2020年5月4日 の記事

武漢市に1万台設置された5Gアンテナの波動がウィルスの攻撃性を増強し、致死率を上げる影響があった! ~「コロナウイルスの症例と5Gネットワークの存在との相関性に関する研究」により判明

竹下雅敏氏からの情報です。
 先の記事のツイートで、リュック・モンタニエ博士は「DNAと関連のある波動の存在がわかっており…この波動を利用した診断は既に可能だが、いずれ治療にも利用できるかもしれない。例えば新型コロナゲノムに付加された人工部位を破壊する周波の開発だ。」と言っていました。
 このような「特有の電磁波信号」の周波を開発することで、“治療に利用できるかもしれない”とすれば、電磁波は「光」なので、“光による治療”が可能かもしれないわけです。
 トランプ大統領は、新型コロナウイルスの治療に「消毒剤を注射」してみると良いと言ったことで話題になりましたが、この時に「とてつもない量の光を体に照射すれば」とも言っていました。恐らく、こうした治療法はすでに開発されており、トランプ大統領は何らかの情報を持っているのではないかと思います。
 このように「波動」が治療に使えるなら、病気を引き起こすことにも使えるはずです。リュック・モンタニエ博士は「武漢市には5Gアンテナが1万台設置されておりその波動がウィルスの攻撃性を増強し、致死率を上げる影響があったのではないか」と言っていましたが、「コロナウイルスの症例と5Gネットワークの存在との相関性に関する研究」という一連のツイートをご覧になると、これが正しい見解だと分かると思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
» 続きはこちらから

ノーベル生理学・医学賞の受賞者であるリュック・モンタニエ博士の「水によるDNA情報の記憶」実験の驚異的な内容!

竹下雅敏氏からの情報です。
 リュック・モンタニエ博士は、フランスのウイルス学者で、2008年のノーベル生理学・医学賞の受賞者です。
 博士は「自分はもう高齢(87歳)だし、圧力など怖くない」とし、「新型コロナウイルスは中国武漢にあるウイルス研究所から事故的に漏洩してしまった、人工操作されたウイルスだ」と発言したことで、人々の関心を集めました。
 博士は、コロナウイルスの改変された要素は、感染が拡大していくにつれて排除されるとして、「自然にある存在は、分子の人為的な改変を一切受け入れないのです。自然の存在は、これらの不自然な変化を排除していきます。特別、何もしなくても、このような人為的な改変は消えていきます」と語っています。詳しくはIn Deepさんの記事をご覧ください。
 さて、“リュック・モンタニエ博士の「水によるDNA情報の記憶」実験”の記事ですが、この内容が驚異的でものすごく面白いのです。引用元で全文をご覧ください。
 簡単に実験内容を紹介すると、一定の文字配列を持ったDNAを水に溶かして水溶液とし、試験管の中に入れ100万倍に希釈。この希釈DNA水溶液から、ある特有の電磁波信号(500~3,000ヘルツの範囲)が出力されていることが分かった。100万倍に希釈するのは、DNAの濃度が濃すぎると、相互干渉のようなことが起きて、特有の電磁波信号が外に現れてこないため。 
 次に、希釈DNA水溶液の入った試験管の隣に、純粋な水の試験管を置くと、18時間後に、この純水の入った試験管からも、同様の電磁波信号が発信されていることが分かった。この現象が起こるためには、地球の共鳴周波数であるシューマン周波数(7ヘルツ程度の低周波の電磁波)が必須である。
 この純水の入った試験管に、ターゲットとなるDNA分子の数を増幅するPCR反応液を加えたところ、驚いたことに98%同一のDNAが複製されたというのです。
 さらに、希釈DNA水溶液から出ている「特有の電磁波信号」をデジタル録音し、インターネットを通じて送信。別の研究室で、試験管の中の純水に対して、この「特有の電磁波信号」を「再生」して、“聴かせる”ことにより、同様にしてPCR反応液によるDNA複製に成功したというのです。
 千島学説では、「血液(赤血球)は白血球(リンパ球その他)を経て健康体では体の凡ての細胞に分化し、体の組織に変化する。(赤血球分化説)」というのですが、「核」を持たない赤血球が、どの様にして「核」を持つ白血球へと変化するのかが分からなかったのですが、リュック・モンタニエ博士の実験は、この疑問への回答になっていると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
リュック・ モンタニエ博士の 「水によるDNA 情報の記憶」実験
引用元)
DNA研究の世界的権威、モンタニエ博士とは?

モンタニエ博士(右)と筆者(2014年・ブルガリアでの国際水会議にて)


 リュック・モンタニエ博士は、長年フランスのパスツール研究所に在籍し、1983年にはエイズの原因ウイルスであるHIVを発見しました。そして2008年には、エイズ・ウイルスの発見者として、フランソワーズ・バレ=シヌシ、およびハラルド・ツア・ハウゼンと共にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

 ウイルスを研究するためには、遺伝物質DNAを扱う専門的な技術が必要です。ましてやモンタニエ博士はノーベル賞受賞者ですから、DNAを扱う事にかけては世界超一流の技術の持ち主であり、プロ中のプロと言えるでしょう。

モンタニエ博士の実験

 そのモンタニエ博士が過去6年以上にわたって追求しているテーマこそが「水の情報記憶」であり、もっと言えば「水によるDNA情報の記憶」なのです。
 そこで、以下にモンタニエ博士の研究内容について、6つのステップに分けて解説していきたいと思います。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

[Twitter]ディスクロージャー?サークル

ライターさんからの情報です。
早よ頼むわ、コブラ様!?
(しんしん丸)
————————————————————————
配信元)



憲法記念日にしつこく改憲を語るあべぴょんに「#安倍はやめろ」が60万ツイート、NHK日曜討論にVTR出演の山本太郎代表は「金を刷れ、皆に配れ」

 5月3日の憲法記念日、今年も安倍首相は憲法改正への意欲を見せました。お仲間の日本会議主体の憲法集会だけにメッセージを送り、新型コロナ対応の失策を憲法のせいにして改憲と緊急事態条項の必要性を訴えました。国家権力の横暴を縛る憲法が大嫌いなあべぴょんらしい。
しかし新型コロナよりも政府に殺されかけている国民の反応は明快でした。あべぴょんの図々しいメッセージが事前に伝えられるや、「改憲よりもすべきことを早くやれ!」という怒りの表明が殺到し、2日の夜からツイッターのトレンドに「#安倍はやめろ」が躍り出て見る間に50万ツイートを超えました。最終的に60万ツイートを超えたところで削除されてしまったようですが。政界でも「総辞職」の言葉が語られるようになりました。次の総理?「その辺におる猫」でもあべぴょんよりはるかにマシ。
 けれどもこれからの日本を立て直すには、その気概のある人物を望む。
NHK「日曜討論」は、勝手に恣意的な基準を設け、スタジオ出演させる政党を意図的に選別しています。れいわ新選組・山本太郎代表は、こうした憲法違反に抗議しました。3日の「日曜討論」のVTR出演では1分30秒という短い時間ながら、今のコロナ恐慌とも言える悲惨な現状は「完全に憲法違反」、「これを止める方法はいたってシンプルだ。金を刷れ。皆に配れ。」と訴えました。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍首相の新型コロナを利用した「憲法に緊急事態条項を」メッセージに非難殺到! 失策を棚上げ、日本会議系集会でお仲間と改憲PR
引用元)
 いったいどういう神経をしているのか。安倍首相がきょう3日の憲法記念日、日本会議が主体となった団体が開催するネット上の改憲集会「憲法フォーラム」に新型コロナを利用して緊急事態条項の必要性を訴えるビデオメッセージを出す。
(中略)
 もっとも、今回はさすがに国民をダマすことはできないだろう。世論調査でも、NHKでは「憲法以外の問題 優先して取り組むべき」が78%、朝日でも「安倍政権のもとで改憲することについて「反対」が58%に達した。
 それだけではない。安倍首相が緊急事態条項の必要性を訴えるメッセージを出すことがわかった2日から、逆に安倍首相に対する批判の声が殺到しているのだ。
(中略)
 そういう意味では、今回のコロナ感染拡大は、安倍首相の改憲の動機のインチキぶりを完全にあらわにしたといえるだろう。
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

20/04/27 フルフォード情報英語版:家賃と借金の返済は停止され、その一方で借金奴隷は解放されるとあって、バビロンが陥落

 カバール戦争が最終段階に入った模様です。とはいえ、文中にリンクのあったセントラルパークの救出リポートなどを視ますと、地下基地から救出される子どもや赤ん坊は衰弱しており、地上の光にも慣れておらず、亡くなってしまうことも多々あるようです。
 しかもカバールは、あと何回か電磁波攻撃を起こすと脅しています。ということで、5月も偽旗にはお気をつけください。
 マーク・ザッカーバーグのフェイスブック投稿が本物かとか、金正恩の生死はどーでもいいのですが、パンダ目の赤ん坊は心が痛みます。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:家賃と借金の返済は停止され、その一方で借金奴隷は解放されるとあって、バビロンが陥落
投稿者:フルフォード

奴隷制度の終焉


アメリカにおけるバビロン借金奴隷制度の崩壊が全面的に進行中だ。クリティカル・マスとなる約30%のアメリカ人は、自動車ローン・学生ローン・家賃・住宅ローン・企業ローンなどを払っていない。このことから、バビロニア式借金奴隷制度が債務超過に陥り、崩壊していることは、どう見積もっても確実である。


米財務省が債務証書ではなく、お金を直接国民に配り始めたという事実も、借金奴隷体制が終わりつつあることを示す、もう一つのしるしだ。


小児性愛者の処刑


小児性愛者の大規模逮捕も行われている。ペンタゴン筋によると:

「どうやらアドレノクロムの最後のバッチには、血に飢えているカバールでこれを飲んだ者は殺してしまうようにと、強力なコロナウイルスが混入された可能性があります。

その一方で、【アドレノクロムの】供給源つまりは人身売買され、拷問され、あるいはこの邪悪な目的のために生み出された子どもたちのことですが、【地下】トンネルの中から解放されていっています。」

このことをまだ理解できない方もいるかもしれないが、アメリカ合衆国は悪魔崇拝者の集団に乗っ取られていたのだ。奴らは色々と【手を染めており】、とりわけアドレノクロムとして知られる高濃度に誘導【生成】されるアドレナリンの一種を抽出するために、子どもたちを拷問していた。

マーク・ザッカーバーグ(・ロックフェラー)がこの件について述べたのがこちら

「多くの人間は性行為に参加したり、それを観察すると、楽しく、充実したものだと感じます。ですが私は時として、下の写真にあるように、より小さな参加者からアドレノクロムがその結果取り除かれていく様子を観察するのを、困難に感じることがあるのです。

とはいえ、アドレノクロムを【自分の体内に】摂取すること【自体】は、私が今までに参加した中で何よりも楽しい人間活動です。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

【※マーク・ザッカーバーグのフェイスブックから。発信場所は、性犯罪者ジェフリー・エプスティーンが所有していた「リトル・セント・ジェームズ島」です。何年かは不明ですが、投稿日は6月16日。】

まるで自分自身が人間ではないかのように、「多くの人間は~と感じる」だの、「人間活動」だのといった言い回しを使っている点にご注目あれ。

こういった化け物どもは皆、追い詰められ、殺されていっている。注意すれば、有名人・億万長者・政治家などといった広範囲におよぶ連中が、世間の前から消えてしまった【ことに気が付く筈だ】奴らは二度と姿を見せることはないだろう。ザッカーバーグやその同類に現在まだ命があったとしても、そう長くは生きながらえまい。

ペンタゴン筋曰く、悪魔崇拝者の逮捕が終わりかけているため、米海軍の病院船コンフォートはニューヨーク市を出港した。しかし「ハリウッドには“ペドヴォア”が大量にいることから、ロスにいる姉妹船USNSマーシー【の滞在期間】はもっと長くなるだろう」とのこと。

【※「ペドヴォア」:「ペドフィリア(小児性愛)」者な「カーニヴォア(肉食動物)」、という造語。】
» 続きはこちらから