2021年8月28日 の記事

モデルナの新型コロナウイルスワクチンの一部に混入していた、磁石に反応する粒子状の異物 / オーストラリアの公共放送局「ABC」が、ニュース放送中に悪魔崇拝の儀式の映像を流す!

竹下雅敏氏からの情報です。
 モデルナの新型コロナウイルスワクチンの一部に異物が混入していたとのことですが、動画の33秒のところで、事前のチェックで異物に気付いた埼玉県の薬剤師の方は、“(ワクチンは)白濁液で、今回は黒い微粒子が入っていましたが、コンマ数ミリくらいの、見ればわかる程度のサイズで異物が入っていました。本当に小さなものもあれば、平べったいような形をしているものもありました”と言っています。
 厚生労働省によれば、“今回見つかった異物は粒子状で、磁石に反応することから金属製と見られる”という事です。平べったいような形をしているものもあり、磁石に反応するのですね。金属ではなく酸化グラフェンかも知れませんね。多層構造(2~4層)の酸化グラフェン(GO)の磁気特性を評価した論文もあるようです。
 ツイートの動画を見ると、やはりワクチンを打つと接種部位に磁石がつく人がいるようです。3つ目の動画は12分以降をご覧ください。ワクチン接種部位から何か平べったい物質が取り出されます。
 “続きはこちらから”は、オーストラリアの公共放送局「ABC」が、ニュースを放送中に悪魔崇拝の儀式の映像を流していたというもの。最後のツイートの動画は、1995年の講演の内容とのことです。この時から既に、ワクチンを強制することで人々のコントロールを可能にし、「ゾンビ」に変えることを警告していたのですね。
 「喜べ、サタン」ですか…。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
モデルナワクチン 異物は粒子状金属で製造工程で入り込んだか
引用元)

動画は引用元でご覧ください(画像をクリックすると引用元へ飛びます)

モデルナの新型コロナウイルスワクチンの一部に異物が混入していた問題で、混入したのは、粒子状の金属と見られることが厚生労働省への取材で分かりました。
(中略)
異物が混入したワクチンは、スペインの工場で製造され、厚生労働省は、この工場で同じ時期に製造された163万回分のワクチンについて接種を見合わせるよう26日朝から全国863の会場に連絡を取っています。

厚生労働省によりますと、今回、見つかった異物は粒子状で、磁石に反応することから金属製と見られるということです。

製造工程で入り込んだとみて異物の特定を急ぐとともに、混入の詳しいいきさつを調べています。

厚生労働省によりますと、これまでに健康被害の報告はなく、「仮に未開封のワクチンを接種に使用したとしても、安全性や有効性への影響はないと考えられる」としています。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

————————————————————————
Magnetic Material extracted from Arm
配信元)

» 続きはこちらから

未だにCOVID-19の原因が5G、酸化グラフェン、インフルエンザだという人たちが居る! ~感染爆発したイランやインド、メキシコでは5Gは整備されていない

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事は、8月23日に紹介した「21/08/16 フルフォード情報英語版」の一部を再掲したものです。8月8日の記事で、“ヨーロッパに亡命した中国人民解放軍の専門家によれば、新型コロナウイルスは、最初に中国広東省でばら撒かれ、次に2019年10月に開かれた「第7回ミリタリーワールドゲームズ」に照準を合わせ、武漢天河国際空港周りでばら撒かれた。しかし、これらは失敗した。そして、11月頃に新鮮市場(華南海鮮卸売市場)でばら撒き、多くの人が感染した”というメイカさんの情報をお伝えしました。
 私は、武漢で大量の死者が出たのは、このように新型コロナウイルスがばら撒かれたことに加え、5Gによる低レベルの電磁波攻撃があったからだと考えています。しかし、フルフォード氏の記述からは、COVID-19は5Gによるもので、新型コロナウイルスによるものではないと考えているように見えます。
 「Covid-19 が世界中に広がっていく様子は、5G ネットワークが整備された場所の地図とぴったり一致した」と書かれていますが、これは誤りです。地図をよく見てください。イランは5Gが整備されていません。しかし、コブラ情報によれば武漢の次に、“武漢とは遺伝子系統の異なるウイルスを韓国、イラン、イタリアにばら撒いた”という事でした。
 現実に、当時のイランでは多くの人が亡くなっています。COVID-19が5Gによるものなら、イランでの感染爆発と多くの死者はどのように説明するのでしょう。
 また、インドやメキシコも5Gが整備されていませんが、感染爆発が起こりました。インドとメキシコはイベルメクチンを用いたことで、感染者数が激減しました。イベルメクチンは、「コロナやインフルエンザなど多くのウイルスの複製を阻害」することが知られています。
 COVID-19の原因はインフルエンザだという珍説がデマであることは、8月7日の記事で既にお伝えしています。
 AyiMayi氏のツイートの動画は既に紹介していますが、もう一度ご覧ください。「SRRS-COVID-2がどのように見えるか、動画をお見せします。…これは、SRRS-COVID-2が存在せずウイルスが分離されていないという意見を持つ人達に非常に重要です。…エクソソームを実際にウイルスと信じたい人達です」と言っています。アンドリュー・カウフマン氏や大橋眞氏、そしてその信者のことですね。
 2020年8月19日の記事で、“アンドリュー・カウフマン氏や大橋眞氏の説は、専門家であれば誰も相手にしないレベルのもので、いちいち反論する時間がもったいない”とコメントしましたが、未だにCOVID-19の原因が5G、酸化グラフェン、インフルエンザだという人たちが居るのに驚いています。
 “新型コロナウイルスの存在証明はない”という人は、動画の12秒のところに写っているものは何だと考えているのでしょう。彼らの主張にしたがえば、これは新型コロナウイルスでも、インフルエンザウイルスでもありません。どちらも彼らの要求する方法では、「分離」されていないからです。では、これは何でしょう。
 これを培養細胞で増やし遺伝子を調べると、インフルエンザウイルスではなく、新種のもので新型コロナウイルスとして登録されているものに一致するのです。それでも、培養細胞で増やした証拠は認めないというのであれば、ここに写っているものの正体を説明する必要があるのは、彼らの方ではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
21/08/16 フルフォード情報英語版:2011年3月11日の福島への攻撃とその余波
転載元)
(前略)
米国株式会社のオーナーらは、中国の武漢に大規模な5G電磁波攻撃を仕掛けたのだ。武漢で大量の死者が出たのは、1万本の5G送電塔が起動し、住民が致命的な低レベルの電磁波攻撃を受けた後だったことを思い出してほしい。

「コロナウイルス」だという公式見解は、明らかにナンセンスだ。というのも、もし生物学的な攻撃であれば、パンデミックはまず武漢の郊外に広がり、その後、中国の他の地域にも広がるはずだったからだ。しかし、実際には武漢市内の5Gゾーンに限定されていた。


その後、Covid-19が世界中に広がっていく様子は、5Gネットワークが整備された場所の地図とぴったり一致した。5Gを理解するには、電子レンジの解凍モードを思い浮かべてみよう。電子レンジは約200ワットで動作するが、5Gは約30ワットに相当する。しかし、それが24時間続くと、肺病に似た症状が出る。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

[Twitter]オランダの運河

編集者からの情報です。
いろんな橋、橋、橋。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

イベルメクチンの自宅療養の参考になる処方 / ワクチンを利用した社会的な分断が引き起こされる可能性に注意

読者の方からの情報です。
素人にはイベルメクチンをどれぐらい使用すれば良いのか判断出来なかったのですが...。そんな時にコレを見つけました!
2021年6月5日にFLCCCが日本オリンピック委員会に宛てて、COVID-19の予防・早期治療プロトコルを正式に提出した内容です。
 皆さんの参考になれば...と思い投稿させて頂きます。
(Sakura)
 COVID-19の救命最前線の医師たちが、安心して東京オリンピックを開催するために提案したイベルメクチンの処方箋です。JOCは一顧だにしなかったようですが、私たちには大いに参考になりますね。元記事には日本語の注意事項もあります。
 モデルナワクチンの異物混入が問題となり、かつ詳細情報が出てこないことから、接種に躊躇する方が増えるのではないかと思っていましたが、翌日の渋谷の接種会場には長蛇の列、あっという間に予定数に達したとの報道がありました。周りに流されるというよりも、本当に「ワクチンを打たないと大変だ」と多くの方が認識されているのでしょう。戦前戦中、後から振り返るとどうして人々は大本営発表を易々と信じたのだろうと不思議な気がしますが、不安は判断の目を曇らせるのか、「○人家族の内、コロナで死んだのはワクチン未接種だった○人だけ」というデータにならないようなメディアの話題は不安を生むのに適しているように感じます。
 海外では、ワクチン接種者と未接種者のあからさまな分断が始まったようです。これから起こるであろうシナリオでとても説得力のある「分断のための新しいトリック」を予想する動画がありました。ワクチン接種者の体調不良の原因を新しい変異株のせいにして、ワクチンが効かないのは未接種者が変異株をばらまいているからだというプロパガンダを起こす。そうすると、接種者で亡くなった家族を持つ人は、未接種者への感情的な反感を持つというものです。深刻な社会的分断を生むという見立ててです。メディアの論調とともに、ワクチンの「遅発性後遺症」に十分注意したいと思います。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
日本オリンピック委員会の皆さん
引用元)
(前略)

予防プロトコル


18 歳以上で 40kg(90lbs)以上の成人
イベルメクチン 18mg錠;治療開始初日1回,後は毎週(7日ごと)
ビタミン D3 2,000 IU (50μg);毎日
複合ビタミン 1 錠;毎日
デジタル体温計:オプショナル(体温測定用)


早期自宅療養プロトコル


18 歳以上で 40kg(90lbs)以上の成人
イベルメクチン 18mg錠;毎日1回,5日間
メラトニン アスピリン 殺菌含嗽
6mg;就寝前,5 日間 80mg;毎日(禁忌を除く)
1 日 3 回(飲み込まずに嗽をする);可能な場合


曝露後予防


COVID-19患者の家族または濃厚接触者
イベルメクチン 18mg錠1回,48時間以内に繰り返す

(以下略)

» 続きはこちらから

[医療者必見]論文「COVID-19の治療における二酸化塩素の有効性の判定」より(3/3) 〜 研究者らの考察と提言

シャンティ・フーラスタッフからの情報です。
 前回に引き続き、二酸化塩素の新型コロナウイルス感染症に対する治療効果について、重要なレビュー論文を紹介しています。論文の概略と機械翻訳した全文Wordファイルのダウンロードについては、初回記事のコメントをご参照ください。
 
 今回は試験結果に対する、研究者らの様々な考察と提言が見られます。ざっくりまとめると次の通りです:

・統計的検証を通じ、二酸化塩素は新型コロナウイルス感染症の治療に有効であると断言できる。
・今回の実験では、7日目に100%の症例でPCR検査値が陰性化。発熱・咳・呼吸困難・無力感・全身の痛みは、治療後7日目には70%の症例で達成され、患者の罹患率が大幅に改善された。
・二酸化塩素を用いることで、疾患の症状を迅速に変化させ、14日から21日以内に各検査値を正常値に低下させることができた。
・初期段階で発熱症状に改善がみられたことは、二酸化塩素の直背的な殺ウイルス効果を示している。
・痛み・咳・呼吸困難の改善は、メカニズムは未だ明解ではないが、二酸化塩素は直接的な抗炎症作用やネトーシス(白血球の自爆死)プロセスへの作用をもたらす可能性がある。
・酸素飽和度のかなりの改善が観察された。これは、赤血球に結合したウイルスを二酸化塩素が酸化し、酸素運搬能力を回復させるためである。
・二酸化塩素はメトヘモグロビン化(異常化)した赤血球を回復させる。(図8の写真を参照) また、血中の乳酸値を改善することも確認されている。
・血小板と血栓の減少を示すDダイマー値の減少は、二酸化塩素が血液の流動性に作用する可能性を示唆する。
・ほとんどの患者にリンパ球減少が見られるが、このプロセスにはウイルスだけでなく、二酸化塩素が関わっている可能性はある。

 そして著者らは、今回の研究は二酸化塩素分野における先導的な研究であり、ここで得られた知見は、今後の多くの本格的な研究への道を開くものになると述べています。また、二酸化塩素の分子レベルでの作用を研究することで、新型コロナウイルス感染症にとどまらずさまざまな病態に「酸化療法」という新たなアプローチを導入できるとのことです。

 このような将来の医療革命にも繋がる極めて重要な研究を、研究者の自己資金の範囲で行わざるを得なかったという点が、何ともやるせない所です。資金面他さまざまな苦難を突破して、このような成果を生み出した研究者の方々に、深い敬意と謝意を表したいと思います。また本論文の謝辞にも登場する、本研究の道を開いた人であろうスイスの先駆的な二酸化塩素研究者、Andreas Kalcker氏にも。
 
 安価かつ本物の技術を用いたまともな医療が、世界中で当たり前に提供される日が来ることを祈ります。いけーっ!二酸化塩素っ!
(るぱぱ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
COVID-19の治療における二酸化塩素の有効性の判定
[ISSN 1747-0862] Determination of the Effectiveness of Chlorine Dioxide in the Treatment of COVID 19
転載元より抜粋・機械翻訳)
(前略)

 議論と提言


(中略)

二酸化塩素がCOVID19の罹患率や死亡率を効果的に減少させることができるかという研究課題については、実験群と対照群におけるWilcoxon-Mann-Whitney検定のU検定(α:95%)による確認的な有意な統計的検証によりこれが明らかになり、二酸化塩素がcovid19の治療に有効であるという仮説が確認されました。

この第IIa相臨床試験は、400人の患者を対象とした第IIb相二重盲検無作為化試験を実現するための予備段階であり、我々はこの目的のためにすでに取り組んでいます。

私たちが選んだデザインの主な利点は、サンプル数の多い臨床試験、特に二重盲検法を用いてサンプル数を増やすよりも、簡単で安価に実施できる研究であることです著者は外部からの資金提供を受けておらず、費用は著者が直接、個人的に負担しました)。

Pixabay
画像はシャンティ・フーラが挿入
(中略)

結果と作用メカニズム

【注:ライター挿入の見出し】

この結果とその説明については、実験群で最も重要なことは、7日目に100%の症例でRT-PCRが陰性化したことと、その結果が急速に得られたことであると考えられる。患者の一般的な症状、特に発熱、咳、呼吸困難、無力感、全身の痛みは、治療後7日目には70%の症例で達成され、VAS値は7日目と同様の割合で非常に顕著に減少し、特に喉の痛みは100%減少し、腰の痛みはほぼ80%減少し、患者の罹患率が大幅に改善されたことが明らかになった結果である。

二酸化塩素を投与した初期段階では、患者の発熱症状に改善が見られますが、これは先に説明したメカニズムにより、スパイクとウイルスRNAに作用することによる直接的な殺ウイルス効果によるものと考えられます。ウイルスRNAのアミノ酸やグアニンを酸化させる。

さらに、患者は喉の痛み、乾いた咳、呼吸困難などを改善し始める。この効果は、直接的な抗炎症作用に起因する可能性があります

また、まだ明確に解明されていないメカニズムにより、ネトーシスプロセスに作用する可能性もあると考えられており、現在、詳細な調査を進めているところです。

» 続きはこちらから