2019年6月25日 の記事

中西征子さんの天界通信48 〜「ルナリアの花とその花の精たちの訪れ」―愛の創造神第5システムよりー

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんが、ご自身の庭に咲く「ルナリアの花」と、その花の精たちを描いてくれました。冒頭にイラストを掲載していますが、実は、これは一度書き直してもらった絵なのです。最初の絵は波動が重く、掲載に適さないと考えたからです。
 理由ははっきりとしないのですが、「ルナリアの精たち」の幽体が沈んでいました。通信文をご覧になると、彼女たちは、愛の創造神第5システムからやって来たとのことです。ひょっとしたら、サンディが彼女たちを見守っていたのかも知れません。私がそれを知らずに、サンディを引き上げてしまったのが、波動の低下の原因かも知れないと思っています。
 この子たちのことが気になりつつ眠ったのですが、夢の中で彼女たちの所に降りて行き、全員を救済していました。5月25日のことです。この時まで彼女たちの魂(モナド)は植物システムにあったのですが、今では第1システムにあります。なので、今の彼女たちは、花の精ではなく妖精だと考えられます。彼女たちが次に転生に入るとすれば、人間になると思います。
 冒頭の広島オルゴール館で中西さんに送られた通信文は、私の幽体からのもののようです。私は普段このような言葉遣いをしないので、私の内側の身体は、ずいぶんと違うもんだな、と思ったりします。
 中西さんが直感した通り、中西さんが約4億5,000万年前に「愛の創造神第5システム」に居たというのは、その通りです。彼女は、国津神第五レベルの妖精だったようです。
 現在、私の妻である25柱の全員が、「愛の創造神第5システム」から来ています。例えば、ハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ(色上姫浅子)、ウツシキヒカリミが第一レベル、ウツリマスアカキヒメ、エネルエヱが第二レベル、ウイツヒメハルコ、イオショカが第三レベル、ヒカリハナツミ、なるみが第四レベル、ほとんどのホツマの女神は第五レベル、以上は天津神です。アルカイダヒメミコノオオカミ、妻の泰子などは国津神第一レベル、リサは国津神第二レベルです。
 実は、2007年以降に始まった天界の改革で、若干の例外はありますが、中心的な役割を果たした者たちのほとんどが、「愛の創造神第5システム」のいずれかのレベルから来ています。例えば、天界の改革22では、私がブラフマンを授けた女神たちが出てきます。彼女たちのほとんどは、このシステムから降りてきた者たちです
 彼女たちから、さらにふさわしい者にブラフマンが授けられたと思います。例えば、ミヨツクスミ(旧約聖書のイブ)の夫は、大天使アズラーイルですが、アズラーイルは、彼女からブラフマンを授かったはずです。
 ブラフマンを実現すると、本当の意味で「解脱」を果たしたことになります。すなわち、二度と肉体に転生に入る必要がないのです。この辺りのことは、いずれ宗教学講座の上級編で話ができるかも知れません。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信48

「ルナリアの花とその花の精たちの訪れ」
―愛の創造神第5システムよりー

通信日: 2019年4月から5月
通信者:中西征子

私にとって驚きと謎に満ちた出来事の発端となったのは、
2007年7月9日 広島オルゴール館で行われた会で、
N氏を通して送られた次の様な言葉です。

「いかなる時にも
ひとつおもいで歩まれたきことあり

あなたの美しきこの地を
昔に立ちた花咲き乱れしこの美しき地を
忘れずに過ごされよ

うれしき身となれり」

約12年前のこの言葉は、辛い時の慰め、支えであると同時に、
謎に満ちた言葉でもありました。

「昔に立ちた…」の昔とはいつの事なのか… 。
「花咲き乱れしこの美しき地」とはどこの地の事で
どんな花が咲いていたのだろう… 。
「忘れずに過ごされよ」と言われても、何ひとつ記憶がなく
すっかり忘れてしまっているのにどうすれば良いのだろう…

何よりも、言葉の送り主は誰なのだろう… 。

などと、全てが謎であり疑問だらけでした。
しかし、その後訪れた辛く苦しい時に、いつも力を与え、
落ち込んだ私を再び前向きにしてくれたこの言葉は、
私の希望であり慰めの源でもありました。

そして、やっとその疑問が解ける時が来たのです。

事の始まりは、今から約2年余り前の2017年4月の事でした。
それ迄目にした事もなく植えたおぼえもない濃いマゼンタ色の花が1本、
庭の片隅で花を咲かせました。

その花の色は、私が2歳の春に目にして一瞬にして脳裏に焼きつけられた色、
見渡す限りの“れんげ草”の色を思い起こさせました。
今世で始めて私の意識に刻まれた懐かしい色彩だったのです。
早速その花の名前を友人にインターネットで調べてもらうと、ラテン語の
ルナ(月)にちなんだ「ルナリア」だという事がわかりました。

なぜ「ルナリア」の花が、突然家の庭に咲いたのか… 。
このミステリアスな出来事に興味をそそられた私は、熟した莢(さや)から出来る限りの種を取り出し、我が家の狭い庭の一等地に期待を込めて種を播きました。

芽が出てから約1年半後、今年の4月に見事に咲き始めた花を見ていると、
感動のあまりつい話しかけていました。

「たくさん咲いたね!きれいね!
ありがとう… 。とても嬉しいわ… 」

すると突然、にぎやかなざわめきと共に
「私達ルナリアの精です」
「征子様に会いたくてやって来ました… 」

「ありがとう! 」
「嬉しい~!」

そのような会話の後、思わず耳を疑う内容が… 。
彼女達が私の庭に来る前に居た場所は“愛の創造神第5システム”で、
そこから来て、又そこへ帰って行くという内容でした。
一瞬信じられなくて、何度も聞き直した程です。

しかしその時、ルナリアの花と25名の花の精たちが、冒頭の言葉に対する
疑問の答えとして送られた事に気付かされたのです。

それは、12年間抱き続けた疑問が氷解した瞬間でした。

「私は4億5千万年前に愛の創造神第5システムで暮らしていて、敷地の中に“ルナリアの丘”と名付けたお気に入りの場所があって、そこにはルナリアの花を始め、たくさんの花が咲き乱れていたんだわ… 」

大統領選挙の公約通り“米軍を世界から撤退させる”つもりのトランプ大統領!〜アメリカをカバールから解放するだけではなく、日本を含めた世界の解放を視野に!!

竹下雅敏氏からの情報です。
 “続きはこちらから”を、先にご覧ください。トランプ大統領は、「米国はホルムズ海峡にいる必要はない」とツイート。航路は、関係各国が“自身で守るべきだ”としました。これに対して、イランのザリフ外相は「トランプは100%正しい」とツイートし、「米軍がいなくなることは米国と世界の利益に完全にかなっている」と主張しました。
 やはり、トランプ大統領は、大統領選挙の公約の通り、“米軍を世界から撤退させる”つもりのようです。
 このことは、日本も例外ではないようで、ブルームバーグは、トランプ大統領が日米安保条約を破棄する可能性を側近に漏らしていたことを伝えました。これは、トランプ大統領がアメリカをカバールから解放するだけではなく、日本を含めた世界の解放を視野に入れていることを示しています。
 フルフォード氏は、いずれトランプ大統領がペテン師か本物の英雄かがわかるとしていましたが、今のところ、本物の英雄である可能性が高いと思われます。
 もう一言付け加えておくと、もし、トランプ大統領がこれほど簡単に、実利を得るために嘘を付く人でなかったなら、彼は間違いなく「神」になっていただろうと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプ大統領、日米安保破棄の考え側近に漏らしていた-関係者
引用元)
(前略)

トランプ米大統領が最近、日本との安全保障条約を破棄する可能性についての考えを側近に漏らしていたことが分かった。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。トランプ大統領は日米安保条約が米国にとって不公平だと考えている。

 関係者によれば、トランプ氏は同条約について、日本が攻撃されれば米国が援助することを約束しているが、米国が攻撃された場合に日本の自衛隊が支援することは義務付けられていないことから、あまりにも一方的だと感じている。

(中略)

 大統領は条約破棄に向けて実際に措置を取ったわけではなく、政権当局者らもそのような動きは極めてありそうもないことだと話している。トランプ氏の個人的な会話の内容だとして関係者らはいずれも匿名を条件に語った。

(中略)

 大統領が米議会の承認なしにいったん批准された条約を破棄できるかどうか、米国の法律では決着していない。

(以下略)
————————————————————————
配信元)


» 続きはこちらから

[Twitter]西アフリカの民族楽器「アサラト」を極めまくってるセネガル人の演奏。

読者の方からの情報です。
DFR様からの情報です。
草の実と木の実でできた楽器「アサラト」ですって!
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

問責決議を棄権した山本太郎議員への批判とその真意、「本気度」を判断するのは有権者、鳩山元首相との新たな動き?

 6月22日に行われた予算委員長解任決議、及び財務大臣問責決議の採択に、山本太郎議員が棄権したことがネット上でにわかに騒がれていました。
「単なる目立ちたがり屋のパフォーマンス」「結局自民にすり寄る」などの非難はもとより、支持者からも「裏切り行為」と厳しい批判が寄せられ、参院選を前に野党共闘も視野に入れたはずの太郎議員の真意はどこにあるのか、有権者は湧き立ちました。
 同じ22日には、自身のブログでその気持ちを綴っていました。
そこでは、国会期間中、精一杯の戦いがあってしかるべきだったのに、結局与党が譲歩せざるを得ないような必死さが無かった野党の「気位の高い戦い方」を怒り「事前の戦いが事実上ない中で問責されても」与党側には痛くも痒くもないことが分かりきっていながら、形だけの抗議となる問責に、むしろ野党への抗議を込めて拒否したことが明かされています。
 さらに、その後行われた宮崎での「おしゃべり会」で、支持者の振り絞るような気持ちを訴えた質問に山本太郎議員が答えた動画がより真意を伝えていました。
質問者は、これまでずっと太郎議員の活動を尊敬と感動を以って見てきた故に、今回の棄権が「すごく残念、失望」「安倍総理への問責には参加して欲しい」「議事録へ証を残して欲しい」と胸に迫るように訴えていました。
これに対し山本太郎議員も誠実に、しかしきっぱりと応えています。
問責決議が最後の切り札として活きるのは、それまでに必死の抵抗、抗議があってこそ。それが無いのに問責だけ行っても、形だけの年中行事に過ぎない。それに何の意味があるのか。太郎議員は他の場所でも「予算委員会を開く前提でなければ、他の委員会も本会議の開催も一切加わらない。それどころか開こうとするところでは体を張ってでも抵抗する、そのような戦い方をすべきだ」と訴えていましたが、それは一貫していました。本気で国民を救う気概がない「テーブルの下で手を繋ぎ」ながらの与党批判のパフォーマンスに参加したくない。常に解散総選挙を恐れながらの腰の引けた戦いを、具体的な新聞記事を引いて解説されています。「総理が解散しないらしいから、安心して不信任案出そうなど本気の喧嘩じゃないじゃないですか」。そんな儀式に参加したくない、議事録すら関係ないという覚悟です。
またこの度、本会議で一人牛歩などで抵抗すれば、それは本当に野党分断を生み、選挙前の影響が大き過ぎると判断して思い止まった経緯も語られました。ぎりぎりご本人の怒りを表現するのは「棄権」しかなかったと。
ぜひ、動画で演技でもパフォーマンスでもない「本気度」を確認して下さい。
 太郎議員は、それでも質問者の熱い気持ちを汲み、ブログ上で「棄権します」と書いていた月曜日の総理への問責決議には参加することにします、と語りかけていました。
 ところで、茂木健一郎氏がご自身のブログに面白いものを掲載されています。戦後唯一沖縄に寄り添った鳩山元首相と太郎議員が一緒に足湯に浸かっている。。この意味するところを巡ってネット上では色々な可能性が語られています。ますます台風の目の予感。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝48 ― リンカーンの負の遺産

 米国の借金総額が発表されなくなってもう数年が経過します。天文学的な数字が雪だるま式に増加して、どうしようもないので公表されなくなったのでしょうか。
 この天文学的国家借金は、ドルの発行がアメリカ国債とセットになっている関係から、つまり利子つきの国家の借金でしかドルが発行できない仕組みによる結果です。
 アメリカでこの仕組みがいつから始まったのか? 外伝14で見たように、元々世界で国家に初めて金を貸付た銀行がイングランド銀行で、通貨を国家の債務で発行する仕組みを作ったのです。
 イングランド銀行が国家の通貨発行権を握ったので、近代初の中央銀行となったのですが、通貨発行と引き換えとなった英国の国家債務およびその利子の支払いは、国民の直接税によるとイングランド銀行の持ち主は条件を決めていました。イングランド銀行の支配下に英国国家、そして無論民衆も組み込まれたのです。
 これは国家と民衆からすれば「借金奴隷」にさせられたのです。それでここでは「英国は悪魔主義者に乗っ取られた」と表現してきたのです。
 政府がその政府債と引き換えに銀行が通貨を発行する仕組みにサインすることは、政府と民衆を「借金奴隷」に落とし込む悪魔の契約書にサインしたのに等しいのです。
 ところが、実際に米国も政府債とセットになったドルが発行されるようになったのです。将来永遠的に政府と民衆を「借金奴隷」とするこの悪魔の契約書にサインしたアメリカ大統領が当然いるのです。それは意外かも知れませんが誰あろうエイブラハム・リンカーンその人です。
 彼はグリーンバックスで政府が直接通貨を発行する仕組みを実行しました。これは「借金奴隷開放」の道筋です。ところがその本人が、政府と民衆を銀行の「完全借金奴隷」にする「負の遺産」を残していたのでした。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝48 ― リンカーンの負の遺産

リンカーン暗殺 〜グリーンバックス廃止・金本位制へ


Wikimedia Commons [Public Domain]

グリーンバックス(緑背紙幣)の発行継続は銀行家の破滅に直結します。そのためロスチャイルドたち国際銀行家たちは、グリーンバックス(緑背紙幣)の発行に対して総攻撃を行ったのですが、その最大の攻撃といおうか、トドメとなったのがリンカーンの暗殺でした。

リンカーンは1865年4月14日、フォード劇場で妻や従者を伴っての観劇中、俳優ジョン・ウィルクス・ブースに至近距離から拳銃で後頭部を撃たれたのです。リンカーンが大統領に再任の就任式から41日、南軍のリー将軍が降伏してから5日後のことでした。

その後2ヶ月足らずで南北戦争は終結します。リンカーンを狙撃した俳優ブースは、秘密結社ゴールデン・サークル騎士団に所属していたようで、ロスチャイルドたちとの繋がりを示す多くの情報があります。リンカーンの暗殺はロスチャイルドたちの差し金であったと見て間違いがないでしょう。

Wikimedia Commons [Public Domain]

リンカーン暗殺後、直ちにロスチャイルドたち国際銀行家たちは既に支配下においていた米議会を動かし、グリーンバックスを葬るべく、そして米国の通貨の完全支配に向け行動に出ます。『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』P85に次にようにあります。

「1866年4月12日、議会は「通貨緊縮法」を可決した。この法律の立法趣旨は市場に流通しているすべての緑背紙幣を回収し、金貨に交換させ、緑背紙幣を流通市場から追放し、国際金融カルテルが絶対的優位に立つ金本位制に戻すことであった。」

この当時まで、アメリカは多くの銀を持っていて、金銀複本位制を取っており、大量の銀貨が市場に流通していたのです。国際銀行家にとっては不換紙幣のグリーンバックスは当然ですが、大量の銀貨の存在もコントロールが難しいものだったのです。

そこで、米国の通貨を完全に支配して管理下に置くために、グリーンバックスの廃止と共に銀貨をも廃止しての金本位制がその狙いとなっていたのです。


銀貨廃止は次回にでも見るとして、「通貨緊縮法」について『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』は続けて次のように語ります。

内戦で疲弊した国家が復興を目指しているときに、通貨緊縮政策を行うほど馬鹿げたことはない。1866年には18億ドル(一人あたり50.46ドル)あった通貨流通量が、1867年には13億ドル(一人あたり44.00ドル)、さらに1886年には4億ドル(一人あたり6.6ドル)まで下がってしまった。」

通貨緊縮について『闇の世界史』p171でも、1866年に一人あたり50.46ドル流通していたドルは、10年後の1876年末には全体で6,525億ドル一人あたり14.6ドルに縮小したと指摘。その上で現金投資で22億4500万ドル以上失われ、それが通貨を縮小し貸付制限した銀行家の利益となったとしています。

南北戦争の勝者はやはり国際銀行家であり、敗者はアメリカ国民全体だったのです。

» 続きはこちらから