2017年8月25日 の記事

アメリカ主導有志連合の「ダーイッシュ後」の計画:クルド人国家の創設と米軍基地の建設

竹下雅敏氏からの情報です。
 シリアとイラクで何が起こっているのかですが、“ダーイッシュ(ISIS)の壊滅は時間の問題”です。アメリカ主導の有志連合は戦略を立て直さなければならず、「ダーイッシュ後」の準備を始めています。
 彼らの計画は、シリア北部の三角地帯をもぎとり、イラクに住むクルド人たちをイラクから分離独立させて、新たにクルド人の国家を作るという計画です。そこに米軍の基地を置くというわけです。そのために彼らは、今でも、シリア北部ラッカで民間人を標的にした攻撃を行っています。
 どうやら、イラク北部を支配しているクルディスタン地域の各政党は、9月25日に分離独立の是非を問う住民投票を行うようですが、イラク政府はこれを認めないのはもちろん、周りの国も認める気配はありません。記事によると、イラクの分裂を支持しているのは、イスラエルとサウジアラビアのみとのこと。
 マティス米国防長官はクルド人国家を作り、そこに米軍基地を置く計画を推進しているようですが、これは明らかに違法行為です。現在のトランプ政権を動かしている人物のほとんどは既に魂はありません。ただ、ハザールマフィアとの戦いという観点から、少々大目に見られているところがあります。しかし、このような違法行為は、霊的な観点から許されるはずが無いので、さらに悪い結果を招かないためにも、このような違法行為に手を染めるべきではありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)



————————————————————————
シリア・ラッカで、アメリカ主導の有志連合軍により、今週だけで民間人70人が死亡
転載元)
シリア北部ラッカで、アメリカ主導の有志連合軍の空爆により、今週だけで民間人70人が死亡しました。
イスナー通信によりますと、有志連合軍の戦闘機は、今週だけで250回にわたりラッカを爆撃しています。
イラクとシリアにおける有志連合軍の空爆を監視する団体エアウォーズは最近、2014年以来これまでに有志連合軍の攻撃で、イラクとシリアでおよそ3000人が死亡したことを明らかにしました。

アメリカは近年、テロリストとの戦いを口実に近年、イラクとシリアで民間人を標的にした攻撃を行っています。

アメリカ主導の有志連合軍は、オバマ前政権時代にイラクとシリアでのテロリストとの戦いを目的に結成されましたが、正式な報告によれば、アメリカとこれに同盟する西側・アラブ諸国は、ISISを初めとするテロ組織を結成した上、彼らに対する兵器や資金面での主な支援国とされています。

————————————————————————
露軍によって手先のダーイッシュが崩壊寸前に追い込まれた米国は地上軍を侵攻させ、占領を続ける
引用元)
シリアにおけるアル・カイダ系武装集団やそこから派生したダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)の壊滅は時間の問題だと見られている。アメリカ政府も「ダーイッシュ後」の準備を進めている。ユーフラテス川の北へアメリカ軍が侵攻、イスラエルの影響下にあるクルド勢力と連携して「数十年」の間、占領すると伝えられている。いわば「満州国」の樹立だ。
(以下略)

» 続きはこちらから

ワインセラーの言い訳「設計会社から提案された」→設計会社=加計孝太郎の妻 / 追い詰められたNHK…水増し疑惑を報じることができるか

竹下雅敏氏からの情報です。
 加計学園の獣医学部棟の設計図面に、ワインセラーなどの記載があるのは、わかりやす過ぎていけません。昭恵の“男たちの悪巧み”が、瞬間的に脳裏に浮かんでしまいます。これはまずいと思ったのか、加計学園は、“ワインセラーは設計会社から提案されたけど、実はやめていた”という言い訳。設計会社がワインセラーを提案しますかね?
 ところが、黒川敦彦氏のツイートによると、その設計会社というのは、加計孝太郎氏の妻が役員のSID創研だと言うのです。加計学園の言い訳は本当だった。彼らも本当のことを言うことがあるのが、わかりました。なんせ、あべぴょんの仲間ですからね。ただ、設計会社=加計孝太郎の妻という部分が報じられていない。
 ツイートの後半を見ていただくと、いよいよNHKが追い詰められている様子がわかります。28日のクロ現+はどうするんでしょうか。やらなければ、田中龍作さんの録音が世に出ることになるのでしょうね。
 “続きはこちらから”以降は、加計学園の建築費水増し疑惑に、ほぼ決定的な証拠が出てきたというもの。これは逃れられません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)









» 続きはこちらから

[創造デザイン学会]ケイティ・ペリー : “病的な”ペドファイルたちが音楽産業を支配している 〜 ポップ・スターが娯楽世界のペドフィリアに警鐘を鳴らす

 この学究的な訳者の方は、「なぜペドフィリアなのか」という疑問から目をそらさず、続けて記事を取り上げています。「知りませんでした」は「共犯者として悪に協力することになる」という探求者の言葉に謙虚でありたいです。
 ケイティ・ペリーという大変人気のある歌手が、娯楽業界をはじめ、ワシントン、メディアまでペドファイル達に支配されている、と暴露したそうです。
 ツイッターのフォロワーが一億人もいる彼女は、これまでイルミナティの広告塔としても非常に有効であったと思われます。けれども、おぞましい業界に耐えきれなくなった彼女の、もう一度自分に戻りたい、という悲痛な言葉に胸を突かれます。本当の彼女の気持ちが、一億人のフォロワーにも届いて欲しい。
 ケイティは「アーティスト達は立ち上がろうとしています。」と述べています。昨年あたりから、大スター達による業界のペドフィリアの暴露が目に見えるようになってきました。豊かな才能を持った子供達が奴隷にされることなく、心から表現したい美しさを見せてくれる日が、きっと、もうすぐやって来る!
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)




————————————————————————
ケイティ・ペリー:“病的な”ペドファイルたちが音楽産業を支配している ポップ・スターが娯楽世界のペドフィリアに警鐘を鳴らす
転載元)
【訳者注】「サタンが世界を支配している」という、一時は信じられなかったかもしれない仮説が本当であることが、これによってわかってくるだろう。その方法は、各界に通ずる悪の“ネットワーク”によるものであって、日本だけは無関係ということはありえない。(中略)共犯者として悪に協力することになる。「知りませんでした」は 犯罪である。もう一つ、サタンとか純粋悪といったものの存在を、ペドフィリアの蔓延という忌わしい事実を通じて、我々はどうしても想定しなければならなくなった。(中略)

Jay Greenberg
August 4, 2017, www.neonnettle.com


世界最大のポップ・スターの一人によるショッキングな暴露によって、Katy Perryは、この業界全体が「病的なペドファイルたちによって支配されている」と明言して、娯楽業界全体に壊滅的な打撃を与えた。

http://www.neonnettle.com/tags/katy-perry-

この “I Kissed a Girl” という歌の歌手は、今年初めに、何度か公衆の面前で崩れることが あったことから、多くの人から精神の異常を疑われていた。

彼女が新聞で騒がれたのは、自分の自殺願望を明かしたときであり、また人格分裂症状を訴えて、「私はもうケイティ・ペリーでいたくない」と言ったときだった。


彼女の異常が頂点に達したのは、舞台上で起こった、ある種の精神崩壊の様子がフィルムに撮られたときであり、彼女はそのあと、ガードマンによって運び出されたが、専門家はそれを、“支配者”によるマインド・コントロールの副作用だと言っている。

http://www.neonnettle.com/news/2272-katy-perry-dragged-off-stage-as-monarch-mind-contro-meltdown-goes-viral


MKウルトラ計画
 

(前略)今話している内容は、CIAが先導する化学物質を用いた「MKウルトラ計画」です。実験開始は1950年代で、CIAの「科学技術本部」でした。(中略)目標は、無意識な奴隷を生産し、そして自分達の計画に利用するのです。その一つの手段が、LSDなどの薬物を利用する事でした。実験では薬物が投与され、あらゆる拷問作法が行われます。(中略)結果、その人は現実から乖離します。現実から乖離状態になると、その人とは別の悪魔的な人格を注入する事となります。その為、イルミナティの支配下にあるアーティストは多重人格なのです。彼等は洗脳プログラムの犠牲者なのです。これが真相です。(中略)彼女達が薬物回復施設に送られるという報道は、(中略)…実際は再拷問、そしてドラッグの再投与です。もう一度プログラミングし、再び悪魔の価値観を大衆に洗脳させます。これが音楽業界の真相です。(以下略)

参考:2016/5/5 時事ブログ〜イルミナティの「MKウルトラ」洗脳計画
 


今、彼女がやっと、音楽の仕事を嫌悪する理由を明かし始めるようになって、この謎が少しずつ解かれ始めたようだ。

明らかに詳細については躊躇しながらも、彼女は親友たちにこう語った——

    「私はこういう生活がもうできない。彼らはすべてがペドファイルなのよ。彼らがこういった子供たちにやっていることは病的です。

彼女は続けて詳細を語ったが、目撃したものによるトラウマは、目に見えて明らかだった—

    「そして彼らはどこへ行ってもいます。もうそれを隠そうとも思わないらしい。何かそれを名誉の印のように見せびらかしている。」
    プロデューサー、重役、大物たち、...彼らみんながやっている。
    「まるで排他的なクラブのようで、無垢な子供たちにそういう悪事を行う者だけが、参加できる。...そしてそれは汚い老人だけではなくて、全員がやっているのよ。女でさえやっている。」
    
    「彼らは私にこう言っている、〈ケイティ、あなたは自分の経歴の次の一歩を踏み出さねばならない。〉しかし、私が子供たちにそういうことをすることは、ありえません。」
    私はこの世界から抜け出さねばならない。私はもう一度、キャスリン・ハドソンに戻りたい。
 


ペリーは、こういう経験をさせられた大スターは、彼女だけではないと言う。多くの子供スターたちが、このエンタテインメント世界の、この暗黒の下腹を経験させられている。それは「彼らが出世するために持っている唯一のチャンスだから。」

http://www.neonnettle.com/tags/katy-perry-

彼女は、ペドファイルたちのネットワークが「怖れを知らない」のは、「彼らがすべてをコントロールしているから」だと言う。
「音楽界だけではないのです、あらゆるところでやっています。ハリウッド、ワシントン、新聞社でさえやっています。」

http://www.neonnettle.com/tags/hollywood

しかし、もし人々が、現実に世界を動かしている暗黒勢力に目を開くことができれば、暴動が起こりそうな気がする、とペリーは付け加えて言った。

「私は、何かが変わりつつあると感じます。アーティストたちは立ち上がろうとしています。」
「もし我々が協力すれば、これは変えられます。我々はこれらの子供を救うことができます。」
(中略)
ケイティ・ペリーによるこうした暴露話は、大多数の人々にはショッキングかもしれない。しかし幸か不幸か、この情報は、世界の“エリート”間のペドフィリアの事情を少しでも調べた人々にとっては、驚くようなことではない。

子供の虐待と、政治やショー・ビジネスは、それらがそもそも考えられたときから、提携してやってきた。

コーリー・フェルドマンのような大スターたちが、昨年、ハリウッドのペドファイルたちに対して、公然と警告をするようになった。

関連資料:「有名人たちが、エリートのハリウッド・ペドファイル団を暴露」
http://www.neonnettle.com/videos/581-celebrities-expose-elite-hollywood-pedophile-ring

(中略)かつての子役、イライジャ・ウッドは、この主張を確認し、ハリウッドがペドファイルたちに、いかに支配されているかを、直接、目撃したと言っている。

» 続きはこちらから

[YouTube]コミュニケーション犬 イエス/ノーで受け答えできるアメリカンブリー

竹下氏からの情報提供です。
頑強な見た目の割りに、温和な子が多いアメリカンブリー。
フットワーク軽やか!クッキー大好き!
5種-3種でしょ?
(しんしん丸)
————————————————————————
Dog CAN communicate, will answer yes/no questions - nothing like him alive
配信元)

シャーロッツヴィルから波及した南北戦争のゴタゴタ 〜アメリカ破壊運動〜

 本日は、アメリカのニュースをお届けします。
 只今大きく取り上げられている、シャーロッツヴィルから波及した南北戦争のゴタゴタです。ウィキペディアには南北戦争は1861年から1865年だと記載されていましたが、実はねー、現代まで続いていたんですねーって話(※嘘です、嘘……いや、言い切る自信が無くなってきましたわ)。
 下手すると、あの人たちってば山まで爆破しかねません。はい、「山」でございます。文字通りの。もういっそのこと、来年からは独立記念日も廃止したらどおっすか(遠い目)。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

アメリカ破壊運動



アメリカでは、相変わらずシャーロッツヴィルの騒動を発端とした、南部連合の痕跡を排除しようという運動が全国規模で展開されています。

南部というのは、かつては奴隷制度を推進し、現代でも黒人への差別意識が強いと専らの評判でして(あくまでステレオタイプです)。「南部連合」というのは、南北戦争当時の南部11州のことです。

事件の前から撤去運動はそれなりにあったのですが、現在は暴動に発展して手が付けられません。


北部側も危険



ニュース映像を見ていると、南部連合の将軍像だけじゃなく、色んなものがターゲットに。コロンブスあたりは「新大陸」とやらで極悪非道の限りを尽くした人物ですから、粉砕されようが別に同情しませんが(※実際どこかでハンマーを打ち込まれていました)、他の偉人像も危険なようです:


シカゴではリンカーン像が焼かれました。この人、奴隷解放宣言の署名した人じゃなかったっけ? ま、現実には奴隷反対だった訣でもないし、黒人は劣っていると思っていたみたいですけど。でも一応、北部側ですよ。


建国の父も危険



アメリカ人、自分たちの歴史を全て破壊しまくる気ですかね。どこかのニュースで揶揄しておりましたが、ラシュモア山に大きく彫刻された大統領の顔も爆破しそうな勢いです。有名な建国の父四人ですけど、なんせ金持ちは奴隷を所有するのが当然の時代に生きていらっしゃいましたから。

あ、今 RTの映像を見返したら、私の勘違いでした。実際にそういう記事が既に出たのでしたorz

pixabay[CC0]


元記事はタイトルを「爆破しよう」から「排除しよう」とトーンダウンしたようですが。リンカーンのところで挙げた記事「ラシュモア山を爆破する時が来た」の方が過激です。おまけに新たな爆破スポットも見つけちゃいましたわ:

pixabay[CC0]


ジョージア州の民主党員はストーン・マウンテンの南部連合将軍たちが刻まれた側面を爆破する案を再度表明した。こういった排除の動きには前例がある。タリバンはそのアフガニスタン統治時代、崖に彫られた巨大な仏像を爆破している。

バーミヤン渓谷の大仏像破壊の話です。そっすね、発想はお宅が16年間戦っている敵さんと変わりませんがな。良かったね、お友達になれそう。

同じ映像内に挟まれていたCNNのクリップから、黒人女性のコメント:

ジョージ・ワシントンは奴隷所有者でした。私たちはありのままを見て、奴隷所有者は奴隷所有者だと非難すべきです。たとえアメリカの自由を守った人間だと見做されていても関係ありません。
彼は私の自由なんて守ろうとしていませんでした。私の祖先は彼にとっては人間と見做されていなかったのです。なので私からすると、それがジョージ・ワシントンの像だろうと、トーマス・ジェファーソンの像だろうが、ロバート・E・リーの像だろうが違いはありません。全て取り壊されるべきなんです

うんまぁ、理屈は分からなくもないのだけど、初代大統領にまで遡って破壊したら建国240年ぽっちのアメリカに何像残るの。その前の先住民族の歴史だって消去済じゃん。

» 続きはこちらから