2021年8月29日 の記事

Qをダシに使ったサイトの情報は、意図的にフェイクニュースを流している!

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事は、読者の方から提供された記事の引用元を、機械翻訳にかけたものです。案の定、年中フェイクニュースを垂れ流しているサイトが出てきました。トランプ元大統領が幼子を抱えて助け出すイメージを用いた印象操作が、目に飛び込んできます。
 私はQグループを信頼していますが、Qをダシに使ったこうしたサイトの情報を一切信用していません。引用元をご覧になると、「波動」が悪いのが分かるはずです。年中ウソをついていると波動は闇に落ちます。
 今回は、“シンガポール保健省が、Covid-19 はウイルスとして存在するのではなく、放射線を浴びた細菌が血液中に血栓を作り、人を死に至らしめると発表した”というフェイクニュースが出てきます。
 4月27日の記事で、“ロシア保健省が、COVIT-19感染者は、ウイルスで死ぬのではなく、5G光線に曝された特殊な細菌が静脈と神経に血栓の形成をもたらすために死ぬと発表した”というフェイクニュースを紹介し、本当のロシア保健省の公式サイトには、“COVID-19を引き起こすウイルスは、SARSを引き起こすウイルスと同じウイルス科に属していますが、別のウイルスです”と、今でもはっきり書かれていることを示しました。
 2つ目の記事は、この時のフェイクニュースと同じ内容のものです。冒頭の記事は、この「ロシア保健省 コロナ詐欺が判明」と題する2つ目の記事の内容を、単に焼き直したものです。このように、Qをダシに使ったサイトの情報は、意図的にフェイクニュースを流しているとしか思えません。
 “続きはこちらから”の最初の記事をご覧ください。2020年2月11日という早い段階で、ロシア保健省の公式サイトは、「武漢の肺炎ウイルスは自然のものではなく、組み換えウイルスである」と公式に発表しているのです。このことは、2020年2月22日の時事ブログの記事で既に紹介しています。
 冒頭のフェイクニュースに戻りますが、これほどウソがバレバレの記事も珍しいです。当のシンガポール保健省へのリンクがありません。このような世界を揺るがす革新的な発表をしたのであれば、“世界で初めてCOVID-19の遺体のオートプシー(死後解剖)を行った”のはどの機関で、日時はいつなのか、そして血栓を作り出し患者を死に至らしめるという細菌の名前、あるいは遺伝子情報が掲載されているはずなのです。
 また、COVID-19 の遺体の解剖が、今になるまでどこの国も行っておらず、シンガポールが世界で初めて死後解剖を行ったなどという戯言を、どうしたら受け入れられるのでしょう。2020年5月21日の記事「COVID-19死亡患者12例の剖検で58%にDVTあり」には、ドイツのHamburg-Eppendorf大学医療センターがCOVID-19死亡患者12人の解剖を行ったとあります。この点だけで、冒頭の記事がフェイクニュースであることは確定します。
 私が分からないのは、この様に少し考察すれば、明らかにフェイクニュースだと分かるものを、なぜ単純に「陰謀論者」は信じるのだろうという事です。彼らの、“頑なに新型コロナウイルスの実在を拒む精神状態”が、私には謎なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2021年8月23日付でGCRを介して共和国を復旧
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
(中略)
Qの世界救済計画は、実は世界規模の軍事的サイオプスティングオペレーションであり、あらゆるシナリオが綿密に計画された台本付き映画である。
 
「空が落ちてくる週」に備えよう(アリゾナ州の監査が明らかに?) ...Q
(中略)
ジュディ注:8月22日(日)に報道されたフレミングの軍事情報コンタクトによると、新しい通貨レートは24時間以上以内(8月23日(月)朝8:30am EST)に固定されるとのことです。8月22日
(中略)
シンガポール保健省。シンガポールは、世界で初めてCOVID-19の遺体のオートプシー(死後解剖)を行った国となりました。徹底した調査の結果、Covid-19はウイルスとして存在するのではなく、放射線を浴びた細菌が血液中に凝固して人を死に至らしめることが判明しました。Covid-19病は、人間に血栓を作る原因となり、静脈に血液が固まり、脳や心臓、肺に酸素が行き渡らないために呼吸が困難になり、人はすぐに死んでしまうことが分かったのである。
 
呼吸力不足の原因を探るため、シンガポールの医師はWHOのプロトコルに耳を貸さず、COVID-19の解剖を行った。医師が腕や足などを開いて丁寧に調べたところ、血管が拡張して血栓ができており、血流が阻害され、さらに体内の酸素の流れが悪くなって死に至ることがわかった。この研究を知ったシンガポール保健省は、直ちにCovid-19の治療プロトコルを変更し、陽性患者にアスピリンを投与しました。100mgとImromacを服用するようにしました。その結果、患者は回復し始め、健康状態も改善していきました。シンガポールの保健省は、1日で14,000人以上の患者を避難させ、家に帰しました。
 
科学的発見の期間を経て、シンガポールの医師たちは、この病気が世界的なデマであることを説明し、「血管内凝固(血栓)にほかならず、治療方法は抗生物質の錠剤、抗炎症剤、抗凝固剤(アスピリン)を服用すること。これは、この病気が治ることを示しています。他のシンガポールの科学者によると、人工呼吸器や集中治療室(ICU)は必要なかったそうです。そのためのプロトコルがシンガポールではすでに発表されている。中国はすでにこのことを知っていますが、その報告書を公開していません。
 
この情報をあなたの家族、隣人、知人、友人、同僚と共有し、コヴィド-19の恐怖を振り払い、これがウイルスではなく、放射線を浴びただけのバクテリアであることを理解してもらいたい。免疫力が非常に低い人だけが注意してください。また、この放射線は炎症や低酸素症を引き起こす。被害者はアスプリン-100mgとアプロニックまたはパラセタモール650mgを服用してください。
(以下略)
————————————————————————
ロシア保健省 コロナ詐欺が判明
引用元)
ロシアは、死後のCovid-19患者を解剖し、大きな発見がありました。 
ロシアは世界で初めてCovid-19の死体を解剖した国であり、徹底的な調査の結果、Covid-はウイルスとして存在しないことが判明しました。それはグローバルな詐欺です。人々は「拡張電磁放射(毒)」で死にます。  

科学的発見の期間の後、それがウイルスであると仮定することはできませんが、むしろ死を引き起こし、静脈と神経に血栓の形成をもたらす細菌であり、これらの細菌のために患者は死にます。
ロシアはウイルスを打ち負かし、「血管の凝固(血栓症)以外に何もなく、治療法は無傷である」と述べた。 抗生物質錠 抗炎症および抗凝固剤(アスピリン)の服用。 これは、病気が治癒できることを意味します。
(中略)  
この情報を家族、隣人、友人、友人、同僚と共有して、Covid-19の恐怖から抜け出し、それがウイルスではなく、単に5G光線にさらされた細菌であることを理解できるようにします。

原因は、免疫力が非常に低い人を傷つけることです。この放射線はまた、炎症や低酸素症を引き起こします。
犠牲者は、エプリン-100mgとアプロニコットまたはパラセタモール650mgを服用する必要があります。
(中略)
この研究のニュースの後、ロシア保健省はCovid-19治療プロトコルを変更し、陽性患者にアスピリン-100 mgを投与し、エンプロマックの投与を開始しました。 その結果、患者さんは回復し始め、健康状態も改善し始めました。 ロシアの保健省は、1日で14,000人以上の患者を退院させて帰国させました。
出典:ロシア保健省。
(以下略)

» 続きはこちらから

[Twitter]染み出してくる猫

竹下雅敏氏からの情報です。
ネコは液体と、よく言われるが…。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)

メキシコ便り(97):メキシコ、アフガニスタンから米主要メディアのジャーナリストらを救済

 厚生省によるとメキシコはコロナの第3波が3週連続減少傾向に。8月24日時点で5660万人がワクチン接種済み。61%の成人が1回目のワクチン接種済み。コロナで亡くなった95.5%の人はワクチン未接種者。予防接種のおかげで死亡者が減り、ワクチンは最も効果のあるもの、まだの方は是非、接種をと毎日のように勧めています。(ため息〜😩)(8月24日朝の大統領プレス・コンファレンスより)
 ロペス・オブラドール政権の政策のほとんどは素晴らしいものですが、コロナ対策だけはホントに残念!大統領が全て専門家に任せ切っているので。。。それにしてもコロナ対策チームリーダー、厚生副大臣のロペス・ガテル氏の波動が健全なのはなぜ?!

 さて、今回は、ナチョさん動画で取り上げられていた、アフガニスタンの難民ジャーナリストらを救済したニュースを取り上げてみました。ロペス・オブラドール大統領らしさが光り✨、これこそpopoちゃんが知っているメキシコ人の特徴です。多くのメキシコ人は困っている人をほったらかしにできません。かなり前にも書きましたが、戦後、敗戦した日本は他国から相手にされなかったらしく、その時、最初に手を差し伸べたのがメキシコだったと。。。お礼に日本は東京の一等地をメキシコ大使館に渡したという話を聞いたことがあります。(編集者のぺりどっとさんが、このことが書かれた記事を見つけてくださいました。)また、まだ記憶に新しい救済としてはボリビアのエボ・モラレス元大統領の亡命を受け入れ、無事にボリビアに帰国しました。

 メキシコには昔から伝統的に困った人に手を差し伸べる習慣があるようで、エブラルド外務大臣は今回の記者会見で、19世紀のキューバ独立運動の指導者ホセ・マルティをはじめ、ドイツ系ユダヤ人やクーデターから逃れてきた南米の人々を歓迎してきた国の伝統があり、メキシコは「彼らを保護するために、またこの方針に沿って」アフガニスタンのジャーナリストたちに門戸を開いたと述べたそうです。(ニューヨーク・タイムズ紙

 そんなメキシコ、その助けたジャーナリストらは反大統領派の米国主要メディア!命を第一に優先するメキシコ。過去にどんなに攻撃していたジャーナリストでも、それはそれ、彼らの命を尊重し助けたメキシコは眩しい✨生きるチャンスを与えられたこれらのジャーナリストらは、今後も大統領を攻撃し続けるのか、それとも会社の意とは反対に、正直な記事を書くことに改心するのか。。。どっちにするか今後、ご自身の波動に影響しそう。
(popoちゃん)
————————————————————————
メキシコ便り(97):メキシコ、アフガニスタンから米主要メディアのジャーナリストらを救済

メキシコ、米国の主要メディアで働くアフガニスタンのジャーナリストらを受け入れる


8月25日、アフガニスタンからニューヨーク・タイムズ、ワシントンポスト、ウォールストリートジャーナルのジャーナリストらがニューヨークでもなく、ワシントンでもなく、メキシコのベニート・ファレス国際空港に無事到着。下のメキシコ外務大臣マルセロ・エブラルドのツイート動画は、大臣自身がお迎えに出向いているところ。

女性の左隣に立っている男性がエブラルド外務大臣
ツイート意訳:アフガニスタンで起きた事件を受けて、メキシコへの人道的ビザを申請したメディアの記者、スタッフらを迎えた。20時間のフライトを経て家族とともに到着。未成年者を含む計124名。

» 続きはこちらから