2020年2月13日 の記事

中西征子さんの天界通信54 新型コロナウイルスとの対話

竹下雅敏氏からの情報です。
 どんな存在にも、“体、心、意識”が存在するとお伝えしていますが、中西征子さんが、ウィルスにも“体、心、意識”があるなら、通信はとれるはずだと思い、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内に限定して、新型コロナウイルスに呼びかけてみたところ、返事がかえってきたということです。以下にそのやり取りを掲載しました。
 通信文に出てくる新型コロナウイルスの返事の部分の波動は、大変良くないです。ところが、現在の波動はアナーハタ・チャクラまで持ち上がっており、彼らは救済されたと思われます。
 ただし、これは、中西さんが呼びかけて繋がった新型コロナウイルスとその周辺に居る仲間たちに限定されています。なので、クルーズ船全体の新型コロナウイルスの波動の平均値は、相変わらず低いままです。
 おそらく、空間的に分離しており、救済されたウィルスたちと空間的に仕切られた別の部屋に居るウィルスたちには情報が伝わらず、救済されていないのだと思います。なので、中西さんが、「ウィルス達に、仲間に出会ったら、ぜひ“愛のマントラ”を唱えるよう教えてあげて…」と伝えていますが、ウィルス自体が分離されているために、この情報が船内全体、そして、全世界のウィルスたちへと伝わるには、時間がかかると思われます。
 しかし、救済の目途は立ったという感じがします。宇宙の兄弟たちも,様々な方法で今後の状況を軽減するための努力をしていると思います。どんな場合もそうですが、やはりこの場合も、「祈り」が最も強力な状況の打開策になります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信54
<通信者:中西征子>
<通信日時:2020年2月10日午前10時35分>

新型コロナウイルス
「……
私達もとても苦しいのです。
私達は人間を殺す目的でつくられました…。
人造ウィルスなのです。
だから、次々に人間に感染するよう運命づけられているのです。
………
どうする事も出来ません。
………
その通りです。
それが悲しいです。

私達はまともなウィルスに早くかえりたいのです。

どうか助けて下さい!」

自然界の中で、強力な邪気やネガティブ性は、普通以上の酸化毒を持つと思っています。
それで、「愛のマントラ」で中和出来るかもしれないと思い、しばらくの間、船内の新型コロナウイルスに、20分位愛のマントラを送り、同時にウィルス達皆も唱えるよう伝えました。…
そして、“今の気分はどう…?”とたずねると

「すごく楽になりました。
これなら苦しくありません」

その事を確認するために、今朝10時頃と愛のマントラを唱え終わった時の彼等の波動を測ってみました。
波動のちがいは明らかでした。

彼等ウィルス達に、仲間に出会ったら、ぜひ“愛のマントラ”を唱えるよう教えてあげて…と伝えておきました。






「新型コロナウイルス」は従来のコロナウイルスとは全く別物であり、免疫細胞に感染し白血球の減少から免疫不全を起こし、重症の場合は多臓器不全に陥る

竹下雅敏氏からの情報です。
 2月7日の記事で、武漢大学中南医院の専門家が、「新型コロナウイルス」の発症から回復または死亡までの経過を説明した記事を紹介しました。
 最初は軽症で2週目になると、免疫力の強い患者は少しずつ回復、免疫力の弱い患者は呼吸不全、さらに他の臓器の機能低下がおこり、3週目が患者の生死の分かれ目になるということでした。ここで適切な治療を受けられないと、“多臓器不全で亡くなる”と言っていました。
 日本政府は「新型コロナウイルス」を甘く見ているのではないかと思われるのですが、これが本当にインフルエンザ程度なら冒頭の極めてショッキングな動画をどう説明すれば良いでしょう。武装した警察官が村に入り、感染者を射殺していると見られる映像です。
 情報ドットコムさんの記事によると、実際の調査データや論文から「新型コロナウイルス」は従来のコロナウイルスとは全く別物であり、免疫細胞に感染し白血球の減少から免疫不全を起こし、重症の場合は多臓器不全に陥るとあり、先の武漢大学中南医院の専門家の見解を裏付けています。
 患者の生死の分かれ目は「免疫力」です。パニックに陥れば、それだけで免疫力は急激に低下します。常に最悪を想定し、いざという時には深呼吸が出来るように準備を整えておきましょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
————————————————————————
新型コロナウィルスが免疫細胞に感染との報告!患者の大半で白血球が減少し免疫不全か 最悪は多臓器不全の恐れ
転載元)
(前略)
海外メディアが実際の調査データや論文から(中略)… 新型コロナウィルスが免疫細胞に感染し、それによって白血球が減少。白血球の減少によって免疫不全を起きて、重症の場合は肺炎から多臓器不全まで陥る場合があるとしています。中国では多数の突然死が報告されていますが、この調査報告の内容と不気味なほどに一致していると言えるでしょう。

また、エイズ(HIV)由来のタンパク質も含まれているとして、従来のコロナウイルスとは全く別の新種だとまとめられていました。いずれの情報も確定的とは言えませんが、事実だとすれば驚異的な内容であり、今後も調査が必要になりそうです。
(中略)

» 続きはこちらから

20/02/10 ソルカ・ファール情報:世界中を席捲するポピュリスト革命の波がアイルランドまで押し寄せ、恐怖で怖気づくクリントンとペローシ配下の民主党

 最近は各国でエリート層の搾取に怒った一般市民が蹶起(けっき)し、ポピュリズム運動が巻き起こっています。
 文中に出てくる「ナショナル・ポピュリスト」というのは、「ナショナリズム(国粋主義)」で「ポピュリズム(大衆主義)」、つまりフランスの黄色いベスト運動やトランプさん支持層のMAGA(アメリカを再び偉大な国に)運動など、「右翼ポピュリスト」のことです。一昔前なら「極右」と批判されていた人たちでしょうか。
 ソルカ・ファール女史の記事で、最近では「左翼ポピュリスト」なる動きも出てきているとありました。昨今の世界政治とアメリカ政治の動向が俯瞰できる内容でしたので、ご紹介します。

 ちなみに「左翼ポピュリスト」の支持するアメリカのバーニー・サンダース上院議員は、極左すぎて隠れ共産党だと疑われています。社会保障や環境保護の名のもと、富裕層に重税を課し、一般市民を統制支配する気じゃないかという批判です。
 エリート層の献金頼みの民主党上層部としては、絶対に容認できません。でも現在、民主党の大統領候補として最有力なのですよね。トランプの対抗勢力として左派ポピュリストはある程度は容認するけれど、多すぎても困るというのがヒラリーや下院議長ペローシの本音。

 そこで中道寄りのバイデンに期待が集まっていたのです。ウクライナや中国から家族経由で賄賂をもらうわ、問題発言を繰り返すわで、一般市民からは相当不人気なため、現在は政治経験が少ない(つまり失点が少ない)ブティジェッジが躍り出てきました。金持ちカバールの使いっパシリになれるなら、誰でもいいってことです。
 ブティジェッジの問題点は次回取り上げます。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:世界中を席捲するポピュリスト革命の波がアイルランドまで押し寄せ、恐怖で怖気づくクリントンとペローシ配下の民主党
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

■この記事のまとめ■
✅欧米を席捲するナショナル・ポピュリスト革命
✅昨年5月:オーストラリア総選挙で圧勝
✅昨年12月:イギリス総選挙で圧勝
✅今年2月:アイルランド総選挙で圧勝
➡以上を受けてなのか、独メルケルの後継者が不出馬を発表
➡この事態に、ヒラリーやペローシ率いるアメリカ民主党は戦々兢々

✅民主党の現状は最悪
✅記念すべき最初の党員集会は勝者不明のカオス
✅上層部が推すバイデンは発言が毎回カオス

✅民主党の牙城となる州や都市はどこも大赤字
✅重税に喘ぐ左派有権者もポピュリスト革命を蹶起
➡これがバーニー・サンダース議員の支持層である「左翼ポピュリスト」
✅2016年:トランプは生粋の共和党員ではなく、共和党を内側からぶっ壊した
✅サンダースも同様のことを民主党で成し遂げようとしている
➡なので現在の民主党は内部闘争が激化
✅民主党指導層はサンダース絶対反対
(ちなみにトランプ側は左翼ポピュリストを取り込む気はなく、静観の構え)


欧米諸国に押し寄せる右翼ポピュリスト革命


本日クレムリンに出回っている【ロシア連邦】外務省MoFA)の明敏な新報告書は、セルゲイ・ラヴロフ外務大臣グローバルな問題をロシア抜きで解決することは無理だと欧米諸国ですら理解【するようになった】と正しくも認識していることに触れ、この点が最も顕著に見て取れるのはポピュリズムの擡頭であり、世界の政治構造を劇的に変化させていると述べていました。

――【ポピュリズムを】簡潔に定義すると、エリート支配者集団から自分たちの懸念事項は無視されていると感じる、一般の人々に訴えかける政治手法、ということです。

――過去数箇月【だけでも】、オーストラリアのナショナル・ポピュリストたちが、同国のエリート社会主義者らを殲滅しました
【※2019年5月の総選挙で与党・保守連合が勝利したこと。】

――そしてここ数週間では、イギリスのナショナル・ポピュリストたちが同国のエリート社会主義者らを殲滅しました

――左派エリートの代弁者であるアイリッシュ・タイムズ紙は両国のポピュリスト蜂起の間に挟まれ、「何故アイルランドはヨーロッパを席捲しているポピュリストの波にまだ屈していないのか」などと首を傾げていたものです。

――答えは単純で、アイルランドの国政選挙がまだだったというだけのこと。そしてそれが、2日前の2月8日に実施された訣です。

――これを受け、アイリッシュ・タイムズ紙は現在では、同選挙を「改革と対立を生んだ」と評し、その原因は「従来、支配的だった党が有権者から懸け離れたものだと見做された」せいだと述べるようになりました。

――実際に何が起こったのかを正確に描写した【他紙の】「シン・フェイン党への投票“革命”がアイルランド支配層を揺さぶる」などといった見出しに【比べると】、相当な過少評価【と言わざるを得ません】。


【※元記事にはありませんが、2007年から票を着実に伸ばしている「シン・フェイン党の得票数の推移」です。白線が得票率、青線が議席数。】

――【後者の記事では】ナショナル・ポピュリストであるシン・フェイン党が、無名の存在からどのようにアイルランド選挙で最も人気のある党にまで躍進したかを描いています。

【※今回の総選挙では1議席差で第二党になりましたが、得票数としては二大政党を抑えて堂々の第一位でした。党自体がここまで票を取れると思っておらず、十分な数の候補者を用意していなかったのが第一党にならなかった原因。】

» 続きはこちらから

[YouTube]獰猛なネコの対処の仕方

竹下雅敏氏からの情報です。
獰猛なネコの対処の仕方。
(竹下雅敏)
————————————————————————
Veterinary Technician Training: Handling a Fractious Cat
配信元)

「ジャパンライフ」と地続きの「48ホールディングス」役員も桜にご招待、関門花火大会にも昭恵夫人と / 姿を変えて現在は「公益財団法人クローバー財団」に

 12日の衆院予算員会は安倍総理に対する質疑で取り上げるべきいくつもの場面がありました。しかし何よりも注目すべきは当日朝、東京新聞が1面で「マルチ商法勧誘に首相夫妻との桜写真」を報じ、それを同日午後、川内博史議員が安倍総理に質問をしたことでした。
 これはジャパンライフのことではありません。2017年に悪質マルチ商法として消費者庁から業務停止命令を受けた暗号資産(仮想通貨)販売会社「48(よつば)ホールディングス」の記事です。この「48HD」については時事ブログでも「Dancing the Dream」さんのブログを元にジャパンライフとの繋がりを指摘していました。しかし、あまりの闇の深さゆえか大手メディアが取り上げることはなかったのですが、ここにきて急に東京新聞が報じ、呼応するように国会質疑に乗りました。「48HD」の淡路会長と安倍総理夫妻が前夜祭で写真を撮っていることについて、安倍総理は「本人を知らない」としらばっくれていましたが、下関の花火大会にも同じ人物を招待していることを昭恵夫人が自身のフェイスブックに載せている、という事実を国会の場で突きつけることになりました。ジャパンライフ同様、業務停止命令を受けながら、総理夫妻の写真を利用して多くの会員を組織的に勧誘し、被害を拡大させています。
 この「48HD」が実はジャパンライフと繋がっていただけでなく、今も形を変え、巧妙に活動を続けていることが「Dancing the Dream」の「てん」さんや有志の方々の検証で確認できます。数々の妨害にも負けず、すごいです。こちらの記事の末尾には「48HD」の変容を時系列で追った解説がありますが、これによると「48HD」の淡路会長は、その後「プレシャスランド」「たのしいことをする。プロジェクト」「豊饒の海」「クローバー財団」と次々に法人と関わり、そのうち「クローバー財団」に至っては、「カタギの法人であることの証明」となる公益財団法人化に成功したとあります。その効果についてもキッチリ書かれています。総理の「ご意向」無くして、こんなことが可能なのか?
東京新聞が本気であれば、ぜひ、ここまで踏み込んでいただきたい。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
マルチ商法勧誘に首相夫妻との桜写真 業務停止命令の会社 「効果絶大」と会員に拡散
引用元)
悪質なマルチ商法だとして二〇一七年に消費者庁から業務停止命令を受けた暗号資産(仮想通貨)販売会社「48(よつば)ホールディングス」(札幌市中央区)の役員が、「桜を見る会」に出席した際の写真が、組織的に会員勧誘に使われていたことが、関係者の話で分かった。前日に安倍晋三首相の後援会が東京都内で開いた「前夜祭」で、安倍首相夫妻と写った写真も会員間に出回っており、会員は「写真を見せると『すごいね』となり、信用してくれた」と話している。
(中略)
女性会員は「政界にも人脈が広くてすごい人だと思った。上位会員からこうした写真をもらい、自分が勧誘する際にも使った。写真を見せると、相手の態度が全然違った」と語った。写真は上位会員から下位会員に拡散されていき、「勧誘効果は絶大だった」(別の会員)という。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから