アーカイブ: 悪魔崇拝

[NWO偽旗・心理作戦リサーチ]ピザゲート入門書 告発、証言と隠蔽

 ペドファイルリング(小児性愛ネットワーク)に対する告発が、いくつか紹介されています。"続きはここから"以降のハンプステッド隠蔽事件は、衝撃的で、悪魔的儀式の被害者となった少女が、誘拐、拷問、血の儀式、セックス、殺人、カニバリズム(人食い)を警察に証言しています。トップの動画は、その肉声の告白から始まるように設定しています。しかし、少女は後に証言を撤回したようです。その他の事件も圧力がかかり隠蔽されていることから、同様のことが起こったのではないかと想像できます。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ピザゲート 入門書 - 告発、証言と隠蔽

実は、巨大なペドファイルリング(小児性愛ネットワーク)に対する告発は、以前にも何度も起きていた。

(中略) 

オーストラリア政府には、莫大なペドファイル(小児性的虐待)スキャンダルがあった。

26以上の施設での子供虐待の恐怖

26以上の施設での子供虐待の恐怖



60 Minutesという番組で、これに関する暴露もなされた。これは私が知る限りでは、アメリカでは放送されることはなかった。

(中略) 

無数の調査者が、英国圏での(想定される)スキャンダルについて話してきた。

(中略) 

文化の象徴(カルチャーアイコン)であり、BBCのレジェンドであるジミー・サヴィルを筆頭とする多くの有名人が、有名人の文化(セレブリティカルチャー)の中で、性奴隷、小児のトラフィッキング、殺人、その他諸々のことに関与しているとの主張がなされた。

(中略) 

アメリカ合衆国には、「フランクリン・カバーアップ(隠蔽事件)」がある。これもまた別の非常に興味深い事件だ。

本:「ネブラスカ州での子供虐待、サタニズム(悪魔崇拝)、殺人」(中略)…この中で著者は、政府機関全部とメディア自身が結託して、ペドファイルリング(小児性的虐待組織)を隠蔽したと主張しており、さらには、FBIを小児人身売買マフィアの調整役、立案者と呼ぶまでした。

身の毛のよだつような謎のスキャンダルが実体を現し始めた

身の毛のよだつような謎のスキャンダルが実体を現し始めた


ネブラスカの捜査に、里子の性的虐待に関するファイルが提供された 「良いパーティもあったが、悪いパーティも一部あった」

ネブラスカの捜査に、里子の性的虐待に関するファイルが提供された
「良いパーティもあったが、悪いパーティも一部あった」


起訴陪審が、虐待の話は「巧みに作られたでっちあげ話(やらせ)である」と述べた

起訴陪審が、虐待の話は「巧みに作られたでっちあげ話(やらせ)である」と述べた



前上院議長ジョン・デキャンプJohn Decampは、「沈黙の陰謀」"Conspiracy of Silence"というタイトルのドキュメンタリーの製作に携わった。

この動画はYouTubeでも見ることができる。
( https://www.youtube.com/watch?v=txF7SmDCNBY )
Conspiracy of Silence - Banned Discovery Channel Documentary

これは、宗教指導者とワシントン政治家のネットワークが、子供たちをセックス乱交パーティのためにワシントンDCに飛行機で送り込んでいたことを暴露したもので、
1994年の5月3日に、ディスカバリーチャンネルで放送される予定が組まれていた。

(中略) 

同性愛売春の取り調べがレーガン、ブッシュのVIPを罠にかけた。
「コールボーイ」のホワイトハウス真夜中ツアー

(中略) 

しかし、この番組が放送される直前に、ある連邦議員(誰かは不明)が、TVケーブル産業に、もしこのドキュメンタリーを流したら、拘束的法律を制定すると脅したために、このドキュメンタリーが陽の目を見ることはなかった。

» 続きはこちらから

フルフォードレポート英語版(12/12) 〜朴大統領弾劾の真相 韓国人が激怒した理由とは〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回のフルフォードレポートもすごい内容です。まず、“大規模な排除が現在進行中で、アジアと西側で多くの人々が消えている”とあります。そうだろうと予測していたのですが、裏付けが取れた感じです。また、前回のレポートで、習近平氏がイブリン・ロスチャイルドの命令で動いているという情報があり、この情報はおそらく間違っているとコメントしたのですが、今回のレポートでは、この件に関して訂正が入りました。
 驚いたのは韓国の朴大統領の弾劾の件で、韓国人は、朴大統領が悪魔崇拝の儀式に参加して、彼女が悪魔に魂を売ったことに対して激怒しているという部分です。韓国の国民の怒りがあまりにも激しいので尋常ではないと思っていましたが、ようやくその真相が摑めた気がしました。大手メディアでは、この手の情報は全く上がってきません。
 こうした悪魔崇拝と関連したピザゲイトスキャンダルの関係者は、来年から始まると予想される戦争犯罪裁判で裁かれることになるようです。
 米軍と中国軍は世界通貨再設定の交渉をしており、それをロスチャイルド一族が妨害しているとあります。このことに関して、彼らと戦ってきたCIA情報源が、“我々は本気であり…完全な降伏か完全な消滅のどちらかを選択せよ”という強いメッセージを送っています。今や、ロスチャイルド一族が権力に残る選択肢は全く有り得ないので、一族は滅亡か完全な降伏かのどちらかしかありません。多くの者は、ロスチャイルド家の本拠地にミサイルを打ち込むことも厭わないはずです。神々は、彼らが殲滅されることを、カルマとして当然の事とみなすでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォードレポート英語版(12/12)
転載元)
(前略) 

ハザールマフィアはドナルド・トランプが米国大統領に正式に指名されることを阻止しようとして、今から12月19日の間に最後のたくらみとして奇妙な偽旗テロ作戦を計画していると、CIA情報源は言う。しかし、ロシア、中国と米国の軍隊が全て協力し合っているので、これらの努力は死に行く獣の最後のあがきに過ぎない。

ハザール企業メディアの偽の世界を再び主張するために真実のウェブサイトを削除する目的で非常に激しいサイバー戦争キャンペーンも進行中であると、その情報源は言う。これが、現在の真実革命とドナルド・トランプの選挙がロシアによって行われているとレベル付けしようとする目下の企みの背後にあるものである。

(中略) 

本当の偽ニュース機関はニューヨークタイムス、ワシントンポスト、CNN、BBCなどのような宣伝機関である。これらは911、イラン、サダムフセイン、ISIS、ロシア等について依然として偽りの報道をしている報道機関である。これらの横たわる企業宣伝報道機関はまもなく経営の変化を経験し、真実を報道するか閉鎖されるかのどちらかにされる。

アジアの秘密結社とワシントンの機関情報源は大規模な廃除が現在進行中で、アジアと西側で多くの人々が消えているとと報告している。
これが見える兆候はハザールマフィア支配政府の陥落のドミノです。
しかし、アジア秘密結社の情報源はが中国主席習金平がイブリン・ロスチャイルドへつながっていると主張するNSAが提供した情報は偽であると言っている。彼らは、アジア人は一連の重大会議を持ち続けており、とりわけ、習は世界平和を支持しているので彼は権力に残るだろうと判断している。しかし、他の世界指導者達は辞任を続けるだろうと、その情報源は言う。

ごく最近の陥落のドミノは、先週弾劾された韓国大統領朴槿恵である。韓国人は、朴が悪魔の儀式に参加して、悪魔の精神が彼女の体と魂を完全に支配することを許したというウィキリークス他の暴露を聞いて怒っている。

http://victuruslibertas.com/2016/12/south-korean-president-forced-to-step-down-when-people-find-out-she-is-involved-in-satanic-cult/

悪魔とのつながりを否定するハザールマフィアによる激しいキャンペーンがあるが、さらに多くの内部通報者はそれが正に真実であると言っている。マリーナ・アブラモヴィッチが運営するエリートパーティにおける儀式の写真は本当に行われた人肉饗宴に映像であると、血縁家族情報源は言う。

https://sli.mg/a/mdv0hG

このエベントに参加した有名人のリストはこちらから見られる。

http://www.ascensionwithearth.com…

(中略) 

これらのエリートの恐怖に関する多くの情報が2017年1月に始まる予定の戦争犯罪裁判で噴出すだろうと、多くの情報源は同意する。

CIA情報源は、米国株式会社の最高経営責任者のオバマは2010年、国際刑事裁判所に静かに加わった。10年前、ジョージ・W・ブッシュはブッシュ/クリントン犯罪家族に大統領免責を与えた。それは12月31日に終了する。2017年1月1日、彼らは逮捕され、国際犯罪裁判所の前に引き出される。これが彼らが今、家に拘束されている理由である。このことは情報源に非常に近くに保たれている。

(中略) 

一方、金融戦争は激化している。これは先週のブルームバーグターミナルの停電に見られると、その情報源は言う。ヘッヂファンドもたとえチップを出す人が家族や友人から何の利益を得なくても内部取引は犯罪であると8対0で判決を行った先週、打撃を受けたとその情報源は言う。この判決は法執行機関の人々にとってウォール街を浄化するのが非常に容易になった。

また、ウェル・ファーゴ銀行は数百人に徒党銀行家が追放され、やがてHSBCでも引き継がれる可能性があると、その情報源は言う。これに関連して民間スイス銀行エドモンド・ロスチャシルドはその国のハザール傀儡が逮捕された後、中国から追放された。中国軍は、彼らが完全に信用できる西側銀行はHSBCとスタンダード&チャーター銀行であると言っている。

米軍と中国軍は世界通貨再設定を助ける取引を交渉していると、交渉に近い情報源は言う。取引には米ドルのアジア金塊への取引も含まれており、それはロスチャイルド一族によって阻止されていると、その情報源は言う。その理由で、アジアの秘密結社と米機関はロスチャイルド一族の指導部に関して正確な協調を与えている。白龍会はミサイルと空爆は貴重な芸術作品の破壊を防ぐために避けるべきだと言っている。

しかし、血統家族と戦ってきたCIA情報源は厳しい方針を採る。
「彼らは中東の歴史的に貴重な財宝を爆撃し破壊する時に心配いするだろうか?いや、彼らの目標は財宝を得たり救済することではなく、完全な絶対的支配を得ることであるから。徒党は9/11で戦略各兵を使用しなかったと言うのか?我々が愛する惑星の支配を取り戻したいのであれば、対抗する力の誇示だけが彼らの注目をあるめるだろう。だから、我々は本気であり、もうたくさんであり、完全な降伏か完全な消滅のどちらかを選択せよと強いメッセージを送る。グノーシスイルミナティは完全な消滅に傾いているので、遅くなる前により穏やかな白龍会への血統家族の降伏を勧めます。

(以下略) 

[創造デザイン学会]「ピザゲイト」スキャンダル:陰謀団崩壊の突破口 〜悪魔崇拝儀式の虐待を生き延びて来た15歳の少女の告白 と 決定的な証拠〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 これは驚きました。記事の中で、驚いたことに、シャンティ・フーラが有力サイトになっています。私も含めスタッフ全員が弱小サイトだと思い込んでいるので光栄に思います。
 記事の内容は全くこの通りで、深く同意します。「ピザゲイト」スキャンダルは、カバールを倒壊させる世紀の大スキャンダルです。これはまさしく、“対岸の火事では無い”のです。私がこうした忌まわしい事件を知ったのは、ユースタス・マリンズ氏やフリッツ・スプリングマイヤー氏の本や記事からでした。彼らの誠実な人柄から、嘘を言っているとは思えませんでした。信じがたい内容でありながら、ナチスが行ってきた人体実験やMKウルトラなどとの関連、そしてCIAが様々な国にこのような忌まわしい手口を輸出してきた事実が、すべて繋がって来ることに気づきました。
 キューバのグアンタナモ強制収容所には、無実のイスラム教徒が多数捕らえられ、そこで拷問を受け、故国に帰ると本当のテロリストになると噂されていましたが、これはこうした仕打ちに対する怒りからテロリストになるのではなく、拷問によるマインドコントロールによって多重人格者にされ、プログラムされたテロリストに仕立て上げられるのだろうと思っています。要するに、世界中にあるこうした強制収容所は、拷問を伴うマインドコントロールによって、テロリストを養成する機関だと思います。これはあくまで私の仮説ですが、おそらく正しいだろうと見ています。この分野の情報がいずれ上がって来るのを、期待したいと思います。
 これほどおぞましいことが出来る連中ならば、この記事に書かれているような少女に対する過酷な虐待などは、平気で出来るだろうと思います。フリッツ・スプリングマイヤー氏の著作からは、いわゆる名家の出身の者は、例外なくこうした虐待を幼少の頃から受け、多重人格者になっているようです。
 旧約聖書を見ると、イスラエルの民が神から警告されていたのは、こうした幼児の生け贄を含む悪魔崇拝だとわかります。したがって、このような極悪非道な所業は何千年にも亘って続けられて来たのだとわかります。
 そうしたことが、今、ようやく表に上がって来たということなのです。記事の中に出てくる動画を、下に貼り付けておきました。悪魔崇拝儀式の虐待を生き延びて来た15歳の少女が、インタビューに応じたビデオのようです。ひと目見て、この少女が嘘をついているのではないとわかります。嘘をつく人は、このような波動にはならないからです。何よりも、彼女の魂が未だに残っていることが、彼女が嘘を言っていないことの決定的な証拠だと言えます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「ピザゲイト」スキャンダル:陰謀団崩壊の突破口
転載元)
「ピザゲイト(Pizzagate)」スキャンダル――インターネットが始まって以来、これほど世界中の人々を驚かせ、動揺させた事件はないであろう。歴史上、前例のない大スキャンダルだと多くの人が言っているのは誇張でなく、またそう捉えなければならない。しかしこれは 突然起こったことではない。成熟しきった毒麦としての悪が、この最も嫌悪し戦慄すべき犯 罪スキャンダルとして、いつか隠しきれなくなることは予想されていた。

事情を知っている多くの人々は、これは氷山の一角だと言い、ジグソーパズルの絵を完成させる決定的ピースだとも言っている。サイト State of the Nation は、これは「クリントン夫妻、民主党、米連邦政府、陰謀団(the Cabal)を確実に倒壊させる世紀のスキャンダル」であり、「米国民が待っていたもの」だと言っている。このサイトは、ネットサイトの経営者やブロッガーで、同じ問題意識をもつ者たちに、共闘を呼びかけている。しかしこういう共闘は自然に出来上がるもので、我々の記事をよく引用してくださるシャンティ・フーラ (Shanti Phula)さんなど、いくつかの有力サイトが、知らぬ間につながっている。

いくつかの注意すべき点がある。まず、これは対岸の火事ではないということ。地球文明そのものの大転換が今起こりつつある(米大統領選はそれに大きくかかわった)。それに、「同じ人間がそんなことをするはずがない」という、よくある思い込みは間違っている。「彼ら」は同じ人間ではない。1947年、米ニューメキシコ州ロズウェルで起こった「ロズウェル事件」(UFO 墜落事件)で生き残ったETが、「我々はあなた方の地球が、最初から悪い者たちに支配されていることを、知らせにやってきた」と言ったといわれる。また、ある宗教指導者は、我々の住んでいる世界は「サタン圏」だと言い、今いっさいの隠し事が暴かれる時代がきているとも言った。

私の希望を述べるなら、英語のできる方々は、今起こっていることがどんなことかを、もっと日本人に知らせるために、英語のユーチューブで言われている重要と思われる内容を、もっと多く翻訳・紹介していただきたい。何年も前になるが、私は「Poisoned World(毒づけの世界)」という長いビデオ・シリーズを発見して驚き、これを、私より遥かに英語の聞き取り能力をもつ、ある友人に知らせ、何とかこれを、日本人に知らせる方法はないだろうかと持ち掛けたことがある。しかし彼は、「これは我々にはどうすることもできないことですよ」と言った。確かにその通りだが、それは最初から全面的に敗北を認めることではないか。 我々はまず敵を知らなければ戦えない。知ることが武器となる。ジグソーパズルのピースがはまっていくにつれて、この巨悪の全体像が見えてくる。「市民ジャーナリストたちの協力による戦線」と State of the Nation が言っているのもそれである。

今、米政府と主流メディアは、あわてて“フェイク・ニュース”に騙されるなというプロパガンダを行っている。我々は、こんなものに翻弄されることはない。巨悪の構造は最初から見えていて、あとは証拠をつかむだけだからである。Pizzagateの写真入りユーチューブをいくつか見た人を対象にして言うが、プロパガンダ側は、例えば、あの3,4歳の女児が両 手をテーブル上に粘着テープで固定されて、笑っている写真は、ニセモノだと言う。

無数の縦横の状況証拠から取り出してこれだけを見れば、それは十分、ニセモノでありうるだろう。そんなことを言えば、あの“芸術”だという、沢山の、目を覆いたくなるペドフィリアの絵も、ニセモノでありうる。しかしこんなものを、正常な誰が描いて、ヒラリー側を陥れようとするだろうか?

そもそもこんな事件をでっちあげる動機がないのである。彼女が勝利していれば、その嫌疑もありうるが、彼女は敗退していて、追い打ちをかける必要がない。メディアの誰かが、ペドフィリアはcrime(犯罪)でなくdisorder(訳せば、病気)だと言 ったらしい。言語道断だが、そこまで言わねばならないほど、彼らは追い詰められているということである。

幸いなことに、最近は、ほとんどの英語のユーチューブに英語字幕がつき、何とか理解できるようになった。その中に、だいぶ前から(私が Svali など、イルミナティ離脱者の証言を翻訳紹介していたころから)ネット上に存在していたが、今、15 Years Old Girl Survives Pizzagate Satanic Rituals Abuse(15歳の少女が、ピザゲイト式のサタン儀式の虐待に生き残る)などという題で出てくる、(当時)15 歳の、生きて脱出した少女をインタビューしたビデオがある。以下、ショッキングな内容に簡単に触れるが、できれば実物を見ていただきたい。この 15 歳の少女がウソをついていると言う人はいないだろ。

» 続きはこちらから

[Eden Media]ハリー・ポッター // 悪魔の洗脳プログラミング 

 この動画を見ると主人公ハリー・ポッターのモデルは、「世界で最も邪悪な男」と称されるアレイスター・クロウリーではないかと思いたくなります。竹下氏の映像配信の「ガヤトリーマントラの祈り方(2)解説:4つの身体を浄化する生き方」の中で、映画・ドラマ・小説等を見るとメンタル体の浄化が進まないことが指摘されていました。その雑談として、息子さんが就学旅行のバスの中で「ハリー・ポッター」を見せられて気分が悪くなったというエピソードがありましたが(それを聞いた当時は意外に思っていました)、その感性は正しかったのだなと思いました。一方、地球人はハリー・ポッターが史上最も売れたシリーズ作品になるほど毒されているのかもしれません。毒抜きする為には、国家スキャンダルにまで発展しているピザゲイト事件等のイルミナティの真相が明らかになることが必要だと思います。
 動画は6分8秒まで見れば十分かと思います。見どころをあげると…
1:50〜2:47 
 物語に出てくる魔法学校の教科書の著者である"バブラツキー"は、近代オカルティズムの母と称される「ヘレナ・P・ブラヴァツキー」をもじった名前であり、ハリー・ポッター(H・P)の頭文字は、「H・P・ブラヴァッキー」の「H・P」と一致することが指摘されています。またその魔法学校の教科書はブラヴァッキーの著書「ベールをとったイシス」を彷彿とさせるとあります。シークレット・ドクトリンの一節も紹介…「サタンは自分が神と信じる天使」「独立の為に永遠の苦痛を覚悟する勇敢な者でー」「光に照らされそれに酔う程の美しさも兼ね」「暗闇でも立てる程強く」「消え失せない石の上に玉座を作り上げた」「このアナキーの王子には霊の階層が仕える」
3:16〜4:07 
 ハリー・ポッターの人生がアレイスター・クロウリーと一致する点をあげています。二人とも「厳格な宗教家だった親のみから逃れ、魔術にのめり込み、オカルト組織に入信」、「10代前半で魔法使いを自覚」、クロウリーが初めて(供物として)猫を殺したのが11歳、ハリー・ポッターが魔法使いを自覚したのも11歳。
5:04〜6:08 
 二人に共通する魔術師としての「しるし」について。ハリー・ポッターには額にナチスと関係する古代オカルトの"稲妻"マークが、一方クロウリーは「誕生時には3つの"しるし"がある…ヒトラーなんて目じゃない」と語っているようです。
(編集長)
————————————————————————
ハリー・ポッター // 悪魔の洗脳プログラミング
転載元)

[創造デザイン学会]ピザゲイト:クリントン夫妻、民主党、陰謀団、米連邦政府を滅ぼすスキャンダル

 1本目のツイートの動画は衝撃的です。2007年5月3日にポルトガルで起きた女児誘拐事件で指名手配された容疑者の似顔絵画像とヒラリーの選挙本部長だったジョン・ポデスタとその弟のトニー・ポデスタが瓜二つなのです。下の記事には、アンソニー・ウィーナー元米下院議員(妻フーマ・アベディンは、ヒラリー選挙対策本部の副委員長で側近中の側近)にそっくりな似顔絵も描かれています。記事でも指摘しているようにポデスタ兄弟とアンソニー・ウィーナーが、2007年5月にポルトガルにいたかどうかパスポートを調べるべきだと思います。
 さらに記事では、"米連邦政府を滅ぼすスキャンダル"になりうるピザゲイト事件が出ています。翻訳者の解説によると「ピザ」とは、ワシントンにあるとされるピザ屋とピンポン遊技場を装った小児性愛犯罪/悪魔崇拝儀式が行われている現場を指し、「ゲイト」は国家的スキャンダルを意味しているようです。
 2本目の動画は、そのピザ屋の動画です。記事では"真剣に調査をされる方々には、…ビデオをご覧になるよう特にお勧めする"と紹介しています。
 0:25に出てくる女性は、マリナ・アブラモビックという女性です。そのマリナ・アブラモビックから、弟トニー・ポデスタへ送られたメールがウィキリークスにより暴露されています。そのメールには、「スピリット・クッキング・ディナーを楽しみにしています。お兄さんも来られますか?」とあり、弟トニー・ポデスタは、そのメールを兄のジョン・ポデスタへ転送しています。
 2:22では、マリナ・アブラモビックが血、精子、母乳を混ぜた物で壁に書いた文字があり、「鋭いナイフで、あなたの左手の中指を深く切れ。痛みを食べろ。」とあります。ジョン・ポデスタの左手中指には絆創膏が貼られている画像があります。
 また2:26に出てくるのは、弟のトニーの自宅に飾られている「アート(※閲覧注意)」のようです。
 3:03からはこのピザ屋のインスタグラムで掲載されている画像が出てきます。
 この動画を見れば、このピザ屋とスピリット・クッキング・ディナーがどのようなものか大体想像がつくと思います。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

————————————————————————
Podestas, Pizza and Pedos
配信元)

————————————————————————
ピザゲイト:クリントン夫妻、民主党、陰謀団、米連邦政府を滅ぼすスキャンダル
。転載元)
(前略) 

State of Nation November 12, 2016 

事情を知っている多くの市民ジャーナリストにとっては、Pizzagate事件は、民主党を解体させたあとで、文字通り米連邦政府を滅ぼすスキャンダルとして、直感されるものだった。 

この壮大な、急速に展開する派手な犯罪は、多くの主導的な政治家とDCの権力者、有名なグローバリストやワシントンのロビイストを、犯罪者にする十分な要素をもっている。実にこれは、アメリカ国民がずっと待っていたスキャンダルである。

“Gate”で終わるすべてのスキャンダルの中で、ペドフィリア(pedophilia、小児性愛)犯罪のピザゲイト事件こそ、世界的な影の政府の力によって、ワシントン DC の権力の座に滑り込んだ現在の犯罪政権構造に、最も大きなダメージを与える潜在力をもっている。

最近、Podesta兄弟(ジョン=クリントン選挙本部長と、弟トニー)や Pelosis、オバマ夫妻やクリントン夫妻、Reid や Ryan 夫妻によって牛耳られていた政治権力と構造が、この政治家仲間を後戻りできない危険に陥れ、腐敗の汚名を着せるように、きわめて効果的な戦略によって、事細かにチェックされていた。もちろんこれは、政治家たちの明らかな性犯罪、特に子供への性的虐待とその取引によって、引っ掛けたものである。

多くの善良な政治家までが、あるやり方で行われる行事に出席するように誘われるが、それは、子供がぐっすり寝ているべき夜遅くに、サタン的な子供の性的儀式に出席させるためだった。彼らが、このようなスキャンダラスな犯罪現場に居合わせることそのものが、彼らを恐喝するか賄賂によって、彼らの政治生涯を支配することになる。

連邦議会が常に、グローバリスト権力者や、シオニスト陰謀家、イエズス会上層部によって、完全にチェックされているのが、おわかりだろうか? そして議会が、なぜ、決して本当に自己調査をしたり、大統領を起訴したりしないか、もしそれが嫌なら辞めるしかないかが、おわかりだろうか?

そうしたことが、すっかり変わろうとしている 

この度のピザゲイトの暴露は、ワシントンのコントロール機構をすっかり変えてしまった。嫌悪すべき事実が明るみに出るたびに、このワシントン政府内部の秘密のサブカルチャーは、ショッキングで、かつ地球に激震を与えるやり方で、暴露されている。この物語を調査している市民記者たちは、そのジャーナリスト的な真実の追究に、情熱と決意を示している。

彼らの多くは子供をもっており、この何十年越しの犯罪劇を、その不気味な細部にいたるまで、報道しないではおくものかと思っている。

この権力の殿堂におけるペドフィリアの領域を、よく知らない人々のために、やがて主流メディアで爆発するはずの事件の手引きとして、次のリンクが役立つであろう。確かにワシントン政府は、きわめて巧妙に、これらむさ苦しい話の詳細を、何年も前のフランクリン・スキャンダルのときのように、主流メディアから隠してきた。しかしその当時はインターネットがなかった。

まず、真剣に調査をされる方々には、次のビデオをご覧になるよう特にお勧めする――

http://stateofthenation2012.com/?p=55850

次に、最近の重要な暴露資料としてこのようなものがある――

http://themillenniumreport.com/2016/11/huge-breakthrough-in-d-c-pedophilia-ring/ http://stateofthenation2012.com/?p=56131 http://stateofthenation2012.com/?p=55854 http://stateofthenation2012.com/?p=55861 http://stateofthenation2012.com/?p=55934 http://stateofthenation2012.com/?p=55920 http://stateofthenation2012.com/?p=55939

上にあげた暴露資料によって読者が与えられる内容は、市民ジャーナリズムとして最上のものである。これら代替メディアの戦士たち一人ひとりは、アメリカの政治生活の下腹を見る勇気を示している。そうすることによって彼らは、子供たちそれぞれの生涯において、連続虐待者や拘束者によって、多くの性的虐待を受けた子供たちを解放している。

次の「匿名愛国者たち」による記事は、このアメリカ(と世界)の危機における切実な要求を表現している。すべての読者の方々は、この訴えを心に刻んでくださるように切にお願いする。なぜなら、今、米連邦政府を何十年にもわたって支配してきた、嫌悪すべき陰謀の背骨を折る力をもっているのは、「我々人民」だからである。

もし、あなたが本当に、これら犯罪的に精神異常のサイコパスたちから、権力を取り戻そうと思うなら、手始めにこれを読まれるのがおそらく最上である――

» 続きはこちらから