2019年9月3日 の記事

“悪意を持っている可能性が高く、接触することはきわめて危険”な宇宙人たちを見極める波動測定の方法!〜 闇の波動を出している人物や場所には、近づかないことが鉄則!

竹下雅敏氏からの情報です。
 元CIA諜報員のデレル・シムズ氏は、多くのチャネリング信奉者たちが、地球を助けるためにやって来ていると信じている宇宙人たちが、“悪意を持っている可能性が高く…接触することはきわめて危険”だと言っています。
 これは、まったくこの通りで、時事ブログでは、“チャネリング情報に関わるな”と一貫して忠告してきました。なぜなら、それらの情報のほとんどすべてが、闇の側から来ているからです。
 昨日の記事で、ビリー・マイヤー氏が接触した宇宙人たちについて説明しました。この連中は、チャネリング情報で、アシュター、サナンダ、セント・ジャーメイン、大天使ミカエルなどと名乗っている宇宙人たちの仲間です。
 昨日の記事に写真が出ていましたが、宇宙人アスケットの波動が闇の波動であることがわかったでしょうか。闇の波動を出している人物や場所には、近づかないことが鉄則です。
 今回の記事には動画が添付されており、動画で語っているのが、デレル・シムズ氏だと思います。氏の波動をご覧ください。闇の波動ではありません。もしわかるなら、幽体の波動があるかどうかを見てください。氏は、幽体も原因体も残っています。すなわち、魂(ジーヴァ)が残っている人物なのです。時事ブログですでにお伝えしているように、魂(ジーヴァ)が氏のように残っている人物は、地球上で1,000人に1人しかいません。それだけ、氏は誠実な人物だということになります。
 なぜなら、天の裁きが、2007年以降、継続的に実施されており、ヤマ・ニヤマ(禁戒・勧戒)に基づいて裁きが行われてきたからです。魂が残っている人は、これらの基準に合格した人なのです。
 チャネリング情報に惹かれ、その闇側のメッセージに強く共感する人たちで、まともな波動の人を見たことがありません。はっきり言えば、彼らのほとんどすべてが闇の波動に落ち込んでいます。闇から脱出するには、彼ら(宇宙人)との縁を切らなければならないのですが、残念なことに、そういう人たちに限って、私の情報が間違っていると思うのです。波動を調べてもらえば、正邪の判断はすぐにつくと思うのですが…。
 地球上の多くの人々が古いパラダイムにしがみついて、UFO、フリーエネルギーなどの情報に心を開かないのと同様に、安易にチャネリング情報を信奉する人たちは、これまで彼らが培ってきた世界観を否定することが出来ないのです。キリスト教徒が、チャネリング情報の世界観を受け入れられないように、彼らもまた、私の情報が受け入れられないのです。
 時事ブログでは、これまで何度も波動を調べる方法を公開しています。アスケットが出している波動が闇の波動であることがわかる人であれば、ただちにこうした闇の情報から離れるでしょう。そうでなく、アスケットが闇の波動を出していることがわからない人なら、その人は波動を調べる能力がないのだから、なおさら、得体の知れない情報に近づいてはなりません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「宇宙人は地球上に7種、邪悪な意図が存在」元CIAがエイリアンの秘密を激白! 2000件のアブダクション事件で判明、死傷者多数!
引用元)
 元CIA諜報員でエイリアン研究者のデレル・シムズ氏が我々のエイリアン観が牧歌的に過ぎると警鐘を鳴らしている。エイリアンには絶対に近づくべきではなく、そもそもエイリアンは人間を利用しようとしている邪な存在であるというのだ。

(中略)

シムズ氏によれば、エイリアンは友好的であるよりも悪意を持っている可能性が高く、エイリアンと接触することはきわめて危険であると説明している。

(中略)

あなたは畏敬の念を感じるでしょう。そしてエイリアンは地球とそのかけがえのないすべてのものを助けるためにここにいるのだと感じるでしょうが、彼らはそんなことをこれまで一度もしたことがありません」(デレル・シムズ氏)

(中略)



(中略)

 シムズ氏によれば地球上には7種類のエイリアンがやってきているという。その7種類とはグレイ型、低身長型、“ドクター”と呼ばれる高身長型、レプティリアン型、カマキリ型、“ノルディック”と呼ばれる人間型、ビッグフットであるという。

(中略)

「私の見解では、この7つの種族すべてが本当のエイリアンではありません。この惑星DNAを使いバイオテクノロジーで作ったものや、あるいはクローンもいます。いずれにしても我々は目隠しをされているようなもので、本当に知りたい真実を知ることはありません」(デレル・シムズ氏)

 一部ではエイリアンを神格化して崇拝する団体やグループもあるが、シムズ氏はエイリアンにはさまざまな思惑があり、接触においては用心を怠ることはできないと警告している。

(以下略)
————————————————————————
ロシアのメドヴェージェフ首相が衝撃発言「この地球を訪れた宇宙人について詳しく述べた物です」 UouLnP9Itxk youtube com
配信元)

参院選で議席を獲得し、ある意味「台風の目」になってしまった「NHKから国民を守る党(N国)」〜 批判も多いN国の問題点と立花孝志氏のお友達!

竹下雅敏氏からの情報です。
 何かと話題の「NHKから国民を守る党(N国)」の立花孝志氏。この夏の参院選の公共放送で、「NHKをぶっこわす!」というキャッチフレーズとともに、“不倫、路上、カーセックス”を連呼。この政権放送が、小学生の間で話題になっただけでなく、議席を獲得してしまいました。
 「れいわ新選組」とは別の意味で、「台風の目」になったとも言えます。
 とは言え、N国の手法には批判も多いようです。トカナのインタビュー記事によると、N国は、竹中平蔵から政治献金を受け取っているのか、“竹中平蔵に大金をもらってN国党を作りました”と言っています。また、昭恵夫人とメル友であるのは、すでに有名な話です。
 こうした中で、「N国に投票したが取り消したい」と思っている人もいるようです。 2つ目の記事は、N国の問題点を明確に捉えていると言えるでしょう。
 “続きはこちらから”は、N国のお友達。立花孝志氏がこのような人たちと仲良しであることを知らない人も多いのではないでしょうか。
 最後のツイートが全てを物語っていると言って良いでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
N国・立花孝志がトカナで吠えた! 安倍昭恵との関係、北朝鮮人の元カノ、NHKカーセックス、電通の闇まで完全暴露インタビュー!
引用元)
(前略)

――NHKのスクランブル化といえば、竹中平蔵氏も主張していることですね。インターネット上では、実は立花さんのバックに竹中氏がいるという噂も出回っているようですが

立花  そうです。トカナさんに暴露しますが、私は竹中平蔵に大金をもらってN国党を作りました。ぜひ、そう書いちゃってください(笑)。竹中平蔵には会ったこともないけどね(笑)。

――それから、安倍首相夫人の安倍昭恵さんについて。昭恵さんの方からフェイスブックで立花さんに友達申請がきて、メル友になったとか? どんな話をされるのですか?

立花  いろいろ話しますよ。「あっきー、おやすみ」とかね(笑)。

(中略)

――立花さんにはネット右翼などとのつながりを指摘する声もあって、反韓・親米のイメージを抱く人も多いようですが、実際はいかがでしょうか? 安全保障に関して、日米地位協定の不平等性についてはどのように考えていますか?

立花  いやいや、とんでもない! 私は反韓じゃないですよ、韓国の文化は大好きだし、前の彼女は北朝鮮の人だったし。日米地位協定の不平等性は、日本は敗戦国で、かつ無条件降伏したんですから不平等になるのは当たり前ですよね。理不尽なこともあるでしょうよ、アメリカがジャイアンな訳だから。

(以下略)
————————————————————————
N国に投票したが取り消したい。恥ずかしい。ごめんなさい。
引用元)
(前略)

日を追うごとに投票した自分が恥ずかしくなってきた。何を考えてN国なんかに投票したんだ自分は。

(中略)

立花氏個人はNHKをぶっ壊す以外の目的はなくとも政策を実現するには数が必要になる。立花氏本人もそれはわかっていて誰でもいいからNHKを壊すために数を集めようとしている。(中略)... しかしそれによって生まれる政治的弊害は看過できないレベルにまで拡散するのではないかという危惧が芽生えてきたのだ。

(中略)

政治的には何も考えていない理念のない権力の寄せ集めがどうなるかは自明である。必ず政治的には最悪の方向に向かう。

(中略)

ヤクザのような怒号で一市民を恫喝している柏市議選の動画がある。政治的素養を無視して数を寄せ集めようとすればこういう輩のような人物も集まってくることを証明している。17分あたりから。演説中に一言だけ「嘘つき」とヤジを飛ばした男性を取り囲んでいる。


youtu.be

(中略)

柏市議選で市民を恫喝している大橋氏は当選したみたいであるが、仮にNHKをぶっ壊してもこういう人間を政治に送り込むN国の「数の論理」はNHKをぶっ壊す以上の功罪を生むことになるだろう。

(以下略)

» 続きはこちらから

[Twitter]内モンゴルのデリバリー

読者の方からの情報です。
安富歩さんの選挙のように
馬を使った
デリバリー❣️

まあ、ガソリンスタンドも
数少ないでしょうしね
(メリはち)
————————————————————————
配信元)

嫌韓ヘイト番組や嫌韓を煽る活字メディア横行の中で、気骨を見せる沖縄タイムスの記事

 テレビで大量に流され続ける「嫌韓」番組がひどいというツイートをしばしば目にします。マスコミは自国の安倍首相への追求よりも、韓国の大統領への批判の方に熱心で、活字メディアの方も負けずに目を覆うばかりのヘイトが登場しました。小学館の「週刊ポスト」の広告に「嫌韓ではなく断韓」、「韓国なんていらない」など憎悪を煽る傲慢な言葉が大きく表記され、これに対してはネット上で多くの非難の声が上がりました。今後小学館の仕事は受けないと表明する作家も現れました。これを受け小学館側はあっさりと謝罪を表明したものの、ヘイト記事への本質的な反省はなく、結局「売れれば良い」というこれまでの方針を踏襲しただけでした。
 時の政権におもねる日本のマスコミに対し、韓国では政権の介入を拒否してジャーナリズムの矜持を保った経験があり、これだけでも日本はかなり恥ずかしい立場です。朝から晩まで嫌韓にうつつを抜かし、バランサーとなるまともな報道は無いのか?と思ったら、ありました。沖縄に旅行に来ていた韓国人の男性消防官2人が、意識不明で突然倒れた人を救助したというものです。この2人は那覇市消防局の感謝状を受け取って下さるそうで嬉しいことでした。
 沖縄タイムスのささやかな記事ですが、今、この時期に稚拙なイメージ操作に乗らず、こうした記事を載せることの意義は大きいと思います。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
週刊ポストが「韓国は要らない」特集を謝罪。「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」
引用元)
週刊ポスト編集部は文書を発表し、誤解を広めかねず、配慮に欠けていたと謝罪した。
(中略)
9月2日発売の週刊誌「週刊ポスト」で「韓国なんて要らない」などと題する特集を掲載し、小学館から関わりのある作家らから「差別的だ」と批判を受けた問題で、発行元の小学館は「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」と謝罪した
(中略)
これに小学館にゆかりのある作家たちから批判の声が相次ぎ、リレーコラムを担当するしている深沢潮さんは「記事が差別扇動であることが見過ごせず、リレーエッセイをお休みすることにしました」とし、今後の執筆を取りやめると発表した

(以下略)

————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(日本 明治編) ― 第4話 ― 討幕派とは誰か

 明治維新の底流には外国勢力の日本侵略計画があることを見てきました。外国勢力とは全体として表現すれば欧州の「黒い貴族」という表現が間違いないでしょう。イギリス東インド会社のアメリカ支店のペリー率いる東インド艦隊来航が日本を大きく揺さぶり、その後の大変換を呼んだのです。
 ただし、無論具体的には外国勢力の働き中心で徳川幕府の転覆から明治維新が成立したわけではなく、日本の内部にある勢力の働きでそれは達成されていったのです。
 この日本内勢力は通常は薩長と捉えられているでしょう。明治維新は定番として“薩長VS徳川幕府”の構図で語られるからです。そして薩長が倒幕から明治維新の一大勢力であったのは間違いはないです。
 しかしそれ以前に倒幕、明治維新を牽引する国内勢力がありました。薩長などが合言葉にしていたのが「尊皇攘夷」で、これは水戸光圀からの水戸学から生まれた思想です。日本全国に広がった「尊皇攘夷」思想が倒幕、明治維新に繋がったのです。
 実は意外かも知れませんが、水戸徳川が倒幕勢力の中心でした。つまり、徳川幕府の内部に倒幕勢力の中心があったのです。そして更に水戸徳川と連携していたでしょうが、倒幕勢力の本体が別にあったのです。
 この勢力が現在の安倍政権とも繋がっている勢力でもあります。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本 明治編) ― 第4話 ― 討幕派とは誰か

明治維新の牽引者 〜南紀派と一橋派の争い


明治維新の最大功績者は徳川慶喜。こう記すと「まさか!?」と驚かれるかも知れません。私自身もそのような情報に接した時「え!?」となりました。

私達には明治維新は”薩長VS徳川幕府”、この構図が刷り込まれています。それで私の中にも維新の流れを見ると、「徳川は随分あっさりと身を引いたものだな」との感はあっても、「徳川自身が明治維新を進めた」、こういった言葉が存在していなかったからです。

ただし事実として、徳川最後の将軍徳川慶喜はあっさりと「大政奉還」を宣言し、鳥羽・伏見の戦いでは部下を置き去りにし敵前逃亡、その後江戸城を開城しているのです。この慶喜の行動で速やかに維新は成立していったのです。

鳥羽・伏見の戦いでは、外国勢力は抜きにして薩長軍と幕府軍のみを比較したら、全体の兵力は幕府軍が圧倒していたのです。ところが司令塔が不在になり、幕府軍は敗退するのです。将軍慶喜の存在なくしてあのような明治維新は無かったのです。


さて、このような情報を与えてくれたのがリンパ球バンク株式会社の「表に出始めた明治維新の真実 ~総集編」という記事です。少し長いですが文章は巧みで、全文読まれたら良いかと思います。「どうかな??」と思える部分はありますが、概ねは記述されていることに間違いはないと思います。

この目次の中に「討幕の英雄三傑、慶喜将軍、勝海舟、榎本武揚のその後」とあります。薩長VS徳川幕府の視点ではなく、倒幕の英傑を慶喜将軍、勝海舟、榎本武揚の三名としているのです。明治維新を牽引したのはむしろ徳川内部からの勢力だったという視点です。

この記事では「倒幕派の重鎮」としてまず水戸徳川、そして島津斉彬(薩摩)山内容堂(土佐)松平春嶽(福井)の名を挙げています。ここで挙げられている「討幕派の重鎮」メンバーは、「倒幕派」というよりは全体的には「一橋派」とした方が正確で無難かな?とは思えるのですが、幕末に将軍の後継者問題が勃発し「南紀派」と「一橋派」の争いがあったのです。

歌川広景筆 『青物魚軍勢大合戦之図』
編集者註:将軍継嗣問題(一橋派 vs 南紀派)を風刺した幕末の浮世絵。蛸は水戸名産で「徳川斉昭」、藤顔(冬瓜)は「井伊直弼」。詳細はこちら
Wikimedia Commons [Public Domain]

簡単には血統を重視する保守派が「南紀派」、一方の能力主義の根本改革派が「一橋派」です。「一橋派」が推していたのが英名と評判の「一橋慶喜」、後の徳川慶喜です。しかしこの争いは「南紀派」が勝利します。

この流れの中で大老に就任していた井伊直弼は日米修好通商条約に調印し、それに激昂する水戸徳川などに対して「安政の大獄」を断行します。井伊直弼の行為は大老として徳川幕府の権威を守り回復し、外国勢力と正常に対処していくためのものだったと見受けられます。

しかしこの井伊直弼は程なくして凶刃に倒れます。「桜田門外の変」です。脱藩水戸浪士グループに大老が惨殺され、幕府の権威は完全失墜したのです。

そしてこの後は「一橋派」が日本国内を牽引していくのです。即ち「一橋派」が維新の主要メンバーとなるのです。

» 続きはこちらから