2018年2月18日 の記事

チベット仏教の最終奥義「虹の身体」の悟りというのは、単に肉体の周波数が3.0次元から3.1次元に上昇しただけ ~神が求めているのは、地球上で普通に幸せに暮らし、愛を拡大すること~

竹下雅敏氏からの情報です。
 チベット仏教の最終奥義「虹の身体」に関する、興味深い記事です。道教では、白日昇天ということになるかと思います。
 まさに奇跡的な最終奥義ですが、記事によると、“これまで16万人もの人々”が虹の身体を成就していると書かれています。もしこの数字が本当なら、オリンピックの金メダリストの方がずっと数が少ないということになります。しかも、“平均して5年の修行”でこの境地に至るというのだから、オリンピックで金メダルを目指す努力をこの修行に替えれば、選手たちはあっという間に虹の身体を獲得するであろうと思われます。
 私自身は、この虹の身体の悟りを、大した成就だとは考えていません。人類にそのメソッドが公開されていないだけで、公開されれば、いわゆる凡夫が修行者よりも早く虹の身体を完成させてしまうのではないかと想像します。
 宗教組織というヒエラルキーの中においては、こうしたメソッドは、権力を維持する上で極めて重要なものなのです。なので、こうしたメソッドが一般に公開されることは無いと思われます。
 現実問題として、記事に出てくるゲルク派の僧侶ケンポ・アチュ・リンポチェは、1998年に虹の身体を完成したと書かれていますが、彼の進化段階は2.0でしかありませんでした。すなわち、アセンション(進化段階4.0)すらしていないのです。
 虹の身体の悟りというのは、単に広義の肉体の周波数が3.0次元から3.1次元に上昇しただけです。我々から姿は見えなくなりますが、肉体は3.1次元にそのまま残っています。
 ケンポ・アチュ・リンポチェの場合は、コーリー・グッド氏が接触した古代地球離脱文明の7グループの中の卍のシンボルのグループの仲間になったようです。
 その程度の悟りは、アセンション(解放)には程遠く、ましてや解脱(肉体に生まれ変わる必要の無いこと)は、遥かかなたです。
 古代地球離脱文明の7グループは全て滅びたことをすでにお伝えしていますが、この、ケンポ・アチュ・リンポチェも宇宙から消滅しました。彼はもう一度ゼロからやり直さなければならないでしょう。
 私が残念に思うのは、どうして地球人はこのように間違った世界観に閉じ込められ、結局は滅びに到る道を自ら選択してしまうのかということです。なぜその努力を、正しい方向に用いようとしないのか。
 神が求めているのは、奇跡的な成就というようなものではありません。地球上で普通に幸せに暮らし、愛を拡大すること以外に何も求めてはいません。
 あなたが地球上で誠実に生きれば、必ずどこかで最愛の人に出会います。ただし、その最愛の人は肉体を持っていないかもしれませんが…。その愛があなたを自然に解脱に導きます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【ガチ】チベット仏教の最終奥義「虹の身体」がヤバイ! 爪と髪を残して肉体消失、虹になる… 報告例多数で米研究機関も調査!
引用元)
(前略)
 チベットやインドでは、これまで16万人もの人々が長年の霊的修行の結果として、肉体を純粋な光、あるいはエネルギーに変えて消えてしまっていることをご存知だろうか?(中略)… この現象は“虹の身体”と呼ばれ(中略)… 平均して5年の修行で、チベットの仏教修行者はこの境地に至るそうだ。
(中略)
虹の身体を成就した修行者は7日間かけて体が縮んでいき光となって消えてしまい、最後に残されるのは体の不純物である髪の毛と爪だけだという。
(中略)  
キリスト教神秘のフランシス・ティソ氏は、チベット仏教ゲルク派の僧侶ケンポ・アチュ・リンポチェが1998年に虹の身体を完成し、入寂する様子を記録している。
(中略)

ケンポ・アチュ・リンポチェ「Rigpawiki」より引用

(中略)
リンポチェが最後の息を吸うとすぐに体に変化が表れたという。肌が白く輝き、姿がまったく変わってしまったというのだ。リンポチェの体は伝統的な黄色いローブに包まれていたが、死から数日経つと、その体が徐々に縮み始め、7日後には、完全に体が消えてなくなってしまったそうだ。
 ネパールの僧侶トゥルク・ペマ・リクツェル氏は、その時のことを詳細に語っている。
「1998年のある日、リンポチェはベッドに横になっていました。(中略)… 涅槃仏の姿勢のまま、6つの音節の真言を唱え、原初の心の純粋な土台に立ち戻りブッダになりました。リンポチェの心は知性の彼岸で完成し、その体は光となり、体のシワも消え、8歳の少年のような美しい姿になったのです。(中略)… 爪や髪の毛さえ残さず消えてしまいました」
(以下略)

現在、様々なことが同時進行中! そして、90日後に大変な時を迎える …いよいよ待ちに待った瞬間が来る

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事の情報源のアライアンスというのは、コーリー・グッド氏の言う地球同盟だと思います。だとすると、この情報は信頼度が高いということになります。必要最小限の引用ですので、引用元で全文をご覧ください。非常に興味深い情報があります。
 ベンジャミン・フルフォード氏も、大量の逮捕者を投獄するために、グアンタナモ刑務所の建て直しと、さらに別の場所を建設中だと言っていました。“現在、様々なことが同時進行中”とあり、北朝鮮問題、イスラエル問題、新金融システムへの移行といった、様々な問題を含むものと思われます。
 これらをまとめて表現すると、フルフォード氏が言及していた世界政府樹立になると思われます。これはNWO(新世界秩序)とは異なり、各国の主権と国際法を重んじるもので、戦争のない世界のためには、必要不可欠なものです。プーチン大統領が西側の文明をサタンの文明とみなしていること、そしてプーチン大統領がサタンとその手下どもを撲滅する意思をはっきりと示していることに、注意して下さい。
 プーチン大統領は、伝統的な世界観に基づく家族関係を重視しています。これに対し、NWOによる人類の奴隷支配を目指す悪魔の手下たちは、家族という社会形態を解体し、ペドフィリアを合法化しようとしています。
 勝負はすでについており、イルミナティに代表される悪魔崇拝者たちは、ごく一部の心から改心した者以外の全ての者が、宇宙から滅ぼされることが確定しています。すでに、彼らの魂(ジーヴァ)は滅ぼされています。テクノロジーによって、死後、クローンを含む新たな肉体に乗り移って生き長らえようとしても、その本体である魂がすでに存在しません。なので、彼らは肉体の死と共に、宇宙から消える運命にあります。
 現在は、肉体レベルでの裁きが続いており、時間が経つごとに、彼らの意識は狭い領域に閉じ込められて行きます。最終的には、その苦しみから彼ら自身が自ら死を選ぶところまで、追い詰められるだろうと見ています。
 このように、カバール側に勝ち目は1%も存在しませんが、 肉体レベルだけでも心から反省し謝罪すれば、余生を無事に過ごせるだけの配慮は成されるだろうと思います。
 記事によると、“90日後に大変な時を迎える”とあります。いよいよ待ちに待った瞬間が来るようです。3か月分の食料を備蓄しておけば十分ではないかと思います。準備を怠らないようにしておいてください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
イルミナティの裁判は民間法廷では行われません。
引用元)
(前略)

http://beforeitsnews.com/alternative/2018/02/there-will-be-no-civilian-trials-for-the-illuminati-3595894.html?currentSplittedPage=0
(概要)
2月16日付け

「アライアンス」の情報筋(アーサー)からの最新情報によると:
大量逮捕の手順、イルミナティの軍事裁判を行うための大統領令、そしてグアンタナモ刑務所の増設(ディープステートのメンバーらを投獄するために必要なセキュリティ強化のため)に関して、

現在、様々なことが同時進行中であり、実際に何が起きているかを知っているのは私を含め世界中で100人しかいません。

(中略)

トランプが12月21日に署名した大統領令はPursuant to the International Emergency Economic Powers Actというものです。

(中略)

彼がグアンタナモ刑務所の建て直しを急いでいる理由は大量の逮捕者を投獄するためです。

(中略)

これらのオペレーションがメディアに取り上げられないよう細心の注意を払って行っています。

(中略)

彼等(イルミナティ)が国家安全上の脅威として見なされれば、彼等は民間の裁判所ではなく軍事裁判にかけられることになります。

(中略)

90日後に一般国民は大変な時を迎えます。
アライアンスはチェックメイトで相手を敗北させることができます。
トランプは5人の大将と2人の提督をホワイトハウスの役職に就かせました。

(中略)

軍隊が財務省とFRBを崩壊させるでしょう。

(中略)

FISAメモの内容が公表された翌日にダウ株価が666ポイント急落しましたが、ダウはトイレに流すトイレットペーパーと同じくらいの価値しかありません。

(中略)

サウジアラビアでも多くの王子や王が逮捕されました。現在、あらゆるものが沸騰し煮詰まってきています。様々なことが進行中です。90日後に何が起こるのか。。。。その準備をしておいてください。

(以下略)

厳しい冬のロシアママ

竹下雅敏氏からの情報です。
 無理やり付き合わされた赤ん坊にとっては、迷惑な話だと思いますが…。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロシアのママの厳しい冬の生活
転載元)
ロシアでは、冬の嵐と大雪の中、全力でベビーカーを押す母親の動画が人気となった。大勢の人がこの母親の意思の強さを褒め称えた。なぜならこのような天候の中で散歩に出ようとする人はあまりいないからだ!



実際のところ、母親は赤ん坊の散歩と運動を同時に行っただけだが、なんだかとっても強く見える。こんな天気の中で赤ん坊を連れて散歩にでかけ、さらにスポーツをするなんて…

オルゴナイトの可能性を探る 〜第七章 オルゴナイト大実験(後半)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
オルゴナイト大実験(後半)


はじめに


前回に続いて、様々な実験の様子を紹介します。今回で「オルゴナイトの可能性を探る」シリーズは終わりです。


防御エリアの高さ範囲の検証


今回、円錐型オルゴナイトは、建物の、中ほどの高さに置きました。

写真のように、竹下氏がその高さ付近を行ったり来たりし、どこまでの高さが防御エリアになるのかを調べました。
その結果、円錐型オルゴナイトを頂点とした八角柱状のエリアが防御エリアになることがわかりました。

また、円錐型オルゴナイトの高さを極端に落としてみた場合はどのようになるのかを調べました。


写真のように、ほとんど床に近い場所に置いた場合、その高さまでしか防御エリアが形成されないことがわかりました。

竹下氏の感覚によると、上の写真の状態は「足湯に浸かっているようだ」とのこと。
また、「防御エリアに入っているチャクラだけが守られる」ということも、この時にわかりました。


ピラミッド型オルゴナイトの高低差の許容範囲


それぞれのピラミッド型オルゴナイトがどれくらい高さがバラバラでも良いのかを調べてみました。


写真のように約80cmの高さのテーブルの上に、ピラミッド型オルゴナイトの一つを移動させてみたところ、これほどの高低差が生まれると効果が失われることがわかりました。

「それって、テーブルじゃなくて、もしかして卓球…」 
えーゴホン、ちなみに、左上に2つ並んでいる美術作品はですね、アージュナー・チャートといいます。ご興味のある方はこちらのページを御覧くださいね。


また、どのくらいの高低差で効果が失われるのか、写真のようにさらに細かく調べました。第4章後半で示した、許容範囲に関するひとつのデータが得られました。

» 続きはこちらから

[第49回] 地球の鼓動・野草便り 帯が電磁波防止に?


帯が電磁波防止に?

日本の美の結晶とも思える着物なのですが、最近はリサイクルショップで値打ちのある帯や着物が安く売られています。


実は、金糸銀糸プラチナなどをふんだんに使った帯などが、電磁波防止になるのではないかと思っています。

アルミホイルでかなりの電磁波が防止できるという時事ブログの記事を読んで以来思っていたのですが、さらに最近紹介されているオルゴナイトって、たしか有機物と無機物を組み合わせるとオルゴンエネルギーが誘発されるのだとか・・・絹糸に金や銀(アルミ)を蒸着した糸を使った帯や着物はまさに、有機物と無機物・・・??と単純な発想ですが・・・。

そういえば、ピヨちゃんマーラーにも金色と銀色の糸が使われていますね。


(参考:金銀糸の原点、「本金糸」とは(京都府城陽市)

高度な技術に優れた自然素材、自然豊かな環境で培われた感受性の高い日本人の美意識が育んだ美術品とも言える着物や帯が、最近の着物離れで、古着とはいえ、わずか五百円や千円で売られているのです。それが、電磁波防止にも使えるとしたらありがたいことです。こんなに素晴らしい遺産を子孫に残してくれたご先祖様方に感謝です。

帽子の内側に縫い付けたり、ベストにしたり、携帯入れやパソコンカバー、こたつカバー、電化製品カバーなど、色々に使ってみたいと思います。今のところシンプルなパソコンカバー程度ですが。

若い時に着物に憧れて、着付けを習得して、成人式の着付けをしたり、高校の家庭科の授業で浴衣実習をする団体に所属していました。それで着物に触れる機会も多く、その価値の高さを知る機会も多かったのです。お陰でリサイクルショップで品質を見分けることが多少できるので、中には昔の質のいい着物や帯を見つけることがあります。

もちろん現在も新しい着物や帯は作られていて、購入すれば、伝統産業も守られるのですが、庶民には高値の花?です。
とはいえ伝統的な職人技が受け継がれるよう、地域の特産として、後継者が育っている地方もあるようです。
(参考:牛首紬本場奄美「大島紬」結城紬友禅染

各地で特色ある綿絣などの多くは消えてしまったのではないかと思います。着物に限らず、桶職人、茅葺き職人、いろいろな分野で貴重な技が伝承されれば良いのですが・・・。要は私たち消費者が、高くても本物志向の選択を・・・でしょうか。

着物の柄は野草や自然に通じるものがあり、大胆で洗練された自然美を追求したものが多く大好きです。

着物は健康面でも優れていて、例えば足首を締めないので体に良い足袋(タビ)のコハゼ、着物の前側の打ち合わせ部分は二重になっていて、お腹などの大切な部分を冷やさず、体型の変化にも自在に合わせられ、衣紋や身八つ口(脇)で暑さ調節もでき、姿勢が良くなる帯など、随所に知恵が込められています。

ただ、着付けが簡便な洋服の方が、忙しい現代には合っているのかもしれませんが、着物にも袴など簡易な着付けもあり、神楽衣装の馬乗り袴や旅装束など、動きやすくて着やすそうです。

本当はもっと自由な着付けで、日常生活に和服を着用できればと思います。
というわけで、貴重な帯や着物になかなかハサミが入れられないのです。今のところ仕立て屋さんから頂いた帯の切れ端がたくさんあるので、それを利用しています。着物は裾と袖を短くして紐をつけ、割烹着を何枚か作りました。ウールと絹の混紡や単衣(ヒトエ)の絹の紬などで簡単にリメイクできて、意外とジーパンにも合います。


もうすぐ3月で、植物たちも春の準備をしているのでしょうが、雪が多く野草たちを探せません。

畑の野菜も雪の下で、こんな時はシソやエゴマの穂、菊芋の醤油漬けや、キャベツ、高菜、白菜、大根など、いろいろなお漬物があるとありがたいですね。

yasou
自然賛歌

雪の朝

雪の結晶



ソヨゴの実


松ぼっくり



孟宗竹

雪折れ桜



石楠花(シャクナゲ)の蕾



沈丁花(ジンチョウゲ)の蕾


ヒサカキの蕾



雪笹





■ 参考文献

イー薬草・ドット・コム
「大地の薬箱 食べる薬草事典」 村上光太郎/著 農文協
「カラダ改善研究所 自然のチカラいただきます」中村臣市郎/監修 西日本新聞社



ライター

ニャンニャン母さんプロフィール

ニャンニャン母さん

プロフィール:1955年魚座生まれ、広島の県北 中山間地域在住、
体癖はおそらく2ー3種

20代の頃「複合汚染」有吉佐和子/著 を読んで、食の環境悪化を考えた時、野草を食べることを思いつき、食料としての野草研究を始める。
全くの素人ながら、健康住宅の設計事務所に入社し、健康住宅を学ぶ。
残された人生と限られた時間について気付かされ、仕事を辞め、自給自足を目指す。
平成22年頃、古民家を借り、Iターン。野草教室を開催。
「古民家カフェ・むす日」「山のくらしえん・わはは」「クリエイティブ・アロマ」等にて野草教室。

現在、野草好きになった87歳の母と、無関心な33歳の長男と猫3匹と暮らしています。