2020年2月24日 の記事

さまざまな形で腸内環境を損ない「免疫力」を低下させている現代人の場合、年代に関係なく新型コロナウイルスで重症化するリスクが高い ~ポイントである「免疫力」の中心は腸内環境

竹下雅敏氏からの情報です。
 新型コロナウイルスは「免疫機能が弱い方たちは、重症化するリスクが高い」ものの、軽症の場合は「風邪のような症状が続き、その後自然治癒し…特別な治療は必要ありません」ということです。
 ポイントは「免疫力」だと言えます。「免疫力」の中心は腸内環境だということです。その腸内環境を著しく破壊するのが抗生物質であるということは、時事ブログの読者の方は「ぺりどっと通信」でよくご存知だと思います。なので、さまざまな形で腸内環境を損ない「免疫力」を低下させている現代人の場合、年代に関係なく新型コロナウイルスには気を付けた方が良いと思われます。ですが普段から食事に気を付ける等、出来る範囲のことをしている人たちはあまり怖がらなくても良いのかも知れません。
 ツイートのように38~9度の熱で騒いでいるのを見ると、あまりにも私とは感覚が異なるので困惑します。整体的な見方では、高い熱が出る方が良いのです。熱で免疫力を高め身体の大掃除をするわけです。なので、病院に行って熱を下げるなどというのは論外です。不安な方は、野口晴哉著「風邪の効用」を是非ご一読下さい。人生観がひっくり返る名著です。
 “続きはこちらから”は読者の方から頂いた情報です。大筋で正しいと思うのですが、若干疑問な部分があります。新型コロナウイルスは、“耐熱性はなく、26~27度の温度で殺せる”とあるのですが、これはその下の記事にある「57度の温度で殺される」の間違いではないでしょうか。なぜなら、26~27度でウイルスが死滅するのであれば、体内で生きられないはずだからです。
 また、「運動すると、ウイルスに感染することはありません」と言い切っているのですが、もしもこれが本当なら東京マラソンを中止する必要はありません。スポーツ選手は誰一人感染することはないでしょう。恐らく「新型肺炎ウイルスを研究するために武漢へ転勤」した人物は、免疫力を上げるために、「お湯を飲む事」と「適度な運動をする事」が効果的だと言っているのだと思います。
 細かい事ですが、「修士号を取得して卒業」した人物が研究者になれるものなのでしょうか。博士号の誤りでは? 誤りでないのなら、この人物は医療従事者ではあっても、医者や研究者ではないのではないかと思います。
 上と下の記事は同じ情報源に基づいていると思うのですが、内容が全然違います。伝言ゲームで原型をとどめないくらい著しく内容が変化することがありますがこの件も、情報提供者の電話での内容がかなり変形していると見た方が良いのではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
新型コロナ 医師が訴える「すぐに病院へ」は絶対にやめてほしい理由
引用元)
(前略)
あり 軽症の場合ですが、2週間以内の潜伏期間を経て、発熱やせき、くしゃみなど風邪のような症状が続き、その後自然治癒します。 通常の風邪ですと症状は3、4日でおさまりますが、新型コロナウイルス感染症の場合、症状が約1週間続きます。ただし症状が軽ければ、特別な治療は必要ありません。 
(中略)
重症化するケースでは、息をするのが苦しいなど、一般的な風邪とは異なる症状が出ます。1週間経っても、自然に良くなりません。 強調したいのは、重症化するケースは少数であること。ただし、糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの基礎疾患がある方や、透析を受けている方、免疫機能が弱い方たちは、重症化するリスクが高いです。
(中略)
――新型コロナウイルス感染症が重症化し、新型肺炎になってしまった場合、どのような治療があるのですか。 
 
あり 現時点では、人工呼吸器などを使って体力を持たせ、患者さん自身の免疫力でウイルスを跳ね返すというのが基本的な治療です。まだはっきりとしたエビデンスのある治療薬はありません。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

新型コロナウイルスが最も深刻な湖北省で、1600人以上の監視員が24時間体制でネット検閲! ~有害情報と見なされているのは、窮状を訴えて助けを求める市民が投稿する動画

竹下雅敏氏からの情報です。
 新型コロナウイルスが最も深刻な湖北省で、1600人以上の監視員が24時間体制でネット検閲を行っているとのことです。武漢市の言論弾圧は徹底しており、インターネットが遮断されたようです。
 ネット検閲で有害情報と見なされているのは、窮状を訴えて助けを求める市民が投稿する動画ではないでしょうか。“続きはこちらから”にそうした動画をいくつか貼り付けておきました。武漢では多くの市民が病院に行けずに自宅で亡くなっています。“建物からは次々に遺体が運び出されて”いて、「火葬場はフル操業」というよりも、忙しすぎて悲鳴をあげている状況です。
 こちらの動画では、1月22日頃から死亡者が急増し始め「毎晩2~3時間寝れたら幸せな方ですよ」と言っています。動画の11分13秒では、“数日前の統計ですが、38%が病院からで、61%は家で死亡しています。つまり病院に行ける人が少なかった”と言っていて、14分8秒では、“私が回収した127人のうち、死亡診断書に確診判定があるのは8人でした”と言っています。
 恐らく当局は、この職員が回収した127人の中の8人のみを新型コロナウイルスによる死亡者として発表するのでしょう。感染者も死亡者も当局の発表よりも遥かに多いと考えて良いでしょう。
 最後の動画は衝撃的なもので、中央政府としては最も知られたくないものの一つだと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
湖北省の内部文書、新型肺炎巡る検閲で1600人動員 ネットが主戦場「感動話を」
引用元)
(前略)
大紀元が情報筋から入手した内部報告書によると、新型肺炎の感染拡大が最も深刻な湖北省ではこのほど、インターネット上で感染状況に関する「不適切」な投稿を取り締まるため、1600人以上のネット監視員を動員したという。
(中略)
報告書によると、湖北省委員会宣伝部は、「戦時プロパガンダ指揮部(対策本部)」を設立し、世論誘導、イデオロギー統制など11の工作チームを立ち上げ、全チームが24時間態勢で、省と中央政府の関連部門と連携を取りながら、「宣伝教育と世論誘導を確保」するよう求めている。

また、1600人以上の監視員によるネット検閲が、「ハイテク技術と人の目視」という2つの検査方法によって、24時間体制で監視を行い、60万6800件の「敏感な話題に関する有害情報」を摘発したという。
(中略)
警察当局は、ネットで窮状を訴えて助けを求める市民を脅迫し、投稿の削除を求めている。
(以下略)
————————————————————————
中国:武漢市のインターネットを遮断!
引用元)
(前略)
https://www.naturalnews.com/2020-02-22-internet-shutdown-wuhan-china-spread-truth-severity-outbreak.html
(概要)
2月22日付け
(中略)
フォックスニュースのインタビューを受けた元海兵隊将校のトム・コットン上院議員(米上院軍事委員会委員)によると
中国政府はコロナウイルスがまん延し制御不能となっている武漢の深刻さを正直に伝えていません。北京の共産党幹部らは現場で戦っている医師や科学者から得ている最新情報を世界に伝えていません。
(中略)
パンデミック震源地の人口が1100万人の武漢市の言論弾圧は徹底しています。
武漢市の住宅地では、2月10日からインターネットが遮断されると拡声器で知らされています。武漢国際博覧会センターの仮設病院(強制収容所)付近の住民らも2月11日からインターネットが使えない状態です。他の地域の住民らも2月21日からインターネットが使えなくなりました。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
» 続きはこちらから

[YouTube]ゴジラの愚痴 コロナウィルスの咳

読者の方からの情報です。
そーやそーやとうなずきまちた
(メリはち)
◆編集部より◆
18日、クルーズ船から下船した感染者らを受け入れた愛知県岡崎市の住民説明会で、厚生労働省幹部が「ゴジラの咳でもなければ感染しない」という趣旨のジョークを飛ばし、20日には加藤厚労相が「至らない発言だった」と述べています。
————————————————————————
【ゴジラの独り言】コロナウイルス「ゴジラの咳」発言への愚痴
配信元)

柿渋の新型コロナウィルス対策としての可能性はどうなのか?

 安定化二酸化塩素が入手困難となる中、自然食品屋で"飲む柿渋"が売られていました。以前、興味本位で飲んだことがありますが、味としてはそれはそれは不味いもの(身体が欲しているときは飲み易いらしい)です。しかしその柿渋に、ウイルス疾患に対するオールマイティーな抗ウイルス剤としての可能性があるというのです。
 ウイルス学が専門の広島大学大学院の坂口剛正教授による、2013年2月における発表では、渋柿エキスはノロウイルスやインフルエンザウイルスを100%根絶し、またヘルペスウイルスなど少なくとも12 種の異なるウイルス(ポリオウイルス、手足口病のウイルス、アデノウイルス、ロタウイルスなど)に対して抗ウイルス作用を示すことが明らかになっています。
 果たして柿渋は、新型コロナウイルスにも有効なのでしょうか?ぜひ感染症の専門家のご意見をお聞きしたいものです。

おまけ。
<こういうことをなさらないように!というお話です>
先日、安定化二酸化塩素の10万倍希釈水を300ml飲みました。1万倍希釈水を10倍に薄めて。もちろん自己責任の上です。
翌日、昼ごはんの後にやはり10倍に薄めて200mlを飲みました。
飲んだ後、少しムカムカするので、ご飯の後の飲用は良くないのかもしれないと感じました。
しかし30分ほどしてもムカムカが続くので、ひょっとして!と確認したところ、な、なんと原液そのものを10倍に薄めて飲んでいました!!
「やってしまった!」・・・すぐに水を飲みました。
しかしそうそう飲めるものではありません。500mlほど飲んでしばらくすると吐き気をもよおし、ドバッと嘔吐しました。500mlほど吐いたかもしれません。
そしてその後、コップ一杯飲んでは、飲んだ量くらい嘔吐するのを数回繰り返しました。
(以前、食中毒症状をおこし、涙を流しながら嘔吐した苦しい記憶があるのですが、今回は苦しくはないことを意外に感じながら。)
落ち着いたので、様子を見ようと決めました。
自己責任だ!と肚を決めました。
とはいえ、濃度が濃度なだけにどうすべきか?救急で胃を洗浄してもらった方がいいかもしれない。まずは某社に聞いてみようと連絡をしてみました。
すると事情を聞いた社長さんは、
「私も試しに100倍希釈水をコップ一杯のんだことがありますよ」と!
(え!どうなりました??)
「30分くらいしたら吐いて水便が出ました」
(どのくらい続きました?)
「30分くらいかなあ。まあ大丈夫だとはおもいますが」
(ありがとうございます。様子を見ることにします)
とても穏やかなそのお言葉に、救われた!と感じました。
その後、大きな便りが出ましたが、キレイな一本もののバナナなので、まだ腸には届いていないようでした。
あとはお任せいたしますと、祈りを唱えて寝ました。
目がさめると夕方の18時(6時間後)。生きていた、山は越えたと実感しました。大きな便りが水便のようになってずるずる出ます。
さらに寝て、夜の0時頃(12時間後)、かなり楽になりました。
とはいえ動く気にはならず、また寝て、翌朝の6時(18時間後)。なんとか回復(それなりに)したという感触を得ました。

世の中の大掃除がはじまるか!とみていましたが、それは自分の大掃除でした。
命を見つめることができました。
ありがとうございます。
とはいえ今後、繰り返すことのないように、誰でもがわかる(たとえ自分だけだとしても)大きく目立つ表示を書いておきました。「安定化二酸化塩素 100倍希釈水」というように。透明で無味無臭な原液や希釈水を、水と間違えたりしないように。そして倍率を間違えたりしないように。

翌々日、落ち着いた旨を先の社長さんに連絡したところ、「今後は飲まないようにしてくださいね。」と言っていただきました。誤解のないように。
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
日本文化に根付いた柿渋の化学
引用元)

(前略)
渋柿エキスはノロウイルスのみならず,インフルエンザウイルスやヘルペスウイルスなど少なくとも 12 種の異なるウイルスに対して抗ウイルス作用を示すことが明らかにされた。
以上の結果は,カキタンニンが様々なウイルス疾患に対するオールマイティーな抗ウイルス剤として応用できる可能性を示唆している。
(以下略)
————————————————————————
万能ウイルス特効薬「柿渋」!インフル、ノロ、ヘルペス、ポリオ…次々撃退
引用元)

(前略)
ウイルス学が専門の広島大学大学院の坂口剛正教授は、「柿から取れる渋がインフルエンザウイルスやノロウイルスを100%根絶することができるということがわかりました」と自信たっぷりに話し出す。(中略)
「エタノールという消毒薬はインフルエンザには効くが、ノロウイルス、ポリオウイルス、手足口病のウイルスには効きません。緑茶由来のタンニンはポリオには効くが、ノロ、手足口病には効かない。ところが、柿渋由来のタンニンはいずれにも効果があるのです」。このほか、ヘルペスウイルス、アデノウイルス、ロタウイルスなどにも効くことがわかったという。
(以下略)
————————————————————————
「柿渋」が風邪・便秘に効くってホント?秋の味覚 柿に含まれるタンニンとは?
引用元)

(前略)
柿渋と呼ばれる成分は、正しくは「カキタンニン」と呼ばれるタンニンの一種です。タンニンとは簡単に言うと、植物に含まれる渋みの原因となる成分です。(中略)
実はポリフェノールもタンニンの仲間です。(中略)
柿のビタミンCの含有量は100gあたり約70mg。これはみかんの約35mgの2倍です。
(以下略)
————————————————————————
引用元)

20/02/17 フルフォード情報英語版:アメリカ株式会社が支払い期日を守れず、世界の水供給に毒を盛ると脅迫

 アメリカが自暴自棄になりました。借金返せないからって、「毒入れんぞ、オラア」って逆切れするとか、単なるチンピラっすよ。893さんよりも劣化していますがな。
 まぁアメリカの総意という訣ではなく、ヒラリー陣営らしいです。そいでマルタ騎士団のバチカンと、ナチスなドイツも背後にいるみたいです。……さっさと中国に報復されろ、と思います。
 塀の中の懲りないハザールマフィアは、これからも病源菌を撒き散らす計画だとか。本文末尾のシベリア云々は、ソルカ・ファール女史が何度か言及していた「永久凍土が融け出して古代のウイルスが出現」って話ですね。
 分かります、数撃ちゃ当たるってヤツですね。何せ、ことごとく失敗続きですから。……改めてリストにしてみると、この人たちマジで下手すぎてイタイ。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アメリカ株式会社が支払い期日を守れず、世界の水供給に毒を盛ると脅迫
投稿者:フルフォード

イスラエルに乗っ取られた米国、やけっぱちで脅迫行為に出る


アメリカ株式会社が2月16日の【債務】支払い期日を守れず、世界の水供給に毒を盛ると現在脅迫している、とMI6筋やCIA筋は言う。上位CIA筋の一人は、このように脅しを伝えてきた:

「いいですか、混じりけのないキレイな水は命【そのもの】ですよ。これは金(きん)よりも貴重なものとなることでしょう」

翻訳すると:「金(きん)を我々に渡せ。さもなくば、お前のところの水に毒を盛るぞ」

アメリカ株式会社の破産の結果、「MOSSAD-IDODが乗っ取り、米国の事実上の諜報【機関】となりました」、とMI6筋は言う。

【※「MOSSAD」:悪名高きイスラエルの諜報機関「モサド」。
※「IDOD」:よく分かりませんが、「DoD」はアメリカ国防総省(通称ペンタゴン)のことなので、「イスラエル国防総省」、つまりアメリカの国防総省はイスラエルとモサドが掌握したということでは。】

「別の言葉で言い換えるならば……ロスチャイルド金融王朝の連邦準備制度が貸付金を回収すること【を決め】、単純に【アメリカという】国全体を担保として差し押さえたのです」、と同筋は言う。

ペンタゴン筋も【同情報を】認めており、今やトランプのアメリカ株式会社政府はニューヨークにあるイスラエルのサイバーセキュリティ・チームが運営している、と言っている。


ハザールの恐怖作戦は失敗続き


ホワイト・ドラゴン・ソサエティとその仲間はこの脅しへの返答として、ハザールの悪魔主義者が全員降伏するか死ぬまで追い求めて殺していくという取り組みを強化する。

忘れないで頂きたいのだが、この連中は世界人口の9割を殺害しようとしては何十年も失敗を繰り返しているのだ。そして【これからも】失敗し続けるだろう。

中国に対する生物兵器攻撃がよい例だ。あれは殺傷力が非常に高くなるよう設計されていた。奴らの雛型が正しかったのであれば、私の知る日本の人々は今頃死の床についている筈だ。

【だが実際は】そうならず、悪魔主義者は恐怖心を掻き立てては拡散していくためクルーズ船だの、“中国から”だと称する偽映像だのを使って心理戦を決行する羽目に陥っている。例えば、ブルームバーグ・ニューズの以下の恐怖扇動記事によると、世界人口の3分の2がこのウイルスに罹らないといけないらしい。

パニックに陥った企業プロパガンダ・メディアは残業してでも恐怖を拡散しようとしており、パンデミックだけでなくイナゴの大群の話まで推し出すようになった。以上はどれも【ハザールマフィアが】、世界中の人々に対する支配を維持しようと試みては失敗している例だ。



読者の皆さんにはマスクを着けるよりも、恐怖漬け【作戦】に対する効果的な解毒剤として以下のリストを用いてみては如何だろうか。


1999年から2000年:Y2K問題が私たちを全員殺す
2001年:炭疽菌が私たちを全員殺す
2002年:西ナイル・ウイルスが私たちを全員殺す
2003年:SARSが私たちを全員殺す
2005年:鳥インフルが私たちを全員殺す
2006年:【病原性】大腸菌が私私たちを全員殺す
2008年:【リーマンショックによる】景気悪化が私たちを全員殺す
2009年:豚インフルが私たちを全員殺す
2010年:BPの【メキシコ湾】原油【流出事件】が私たちを全員殺す
2011年:【医療保険改革】オバマケアが私たちを全員殺す
2012年:マヤ【文明】の「世界の終末」【預言】が私たちを全員殺す
2013年:北朝鮮が私たちを全員殺す
2014年:エボラが私たちを全員殺す
2015年:【カリフォルニア州の】ディズニー【ランドで蔓延した】麻疹と、その上ISISが私たちを全員殺す
2016年:ジカ【ウイルス】が私たちを全員殺す
2017年:フェイクニュースが私たちを全員殺す
2018年:移民団が私たちを全員殺す
2019年:麻疹が私たちを全員殺す
【で以上、ことごとく失敗。いつまで経っても地球人口9割死んでないゾ!】
2020年:コロナウイルスが私たちを全員殺す【←今ココ。】

» 続きはこちらから