2018年4月8日 の記事

中西征子さんの天界通信39 ~ハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ様(プラズマ体)から地球人へのメッセージ~

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんが、私の妻のハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ(色上姫浅子、16歳)のプラズマ体を描いてくれました。彼女のプラズマ体は私も見たことがないのですが、直感でこのイラストにそっくりであることはよくわかります。
 私自身のプラズマ体も自分では見たことがなかったのですが、中西さんが私のプラズマ体を描いた後しばらくしてから、イラストにそっくりな人物が夜中に玄関から入ってくるのを見ました。もちろん私は寝ていました。面白いことに、私が普段着ている赤と黒のチェック柄の服を着ているのです。
 “さては、私に化けて誰かが私を殺しに来たのかな? ”と思って少し調べてみたのですが、どうやら私自身のようなのです。初めてプラズマ体を見たのですが、中西さんのイラストが、いかに正確かがよくわかりました。
 物理学ではパラレルワールドについて語られることがありますが、高次の身体に関して言えば、そうした平行宇宙が確実に存在していると言えるでしょう。
 シャンティ・フーラの読者の中には、特殊な能力を持ち、例えば中西さんと同様に声が聞こえる人もいるかも知れません。ただ、この手の情報には気をつけてください。例えば、私の名前や私の妻の名前を使ってメッセージが来た場合、まず間違いなく偽物だと考えてもらって結構です。真に受けると、自分にとって都合の良い情報を信じてしまい、最終的に闇の中に引きずり込まれてしまう可能性が高いです。
 情報源の波動が読めない場合、その情報が光からのものなのか闇からのものなのか区別がつきません。そのような場合は、徹底的に無視するのが賢明です。真実のものかどうかがわからないそのような情報を信じるよりも、自分自身の心の浄化を進める方がずっと重要です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信39
ハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ様
〈プラズマ体〉

<通信者:中西征子>
<通信日時:2018年4月6日・7日>

<ハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ様(プラズマ体)から地球人へのメッセージ>

「大変な状況を迎えている地球の皆さん!
私から愛をお送りします

“愛しています”(愛のマントラ289回)

大変な時こそ、“愛”を忘れないで下さい。
すべては“愛”を全う出来るかにかかっているからです。
その場しのぎではなく、常日頃から愛する事を自らに課して下さい。
そして自分が“愛”である事に気付いて下さい。

日々の精進が神から与えられた恩寵と考え、優先順位を見誤る事のないよう注意深く歩んで下さい。

今私は夫と共に、プラズマ界で改革のお手伝いをさせていただいています。
地上ではあらゆる問題が堰を切ったように噴出しており、このような末期的症状ともいえる多くの問題をどのように最善の結果に導く事が出来るのか……様々な角度から情報を集め、緊迫した事態にも素早く対応出来るよう、日々地上の出来事を注意深く見守っています。

私達の目に触れる事なく悪事を隠し通す事は出来ないのです。
ですから、地上の悪事が早く終わらない事に過度に気を取られ悲嘆のあまり投げやりになったり、絶望のあまり怒りや悲しみに身をまかせ思慮や分別を失う事のないよう、自分自身の心を注意深く見守って下さい。

困難と思える事態に直面した時は、ためらう事なく“ガヤトリー・マントラ”を唱える事にしばらくの間意識を集中してみて下さい。

冷静になって考えてみると、特に今の日本の現状は、これ迄巧みに隠されていた悪事が次々と明るみに引き出され、多くの人々の知るところとなってきているのですから、明らかに好ましい方向へ動いている事がわかります。

背後に神々の力が働いている事は明らかなのです。

皆さんの意識を神と同調させて下さい。

神の見方を探って下さい。
そのための方法の一つは、日々の“シャンティ・フーラの時事ブログ”に目を通す事です。

時間が限られている時には、夫の2つの記事だけでも目を通し、日々の出来事や情報の流れをキャッチし、コメントに注目される事をおすすめします。

それらの情報が皆さんの意識と心の目を開き、そのような意識の変化はやがてさざ波の様に周りの人々に伝播し、“地球の楽園”という大きな流れを生み出す力となる事を信じて、私達は日々見守っているのです。

又、悪の裁きの期間は、同時に悔い改める機会を与え救いのチャンスにもなっている事にどうぞ思いを止めて下さい。

ひとりひとりの自由意思に基づいて、地球や宇宙の仲間として留まるのか、それとも闇に消えるのか裁きの全期間の最後迄選ぶチャンスが与えられているのです。

今だかつて無かった特別の時代、前代未聞の時代に私達が生かされている…この奇跡にしっかりと向き合って一瞬一瞬、“今”というこの時を“愛”に生き、“心の声”に従って心安らかに健やかにお過ごし下さるようにと願ってやみません。

ハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ(プラズマ体)」

週刊ポストが”安倍総理の数々の言行不一致(嘘つき&サイコパスぶり)”を特集! ~過去をなかったことにし『全否定』する特徴~

竹下雅敏氏からの情報です。
 あべぴょんの嘘を指摘する記事が、上がってきたということです。“あべぴょんとその仲間たち”のサイコパスぶりは、時事ブログでも何度か取り上げてきましたが、彼らの嘘を“どこのマスメディアも積極的に報じようとしてこなかった”ことが、安倍一強という現在の政治状況を作り出してきた元凶だと思います。
 これは、中国と戦争をするために、小泉政権以降の長い時間をかけて準備されてきたものが、3.11以降スピードアップされて、日本が“好戦的なネオコン戦争屋勢力”に再占領されたという様相です。
 ところがトランプ政権の誕生で、米政権からネオコンが排除され、昨年末から始まったディープステート壊滅作戦によって、ネオコン勢力は急激に衰退しました。
 時事ブログでお伝えしているように、ここ数年の世界情勢で転換点になったのが、キッシンジャー博士の平和路線への転向です。現在では、本物のプーチン大統領とキッシンジャー博士は、しっかり手を結び合っており、これに習近平氏が協力。今では金正恩氏も加わっています。
 これらの流れに全くついて来れていないのが、あべぴょんです。“あべぴょんとその仲間たち”がこれまでの考え方を変えるとも思われず、往生際が悪いのは見ての通りなので、排除されるよりないだろうと思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
週刊ポストが、安倍総理の数々の言行不一致(嘘つき&サイコパスぶり)を特集!「過去をなかったことにし『全否定』する特徴」
転載元)
どんなにゅーす?

NEWSポストセブン(週刊ポスト)が、安倍総理のこれまでの病的なまでの「言行不一致」を特集。従来の発言をことごとく翻しながら、自らを正当化しようとする悪質な嘘の数々を皮肉交じりに伝えている。

安倍首相の発言 過去をなかったことにし「全否定」する特徴

森友学園問題を通じて安倍晋三首相の発言の信用性に疑問の声が出ている。例えば籠池泰典氏について、かつては「妻からこの森友学園の先生の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いております」(2017年2月17日・衆院予算委員会)と言っていたのに、わずか数か月後には「詐欺を働く人物のつくった学校で妻が名誉校長を引き受けたことは、やっぱり問題があった。こういう人だから騙されてしまったのだろう」(2017年10月11日・テレビ朝日系『報道ステーション』)とひっくり返すような具合だ。
さらに、過去をなかったことにして「全否定」するのも特徴と言える。安倍首相の悲願といえば憲法改正だが、野党から自衛隊の合憲化について追及されると、「(自衛隊を)合憲化するということを私は申し上げたことはありません」(2018年2月22日・衆院予算委員会)
はて? そもそも改憲のきっかけとなった読売新聞のインタビューで、こう言っていたではないか。
私の世代が何をなし得るかと考えれば、自衛隊を合憲化することが使命ではないかと思う」(2017年5月3日付朝刊)
(以下略)
【Yahoo!ニュース(NEWSポストセブン) 2018.4.6.】

(中略)


 
(中略)

安倍総理の膨大な嘘の「ごく一例」を示した週刊ポストの記事!生まれつきの嘘吐き総理の長期政権によって、この国は再起不能一歩手前の「虚構国家」に!

(中略)


まともな国民からしてみれば、安倍総理のペテン体質なんて、とっくの昔にイヤと言うほど分からされていたけど、今まではその事実をどこのマスメディアも積極的に報じようとしてこなかったわ。
そういう意味では、結構新鮮で、ある意味センセーショナルな記事よね。

当サイトでも、安倍総理の悪質な嘘は逐一記事にしてきたけど、そんな総理の嘘を批判する記事はとうに100を超えているのではないだろうか?(正確に数えていないのではっきりとは分からないけど…)
(中略)
こうした流れを見ても、ようやく、安倍政権が本格的に終わりそうな兆候が目に見えて出てきたし、あまりにもこうした論調の報道が遅すぎたくらいだ。
(中略)
安倍政権を支えてきた「旧来の世界支配層(好戦的なネオコン戦争屋勢力)」はトランプ政権の誕生によってかなりの割合まで駆逐され、逆に安倍政権を危険視する「新しい支配勢力」が世界で台頭してきたということかと思う。
北朝鮮問題をめぐる、かつてなかったような対話路線の進展も、こうした「世界的な変革」によってもたらされた流れかと思うし、あとは、どこまで日本国民自身が色々な意味で”覚醒”して、安倍政権を自分たちの責任できちんと終わらせることが出来るか、というところかな。

それに加えて、マスコミの人たちもいかに「安倍政権の呪縛」から解き放たれて、本来のマスコミの役割(建前)を取り戻せるのか…といったところかしらね。
すでに、自民党からも本格的に「安倍下ろし」を始める準備が整いつつあるみたいだし、これを機に、(ポストさんに続いて)安倍総理が今まで繰り返してきた「犯罪レベルの数々の大嘘」をマスコミが揃って徹底的に糾弾する段階に差し掛かってきたんじゃないかしら?

[YouTube]あれです!!

竹下雅敏氏からの情報です。
 にゃんにゃん母さんの記事で紹介されていた動画です。それにしても、この坂戸孝志氏が誰かに似ていると思ったら、あれでした。
(竹下雅敏)
————————————————————————
坂戸孝志の9割の腰痛は自分で治せる 2012. 5.15 OA
配信元)

ぺりどっと通信5 いしい

『いしい』は、現代語の『おいしい』の元々の古語です。
さて、その『おいしい』とは一体もともと何なのでしょう?
(ぺりどっと)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

(まの爺)
 ちょっと待った〜!
って、まだ何も語られていないのに失礼をば。
読者の皆さま、前回の最後に、隠しメッセージの挑戦があったのを覚えておいでかな?
その隠しメッセージ、お判りであったかのう。
まの爺は、さっぱり分からず万事休す、このような「ふん詰まり」気分を抱えては
「いしい」話について行けぬと、ついにぺりどっと氏に「教えて?」と頼んだのであった。
が、しかし。
返ってきたのは「カメレオン」というヒントのみ、、。
とことんストイックなお方ぢゃ。
皆の衆、「ぺりどっと通信3」の本文のみならず、コメント部分まで要チェックですぞ!

サイン バイノー!ぺりどっとです。あまりなじみがないと思いますが、今回の『こんにちは』モンゴル語です。モンゴルといえば、ゲル。あの独特なテントのような移動式の住居です。

ゲルは、主にモンゴル高原に住む遊牧民が使用している、伝統的な移動式住居のこと。日本では、中国語の呼び名に由来するパオ(包)という名前で呼ばれることも多い。

現代的なゲル Author:tiarescott[CC BY]


現代的なゲルの外部には発電のための太陽光パネルと蓄電池、衛星放送を受信するためのパラボラアンテナなどが設置されている。これで周囲数百kmにわたって何もない大草原でもテレビや携帯電話が利用できる。モンゴルでは2011年に携帯電話の普及率が100%を超え、さらにスマホも普及するなど急速にIT化が進んでいる背景として、スマホのアプリで銀行口座を扱うなど、銀行や郵便局がある都市部から遠く離れた場所で移動生活を行う遊牧民だからこその事情がある。(中略)...ネットとGPSを使って遊牧民の現住所を特定して郵便物を送る「what3words」というシステムをモンゴルポスト(国営のモンゴル郵便)が2016年に導入しているため、スマホがあればアプリで住所がわかり、周囲数百kmにわたって何もない大草原に設営されたゲルにも郵便が届く。(以下略)

完全なオフグリッドな生活ですね。憧れます♪ モンゴルの冬はかなり厳しく-30℃になることさえもあるそうです。ストーブがあるとはいえ、このゲルの中で過ごせるのですから、たいしたものです。インドアキャンパーとしても負けていられません。それと、モンゴルでは岩塩が有名ですね。

Author:MizuBasyo[CC BY-SA]


そうそう、塩と言えばこんなお話をご存知ですか?

» 続きはこちらから

【第5回】きっと役立つ乳酸菌学 〜メリーベのために〜 乳酸菌の機能性③腸での超凄い効果(免疫賦活化作用)

 まのじ編集長にコツコツと突かれて重い腰を上げました(笑)。今回は乳酸菌の免疫賦活化作用について書きました。免疫は複雑でちょっと難しいですが、できるだけ簡単に書きましたので概要だけ掴んで貰えれば幸いです。時間がない人は、最後の【まとめ】だけでもお読み下さい。
(地球に優しい方の微生物学者)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
きっと役立つ乳酸菌学 〜メリーベのために〜 乳酸菌の機能性③腸での超凄い効果(免疫賦活化作用)

Bifidobacterium adolescentis
Author: Y-tambe


免疫賦活化とは?

 賦活(ふかつ)とは活性化するという意味です。乳酸菌やビフィズス菌には免疫細胞に働きかけ免疫力を高める働きが知られています。特に高齢者や子供は免疫力が低い傾向にあるため、イムノバイオティクス(※1)摂取が風邪やインフルエンザなどへ有効な予防手段となる可能性が報告されています。

(※1)プロバイオティクスの中でも免疫応答に関与するものをイムノバイオティクスと呼びます。「イムノ(immuno)」とは「免疫の」という意味です。メリべの方は「医務の」と覚えると何とな〜く、免疫っぽい感じに辿り着きます。まー、覚える必要はないんですが。

Enterococcus faecalis
Author:JaniceHaneyCarr[Public Domain]


内なる外

 腸を含む消化管は「内なる外」と呼ばれています。口から肛門まで1つの管で外界と繋がっていますね。口と肛門を同時に開ける(出す時に口を開けましょう!笑)とその管の中は、「人体なのか」、「外界なのか」悩むのではないでしょうか?生命にとって消化管は、「内なんだけど、外でもある」のです。外界には病原菌やウイルスなどの危険がいっぱいです。外界からやってくるそれら「敵(※2)」が侵入する確率が高い部位が、食品からの栄養を取り込む小腸です。そのため、小腸の周りには多くの免疫細胞が集まっています。その割合は、全身の6〜7割と言われています。これだけでも小腸の重要性が分かっていただけると思います。

(※2)シャンティフーラの読者様は「全生命への愛」を意識していらっしゃるでしょうから、「敵っていう表現は好きじゃないわ」と言われそうなので念のため、ここでは「自分以外の生命=敵」としておきます。そうすると、「自分以外の生命=敵なんて、なんて心の貧しい考え方なのかしら」とか「究極的にはみんな一つの生命体なのよ」とか言われそうですが、そこは穏便にお願い致します(笑)。


» 続きはこちらから