2020年2月4日 の記事

“ワクチンの安全性に関する科学的根拠はない”ことを全員が知っている科学者たち!〜 新型コロナウイルスの予防、特に女性に対して効果があると思われる「アーセニカム・アルバム」!

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画をご覧ください。「世界最高峰の健康当局者がワクチンの安全に疑問を呈している」ようすが分かります。WHOのチーフ科学者で小児科医のソウミャ・スワミナタン博士は、1分5秒の所で「誰かが特定のワクチンに起因して起こって死について疑問を投げかけた時に明確な回答ができない」と言っています。
 WHOのワクチン研究イニシアチブのマーティン・ハウエル・フリーデ博士は、2分20秒の所で「最初の授業は、ワクチンを作るときに、もしアジュバントの使用を避けることができるのであればそのようにしてください…もしアジュバントを使用するのであれば、安全性が確認されたものを使用しなさい…安全性が確認されたアジュバントを使用しないなら、とても慎重に考えなさい」と講義するのだと言っています。彼らはアジュバントが安全ではなく、安全性が確認されていないものがあることをよく知っているのです。
 科学者の皆さんは難しい言い回しをしていますが、全体を通して、“ワクチンの安全性に関する科学的根拠はない”ということを全員が知っているようです。
知らないのは素人の私達だけなのです。
 井口和基氏は新型コロナウイルスへの対処に、インドがホメオパシーのレメディー(錠剤)として、「アーセニカム・アルバム30c(Arsenicum album-30c)」の服用を推奨したことを取り上げ、ワクチンの危険性を考慮するとインドの試みが十分に合理的であることを指摘しています。
 時事ブログでも2月3日の記事で、この件を取り上げています。30Cは「100倍希釈を30回」行ったもので、ホメオパシーでは「繰り返して薄めたものほど効く」と考えられています。
 「アーセニカム・アルバム」の原材料はヒ素ですが、十分に希釈されているので毒性はありません。東洋医学セミナーでも、上級講座でホメオパシーを扱っています。今回のインドの知見は流石(さすが)ですね。
 「アーセニカム・アルバム」は新型コロナウイルスの予防に効果があると思います。特に女性に対してその効果が大きい。男性は別のレメディーを探す必要があるでしょう。
 ただし、新型コロナウイルスで肺炎になった患者の治療薬としての効果はないと思います。治療薬として有効だと思われるものは、これから時事ブログで取り上げます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
CAUGHT ON CAMERA字幕版〜ワクチンの安全性に疑問を呈する証言〜
配信元)
————————————————————————
【ホメオパシー】インド政府、武漢コロナウィルスをホメオパシーで防ぐ戦術を考案!?欧米医学者「オーマイガー!」
引用元)

(中略)

インド政府だけが、世界に先駆け、ホメオパシーを推奨したらしい。これである。

(中略)

インド政府はコロナウイルス予防のためにホメオパシーを推奨しています。 害とは何ですか?
カーリーカッセラー
2020年1月30日

コロナウイルスの拡散が続くにつれて(中略)... 今週、政府当局は、通常の衛生的な改善に加えて、ワクチンを待つ間に正確に何をすべきかを国民に告げました。空腹時に、ホメオパシー溶液であるArsenicum album30を毎日3日間服用します。

(中略)

世界の他の国々はエビデンスに基づいた手段でアウトブレイクに備える一方で、インドは別の道を進んでいます。

(中略)

ワクチンの中には、有機水銀の防腐剤や保存剤のチメロサール、サメ由来の油脂成分の哺乳類永久不妊剤として開発されたアジュバント、培養生物細胞が元来もっているバクテリアやウィルス、培養細胞が病気になって感染したマイコプラズマ、さまざまの未知のステルスウィルス、さらに、さまざまのDNAやRNAの断片、ゲル、蛋白質、。。。などが含まれている。

しかもホメオパシーは安いしすぐ作れるが、ワクチン開発には数百億円のカネがかかるし数ヶ月の時間もかかる。時間と金をふんだんに使って、超危険なワクチンを作るのと、経験と知恵をふんだんに使って、超安全なレメディーを作るのとどっちが合理的か?

(以下略)

報道とは異なり、かなり深刻な新型コロナウイルスの現状 〜 “この病気の感染率は83%”、しかも“この病気はAIRによって広がる可能性”が高い!

竹下雅敏氏からの情報です。
 ここのところ新型コロナウイルスばかり取り上げているのですが、報道されているのとは異なり、現状はかなり深刻だと考えています。
 武漢市から日本政府のチャーター機で帰国した日本人565人のうち、8人が新型コロナウイルスに感染していました。感染率は約1.4%であり、封鎖される前に武漢市から来日した中国人の数1.8万人に1.4%(感染率)を掛ければ、“250人以上の新型コロナウイルス感染者が日本にやってきたことになる”わけです。ツイートによると、東京には6739人が入国しているので、1.4%(感染率)を掛ければ、94人の新型コロナウイルス感染者が東京に入って来たことになります。
 引用元では、同様に計算すると武漢市は「約15万人が感染していることになる」と言っていますが、この数字の方が現場の医師の証言に近いと思います。このように中国政府が出している数字は、現実と相容れないのです。
 次のNHKニュースでは、「新型コロナウイルスの検査対象から外れた人から相次いで感染が確認された」とのことで、ようやく日本政府も事の重大性に気付いたかも知れません。
 しかし、“続きはこちらから”をご覧になると既に手遅れであることが分かるでしょう。実のところ、“この病気の感染率は83%”だというのです。この情報が間違っている事を願うのみですが、残念ながら直観はこの数字を支持します。
 しかも、“この病気はAIRによって広がる可能性”が高いのです。私が新型コロナウイルスに危機感を持っているのはこのためです。
 最後の記事の引用元を是非ともご覧ください。メディアでは報道されない中国の悲惨な様子を捉えた動画がいくつもあります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
新型肺炎、中国で1億人超が感染との試算も…日本ですでに“感染連鎖”成立の可能性
引用元)
(前略)

 日本政府のチャーター機で武漢市から日本人565人が帰国したが、そのうち8人が新型コロナウイルスに感染していることが判明した。

 感染率は約1.4%であるが、専門家の多くはこの数字に注目している。(中略)... 日本で感染拡大が起きる可能性は高いと言わざるを得ない。中国メディアによれば、1月23日に封鎖される前に武漢市から来日した中国人の数は1.8万人に上るとされており、これに1.4%(感染率)を掛ければ、250人以上の新型コロナウイルス感染者が日本にやってきたことになる。

(中略)

 新型コロナウイルスの日本での感染率が中国と同じだと仮定すれば、日本全体で170万人以上が感染することになる。

(以下略)
————————————————————————
ウイルス検査 対象外の人から感染確認相次ぐ 対象拡大へ
引用元)
新型コロナウイルスの検査対象から外れた人から相次いで感染が確認されたことなどから、加藤厚生労働大臣は、検査などの対象とする範囲を拡大する方針を明らかにしました。

これまで厚生労働省は、新型コロナウイルスへの感染の疑いがある人を37度5分以上の発熱かつ肺炎の症状があり、発症からさかのぼって2週間以内に武漢市に渡航歴があるか、発熱と呼吸器症状のある武漢市の人と接触歴がある人と定義し、報告やウイルス検査などの対象としています。

これについて加藤厚生労働大臣は、閣議のあと記者団に対し、検査対象から外れた人から相次いで感染が確認されたことなどを踏まえ、検査などの対象とする範囲を拡大する方針を明らかにしました。

(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

[Twitter]外観を欺くことは可能でっす

読者の方からの情報です。
おーカッケー車じゃん
で、何が起こるんでつか?

あははは

遠近法とか錯視ステキよね
(メリはち)
————————————————————————
配信元)

前代未聞の閣議決定で検察人事に介入「安倍政権の番犬」と言われる黒川検事長の定年を勝手に延長し、次期検事総長に据える見通し 〜 目の前で堂々と脱法行為を見せられる国民

 菅官房長官と仲の良い東京高検検事長の黒川弘務氏は、森友問題で佐川氏らを全員不起訴にし、小渕優子経産相の選挙法違反や甘利経済再生相の口利き疑惑を握りつぶした「安倍政権の番犬」と言われる人物です。近々63歳の定年を迎え、やっと本来期待されていた林真琴氏が東京高検に呼び戻され、現在の検事総長から後継として指名されると見なされていました。林氏は「政治色のないリーダー」として人望もあるそうです。最近のIR汚職での議員逮捕など検察の目覚ましい動きは、この人事への期待感から加速していたそうです。
 ところが、ありえない閣議決定がなされ、黒川氏だけ突如、定年が延長されてしまいました。
これによって林氏の東京高検検事長そして検事総長へのラインが無くなり、これまで慣例として検事総長が決定していた後継を、横槍人事で安倍政権が勝手に妨げて黒川氏が検事総長になる道を開きました。
さすがに法曹界で非難が上がり、弁護士の方々からも違法の指摘が上がっています。また政界からは悔しいことに「これでIR疑惑への追求は終わった」「河井夫婦への捜査も終息」と見られています。
こんな露骨な司法の私物化まで目の前で見せられて、国民は手も足も出ないのか?
独裁者の脱法違法に、国民はどう対峙すれば良いのか。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)




» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(日本 明治編) ― 第17話 ― 孝明天皇の表舞台からの退去

 京都堀川通の西本願寺の隣接地は、現在は西本願寺の駐車場や関連施設が建つ場所となっています。しかし、元々この場所には本圀寺があったのです。
 実はこの本圀寺こそが、京都の皇居を退去した孝明天皇が睦仁親王とともに移住してきた施設であると、落合莞爾氏が提唱しています。
 通史や歴史教科書では、新暦の1867年1月に孝明天皇は崩御されたことになっています。しかし落合氏の説は、孝明天皇は歴史の表舞台からは退去したが、実は健在であって睦仁親王とともに裏に回られたということです。
 創建であったのにも関わらず孝明天皇は、35歳の若さで急死されたとされます。それでその死因には、多くの疑念が持たれてきたのです。一応はその死因は天然痘となっていますが、疑念が絶えず、ヒ素による毒殺説等の他殺説が多く存在しているのです。
 そのような中、孝明天皇の崩御は偽装であり、孝明天皇は健在であったとの説が出されたのですが、これは事実だと見受けられます。先ず孝明天皇の35歳の若さでの急死は、多く疑念があることから分かるように相当の無理があります。そして毒殺などの暗殺・他殺説も検討すれば無理があるのです。
 いくつかの観点から、特に最終的には地球の霊的統治の中心である日本の「くにがら、あり方、国家の根本体制」といった「国体」、そしてそれに付随する「政体」という観点から見て、「孝明天皇は健在で裏に回られた」とする説が最も理にかなっているのです。

(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本 明治編) ― 第17話 ― 孝明天皇の表舞台からの退去

「明治天皇のすり替え説」への違和感 〜孝明天皇は暗殺されたのか?


大室寅之佑の文字をネットを通してですが初めて目にしたのは15年以上前で、20年近く経過しているかも知れません。最初は何の意味か全く分かりませんでした。私は別に歴史に、特に皇室関係には当時全く興味がなかったのです。

ただし、その後に幾度も「明治天皇のすり替え」に関連する記事を読むうちに、確かに「明治天皇のすり替え」はあったのだろうな、と考えは固まってきました。しかしながらその一方では、明治天皇が大室寅之佑なる人物にすり替わったのは肯定しながらも、何か強いもやもやとした違和感もあったのです。

私のその違和感は今になれば明瞭ですが、当時の「明治天皇のすり替え説」に必ずセットとなっていた孝明天皇の暗殺説に対してのものだったのです。


当時から流布していたのは、「孝明天皇とその息子の睦仁親王が殺され、明治天皇が長州田布施の大室寅之佑へとすり替えられた」とするものでした。そして孝明天皇と睦仁親王を殺した犯人は岩倉具視もしくは伊藤博文とする説でした。これに違和感を感じていたのです。

なぜか? 岩倉具視もそうですが、最後は暗殺された伊藤博文も当時としてはそれなりの長命でした。これは本当に天皇を殺害しているならば「ありえない」とやはり当時も感じていたのです。これは甚だ非科学的ではありますが、天皇を殺して無事でいられるはずがない。祟り殺されるはずだとどこかで感じていたのです。この感覚は間違っていないと現在では断言できます。

孝明天皇は、肉体は人間でも魂はホツマの神だと竹下さんから教えられました。そのホツマの神を人間が殺して、その殺した人間が只で済むはずがありません。必ず祟られます。

菅原道真もホツマの神だったと竹下さんが明かされていますが、菅原道真を左遷しただけで、その左遷に関わった人間は皆祟られ、呪い殺されているのです。左遷でこうですからそれが殺害になると…。

さて、このように「明治天皇のすり替え」への違和感も持ったまま過ごしてきたのですが、ここ数年前になりますが竹下さんの解説を通して落合莞爾氏の説孝明天皇の崩御は偽装で、孝明天皇は睦仁親王と共に健在で歴史の表から姿を消して裏に回られた」を知りました。この説に接して「なるほど」と合点がいき落ち着きました。


確かに孝明天皇、そして睦仁親王が暗殺されずに生きていて、それで歴史の表舞台からは姿を消して裏舞台に回った。これならば孝明天皇と睦仁親王殺害の祟りはないはずで、合点がいったのです。

そして実はもう一点、日本そして天皇に対しての知識を得るうちに、「この大問題はどう処理したのか?」と湧き上がっていた疑問に対しても辻褄が合うかな?となったのです。その疑問とは天皇は大神官であり日本最高神官であるということについてです。

» 続きはこちらから