2019年3月6日 の記事

中西征子さんの天界通信47 〜タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様(幽体・14才)から地球人へのメッセージ~

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんが宇宙セントラルサンのヒメミコ様である「タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様」の幽体を描いてくれました。
 非常に見事な出来栄えです。
 今回のヒメミコ様のイラストと、前回の私のエーテルダブル(ライトボディ)のイラストを比べてみると、その違いがよくわかると思います。
 今回のヒメミコ様のイラストは幽体を描いているのですが、イラストを見ると、肉体、プラズマ体、エーテルダブル、幽体、原因体のいずれの身体のチャクラも全て開くのがわかると思います。
 しかし、私のエーテルダブルを描いたイラストを見ても、エーテルダブル以外の身体のチャクラは、まったく開かないのです。この時のコメントで、“姿形だけではなく、波動まで描き込んでいる”と評した意味がわかると思います。
 今回のヒメミコ様のイラストを、ただ見ているだけで、あなたが現在意識の焦点を当てている身体の全てのチャクラが同時に開くのがわかるでしょう。と同時に、サハスラーラ・チャクラから膨大な光が入ってくるのを感じられると思います。
 このイラストを見ながらヒメミコ様の御名を唱えると、さらに効果が高くなるでしょう。唱名の仕方は、2月18日の記事をご覧ください。
 現在、天の川銀河のセントラルサンのヒメミコ様の「ミサキタカクノボルヒメミコ様」の光と、宇宙のセントラルサンのヒメミコ様である「タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様」の光が同時に降りています。二柱の御名を、それぞれ別に唱えて、波動の違いを感じ分けてみると面白いかも知れません。
 二柱のイラストから受けるイメージと同様に、ミサキタカクノボルヒメミコ様の波動は繊細で柔らかく、タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様の波動は強くはっきりとしているのが、感じられると思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信47
中西征子さんの天界通信44 〜タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様からのメッセージ~
2019/02/17
<通信者:中西征子>
<通信日時:2019年2月15日>

<タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様(幽体・14才)から地球人へのメッセージ>

「地球の皆さん!
竹下様からの依頼で、宇宙から皆さんにメッセージを送る事が出来るのは、
大変嬉しい事です。

この度、地球に対する陰謀を未然に防ぐ事が出来た事も、
私達全員にとって大変大きな安心感をもたらすものとなりました。

今後、地球の破壊は起こりませんが、地上では至る所で最終段階に向けて、
悪との戦いはこれからも様々な形で表われてくる事でしょう。

これ迄、巧みに隠されていた悪事が表面に浮かび上がってくるため、
悲観的になる場合もあるかもしれません。
しかし、今、宇宙のセントラルサンから送られる光によって、
悪が暴かれ真実の姿がはっきりと表われてきたという事は、大変喜ばしい事なのです。

宇宙の光の勢力は、どんな小さな悪でも見逃す事はありません。
同じ様に、皆さんの小さな善行や善意にも注意を払っているのです。

どうぞ、希望を持ち、この世界の政府や様々な組織の腐敗に絶望することなく、
心の平安と共に忍耐強く待つ事を全うして下さい。
その助けとして、日々の生活の中の小さな喜びや自然界のいとなみに目を留め、
決して打ちひしがれたままで1日を終わる事のないよう、
「ガヤトリー・マントラ」と「愛のマントラ」を心の糧として、
感謝と共に歩まれるよう強く望んでいます。

私からの光を十分に受け取る事に意識を向けて下さい。

また、日々自分の心や感情の動きに注意を払い、
より崇高な事柄や美しい宇宙や自然界の美の要素で心を癒すよう努めて下さい。

私達宇宙の仲間が、愛に於て、いつも皆さんと共にあるという事を、
どうぞ忘れないでください。

深い闇からの洗脳はすでに解かれようとしています。
今や闇のネットワークは次々とほころび破れはじめています。
皆さんひとりひとりの意識の目覚めは連鎖反応をもたらし、
驚く程の早さで、世界中の人類の目覚めにつながる事でしょう。

どうぞ、冷静に心の声に耳を傾け、闇の世界が提供する偽りの情報から遠ざかり、
真実の声を聞きわけるよう努めて下さい。

春はもうすぐ、そこ迄やってきています。

闇という暗く長い冬におおわれた地球にも、
もうすぐ“解放という春”が訪れようとしています。

文字通りの春を十分に楽しみながら、“闇からの解放という地球の春”を
希望を抱きながら待ち望みましょう!
決してあきらめないで… 。

皆さんと共に地球の解放を待ち望む
タカキウチュウノヒカリノヒメミコ」

記事の根拠を示さない田中龍作ジャーナルのベネズエラに関する記事は、デマ、あるいは陰謀論と言われても仕方がないもの!

竹下雅敏氏からの情報です。
 チャベス前大統領を「政治を私物化した“先駆者”」と言ったら、ベネズエラの国民は激怒するでしょうね。また、記事の中に「かつて南米一の繁栄を誇ったベネズエラ」と書かれていますが、これは一体いつのことを言っているのでしょう。
 “続きはこちらから”の冒頭のツイートに添付されている動画をご覧ください。この動画の3分20秒~5分辺りをご覧になると、チャベス政権によって経済がどうなったのかがよくわかります。時間のない方は、4分40秒に出てくるGDPを表すグラフだけでも、ご覧になると良いでしょう。また動画の3分43秒の所には、長期にわたるGDPを示すグラフが出ています。グラフから見る限り、「かつて南米一の繁栄を誇ったベネズエラ」というのは、1978年辺りのことを言っているとしか、記事の文脈上理解することはできません。
 しかし、そうするとチャベス氏が大統領になった1998年までGDPが下がり続け約3分の1減少してしまったのは、新自由主義によるもので、チャベス政権の責任ではありません。
 動画は、現在のベネズエラの混乱が、チャベス-マドゥロ政権による社会主義政府の責任ではなく、石油価格の下落とアメリカによる経済制裁が決定的な因子であったことを説明しています。
 また、記事では、マドゥロ政権がまるで不正選挙によって権力を手にしたかのように書かれていますが、2月21日の記事に、「チャベス〜マドゥロー政権は選挙のたびに国連に対して監視団の派遣を要請しており、実際に要請を受けて数千の監視員がベネズエラに赴き、選挙を監視しました。そしてその結果、選挙の公正さが報告されています」と書かれています。続けて「一貫して国連からの選挙監視団派遣を拒否し続けているのは逆に反政府側である」とのことです。
 田中龍作ジャーナルのベネズエラ報告を見る限り、まるでベネズエラが独裁者による破たん国家で、人権侵害を平気で行っているかに見えますが、こちらのツイートによると、「国連人権問題調査官が21年間に渡って 現地で綿密な調査を13もの報告書を国連人権委員会に提出して ベネズエラは何の問題もないと結論付けた」とあります。こうなると、記事の根拠を示さない田中龍作ジャーナルのベネズエラに関する記事は、デマ、あるいは陰謀論と言われても仕方がないものになっています。
 龍作さんのツイートを見ると、コーディネーターと共に動いていたことが推測されます。ツイートによると、コーディネーターを束ねていたボスがいて、龍作さんをチェックアウトにしてしまったため、ベネズエラを出国したようです。
 ちょうど、フアン・グァイド氏がベネズエラに帰国するタイミングです。龍作さんがこの帰国の様子を取材できていたならば、西側が報じる報道が虚構であることを目撃できたかも知れません。
 ロイターでは、“野党指導者が帰国。支持者らの歓迎を受けた”と言っていますが、mkoさんが紹介している動画をご覧になると、フアン・グァイド氏の支持者はほとんどいないことがわかります。報道では数千人の支持者とのことですが、100人も居ないのではないでしょうか。
 mkoさんのその他のツイートから推測すると、ひょっとしたら龍作さんは、カラカス・クロニクルの関係者という、完全にフアン・グァイド派の導きでベネズエラに入国したのではないかという気がします。
 “続きはこちらから”以降は、現在のベネズエラの窮状が、チャベス-マドゥロという政治を私物化した独裁者による社会主義国家の破たんということにしたい人たちへの反論です。龍作さんに関して言えば、ベネズエラのことをよく理解していないことに加え、マドゥロ大統領と安倍首相を重ね合わせて見ていることで、ベネズエラで起こっている事の本質が見えなくなってしまったように思えます。
 龍作さんのツイートには、“人々が飢餓に喘ぐ”と書かれていますが、浮浪者がゴミ箱を漁る姿は、アメリカの方がより頻繁に見られるのではないでしょうか。こちらの動画には、「ベネズエラの首都カラカスのスーパーで買い物」の様子が見えますが、物資が不足しているようには見えません。これは富裕層のものだという意見に対しては、こちらの動画をご覧ください。政府が補助する食料や必需品を住民に安く配っている様子です。
 確かにベネズエラはハイパーインフレで、経済は混乱しています。しかし、主たる原因はアメリカの経済制裁によるものです。国民は危機を乗り越えるために、物々交換をしており、これが見事に成功しています。
 “飢餓に喘ぐ”という状況には程遠いと思います。飢餓と言うのなら、イエメンを取材すべきではないかと思います。イエメンでは深刻な飢餓が起こっています。人道支援物資はベネズエラではなく、イエメンに送るべきです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【ベネズエラ報告】暫定大統領は帰国したけれど 政治腐敗とインフレ、混乱はまだ続く
引用元)

チャベス前大統領は貧困層に圧倒的な人気を誇ったが、政治を私物化した“先駆者”でもある。=3日、カラカス郊外 撮影:田中龍作=

(中略)

かつて南米一の繁栄を誇ったベネズエラだが、トラックの荷台に下着姿のオッサンが乗るのは、途上国でよく見かける光景だ。=3日、カラカス郊外 撮影:田中龍作=

(中略)
かりに米国の思惑通り、マドゥロ大統領を追い出せても、グァイド氏の大統領就任に正統性を付与するには、選挙を経なければならない。ところが選管も汚職まみれだ。マドゥロ政権の不正選挙に手を貸してきた組織である。(中略)… 戦乱の後でもないのに国連監視下の選挙となるのだろうか。ベネズエラの混乱はまだ続くと見てよい。

————————————————————————
配信元)






» 続きはこちらから

[Twitter]嬉し~♪♪

パータ様からの情報です。
幸せを表現すると、こうなる!
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

やっぱり捏造は「国技」か、今度は「修正エンゲル係数」というナゾ統計が登場 〜 参考人の出席拒否文書も捏造した総務省の作

 毎日のようにフレッシュな捏造が登場し、飽きさせない政権です。
総務省統計局に「修正エンゲル係数」という、前代未聞の指標が発表されているとネット上で話題になっています。普通、エンゲル係数と言えば中学生でも知っている「家計の総支出額における食費の割合」で、数字が高いほど生活水準が低い、生活が苦しいと学びました。
家計調査では2013年以降、つまり第二次安倍政権下でエンゲル係数の急上昇を見せ、直近2年間は高止まりのままです。言い換えると、ここ数年の国民生活は本当に苦しいものだと言えます。
 ところが不思議なことに「修正エンゲル係数」を用いると、安倍政権下での数字の急上昇がうまくカバーできるのです。図9では赤線が修正エンゲル係数です。
 修正エンゲル係数の分母は、実際に消費した金額ではなく、「可処分所得額」つまり手取り収入全体とし、貯蓄や金融資産、住宅ローンまで含めて大きくしたために、従来のエンゲル係数よりもはるかに小さな数字が出てきます。「いわゆる富裕層の影響が大きく反映され」るために一般の庶民の生活水準を測ることができなくなってしまいました。
BUZZAP!では、「修正エンゲル係数と本来のエンゲル係数の差は、そのまま富裕層とそれ以外の間にある格差の大きさを示すもの」と解されています。なるほど。
 リテラでは、この修正エンゲル係数の登場時期に注目しています。1年前の国会で野党議員にエンゲル係数の急上昇を追求されたされた安倍首相は、ごまかしの答弁しかできず、エンゲル係数の意味すら知らないのではと散々揶揄されました。ところがその後、安倍様の答弁に見合うようなWikipediaの改ざんが発覚し、程なくこの「修正エンゲル係数」が総務省HPにアップされました。
 厚労省の「毎月勤労統計」と同様に、官邸からの圧力があったのでしょうか。すでに総務省は国会参考人の出席拒否文書を捏造した「前科」もあります。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【何だこれ】統計局HPに「修正エンゲル係数」なる統計が登場!「アベノミクス効果」を偽装するために都合のいい統計を開発か!
転載元)
どんなにゅーす?

総務省統計局のウェブサイトに「修正エンゲル係数」なる謎の統計が発表されていることが判明、
ネット上で大きな話題になっている。

・従来のエンゲル係数は、家計の総支出額における食費の割合を計算したものである一方で、「修正エンゲル係数」は、可処分所得における食費の割合が計算されており、ここ数年におけるエンゲル係数の大幅な上昇を隠したい安倍政権が、自身に都合が良い新たな統計を編み出すことで、好景気を偽装しようとしている疑いが浮上している


(中略)

図9エンゲル係数と修正エンゲル係数【総務省統計局】


(中略)

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「花粉、指名手配中」

花粉をまき散らしたあとの、赤茶色になった杉をながめながら、
花粉症の人たちは大変だなあ、と思います。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「花粉、指名手配中」


本当に花粉が原因?


ブエックショーン!!


おい、急にビックリするじゃねえか!

ゴメンゴメン、今ごろになるとねえ、ブエックショーン!! チ〜ン!

にぎやかなヤッちゃ。

くろちゃんは、涼しい顔でうらやましいよ。
ぼくなんか、かんでもかんでも、蛇口のこわれた水道みたいに鼻水が止まらなくて。
おまけに夜なんか、鼻が詰まって寝られないし。


ははは・・・ティッシュ、箱ごと持ち歩いてら。

笑ってる場合じゃないよ。
体中の水が、ぜーんぶ鼻から出ちゃう感じでさ。
一箱なんて、あっという間になくなっちゃう。

水はなあ、しっこから出せよ、汗かけよ。

たしかに、トイレはあまり行かないし、汗もかかない。

だろ?出すもの出してねえから、鼻が代役してるんだよ。
しかし、出すことはいいことだ。デトックスだな。

人ごとだと思って、ハ・・ハ・・ブエックショーン!! チ〜ン!
くろちゃんは、なんともないの?


» 続きはこちらから