を選びようがありません。私が知る限り、ただ一つ推薦できる、神から直接もたらされた文献が、ホツマツタヱなのですが、残念ながらほとんどの人は見向きもしません。
 ホツマツタヱを無視して、イスラエルに繋がる偽書の古事記、日本書紀を重視する時点で、日本の本当の歴史はわからなくなります。古事記、日本書紀を元にすれば、日本人がイスラエル、さらに遡ってシュメールに繋がるのは当然のことです。このような偽りの歴史観に毒されている人のなんと多いことか。
 コーリー・グッド氏の主張を見れば、シュメール文明が神々ではなく古代地球離脱文明や悪魔たち(ブラック・ロッジ)によってもたらされたことがわかるでしょう。日本人の真のルーツは、ホツマツタヱを見ればわかりますが、ホツマの神(本当の神)から来ているのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
法王は修道女らが司祭や神父らから性的虐待を受けてきたことを認めました。
引用元)
(前略)
https://www.presstv.com/Detail/2019/02/06/587803/Pope-Francis-Church-sexual-abuse-nuns-priests-bishops 
(概要)
2月6日付け
(中略)
フランシスコ法王は、ローマ・カトリック教会内で修道女らが神父や司教らから性的虐待を受けたり性奴隷として利用されてきたことを認めました。
(中略)
この問題が明かになったのは、バチカンの女性誌(Women Church World)が教会内で女性に対する性的虐待があることについて非難した記事を掲載したためです。記事の中で、神父や司祭から性的虐待を受けた女性が妊娠した場合、堕胎を強要されたり出産しても子供たちは父親である神父や司祭に認知されていないと伝えています。(中略)… しかし性的虐待を受けた修道女はその事実を通報した後に教会から追放されてしまいました。

何年も前から、世界中のカトリック教会内で子供たち(特に少年)が聖職者らに性的虐待を受けてきたことが明らになりましたが、上級聖職者らが彼らの犯罪を隠蔽し続けてきました。
(以下略)
————————————————————————
ローマ法王、教会における修道女への性的虐待の事実を初めて認める
転載元)
ローマ法王フランシスコは中東訪問の最中に、カトリック教会における性的虐待について初めて公式声明を表した。法王は、司祭による修道女への性的虐待の事実を認めた。
スプートニク日本
また法王は、修道女たちが事実上、性奴隷扱いされていたケースについても語った。法王によると、前任者の法王ベネディクト16世は、ある女性修道会で修道女たちが定期的に性的虐待を受けていたため、同修道会の閉鎖を余儀なくされたという

法王はまた、虐待を行った者の中には司祭らだけでなく司教らもいることを認めた。

法王によると、まだ性的虐待をなくすことはできていないが、教会は問題の解決策の模索を試みている。

先日、バチカンの雑誌「女性と教会と世界(Women Church World)」に、教会における性的虐待に関する記事が掲載された。記事では、複数の修道女が性的虐待の痕跡を隠すために、カトリックの教義で重い罪とされている中絶を余儀なくされたと述べられている。
————————————————————————
ローマ法王、司祭が修道女を性奴隷にしていたと認める
引用元)
(前略)
ローマ法王フランシスコ1世は5日、男性聖職者が修道女を性的に暴行する問題が継続中で、性奴隷扱いしていたケースもあると認めた。フランシスコ法王が、司祭による修道女の性的暴行を公に認めるのは、これが初めてと思われる。

訪問先のアラブ首長国連邦(UAE)から帰国中の法王は、専用機内で同行記者団に対し、フランスにあった修道会で神父たちが修道女たちを「性奴隷」扱いしていたため、前任者の法王ベネディクト16世が修道会を閉鎖させたことを認めた。
(中略)
司祭による修道女の暴行は「今も続いている」と話した。法王によると、修道女の性的虐待は「特定の、主に新しい修道会」で行われているという。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝17 ― 聖杯の持つ真の意味と作用

 この世界の歴史は「強者(勝者)側の歴史でしかない。」との評があります。「勝てば官軍、負ければ賊軍」で「敗者は沈黙を強制される」のは事実でしょう。
 テンプル騎士団の逮捕劇は、フィリップ4世の一方的蛮行犯行の文脈で語られますが、善悪は別として、この文脈が世界に流布しているのは、テンプル騎士団の末裔がフィリップ4世の末裔よりも強い力を有し、世界支配層にあることを意味します。
 そして同様に現実世界で力を有するが故に、都合の悪い事実から身を隠せている存在もいます。フィリップ4世の影に隠れたカソリック教会です。
 テンプル騎士団が発掘・発見し守護することとなった「聖杯」、それは権力争いを演じる者たちにとっては「(世界)王権」をも意味する代物でした。
 同時に「聖杯」は、カソリック教会の当時では、約1000年間にもわたるその教義の「虚構」を証明し、教会の命脈をも絶ちきる作用を有するものだったのです。
 絶対的権力保持のため、カソリック教会がこの超危険物をその守護者を抹殺したいとの動機を持つのは当然だったと思えます。聖杯を通して見ることで、テンプル騎士団逮捕劇の表に出ていない真相、そして隠れた存在も垣間見えても来るのです。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝17 ― 聖杯の持つ真の意味と作用

ダビデ神殿跡地下に秘匿された聖杯 ~イエスたちが所属していたクムラン宗団


前回「聖杯」を以下のように定義し、このうち①と③をテンプル騎士団は探していただろうとしました。

キリストの遺物(遺体の一部)を載せた物質としての
② ユダヤ王の血流をその身に受けたマグダラのマリア(その遺体)
キリスト(ユダヤ王)を生みだす器としての知識文献
④ ユダヤ王とマグダラのマリアの血脈子孫

まず①について少し補足します。
映画や漫画などで髑髏の海賊旗をよく目にします。都市伝説などで多く指摘されているのですが、あの髑髏マークはテンプル騎士団由来なのです。それについては、火あぶりにされたジャック・ド・モレーからその旗のデザインがされたとの記述が多くあります。そしてそれはそうでしょう。

編集者註:スコットランドのテンプル村 Balantrodoch教会(テンプル教会)にある16世紀・17世紀頃のフリーメーソンの墓石。

ただし、それ以前の始めから、テンプル騎士団は髑髏というか人間の首級を重視しており、テンプル騎士団に関係する寺院などには頭像が随所にほどこされています。頭像およびその象徴であるバフォメットが、テンプル騎士団の信仰の対象だったのです。

基本的にはキリストは男性原理であり、キリストを受け入れ包み、且つキリストを生みだす器の「聖杯」は女性原理です。
①のキリストの遺物、遺体の一部とは、ダビデ王の血統子孫でマグダラのマリアのパートナーだった男性の首です。聖杯はその首を載せる杯(大皿)となります。一部の者たちの間では「その首を所持する者は世界を支配する」とささやかれもする代物です。

ヨハネの首を持つサロメ
Author:Carlo Dolci [Public Domain]

そして更に重大なのが③です。詳述の余裕はないですが、約2000年前、ユダヤはローマ帝国の属州でした。当時イエスそしてマグダラのマリアたちはパレスチナのクムラン宗団に属していたのです。①の人物を含め、彼らは革命を起こし、ユダヤの独立を目指していました。

しかし、その計画はイエスの磔刑後も果たされることなく頓挫します。クムラン宗団は、革命のための金銀財宝を含んだ宗団の膨大な重要文書を幾つかに分けて秘匿します。その最も重要なものは、ヘロデ神殿の地下に強固な建造物が建設されており、そこに秘匿されたのです。

このことはマグダラの子孫である「聖杯家」には秘かに伝えられていたのでしょう。それを受けて、「聖杯家」で十字軍指導者のゴドフロワ・ド・ブイヨンはエルサレムを占拠し、ヘロデ神殿跡を探し、発掘に向かったと推察されます。

ユーグ・ド・パイヤンとゴドフレー・ド・サンオメールにソロモン神殿を与えるボードゥアン2世。第4の人物(右端)は、エルサレム総大司教ヴァルムント。
Author:Guillaume de Tyr [Public Domain]

③の秘密文献の内容は多岐にわたり、その中にはイエスの言行録もあったでしょう。そしてその秘密文献の中心は、イエスたちが信奉実践したエジプトからの秘教、いわゆるグノーシスカバラであり性錬金術です。
錬金術とは鉛を黄金に変える秘法ではありません。人間を超人に、つまりキリストへ変容させる技法です。

クリストファー・ナイトとロバート・ロマス共著の『封印のイエス』では、テンプル騎士団がこれらの重要物を1120年に発見したと見ています。聖杯はヘロデ神殿の地下聖所に秘匿されてから約1000年の時を経て地上世界に出てきたわけです。

» 続きはこちらから

ついに大手メディアが、カトリック教会の聖職者による大規模な性的虐待について取り上げた ~バチカンは窮地に追い詰められ、フランシスコ法王の辞任への圧力が強まる~

竹下雅敏氏からの情報です。
 小児性愛犯罪のことは、時事ブログでも継続的に追いかけてきたわけですが、カトリック教会の聖職者による大規模な性的虐待の様子についてもお伝えしてきました。バチカンなので、これは表のイルミナティによる悪魔崇拝の一環だということです。
 これまでは、こうした事柄は一部の代替メディアのみで伝えられていたため、陰謀論とみられる向きもありましたが、ついに大手メディアがこれを取り上げました。
 なので、こうした犯罪が組織的に行われていることは確定しましたが、これがイルミナティによるものだというところまで踏み込んだ記事は無いようです。いずれにしても、バチカンは窮地に追い詰められており、フランシスコ法王の辞任への圧力も強まっています。
 私は、現在地球上にあるような宗教は無い方が良い、と思っている方で、理由は宗教が搾取のための道具になっているからです。真理とはほど遠く、事実を隠蔽することに最も力を入れているのが、宗教だと思います。これは、今、地球上に跋扈している新興宗教も同様です。
 なので、いかがわしい新興宗教の教祖たちは、近いうちに根こそぎに滅ぼされることになるでしょう。悪の組織と繋がっているチャネラーも同様です。
 エメリー・スミス氏は、バチカンの地下にある図書館について、詳細を語っています。いずれこうしたことは人々に知られるようになると思いますが、エメリー・スミス氏の証言からは、バチカンが宇宙人の存在と地球への来訪を熟知しているにもかかわらず、ずっと隠蔽して来たことがわかります。
 人々が事実を知れば、キリスト教が完全に虚構の宗教であることがはっきりとします。キリスト教はすでにその役割を終えたと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
カトリック教会の聖職者による少年への大規模”性的虐待”が全世界で報道!ドイツで3600人以上、米国でも数千人規模の子供たちが被害!
転載元)
どんなにゅーす?

・欧米を中心としたローマ・カトリック教会の聖職者による、幼い少年に対する大規模な性的虐待の実態が、全世界の主流メディアで報道、問題視されている。

・大手メディアによると、ドイツでは1670人の聖職者が3677人の未成年をレイプしていたことが報じられているほか、アメリカでは数百人規模の神父が数千人を超える少年をレイプしていた可能性があるという。

カトリック神父300人が性的虐待 被害者は数千人か

米ペンシルベニア州最高裁判所は14日、同州のカトリック教会で起きた神父による少年少女への性的虐待についての大陪審の調査報告書を公表した。報告書には虐待を行っていた神父300人以上の実名リストも盛り込まれた。教会側の隠蔽(いんぺい)工作についても指摘している。
(中略)
大陪審は同州内の8教区を対象に2年かけて50万ページの教会内部文書を調べたほか、関係者への聞き取りなどを行った。過去70年以上にわたって神父400人以上の関与が浮上、うち虐待の証拠がそろった故人も含む300人以上について公表した。

文書から明らかになった被害者は1千人ほどだが、大陪審は実際には数千人に上ると見ている。被害者の多くは少年だが、中には少女も含まれていたという。思春期前の年齢の被害者が多かった。また、教会は虐待の告発を受けても警察に通報せずにいい加減な内部調査で済ませたり、加害者を別の任地に配属したりし、問題が大きくなるのを防いでいた。

大陪審は容疑が時効を迎えていない神父2人を起訴したが、ほとんどがすでに時効になっているという。(ニューヨーク=鵜飼啓)

【朝日新聞 2018.8.15.】

ドイツでも聖職者が性的虐待 未成年者3677人が被害

ドイツのカトリック教会の聖職者らが1946年から2014年にかけ、3677人の未成年者に性的虐待を加えていたことが明らかになった。ドイツ司教会議による調査報告として近く公表される予定だと、独誌シュピーゲル(電子版)などが12日、伝えた。

同誌などによると、虐待には少なくとも1670人の聖職者がかかわった。被害者のほとんどは男児で、13歳以下が半数以上を占めたという。報告書は性的虐待の理由については言及していないという。
(中略)
フランシスコ法王は教会内から辞任を求める書簡を公表されるなど、批判の矢面に立たされている。(ベルリン=高野弦)

【朝日新聞 2018.9.13.】

(中略)
(中略)
(中略)

ローマ・カトリック(バチカン)のおぞましき実情が今になって全世界で報道!世界の内部で”権力層の移行”が進行中か!?


出典:Wikipedia
Author:Lora Beebe[CC BY-SA](シャンティ・フーラが追記)

一部の情報探求者の人たちの間で昔から大きく問題視・議論されてきた、ローマ・カトリック教会による組織的な幼い男の子たちへの性的虐待の実態がついに世界中の大手メディアで大々的に報道され始めてきたわ。
それまでは、長年にわたって一種の陰謀論みたいな扱いにされてきた件が、今頃になってここまで大手メディア報じられるようになったなんて…これはやっぱり世界の内部で「何か」が起こっているとみるのが良さそうね。

(中略)… これはカトリック教会が大きな力を持つ欧米各国で、長年にわたっておびただしい数の聖職者が途方もない数の少年をレイプし続けてきたと考えるべきだろう。まさしく、常人の思考とかけ離れた異常なカルト集団だし、これこそが、俗に言う悪魔崇拝などといわれる世界の支配層の実態だ。法王フランシスコに対する批判も世界的に高まってきている中、バチカンはこの事態を謝罪しつつ「被害者の味方である」と主張しているけど、言うまでもなく、これはローマ・カトリック全体の体質であり、フランシスコ本人も小児性愛者である可能性もある。
(中略)

やっぱり、これも、トランプさんの大統領就任を機に始まった、「世界的な大変革」の一部なのかもしれないわ。
まだ、その全体像がはっきりと現われてきていないけど、欧米を中心に進んでいる「革命」の行方について、よく見ていこうと思うわ。
(以下略)

» 続きはこちらから

私たちが今日見ているキリスト教は、民衆支配の道具であり、闇に属するもの …地下に隠れて古代からずっと続いている悪魔崇拝

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事では、1963年以降、バチカンには「サタンの煙」が存在していたということになっていますが、元々のローマ・カトリックの教義自体が、本来のイエスの教えからかけ離れていると考えられるのです。コンスタンティヌスが、キリスト教を国教にして、ローマ・カトリックの教義が固まった時点でキリストの教えは変質し、キリスト教が民衆支配の道具になったわけで、私たちが今日見ているキリスト教は、生まれた時点から、闇に属するものだと言えます。
 なので、ここに書かれているような悪魔崇拝は、地下に隠れただけで古代からずっと続いていたと思われます。
 そうでなければ、アルビ十字軍や魔女狩りといった悪魔の所業を、説明することが出来ません。
 麻薬、人身売買、賭博などがなぜ禁じられるのかと言うと、世俗的にはこれらがあまりにも儲かるからなのです。これらの商売は王家の専売で、一般人が参入することは許されないのです。なので、世界の権力の頂点にいる者たちのネットワークが、こうした犯罪行為に組織的に関与しているとわかるはずです。
 現実問題として、麻薬取引の大元締めは、イギリス王室と取り巻きの貴族たちです。彼らは、スコットランドに上陸したテンプル騎士団の末裔です。
 “続きはこちらから”の記事では、“NWOのエリートのほとんどが悪魔や悪霊を呼び出し、悪事を行っている”と書かれていますが、事実です。ナチスドイツも同じことをやっていました。
 こうした儀式で呼び出されるのが、闇の館(ブラック・ロッジ)の悪魔や悪霊たち、光の銀河連邦を名乗る宇宙人たち、古代地球離脱文明のオメガグループといったところです。これらの悪しき連中は、何も知らない善意のチャネラーに対しては、大天使や善意の宇宙人と称して、様々な偽情報を流します。
 コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)が、プレアデス人を中心とする宇宙人グループと繋がっているのは、彼らの出す情報から明らかですが、そのプレアデス人グループは、古代地球離脱文明のアンシャールとオメガグループを除く3つのグループと通じていました。
 古代地球離脱文明の7つのグループが、闇の館と共闘関係にあったことは、コーリー・グッド氏が証言しています。彼らの目的は、地球環境を破壊し、地上の人類を滅亡させることでした。彼らにとって、地上にいる私たち地球人は遺伝的に純血種ではなく、様々な宇宙人との混血で汚らわしい存在だったわけです。これはほとんど、ナチスのアーリア人種至上主義に通じます。
 今、こうした連中がことごとく滅ぼされている最中です。今日から数日は、アンシャールが滅ぼされることになるでしょう。現在では、かつて銀河連合や光の銀河連邦と名乗っていた宇宙人たちのグループの正規軍は、神々の側に付いており、コーリー・グッド氏の言う球体連合も同様です。彼らは、コブラのRMとRMに繋がっている宇宙人グループを、悪とみなしています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
バチカン高僧が、カトリック教会の「サタン儀式ペドフィリア」を明かす
3人のカトリック僧が、バチカンにおけるサタン儀式子供虐待を暴く
転載元)
(前略)
Jay Greenberg, www.neonnettle.com
July 6, 2018
(中略)
3人のバチカン高位聖職者が、警鐘を鳴らし、カトリック教会の上層部で起こっている「サタン儀式ペドフィリア」を暴露した。

このバチカン僧たちは、公的に法王フランシスを糾弾し、彼が「ニセ預言者」であり、高位の枢機卿の間の子供虐待文化を支持していると非難した。
(中略)
一般人が、この組織の内部のペドファイル集団のスケールの大きさに目覚めるにつれて、彼らはこれ以上、秘密を保つことができなくなった。 
(中略)
最近まで法王庁の図書館で古文書学の教授をしていた、アイルランドのカトリック僧、マラカイ・マーティンによれば(中略)… 1963 年に、「王位推戴式」がサタン崇拝をする、ペドファイル・バチカン枢機卿たちによって執り行われ、それ以来、バチカンには、「サタンの煙」がずっと「取り除かれない」状態で存在している。
(中略)
 「それは、事情を知っている教会人が “スーパーフォース” と呼んだものだった。噂によると――噂はいつも証明は難しいが――それがそこに居ついたのは、1963年の法王パウロ 6 世の治世の始まりからだった。

 「実際パウロは、“聖域に入り込んだサタンの煙”と、陰鬱にこれに言及したが、それは、バチカンでのサタン信仰者による王位推戴式を、暗に指すものだった。その上、それに伴って行われたサタン的ペドフィリア――儀式と実践――は、ある司教や聖職者の間で、すでに行われていることが記録されており、それはイタリアのトリノや、アメリカのサウスカロライナにまで広まっていた。
(中略)
イタリアのローマ・カトリック僧で、ローマ教区のエクソシスト Gabriele Amorth 師は、(中略)… 非常に幼い少女たちが、いかに、バチカン警察や渉外係のギャングによって誘拐されているか、そして、これらの少女たちは、枢機卿や聖職者たちの出席するバチカンのパ ーティーのために、リクルートされていると説明している。
(中略)
バチカン内部の性的虐待スキャンダルは、公然と知られるようになった。そして法王は、何度も、それについてコメントを強く求められている。彼が巻き込まれているかどうかは、わからない。どれくらい彼が、バチカン内部のサタン崇拝の実践を知っているかについても、わからない。

しかし彼は、最近、事情通の間で眉を上げさせた、あるコメントを述べた。ペドフィリアについて彼はこう言った: https://www.youtube.com/watch?v=ESt8Sjo_6ho#action=share

 「それはサタン教のミサのようなものだ」。

——以上

» 続きはこちらから

地球ニュース:中国&イタリア&チリ

 今回もフルフォード氏の英語サイトから、毎週の定期リポート以外のミニ記事を翻訳したいと思います。テーマはキリスト教です。欧米では相変わらず妄信的ですが、目覚めてきた人もいるようです。
 そして冒頭では、少し前の定期リポートに登場したスマホ工場の労働問題について、情報元が見つかったので御紹介します。私は未だにガラケーなのですが、パソコンは仕事で毎日使っていますし、我が家の購入商品の多くはどこかの工場で健康被害を巻き起こしているのではないかと思います。そして電磁波などによって我が家の健康も、プラスチックなどによって廃棄後の地球環境も蝕んでいくのでしょう。
 消費者が必ずしもそれを望んでいる訣ではなく、ここもディスクロージャーが足りずに情報統制されているのですよね。現代はまさに情報戦の坩堝です。良心的な配慮が出来ない企業が淘汰され易い時代になって欲しいものです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:中国&イタリア&チリ

中国:スマホを作る代償


2月19日のフルフォード情報英語版にて、ロバート・デイヴィド・スティール氏が白龍会と会うために来日したとありました。その際、「既存の西洋の経済パラダイムに対する代替案」が話し合われたそうです:
スティール氏の見解は、その商品を製作するために実際にかかる費用は、製品原価の中に含まれるべきだというもの。一例として彼が挙げたのは、スマホを製造する過程で使用される危険な発癌物質がそういった工場で働く人々の癌発症にいかに繋がっているか、そしてこの癌の代価が携帯の価格に含まれるべきだ、という話だった。

スティール氏が話しているのは、中国の深圳市と広州市の電子製品工場地帯を3年に渡って取材したドキュメンタリーComplicit(共犯)』(2017年)に詳しく描かれている内容だと思います。



あらすじ(※こちらこちら)しか判明していませんが、例えば工場のベンゼン中毒で白血病に罹患した労働者が、会社を訴えるために労働法を自ら学び、同様に携帯やパソコンの電子部品組み立て工場で苦しむ他の労働者たちに人権を説き、アップルやサムソン社に立ち向かい、政府に訴え出ている様子が収められているそうです。

昨年ロンドンで開催された、ヒューマン・ライツ・ウォッチ映画祭に出品されました。労働者の方々の生の声が聞ける良作ですので、日本でももっと紹介されるといいのですが、下手すると「これだから中国は」とネトウヨの餌食になりそうです。日本も劣悪さではどっこいなのですけれどねぇ……あ、ネットでどうにか観られないもんかと探していたら、ありました。有料ですが、監督御自身がアップされています。

上のページの右側、ピンク色で囲まれた「Get This Perk」ボタンを押して寄付をして、「Global Ambassador(世界大使、なんだか○スカフェ・アンバサダーみたい)」になると、上映用の映像を送ってもらえるみたいです。只今60ドルが25ドルに割引中です。下へくって頂くと、他にも5ドル~1万ドルまで様々な値段の選択肢があります。同じく25ドルの「Defender(擁護者)」もダウンロードが出来るとあるので、どうやら25ドル以上の寄付をすると視聴可能になるみたいです。今のところ英語字幕のみだと思うので、日本での上映では厳しいかな。でも貴重な情報です。


イタリア:キリスト教とは


それではフルフォード氏の質疑応答に入ってみましょうか。前々回の校内銃乱射事件続報で、黙示録の反キリストへの言及が出て来ましたが、2月21日はキリスト教についてでした。

読者からの質問:
フラウィウス朝カエサルたちが人々を支配するために、キリスト教を発明したのでしょうか?

貴方は事実を追求するリポーターで、ありとあらゆる情報を目にする立場にいらっしゃいます。貴方の御意見を是非ともお伺いしたいのです。

フルフォード氏の回答:
はい。イタリアのP2の人たちから、奴隷を支配するために自分たちが発明したと聞かされました。

そもそも旧約聖書自体が既存のアイデアの寄せ集めらしいですからそーでしょーな、ってな話なんですけれど、このページのコメント欄が典型的な英語圏の反応を示しています。

例えばある人物は「キリストが生きていたのは歴史的な事実です。彼の教えは素晴らしいものです。私は彼が生きていると証言します」と書き込んでいました。過去のある時点で「lived(生きていた)」から、文章の途中で今「lives(生きている)」に変わっています(※模範的キリスト教徒は輪廻転生を認めない筈ですから、神の御子という訣分らん形で唯一絶対神の傍にいるという意味でしょう)。

別の人物は「私はキリストと宗教の間の差異だと思います。ローマは宗教の方を発明しましたが、キリストの教えと彼の叡智には瑕疵を見つけられない筈です」と断言し、その後も延々悪いのは教会だと書いています。最後は「ええ、ナザレのイエスが生きたのは歴史的な事実です」と。

いや実在したのかもしれませんけど、西洋人の思い描く愛しのイエス様ってこれでしょ。バリバリ白人のイケメンな時点で違和感抱きましょうよ、そしてそこまで愛100%だったのかどうかも。


» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10