アーカイブ: カイン

[Raelianews他]「異教徒の精子では野蛮な子が生まれる」と言っているユダヤ教のラビ

竹下雅敏氏からの情報です。
 この写真の男をユダヤ人と言ってはいけません。彼はシオニストであり、偽ユダヤ人の悪魔崇拝者なのです。この連中が言っている事を聞いて、まともだと思う人がどの位居るのでしょう。彼によると、ユダヤ人以外の人間は劣等な遺伝子を持つようです。また、父親がユダヤ人でなければ、その子は冷酷で野蛮だということです。ですから、ここから彼らの論理を解釈すると、最も優秀な民族であるユダヤ人を敵として攻撃を仕掛けて来るパレスチナ人は、冷酷かつ野蛮な民族であり、神の名に於いて殲滅して良いということではないでしょうか。
 このように考えるだけではなく、現在実行しているところを見ると、彼の言う神とは、間違いなく悪魔のようです。ユダヤ教の神秘思想家たちは、大天使メタトロン(エノク)を崇拝しており、彼は言わば神の名代として過去にイスラエルの民をエジプトから脱出させたと信じています。私はこの大天使メタトロン(エノク)こそレプティリアン(爬虫類人)であると指摘してきました。大天使メタトロンはいわゆる旧約の神に仕えているわけですが、その神とはいまやルシファー(悪魔の頭)であることが明らかとなりました。ルシファーとは具体的に誰なのかが問題ですが、おそらく旧約聖書のアダムとイブの子であり、最初の殺人者カインであると考えるのが、最も筋が通っていると思います。新約聖書でキリストがユダヤ人をかたるパリサイ人に対して“まむしのすえども”と呼んだ意味が、ここにあります。秘教の伝統では、悪魔はカインの子孫なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「異教徒の精子では野蛮な子が生まれる」と言っているユダヤ教のラビ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
ユダヤ教ラビが、ガザのパレスチナ人の全滅を許可
転載元)
6f7cbf60510b9574cd3333c39074b148_XLユダヤ教の聖職者であるラビ、ドブ・ライオルが、ガザ地区のすべてのパレスチナ人の殺害の教令を出しました。

ニュースサイト、パレスチナ・アルヤウムによりますと、「シオニスト入植地キリヤト・アルバのユダヤ教のラビ、ドブ・ライオルは23日水曜、人道に反する人種差別的な教令の中で、ガザ地区の全ての人々の殺害と彼らの住宅の全壊を求めました。ドブ・ライオルはまた、ガザ地区全域を空爆し、この地区に対する電気と水の供給を停止するよう強調しました。
これ以前に、ユダヤ教のラビ4人がパレスチナ人の殺害の許可を出していました。


イスラエル軍による、16日間に渡るガザ地区への攻撃により、これまでに、数千人のパレスチナ人人が殉教、又は負傷しています。
» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]やはりダヴィンチはカインを正確な位置に描いていました。 〜闇の組織の要とも言える重要な悪魔・カイン〜

竹下雅敏氏からの情報です。
昨日の記事で、9月11日に紹介した動画の内容を解説したのですが、一点気になる事があり、それは闇の組織の要とも言える重要な悪魔・カインがこの絵の解説の中に出て来なかったということです。そこで、もう一度動画をよく見てみると、やはりダヴィンチはカインを正確な位置に描いていました。
(竹下雅敏)
————————————————————————



» 続きはこちらから

天界の改革10 
闇の者たちの滅び、カインの処刑

竹下雅敏氏からの情報です。
今回の記事の内容から、闇の中枢部が壊滅に陥った状況がわかると思います。レプティリアンの王エノクとその配下の者たち、そして彼らが仕えている闇の中枢の悪魔たちが滅ぼされます。このことが地球上の組織であるイルミナティの大混乱をもたらします。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革10

2008年10月27日
第5システムから、大地雷神様御降臨。

2008年10月29日
正午から1時間、大地雷神様の光。

2008年11月18日~27日
最後の戦い。
 

 前回の天界の改革9の中で“鞆の浦の神事”がありましたが、これは地獄に堕ちていたエノクを中心とする闇の者たちが、神々に従うという意志を示したので救済をした神事だったのです。その後10月27日に第5システムから大地雷神(オオキチイカズチノカミ)様がご降臨なさいました。この時の御神事の様子は“竹下氏より「29日の御光のヴィジョンについて」(せれなさんのブログ)”にてご覧ください。

大地雷神(オオキチイカズチノカミ)様(せれなさんのヴィジョン

 10月29日に大地雷神様の権力欲を下げる光が放たれました。私たちの地球を完全に支配しようと考えていた闇の連中(レプティリアンを含む)は、権力欲の塊のような連中なので、この光を見て大変に恐れおののきました。


» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]裏のイルミナティの第11位階の暗黒の母であった、シスコ・ウィーラーさんのインタビュー記事を紹介します。 〜アンチ・キリストとマイトレーヤ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
裏のイルミナティの第11位階の暗黒の母であった、シスコ・ウィーラーさんのインタビュー記事を紹介します。オバマやヒラリー・クリントンが裏のイルミナティの第6位階であることを考えると、ウィーラーさんが組織の中においていかに高い地位に居たかがよくわかります。この記事は今年の8月1日に掲載されたようで、私も初めてウィーラーさんのこのようなインタビューがあることを知りました。話の内容からおそらく1998年以前のものではないかと思いますが、記事の赤字の部分で現在私たちが直面している問題をすでにこの時に予告していたことがわかります。このインタビュー記事の全文は非常に重要なもので、いずれ要約して再度紹介するつもりですが、今回、その中の特にアンチ・キリストとマイトレーヤに関する部分に焦点を当てて、この部分を見てみたいと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
http://bilininfojp.blogspot.jp/2013_08_01_archive.html

シスコ・ウィーラー インタビュー 

プロデューサー・聞き手 ウェイン・モリス
 
ウィーラーさんは、マインドコントロールの被害者で、イルミナティの家のひとつに生まれました。ユリシーズ・S・グラント(南北戦争北軍の将軍および第18代アメリカ合衆国大統領)の子孫にあたります。現在はフリッツ・スプリングマイヤーさんと一緒に他のマインドコントロール被害者の方々の回復をお手伝いされています。

ウィーラー 
私の父も、イルミナティのグランドマスターでした。父はベトナム戦争中、軍を率いた叔父と共に、米国に麻薬を持ち込んで麻薬文化を作るために西海岸で働きました。その目的は、家族の仕組みを壊すことでした。
CIAとも関係がありました。それから33階位のフリーメーソンでした。

私の父はメンゲレに訓練されました。メンゲレのナンバー2でした。
カリフォルニアではチャイナ・レイク海軍基地と、サンフランシスコ北部のプレジディオ(米軍基地)、それからその隣にあるレターマン病院で。あと(サンフランシスコ湾の小島)アルカトラズにあった刑務所で、プログラミングが行われていました。それから、オレゴンのサーレムにある州立精神病院と、ここポートランドにある、ドレンベッカーという名の、メーソンの大病院です。

モリス 
イルミナティファミリーの一員として、あなたにはどういうことが計画されていたのでしょう?

ウィーラー 
システムの一番深い層にある唯一の目的は、「母」たちです。彼女たちが基礎です。台座である3人の「母」がいます。彼女たちの唯一の目的は、反キリストが王座に着く時に女王として支配統治することです。神に嫁がいるように、ルシファーにも嫁がいて、その嫁は「暗闇の母」たちです。

モリス 
この「反キリスト」になるのは誰でしょうか?「マイトレヤ卿」という名前を聞いたことがあります。この人物は候補者ですか?

ウィーラー 
彼は先駆者の一人、使徒です。神が地球に送った息子キリストには12人の使徒がいましたが、反キリストは1人の中に3 人みたいな感じになります。そして12人の先駆者もいます。マイトレヤが登場するのはここです。彼は先駆者です。洗礼者ヨハネはキリストの先駆者でした。

モリス 
世界的には、これはいわゆる「新世界秩序」にどうつながっているのですか?

ウィーラー 
新世界秩序はイルミナティ内部の組織です。世界を支配している13の主要な血族です。彼らは舞台をセットし、脚本通りにやります。

近い将来、世界の人々は目を覚まし、株式市場がクラッシュしたこと、世界の金融がクラッシュしたこと、食べ物が汚染されたこと、医学分野がイルミナティの医学勢力に支配されたことに気づくでしょう。

イルミナティは私たちの生活の全ての要素に浸透しているのです。
イルミナティとそのファミリーが手をつけていないものは何もありません。

モリス 
普通の人々がこれを止めるために、これに対して備えるために、できることは何でしょう?

ウィーラー 
すべての人が、自分の中に理解、洞察、自分への答えを持つべきです。

人々は自分に目を向け、自分の声に耳を傾ける必要があります。自分たちの周囲で何が起きているのかを見て、最悪の事態のために準備し始める必要があります。

イルミナティとは何者であり、何をしてきたのかを理解する必要があります。何かを理解するには洞察が必要です。 洞察なしには暗闇を歩くことになります。それを知らなければ、自分の家族やその子孫に対して再び行われることについても、まったく知らないままになります。

モリス 
イルミナティの信仰システムと、彼らのしてきたことについて、人々が理解すべきポイントは何でしょうか?

ウィーラー 
イルミナティというのは悪魔崇拝者であり、何でもやるのだということをわかっている必要があります。 彼らは自分たちのことを神だとしています。自分たちは神々で、仕える相手はルシファーだけだと信じています。王子として、光の父として、ルシファーに仕えるという誓いを立てています。実施をこの目で見る、終末の成就を見る、反キリストが王座につくのを見る、という血の誓いを立てています。そんなことを何世紀も続けてきたのです。

» 続きはこちらから