2017年7月1日 の記事

オーストリア、ハンガリー帝国の復活 / イージス艦と貨物コンテナ船の衝突事件 〜キッシンジャー氏の働きとネオコン・安倍政権に対する警告〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 動画の1分5秒〜1分55秒では、オーストリア、ハンガリー帝国の復活について述べ、これはロスチャイルドの失脚がこうした動きになっていることを指摘しています。 1分55秒〜3分38秒では、中東の事情について触れ、サウジアラビアは長く持たないだろうと言っています。 7分50秒〜8分15秒では、ロスチャイルド家もかなり死んでいると言っています。その後驚くべき事を発言しています。13分20秒〜14分3秒では、朝鮮半島の統一が水面下で合意されていると言っています。16分25秒〜17分55秒では、イージス艦とフィリピン船籍の貨物コンテナ船が伊豆半島沖で衝突した事件について、これは電磁的なハッキングによってイージス艦が機能を停止させられたのではないかと言っています。
 動画の下には、この動画に語られている内容に関係した記事を掲載しています。まず、オーストリア・ハンガリー帝国復活ですが、この背後にいるのもやはり、ヘンリー・キッシンジャー氏のはずです。彼はカール・ハプスブルグ・ロートリンゲンに助言していると思います。中東、カタールの問題にキッシンジャー氏が関与していることは、これまでに何度かコメントしました。朝鮮半島の統一は、キッシンジャー氏がトランプ政権成立以前から取り組んでいたもので、こうした動きを阻止し、北朝鮮を導火線とする第三次大戦を引き起こそうとしたのがロスチャイルド家です。これらの状況から、キッシンジャー氏はロスチャイルド家を潰す側に回っていると考えられます。すなわち、プーチン大統領とキッシンジャー氏は協調して動いているわけです。
 イージス艦のハッキングという説は、事実だと思います。問題は、これを誰が行ったのかです。安倍政権はネオコンに牛耳られており、彼らは中国との戦争を考えています。また、このようなハッキング技術はロシアか中国が所有していると考えるのが自然なので、今回の事件が中国軍部の仕業と考えるのは、筋が通っていると思います。おそらく、ネオコン、安倍政権に対する警告だと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
中近東で孤立するイスラエル、オーストリア、ハンガリー帝国の復活、ITに頼りすぎな米海軍の危機【ネット TV ニュース.報道】
配信元)

————————————————————————
キッシンジャー元米国務長官 露米は未来の地球の共通のビジョンを見出すことができる
転載元)

© Sputnik/ Alexey Nikolsky


キッシンジャー元米国務長官は、ロシアと米国は遅かれ早かれ一緒に行動する必要があることを確信し、世界に関する共通のビジョンを見出し、対話の席につくことができるだろうとの見方を示した。

スプートニク日本

キッシンジャー氏は「私は将来を楽観的に見ており、そのような可能性があると考えている。私はこの状況を楽観的に受け止めている。なぜなら世界はグローバル化し、新たな技術の影響力がさらに大きくなっているからだ。それぞれの国の昔の歴史的立場を考慮すると、我々は露米関係の次なる段階の始まりに位置することができる」と強調した。

またキッシンジャー氏は、世界は建設的な進化を目指しており、他の国の活動を失敗させたり、メリットを得ることに力を注ぐ国は一つもなく、反対に協力の成果を達成することに尽力するという前提に立脚する必要があると述べた。

この前、キッシンジャー元国務長官は「米ロは、シリアでの作戦実施の際、一つの目的を追求しなければならない。さもなければ、状況は、危険なシナリオに従って進展する可能性がある」との確信を明らかにした。

————————————————————————
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
トランプ大統領は、文在寅大統領を「破格礼遇」して「もてなして」でも、米韓首脳会談「米朝和平」を成功させようとしている
 

◆〔特別情報1〕

 天皇陛下と小沢一郎代表に託されている「MSA」巨額資金のうち「4京円」が6月5日から8日までに「G20各国」に分配(シェア)されたと言われながら、「韓国」には分配(シェア)されていない。それは、北朝鮮(金正恩党委員長=元帥)と一緒に「朝鮮半島統一」まで「お預け」になっているからだ。このため、トランプ大統領と文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「米朝和平→朝鮮半島統一」=「韓国・北朝鮮融和→朝鮮半島統一」を実現するため、「忍者外交の名手」キッシンジャー博士の同席を得て、真剣に米韓首脳会談を行っている。トランプ大統領は、韓国の文在寅大統領に、「破格の礼遇」でもてなして、米韓首脳会談を成功させようとしている。

————————————————————————
イージス船、フェーズドアレイ部分が大破?
転載元)
 イージス艦フィッツジエラルドは、横須賀に曳航されたあと、艦内から行方不明とされていた乗組員が発見されたという展開になっています。

(中略) 

イージス艦内で数人の遺体発見 米海軍、衝突事故で 

2017年6月18日朝日新聞デジタル 伊豆半島沖で17日未明、フィリピン船籍の貨物コンテナ船と米海軍のイージス駆逐艦フィッツジェラルドが衝突した事故で、在日米海軍は18日、行方不明となっていた7人の乗組員のうち、数人の遺体がイージス艦内で見つかったことを明らかにした。

(中略) 

(中略) 

第七艦隊の発表によると、「(横須賀で)水を抜き出した後、浸水した区画にレスキュー隊が入って、船員らを発見した」「彼らは海軍病院に送られ身元確認が続けられている」と発表・・・ですが、「軍の事故」なので、事実はわかりません。
 それから、「コンテナ船がUターンした」ことについての言及もあまりありません。日本郵船への遠慮?



コンテナ船の軌跡、イージス艦の方は入手できないとのこと。
 
イージス艦の右後方からぶつかったか 

06/18 13:02  
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00361627.html

海上保安庁や運輸安全委員会は、17日も船体の状況を確認するなど調べを進めていて、イージス艦の右後方から、コンテナ船がぶつかった可能性があるとみて、事故原因の特定を進めている。関係者によると、イージス艦は、右舷中央付近が大きく破損し、コンテナ船は、船首の左側に衝突による損傷が確認されていることから、2隻は同じ方向に航行していて、イージス艦の右後方から、コンテナ船がぶつかった可能性があるという。

(中略) 

(中略) 

 この記事を読むと、コンテナ船がUターンして、イージス艦に体当たりしたようにも読めます。驚いたのは、このイージス艦、フェーズド・アレイ・レーダの搭載船でした。おそらく横須賀を基地にする艦船のすべてがそうなのでしょうが・・・そして、被害を受けたのはまさにその部分(機械室と無線室)だったのです。

(中略) 

 その、フェッツジェラルドの心臓部分を日本郵船のコンテナ船が狙ったとも思えるので、そりゃあ「阿波丸」の亡霊が頭に浮かぶわけですよ。もちろん妄想ですが、妄想のほうが正しかったりするのが今の時代です。2017.6.18

都民ファーストは自民党の別働隊ではない…小池劇場の背後に小沢氏、キッシンジャー氏

竹下雅敏氏からの情報です。
 小池百合子氏は、今でも自民党を離党していません。田中龍作氏は、“都民ファーストとは「自民党小池派」である”とツイートしています。小池都知事を支えている人たちの人脈から、都民ファーストは自民党の別働隊であると考える人が多いようです。
 実際問題として、小池氏は公明党だけではなく維新の会からも支援を受けており、おそらく、菅官房長官から維新を通して、官房機密費が小池氏のところに流れ込んでいるのではないかと想像します。
 これは岩上安身氏がツイートしているように、自民党の改憲案を支持する勢力として、都民ファーストを裏で自民党が支援しているということなのです。これは憲法改正を最終目的と考える自民党の戦略だったと思います。
 ところが、今起きていることは、これとは違います。通常なら、“続きはこちらから”以降のマチベンさんの非常に興味深い記事の様に考えるのが、自然だと思います。しかし、ネオコンの言いなりである安倍政権が見限られている以上、安倍政権に攻撃を仕掛けている側が誰で、何の目的で攻撃をしているのかが問題です。マチベンさんは、これを日本にさらなるグローバリズムを推進させるための政変だと見ています。しかし、私にはそうは見えません。
 日本からマイケル・グリーンやアーミテージを追放したのは、キッシンジャー氏だと思います。日本における安倍政権の最大の抵抗勢力は、天皇陛下ではないかと思えます。キッシンジャー氏はゴールドマン・ファミリーズ・グループのブレインとして天皇陛下を支えていると考えるのが、板垣英憲氏の情報からは自然なように見えます。そう考えると、今起こっていることがよく判ります。
 おそらく、キッシンジャー氏は小沢一郎氏に助言をし、小沢一郎氏は小池百合子氏に助言をしていると思われます。政治関係者には、小沢一郎氏がゴールドマン・ファミリーズ・グループ(300人委員会)における重要人物である事はすでに知れ渡っていると思われます。なので、田中龍作ジャーナルの記事に出てくる長島昭久議員や渡辺喜美議員は、小沢一郎支持に回ったと考えられます。
 私は基本的に山本太郎議員を支持しています。山本太郎氏は小沢一郎氏を支持すると思われ、この意味で、今起こっている政変は、良い方向に向かっていると考えています。当然、小池劇場の背後にいる小泉純一郎氏も、こうしたグループの仲間だと考えると、今の動きがよくわかると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【都議選】都民ファ+ 民進離脱勢力 = ニュー自民党
引用元)

「民進」の文字は「東京改革」で隠しているが、The Democratic Party(民進党の英語表記)は、そのままだった。掲示責任者(右下)は、民進党を離党した「長島昭久」とある。=29日、昭島市 撮影:筆者=



 JR昭島駅前の政党掲示板は日本政治の近未来を予測させる。民進党の掲示板に、小池ゆり子都知事のポスター。掲示責任者は民進党を離党した長島昭久衆院議員だ。

 昭島市選挙区から立った都民ファースト公認候補は、長島議員の元秘書である。選挙事務所には連合傘下の労働組合の為書きがズラリと並ぶ。都民ファーストと提携関係にある公明党の幹部からの為書きも、しっかりと目立つ位置にあった。

 長島議員は日本維新を除名処分となった渡辺喜美参院議員と共に都民ファーストに入るものと見られている。

 7月2日投開票の都議会議員選挙では、都民ファーストの大勝と民進党の壊滅的敗北が予想されている。選挙後、少なからぬ数の民進党国会議員は都民ファーストに移籍するだろう。民進党都議会議員がそうであったように。

 そして都民ファーストは国政に躍り出る。「ニュー自民党」の誕生だ。

(中略) 

 都民ファーストの選挙を見ていると、2001年の光景がまざまざと蘇る。小池百合子氏は小泉首相の秘蔵っ子だった。

 小泉劇場でどうB層を惹きつけるかを習得した「マダム回転寿司」が、都議選で大勝する。次に大衆が目にするのは「小池劇場第二幕」だ。

————————————————————————
配信元)




» 続きはこちらから

総理の「獣医学部を加計学園以外にも認める」発言の真意は、計画続行サイン!?

読者の方からの情報です。
 昨今、森友学園、加計学園、元TBS記者・山口敬之レイプ隠蔽関与疑惑、総理のご意向文書問題などで大揺れしている安倍晋三内閣ですが、新たに深淵からの核心ともいうべき爆弾が出てきたかもです。
 6月28日にシャンティ・フーラ様のところで投稿された「加計学園獣医学部の中に「ウイルス研究施設」を設置する計画!? 〜狂気の政権…生物化学兵器開発の隠れ蓑か!?〜」の記事に関連して、紹介するのにちょうどよいタイミングのような気がしましたので寄稿した次第です。
 731部隊は戦前の旧陸軍にあった生物化学兵器のための研究機関で、731部隊といえば石井四郎のイメージが強いのですが、その背後にいたのが岸信介ということと、戦後A級戦犯として問われる際に731部隊の全データをアメリカに渡して不問にしてもらったのでは?ということです。
 後者は証拠が一切出てこないらしく真相がわからないのですが、もしこれが事実なら、
・なぜ安倍が家計学園に執着していたのか?
・なぜ獣医学部にバイオセーフティーレベル3(BSL3)の施設を作ろうとしているのか?
につながってきそうな気がしています。そもそも安倍晋三は祖父・岸信介を信奉しており、祖父のやったことの続きをなぞりたいことの気がしています。

安倍官房長官印象操作映像事件(Wikipedia

 2006年7月21日に大手テレビ局TBSのニュース番組「イブニング・ファイブ(JNNイブニング・ニュース)」で731部隊の特集を組んだ番組において、途中で小道具部屋で安倍晋三の顔写真が3秒間映っていたとされる事件。安倍晋三が激怒したともされ、総務省が調査に乗り出し、TBSは厳重注意処分となる。
 思うに731部隊の特集に自分の写真が使用されていたことが不快だったのではなく、731部隊に自分の祖父が関わっていることが露呈することが嫌だったのではないかと推察しています。
 加計学園と731部隊と岸信介の関係だけでなく、獣医学部の存在意義を根本から見直す時期に来ていると思われ、紹介させてください。
(ロックマン)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

pixabay[CC0]



 安倍晋三がなぜ獣医学部を加計学園に設立すること拘るのか?祖父・岸信介が731部隊の統括責任者という立場にあっただけでなく、731部隊幹部が戦犯免責後に医学部教授や研究所幹部として潜り込み、再起を伺っていたかもしれなく、安倍が総理に返り咲いた後に事が一気に動いたようなのです。そして福島原発事故で放射能による健康被害はないと宣った背景もわかってきたような気がします。


各ページの記事を要約しますと、

満州での人体実験や細菌兵器の開発は当時の総務司長であった岸信介の許可なしには行われなかったことと、731部隊を率いていた石井四郎の背後で岸信介が実権を握っていたことの推測。

②重松逸造医師(731部隊に関与し、原爆投下・チェルノブィリ事故の被爆による甲状腺癌以外の健康被害を否定した人物)からの医者つながりのルーツ。とくに長崎大、福島医科大にはその闇人脈が凄まじい。

③731部隊の幹部たちは戦犯免責と引換に人体実験の資料をアメリカに引き渡した経緯とその幹部のその後の職業が書かれている。

④加計孝太郎の経営する岡山理科大大学は理学部・工学部・生物地球学部などの学部があり、過去15回も申請していたことがわかる。安倍晋三が政権に帰り咲いた途端、国家戦略特区諮問会議で今治市を10番目の特区に指定した。岡山理科大学にセーフティ・レベル3の獣医学部研究施設、さらに長崎大学にエボラなどを扱うセーフティ・レベル4の感染症研究所の設立することも浮上した。ひとつこの形態が認定され、このまま開校を許せば、これまでに10箇所指定されている国家戦略特区に、同じ形態の獣医学部が10箇所設置することができる可能性をブログ主は懸念している(これが安倍の獣医学部を加計学園以外にも認めるという発言の真意か!?)。←←【【【ここ重要】】】 

⑤北村直人・日本獣医師会顧問へのインタビュー。獣医学は動物に関する医学というのは大きな勘違い。獣医学部の成り立ちは本来感染症対策が元であり、獣医学部も医学部も優秀な教員の存在がいかに重要かを説明し、教員と学生の比率は1:1でなければ実習できないと話す。そして獣医学師会に届いた加計の獣医学部に関するビジネスありきの告発文書のことも詳細に説明される。

安倍が総理に返り咲いたとたんに計画が進み、長崎大学医学部にバイオセーフティレベル4の感染症研究所の認可が降りる。放射能被爆問題に関する御用学者は731部隊つながりの面々が明かされる。

 私的には岸信介が731部隊の統括責任者かつ人体実験データを引き渡す代わりに731部隊幹部の戦犯を逃れていた事実も驚きですが、731部隊の戦後の医師としての闇人脈、長崎大学にバイオセーフティ・レベル4の施設を作ることを安倍が認可していた事が問題のように思います。安倍の「獣医学部を加計学園以外にも認める」という発言の真意は、加計計画が頓挫しそうなので代替の施設設立で計画続行というサインかもしれません。

 この事実を国民に知らせないと、仮に安倍を排除しても続・731部隊計画は人の知らない所で行われ、万が一バイオハザードがあれば日本即終了という笑えないことになるような気がしています。加計学園問題という文教の私物化よりもさらに大きな問題のように思えました。
(ロックマン)

[YouTube]遊びたいパンダとお掃除したい飼育員さん

竹下氏からの情報提供です。
「おねえちゃんのおしごと、おわらせたくないよお〜」
もふもふ子パンダ相手に、泣き笑いの落ち葉はき。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
Panda cubs and nanny Mei’s war Ⅱ
配信元)

かんなままの「ぴ・よ・こ・とライフ」(11)独立要求

かんなままさんの執筆記事第11弾です。 

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
独立要求
独立の要求を満たすためにも、子どもを好きなように遊ばせてください。遊ぶことは子どものエネルギーを発散させるために非常に重要です。
これを押さえつけると、子どもが余計に騒ぐようになります。
遊びたいエネルギーが鬱滞すると内向状態になります。弱い子をいじめる、虫を殺す、というように陰鬱になります。また、親に対してすぐに反抗する子どもになっていきます。

出典:「ぴ・よ・こ・と」竹下雅敏(著)


子どもは好奇心の塊です。衝動にも似た、湧き出るエネルギーのままチャレンジして、失敗して、又チャレンジして、達成感を味わい、独立要求を満たしていくのです。かつては子どもの生活空間に自由に遊べる場があり、時間も、仲間も、見守る地域の目もあったので、子ども達は生活の全てを遊びとして、エネルギーを発散させ、自立、成長していけたのです。


pixabay[CC0]



でも、こんな遊びは、当たり前すぎて、その重要性が認識されていませんでした。そして、経済成長とともに、子どもの生育環境が変わってしまいました。自然の中で自由に遊ぶ場所が激減して、公園も、学校の校庭でさえ自由に遊べなくなりました。住環境もしかり。子どもの声、足音が迷惑とされ、親は子ども達が家で騒がないように気を使います。

さらに、メディアが子どもの生活に入ってきてからは遊びの質も変わりました。身・心・気をフルに連動させてまるごと体験して遊んでいたものがプログラムされた表面的な刺激、反応だけの遊びに取り込まれてしまったのです。これでは生理的に湧き上がるエネルギーも、自発のやる気も鬱滞して、独立要求も満たされません。逆に、満たされないエネルギーが陰欝、反抗、キレる原因になってしまいます。


満たされない子供達の愛情要求と独立要求


追い打ちをかけるように、子どもの教育費を稼ぐためにママ達は早くから仕事に復帰して忙しく、子どもの愛情要求を満たすことができません。子ども達は1歳未満からの集団生活で相当我慢しています。言葉にならないストレスがママの顔を見たら噴出して来ます。無理難題な事を言って、暴れて、忙しいママを困らせます。又、怒られます。・・・子どもの叫びが聞こえてきそうです。


pixabay[CC0]



その上、幼稚園、放課後に英会話、お絵かき、水泳、バレエ、スポーツ教室、ピアノと、おけいこ事が人気です。
親は子どもの才能を伸ばすことがいいことだと勘違いをしています。
「子どもがピアノを習いたい」と言うのはご用心。自由に弾きたいだけです。習い始めたら一番満たしたかった自由な表現が奪われます。やめると言うと、努力が足りないと叱られます。本来は自分がしたいから頑張れるものなのに、させられてもっと嫌いになります。でも、ママから嫌われたくないから頑張ります。これも相当ストレスが溜まります。

これらの問題は深刻で、親の責任というより、子育てのまなざしを忘れた社会の責任です。
ある意味、親は子どもの幸せのために、孤立しながらも一生懸命頑張っています。でも、子どもの成長に欠かせない「自分が主役、自発、自由」がすっぽり抜け落ちているのです。

どうぞ、惑わされないでください!目の前の子どもの姿に気づいてください。元気ですか?波動は高いですか?満ちてますか?それがいちばん重要な事です。

前回、孫がイライラすることを書きました。独立要求で、自分との葛藤でもあると書きましたが、今の子ども達のエネルギーの鬱滞はそれだけでは解決できないくらい深刻です。自分を発揮できずにキレる子があまりにも多すぎます。(孫達にはゲーム機もスマホもさせていません)

子どもの姿をよく見て、気づいてください。
異常な甘えや怒りの状態が続いていたらSOSです。問題を持ち越せば年齢が上がるほど、もっと深刻になるのを見てきました。何を大事に子育てするのか、どうぞ夫婦で話し合ってください。


そして、子どもの遊びをもっと見直す必要があります。

» 続きはこちらから