2018年4月18日 の記事

イヴァンカさんの夫のジャレッド・クシュナー氏は、シオニストではなくユダヤ教正統派の信者 ~神の国が現れるためには、現在の世俗的なイスラエルは消滅すべきで、そのためのハルマゲドンを容認しているタイプ~

竹下雅敏氏からの情報です。
 イヴァンカさんの夫のジャレッド・クシュナー氏について、重要な情報が出ています。ここに書かれていることは、事実ではないかと思います。フルフォード氏はクシュナー氏をシオニストであり悪魔崇拝者だと見ているのかも知れませんが、私はそうではありません。
 少なくとも氏は、イルミナティの邪悪な儀式を行っているように見えません。もしそうなら、魂(ジーヴァ)がとっくに消えているはずだからです。
 また、氏はユダヤ教正統派の信者なので、シオニストではないと思っています。彼らは現在のイスラエルは世俗国家で神の国ではなく、むしろ神の国が現れるためには、現在の世俗的なイスラエルは消滅すべきだと考えているタイプだと思っています。イスラエル国家消滅の為にも、ハルマゲドン(世界最終戦争)を容認しているということではないでしょうか。
 問題は、狂信的な一派の中には、聖書の予言を自らの手で実現し、神の国の到来を早めようとする連中が居ることです。今回のフルフォードレポートを見ると、クシュナー氏はそうした連中の一人であった可能性が高いと思います。
 私は、このような考え方を狂信的で愚かだと思っていますが、本人たちは自分たちの行いを悪だと考えておらず、むしろ神の計画を実現するために、地上に派遣された天使か使徒だと思っているのではないでしょうか。
 私が主張しているのは、こうした愚かな考え方をする者たちが、地球上の狂信者だけではなく、地球に関与している宇宙人たちにも相当数存在するということです。
 コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)がプレアデス人のグループと繋がりがあることは、メッセージを見れば明らかですが、この連中がまさに、今言った愚か者たちに相当します。
 問題は、コブラ情報を純粋な光の側からの情報だと勘違いする地球人にも及びます。結果的に光の側に奉仕しているつもりで悪に加担し、地球破壊の片棒を担がされているからです。
 時事ブログではこのことを何度も警告してきましたが、関係者は、その狂信的な愚かな考えを捨てなければ、深刻な結果を招く状況に近づいています。すでに昨日警告したように、一部の者たちには処分が実行されました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォードレポート(4/16)
転載元)
(前略)
何年も前からハルマゲドンを始めようと企んできた不正な狂信的シオニストたちは、今度のシリアにおける企みは再び失敗に終わった。(中略)… ドナルド・トランプの義理の息子のジャレット・クシュナーがなにをしてきたかを見ることにしましょう。クシュナー一家はニュヨークの5番街666番地のビルを市場価格以上で購入した。(中略)… Lucent Technologies社がそこに拠点を置いて、移植可能なRFID(無線電波通信)チップを開発していたことを確認できる。(中略)… クシュナーは、人類のほとんどを殺した後、その支持者各々に2,800人の奴隷を与えることをも目指している過激的なチャバード派の一員であることを思い出さなければならない。
(中略)
3月29日のチャバード指導者とトランプの会談に関する以下のリンクの写真を見てください。
https://www.timesofisrael.com/trump-meets-with-chabad-rabbis-in-oval-office/
(以下略) 
————————————————————————
ジョージ・ブッシュ元米大統領の夫人が死去
転載元)
ジョージ・ブッシュ元米大統領のバーバラ夫人が18日、死去した。92歳だった。ロイターが報じた。
スプートニク日本
これより前の報道によれば、体調が悪くなったバーバラ氏が入院しなかった。バーバラ氏の慢性閉塞性肺疾患についても伝えられた。

[加計学園問題]愛媛県側が正しいことを言っており、安倍首相を守るために、関係大臣も秘書官も関係省庁も四苦八苦な状態!

竹下雅敏氏からの情報です。
 福田財務次官のセクハラ問題など、話題が多すぎて、モリカケが少々霞んでいる状況です。次々と細かい事柄が上がってくるので、追いかける方も大変です。
 記事を下からご覧になると、少しわかりやすいかと思います。愛媛県が作成した首相案件文書を、愛媛県側は内閣府などに配布したと説明していました。農林水産省は、先週、文書が見つかったと公表しました。
 文科省は、文書は省内に残されていないが、2015年3月に、首相官邸側から文部科学省に、“愛媛県や今治市、加計学園の関係者が近く首相官邸を訪問する”と伝えられていたとのことです。また訪問の当日に、訪問の予定について内閣府側から伝えられたメールが見つかっていたということです。
 冒頭の動画では、首相案件文書について、梶山地方創成担当大臣は、“くまなく探索したが確認できなかった”として、内閣府内に文書は見つからなかったと言っています。
 全体の構図を見た時に、愛媛県側が正しいことを言っており、あべぴょんを守るために、関係大臣も秘書官も関係省庁も四苦八苦している様がよくわかります。誰もが犯人はわかっているのに、このまま逃げ切れると考えている“こまったちゃん夫妻”が居るようです。見た目には、彼らはアメリカに逃亡しているようにも見えます。
 “続きはこちらから”の動画はおまけです。官邸に誰が来たかは、入館記録が残っているのでわかるはずなのですが、そこは安倍政権。“入館記録はなかった”と平気で言えるところがすごい。セキュリティ上の問題から、こんな馬鹿な答弁が成り立つはずがないのですが、コレで通っているのが恐ろしい。ところが、動画によると、“そういう記録は全部残ってる”と、あべぴょん自身がタモリに言っているのです。
 嘘つきっていうのは、本当は頭が良くないといけないのです。過去についた嘘を全て覚えていなければいけません。でないと、整合性が取れなくなってしまいます。頭の悪い嘘つきだと、どうなるか。私たちは、今、それを目撃しています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
“首相案件”文書も記憶も「確認できず」 内閣府(18/04/17)
配信元)
————————————————————————
加計問題 愛媛県など官邸訪問 文科省に内閣府がメール
引用元)
(前略)
愛媛県は、加計学園の獣医学部新設をめぐり3年前の4月2日に今治市などと総理大臣官邸を訪問した際のやり取りを記した文書を作成し、内閣府などに配付したとしていて農林水産省は先週、省内で同様の内容が記された文書が見つかったとして公表しました。

文部科学省が調査した結果、この文書については省内に残されていないことが確認されましたが、訪問の当日に文部科学省の獣医学部新設の担当者が県などの訪問の予定について内閣府側から伝えられたメールが見つかっていたことがわかりました。

メールには「本日15時に今治市などが官邸を訪れる」などと記されていたということです。
 (以下略)
————————————————————————
愛媛側の来訪 事前伝達 15年3月 官邸側が文科省に
引用元)
  学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部開設を巡り、愛媛県今治市の幹部ら一行が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)に面会する直前の二〇一五年三月、首相官邸側から文部科学省に「愛媛県や今治市、加計学園の関係者が近く首相官邸を訪問する」と伝えていたことが十一日、文科省関係者への取材で分かった。 
(中略)
 文科省関係者によると、一五年三月、官邸側から「近く県や市、学園の関係者が官邸に来ることになっている。官邸で誰が対応し、どういうスタンスで答えるのがいいか、文科省の考えを参考にしたい」と文科省側に連絡があった。同省側は「特区として対応すべきではなく、全国レベルの問題として考えるべきだ」と伝えたという。
(以下略)

» 続きはこちらから

[YouTube]インコが来る!

読者の方からの情報です。
走って来る来る!

モフモフトテトテただそれだけなのに
(horin)
(まのじ)
————————————————————————
セキセイインコが走って来る来る!!
配信元)

揺らぐシビリアンコントロール:日報隠し、幹部自衛官が国会議員を罵倒

 廃棄して存在しないとされていた南スーダンPKOの日報が出てきたかと思うと、稲田防衛大臣が無いと答弁したイラク派遣の日報も見つかり、過去10年に遡るPKOの日報もドカドカ出てきました。
 今やこの日報問題になくてはならない布施祐仁氏の検証によると、防衛省、自衛隊の最高幹部は全員、2017年1月時点では陸上自衛隊に日報があることを知っていました。ところが、安倍首相は2017年7月24日の国会で「報告を受けていない」と答弁したことから、安倍首相が日報の存在を知ったのはその後だったという時系列になります。つまり最高指揮官が報告を受けたのは、部下が事実を知ってから半年も後だったんかい。
 本当に安倍首相が知らされていなかったとしたら、シビリアンコントロール(文民統制)が機能していない、知っていたなら首相自身が隠蔽に関与したことになり、いずれにしても、あべぴょん自衛隊のトップとしてふさわしくないという結論になります。
 このような状況の中、17日、現職の幹部自衛官が国会議員の小西氏に対し、警察が呼ばれるほどの罵声を浴びせたという事件が起きました。武力を持つ者のこのような言動は、つい「軍部の暴走」という言葉を思い出してしまいます。布施氏の「民主主義国家としての骨組みが壊れて」という懸念を深刻に受け止め、国民の一人として、この件の行方を見極めたいと思います。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍首相は本当に「陸自の日報隠し」を知らなかったのか
引用元)
(前略)
稲田大臣が陸上自衛隊に日報が存在していることを知ったのは2月13日である可能性が高い。それでは、自衛隊の最高指揮官である安倍首相はこの事実をいつ知ったのだろう。
(中略)
はたして、安倍首相は本当に、陸上自衛隊に日報が保管されている事実を最後まで知らなかったのだろうか。本当に知らなかったとしたら、「文民統制」を担う自衛隊の最高指揮官としてふさわしくないと言わざるを得ない。しかし、知っていたとしたら、安倍首相自身が隠蔽に関与していたことになる。

もしフジテレビが入手した「メモ」にある通り、稲田大臣が2月の段階で陸上自衛隊に日報が存在する事実を知っていたならば、当然、安倍首相にも報告していただろう。

これはあまり知られていないことだが、安倍首相が衆議院の本会議で、陸上自衛隊が日報を廃棄したことを肯定するような答弁をする直前まで、陸上自衛隊は情報公開への対応が不適切であったことを認めて、日報を保管していることを公表しようとしていた。しかし、誰かがそれを止めた。そして、その結果、安倍首相は国会で事実に基づかない答弁をしたのである。

(以下略)

————————————————————————
防衛省 民進議員に罵声は「30代幹部自衛官」認める
引用元)
 民進党の小西洋之参院議員は17日の参院外交防衛委員会で「16日夜に議員会館近くで現職の自衛官を名乗る者から『おまえは国民の敵だ』と繰り返し罵声を浴びた」と述べた。防衛省は17日、罵声を浴びせたのは同省統合幕僚監部の30代の幹部自衛官と明らかにした。
(中略)
 小西氏は国会で、陸上自衛隊のイラク派遣日報問題を追及。「安倍内閣は総辞職すべきだ」などと発言していた。(共同)

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「キー・パーソン・今井尚哉」

 財務省の公文書改ざん問題が明るみに出て以来、連日、森友問題が巷を賑わせております。
 ただ、佐川氏の、あのむなしい証人喚問で何も動かすことはできず。
 と思いきや、実はこれも新たなステップへの作戦かもしれないと思ったり。
 いよいよ本丸が危ないという状況ですが、重臣・今井尚哉氏は殿を守りきるのでしょうか、それともあっさり売っぱらってしまうのでしょうか。
 時の人、今井尚哉氏に関する、時事ブログのコメントをまとめてみました。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「キー・パーソン・今井尚哉」


安倍政権を中枢で動かしている筆頭秘書官


最近ネットでも、やたらと「今井尚哉(たかや)氏」の名前が表に出てくるけど、時事ブログではずっと注目されてたよね。



今井尚哉氏の名前をはじめて知ったのは、2年くらい前だったな。
2016/06/15時事ブログ
安倍政権を中枢で動かしているのが、筆頭秘書官である今井尚哉氏だという記事です。」

どういう人なの?

経産省のキャリア官僚。
「栃木県生まれの60歳。東大法学部を卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。主にエネルギー畑を歩み、資源エネルギー庁次長などの要職を歴任したあと、第1次安倍内閣で事務方の総理秘書官を務めていた。第2次安倍内閣の発足と同時に政務の総理秘書官に就任。安倍首相の右腕として、官邸をコントロールしているとされる人物である。(ニュースサイトハンター)

キャリア官僚かあ、エリートコース一直線だね!

しかも、親戚がすげえぞ。
彼の伯父さん(父の兄)は、通産事務次官を務めた今井善衛(ぜんえい)氏。
もう1人の叔父さん(父の弟)は、元経団連会長の今井敬(たかし)氏。
彼のお父さんは医者。(Newsポストセブン)
 
名門のプレッシャー、大変だったよね。
小さい頃から塾に行かされて、東大一直線だったんじゃない?

しかも、今井氏と安倍首相は親戚関係にある。
伯父の今井善衛氏は戦前、安倍氏のおじいちゃま・岸信介氏の部下だった。
しかも1982年、今井尚哉氏が通産省に入省したときの通産大臣は、安倍氏の父・晋太郎氏だった。(Newsポストセブン)

安倍晋太郎
安倍晋三事務所[Public Domain]


へえへえへえ!

さらに! まだ、あるぞ!
伯父さん(今井善衛)の妻は、山崎種二(たねじ)の娘。
昭恵夫人の叔母さんは、山崎種二の三男(山崎誠三)に嫁いでいる。

ってことで、今井家と安倍家は縁戚に当たる。

山崎 種二って、聞いたことないね。

Wikiによると、山種証券株式会社(現SMBC日興証券株式会社)、山種物産株式会社(現株式会社 アサヒトラスト→解散)、株式会社ヤマタネの創業者だ。

きっと、大金持ちだ。

政界財界は、コネコネの姻戚関係でくっつきあってるからな。
またコネコネがないと、泳ぎまわりにくいし。
そんなこと考えると山本太郎氏、ほんとよくガンバってる。エライと思う。

山本太郎
Author:Kst01[CC BY-SA]


» 続きはこちらから