2017年8月26日 の記事

[創造デザイン学会]プーチン:もし米が北朝鮮を攻撃したら、ロシアはワシントンのペドたちを暴く

竹下雅敏氏からの情報です。
 プーチン大統領が、北朝鮮問題で、“戦争への道を取り続ける”ワシントンDCの連中に対して、子供の売買やペドフィリアに関わっている人物の名前を公表すると警告しました。
 “北朝鮮での戦争はない”とコメントしましたが、おそらくこの警告で、彼らは動きが取れなくなるでしょう。私の感覚では、 9月の半ばには、これらの問題は決着がついていると見ています。
 オバマをリーダーとする連中は、アメリカ全土で暴動を起こし、トランプ大統領を非難し、弾劾に持ち込みたいのだと思いますが、このことも含めて、決着がつくと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プーチン:もし米が北朝鮮を攻撃したら、ロシアはワシントンのペドたちを暴く
――プーチン大統領がエリート・ペドフィリアを追い出すと誓約
転載元)
(前略) 

 Jay Greenberg August 16, 2017, www.neonnettle.com

ロシアのリーダー、プーチン大統領は、米国政府に対して厳しい警告を発し、もしアメリカが北朝鮮を脅迫し続けるなら、クレムリンは、高位のペドファイルたちの身元を明かすだろうと通告した。

プーチン氏は、西側の「企業にコントロールされたメディア」が、プロパガンダを用いて北朝鮮侵略を正当化しようとしている、彼らは、キム・ジョン・ウン体制が核の脅威になっていると「ウソの報道」をしていると非難した。

先週、トランプ大統領は、北朝鮮は「世界が見たことのないような火と怒り」を見ることになるだろうと言い、平壌は「よほど気を付けねばならない」、なぜなら、アメリカ軍は「戦闘準備が十分にできている」からだと言った。

トランプのコメントは、北朝鮮は、長距離ミサイルに収まる小型の核弾頭を開発しているという、ワシントン・ポストの報道に呼応して出されたものだ。 https://www.washingtonpost.com/world/national-security/north-korea-now-makingmissile-ready-nuclear-weapons-us-analysts-say/2017/08/08/e14b882a-7b6b-11e7-9d08b79f191668ed_story.html?utm_term=.ccd46b7121db

プーチンを含め多くの人々が、この状況はイラク侵略のときに似ていると言っている。それは、サダム・フセインが“大量破壊兵器”を開発したという前提に基づいていたが、その証拠は全く信頼できないものだった。

ロシアの最大与党 United Russia のリーダー、ウラジミール・ワシリエフとの会談で、プー チン氏はこう言った――

もしアメリカが戦争への道を取り続けるならば、我々は報復せざるをえなくなるが、反撃はあまりにも大きな荒廃をもたらすだろう。」

我々は、最高レベルにあるアメリカの政治家たちが、子供の売買やペドフィリアに関わっているという情報を得ており、これらリーダーといわれるたちを、市民に対して暴露するのに躊躇するつもりはない。

「もし彼らが、北朝鮮について、人民にウソを言い続けるなら、そのとき我々は彼らに真実を示してやるだろう。」

(中略) 

ウラジミール・プーチンが、エリートのペドフィリアを批判してはっきり発言したのは、これが初めてではない。

7月のドナルド・トランプとロシア大統領の、歴史的な最初の出会いに先立って、プーチンは、高位の人々のペドフィリアについての彼の憂慮を明らかにし、トランプ氏に対して、「ワシントン DC のペドファイルたちを暴く」ように言い、もしそれができなければ、ロシアが 「名前の公表」に踏み切るだろうと警告した。

関連資料:「 プーチンがトランプに警告:エリート・ペドファイルを暴くか、それとも私が名前を公表するか」
http://www.neonnettle.com/news/2349-putin-warns-trump-expose-elite-pedophilesor-i-will-begin-naming-names-

G20 の密会のとき、この 2 人のリーダーは短命の合意をしたが、すぐ崩れたようである。しかしプーチン氏の、子供を虐待するエリートたちについての立場は変わらず、こう言って いる――「ヨーロッパと西側は、ペドフィリアとサタン信仰の文化の上に繁栄している。」
http://www.neonnettle.com/news/2411-putin-the-west-is-controlled-by-satanicpedophiles

(中略) 

ヴァルダイ国際討論クラブにおいて、プーチンは正直に、「 ペドフィリアのノーマル化」を、「ヨーロッパと西側を通じて入ってくる道徳的堕落」の明らかな兆候だと説明した。

政治の上層部におけるペドフィリアを暴露するというプーチンの脅かしは、第 3次大戦をしっかり視野に置いている戦争屋どもに、影響を与えることができるだろうか?

(以下略) 

加計学園にとって致命的事実:今治市には148億円…建築着工統計調査では88億円 〜安倍政権を追い詰め、政権交代への流れを作る“チンカス・グループ”

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画で、黒川敦彦氏が指摘していますが、“加計学園は今治市には148億円と言い…建築着工統計調査では88億円と書いている”という事実は、加計学園にとって致命的です。今治市の菅良二市長は、坪単価80万円を認めてしまったようです。9月6日からは今治市議会が始まるらしく、この問題が鎮火する気配はありません。黒川氏は、9月末の国会で本格的な追及が始まるとして、“1ヶ月ちゃんとやれば総理のクビまで届く”とツイートしています。
 “続きはこちらから”の田中龍作ジャーナルでは、自民党内で新たな「反安倍の会」が結成されたとのことです。文末には、10月に「やぶれかぶれ解散」が現実味を帯びてきたとありますが、この方向で動いているように見えます。
 加計問題で安倍政権を追い詰め、解散から政権交代への流れを作っているのが、ツイートを取り上げた“この3人”です。田中龍作氏は、番頭ワタナベから名誉ある“チンカス3号”のレッテルを貼られています。まさに、チンカス・グループが日本を激震させています。3人のツイートから目を離さないようにしましょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)








» 続きはこちらから

かんなままの「ぴ・よ・こ・とライフ」(19)思春期

かんなままさんの執筆記事第19弾です。 

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
思春期
子育ては思春期になるまでは母親の母性愛が必要です。
子育ての後半、思春期になり結婚するまでは、父性愛が必要となります。
これが基本的な原則です

出典:「ぴ・よ・こ・と」竹下雅敏(著)


夏休み終盤の現実〜親の焦り、子供の疲弊


夏休みも終わりに近づき、ママ達の疲れがピークです。長期休暇でゆっくりしたい、日頃できない事をしたい、どこか連れて行ってあげたいと気持ちは焦りますが、日常の仕事や生活、宿題管理で余裕がありません。先日会ったママが「図書館に連れて行って、課題を見つけさせ、方法も教えているのに、自由研究の宿題を全くしません。それがすまなければ遊びにも行けないのに」と嘆いていました。

よく考えれば、早く宿題を済ませて遊ぶというのは親の優先順位で、自分が安心したいからでしょう。お膳立てしてあげたら自由研究ではありません。むしろその芽を摘むことになってしまいます。これは親が仕事や家事優先の生活をして、子どもも学校のルールが優先すると思っていることから起こる勘違いです。「夏休みで、家事など忙しくなる上に、子どもの事を心配して頑張っているのよね。でも怒ってばかりで辛いよね」と言ったら泣き出してしまいました。見ると他のママも「私も怒ってばかりで」と涙声です。

外国のように親も長期休暇が取れて、宿題も無ければいいのにと思います。中途半端な休みで走り続ける生活では自由で楽しい発想や心の切り替えもできません。現に疲れを残した子は、学校に行くのに何倍もエネルギーが必要で不登校になりがちです。9月1日は子どもの自殺者が一番多い日とか。

私は基本、宿題はどうでもいいと思っています。優先順位で言えば、生身の子どもが高い波動や徳を保っているか(ぴよこと3、P33)が先で、親自身の日頃の言動、行動の方がずっと子どもの教育として大事です。だから、子どもの宿題は強制しなかったし、家族で楽しむことや話すことを大事にしました。というより、私に宿題を見せたら勝手に暴走するから子どもの方から聞かなくなりました。自分が楽しくて宿題を乗っ取ってしまったり、「音には色があるのよ。それが広がっていくのよ」と教えて、子どもが学校でその話をしてバカにされたとか・・・。孫にも「ばあばには教えてもらっちゃだめよ」と言っているようです。

Author: MasahikoSatoh



脳科学的に証明された現代社会の弊害


とにかく、大人社会の勝手な都合に子どもを合わせるのではなく、思春期まではどっぷり母性愛で包み込んでほしいと思います。その守ってくれる保証があるから、子ども達は真似て、チャレンジして、失敗できるのです。このすべてが遊びであり、学びであり、生きる力となります。遊びの中で想像力も付きます。それは共感して配慮する力となります。危機管理、自己管理の基礎ができます。この土台があって初めて社会に出て行けるのです。

» 続きはこちらから

イギリス…小児性愛サークルを追求すると殺害される / ミャンマー…世界で最も迫害されているロヒンギャ難民 / インドネシア…スラム街がアイディア1つで観光地に

 昨日はアメリカのドタバタ劇を見てまいりましたが、本日はイギリス、ミャンマーそしてインドネシアを取り上げたいと思います。
 イギリスではエリートの小児愛問題に関連して、どこぞの王室がしつこく暗躍していそうな気配です。暗殺部隊だけでなく、捜査機関も報道機関も牛耳っていらっしゃいますからやりたい放題ですもん。非っ常に諦めが悪いです。
 ミャンマーは、アウン・サン・スー・チーが解放されてめでたしめでたし、となってしまい、以来あまりスポットライトが当たらない国。根底を探るとどっちもどっちな話になるのかもしれませんが(※私は植民地時代にイギリスが引っ掻き回したのが一番あかんと思います)、それでも最近の迫害度合いが異常なのです。皆さま、どうか意識を向けてあげてください。
 終わりはインドネシアの虹の村から。100%完璧に貧困が解決された訣ではありません。でも確実に変化が起きています。しかも良い方向に。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

イギリス:法の上から統治しております

 

昨日のアメリカの銅像は物ですから最悪でも器物損壊程度で済みますが、こちらは殺人事件。

こちらの記事によると、ジミー・サヴィルやエリートの小児性愛サークルの存在を暴いたジャーナリストのリズ・マッキーン女史(52歳)が、表向きは「脳卒中による合併症」とやらで不審死を遂げました。


スコットランド・ヤードは捜査から手を引くように通達されたとの内部情報が出ています。どこの警察もお上には弱い。って、それで君たちの存在意義はあるのかっ。

マッキーン女史はBBCリポーターだったのですが、小児性愛問題についてBBCが隠蔽していると抗議して2013年に辞職しています。当時、BBCの彼女のボスも上からの圧力を受けて、この事件の報道を差し控えたのだとか。辞めた後は、彼女の評判を落とさんと数年に渡って嫌がらせしていたそう(誰がって、天下のBBC様が、です)。

1999年には同じく小児性愛サークルを暴露しようとしたBBCキャスター、ジル・ダンドー女史(37歳)も射殺されています。現在も犯人は捕まっていません。

やはりダイアナ妃も口封じされた某王室に繋がる話題だからでしょうか。ということは、実行犯の背後にいるのはレプちゃんですかね。

※このツイートは本文とは一切関係ありません……たぶん。

» 続きはこちらから