2018年4月7日 の記事

地球をクォーク爆弾で完全に破壊することをアセンションと呼ぶ、悪のプレアデス人

竹下雅敏氏からの情報です。
 「愛と光の存在」というプレアデス人の正体がわかる記事です。時事ブログでは、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)の情報について、3次元の低層に関しては比較的正確で価値が高いが、高い次元の情報はそのほとんどが誤りで、かつ彼らは、意図的に悪をなす集団であると指摘しました。
 彼らと関係しているグループが、人為的にポールシフトを起こそうとしているのは、彼らと繋がっているチャネラーを経由した情報からほぼ明らかです。それにもまして問題なのは、彼らが地球をクォーク爆弾を用いて意図的に破壊する計画を持っており、これを未だに捨てないことです。
 彼らが、こうした計画を諦め改心するか否かを観察していたのですが、結局改心する連中ではなく、関係者のほとんどは現在裁かれています。それは、この記事も含めて、彼らが放つ波動が著しく低いことからわかると思います。
 この記事では、プレアデス人が、かつて、プレアデス星団の惑星を爆発させたと言っています。その惑星のかけらが、彼らが聖なる石と言っているモルダバイトだということです。
 現在、彼らは、地球をクォーク爆弾で完全に破壊するつもりなのですが、それをアセンションと呼んでいるのです。彼らは、このような行為が大変なカルマを積む悪行だということには気づかないようです。私がこの連中を悪と断定する理由です。
 4月2日に、神々のイラストを描いている中西征子さんから興味深いファクスが入りました。約1ヶ月の間、様々な方面からの攻撃や呪いを受けていたというのです。その一部を表記します。
「3月24日 AM7:00~9:00
宇宙人その他総勢12万人による攻撃。相手が宇宙人であるということと数を聞いて、思わず笑ってしまいそうになりました。宇宙人のリーダーらしき者との会話から、私が彼らの計画を邪魔するので、殺しに来た…ということがわかりました。」
 中西さんによると、彼らは中西さんの説得に応じて引き上げたということです。この“彼らの計画”というのが、クォーク爆弾による地球の破壊のことなのです。
 3月27日には、24日とは異なるグループの宇宙人15万人から攻撃されたとのことです。この時は問答無用で会話も成り立たなかったため、中西さんは母なる神様に祈ることで攻撃を終了させたと言っています。
 実はこれらのグループはいずれもプレアデス人のグループで、 27日のグループがコブラのRMと繋がっているプレアデス人のグループなのです。
 彼らが愛と光の存在などでは全くないことがはっきりとした瞬間だと言えます。
 はっきり言って、このような雑魚が数十万集まって私たちを殺しに来ても、どうにもなりません。カルマが即時に返って命落とすことになるならまだ幸いで、下手をすると魂が消えてしまいます。すでに魂がない連中が攻撃に来たのかも知れませんが、その場合、最悪のケースでは魂(モナド)が消えるかも知れません。
 いずれにしても、この連中が近い将来、精神破綻に至るのはほぼ確実でしょう。合計27万人も居れば、その中にはまだ魂(ジーヴァ)が残っている者も居るかも知れません。彼らが生き残るには、彼らのチャンネルを使って自分たちがこれまでに成してきた悪を洗いざらい白状し、地球人に謝罪しなければなりません。これが出来ないと言うなら、滅びるよりないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プレアデス人
引用元)
(前略)
http://2012portal.blogspot.jp/2018/03/pleiadians.html?m=0
 
プレアデス人は、愛と光の存在です。地上の住人の大半は、地球の機能不全状態にはまっているので、思惑を持たない愛と光に満ちた存在が信じられなくなっているのです。
(中略)
プレアデス人は、銀河のセントラルサンのポータルからこの次元の宇宙に入ったエンジェルからの進化体を起源としています。約1800万年前に、物理層にプラズマ層に生じたプレアデス星団に定住するまで、エンジェルのライトボディを持ってこの銀河を探索していました。
プレアデス人は、プラズマで形成されている母国の惑星の一つを物理的な濃密度物質にあえて転化させ、その惑星は爆発しました。

爆発した惑星のかけらは銀河全体に飛散しました。その中で地球に落ちたものがモルダバイトです。

https://heavenandearthjewelry.com/Moldavite-Starborn-Stone-of-Transformation1.aspx
(以下略) 

安倍政権のメンバーは 3.11の津波核テロへの関与で戦争犯罪に問われることを恐れている ~3.11の攻撃は4千万人を北朝鮮へ避難させるロスチャイルドの企て~

竹下雅敏氏からの情報です。
 動画の1分30秒~4分14秒は、3.11について語っています。嗚呼、悲しいではないか!さんが、書き起こしてくれていますので省きますが、これらの情報を、フルフォード氏は“ロスチャイルドの人間から聞いている”と言っています。また、麻生はロスチャイルドのフランス分家の犬で、彼らは確実に失脚しているとのことです。
 4分14秒~5分49秒では、安倍は先週、タイのタクシン首相にドバイ亡命を相談したとのことです。イギリスのメイ首相、フランスのマクロン大統領、ドイツのメルケル首相、安倍で最終防衛ラインを引いているが、もたない。アメリカの軍、CIAがこの人たちを狙っている。
 9分55秒~11分32秒では、株式ファンドの77%を買っているのは日銀。株式ファンドの持ち主をたどると、財団経由で外国マフィアにお金が流れているのがわかる。日本のお金を外国マフィアに渡しているのが安倍政権。
 12分16秒~13分20秒では、(次の総理が)石破あたりで検討されているとは聞いている。トランプが鉄とアルミに関税をかけた。関税を日本が免除されなかったのは、日本が意図的に質の悪い鉄をアメリカに売ったため。この影響で武器が壊れているので、ただでは済まされないと言っています。
 14分56秒~15分40秒では、スイスの分析で、大体700人の人たちが作った仕組みが現在終わろうとしているとのことです。
 下のフルフォードレポートでは、今回の話題と関連のあるところを取り上げました。驚いたのは、9.11の廃材を中国が所持しているかも知れないというところ。確かにブッシュ政権は、崩壊したビルの鉄くずを中国に売りました。それを保存して調べていたとなると、犯人の逮捕も時間の問題ということになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
国家非常事態対策委員会(4/5)
「現在の安倍晋三おろしについて」



先週外国人特派員協会に原発安全の役人が来ていて、質問した。 「何故、311直前にイスラエルのマグマBSPに保安が変わったか?」 ⇒答えは?
・これは自然災害ではなかった。
ロスチャイルドが関東から4千万人を北朝鮮に避難させて、ロスチャイルドの新アジア本部にしようとした。 
・麻生の息子はロスチャイルドの女と結婚している。
・安倍政権も雇われ奴隷政権が確実に失脚している。
米で911裁判が進行中であり、ハザールマフィアが虱潰しに調べられている。
福島につぎ込む金は、そのままハザールマフィアに流れている。 
・先週、安倍がタイのタクシン元首相に亡命できないか?と聞いた。オバマも来ていたらしい。
・これはCIA幹部とタイの王族筋に聞いた話である。
イギリスがロシア挑発を始めたがうまくゆかない。 
・英メイ、仏マクロン、独メルケルも危なくなってきた。
安倍もその一派で、逃げる場所を探している。
 
総裁
・安倍が犯罪者であるのは事実である。
・森友、加計なんて小さいもので、みずほ、三菱、住友、郵政からどれだけ金をかっぱらっているか、とんでもない犯罪である。
・内閣人事局を作って全ての権力を握った。
・安倍が、逮捕となると、たぶん抹消される危険性がある。麻生も同じ。
・自民党内で自浄作用がなければ自民党も終わる。
 
フルフォード
鉄鋼とアルミの関税を日本が免除されなかったのは、安倍が米軍に品質の悪い鉄鋼とアルミを売っていた。 ⇒詳細が知りたいが
・1985年日本人は世界一金持ちだったが、今は貧乏になった。
・欧米人も同じだ。
700人がお金持ち。この人たちが作ったシステムが終わろうとしている。
 
世界同時的に、ハザールマフィアの手下たちの廃除が始まっているのが分かる。
安倍も必死だね。殺される前に人民裁判だ!
————————————————————————
フルフォードレポート(4/2)
(前略)
安倍政権のメンバーは2011年の3月11日の日本の津波核テロへの関与に関して戦争犯罪に問われることを恐れている。(中略)… この攻撃は、4千万人の日本人を北朝鮮へ避難させる企みで、ロスチャイルド・ファミリーが企てたものであった。計画は、北朝鮮にロスチャイルドの新アジア本部を置くものであったと、これらの情報源は言う。
これは完全に崩壊しており、朝鮮半島の和平協定がこれらの殺人計画の公表に繋がりそうであると、CIA、国防総省と日本の右翼情報源は言う。それが、大量殺人の加害者達の間に大きな恐れと嫌悪がある理由である。
(中略)
米軍情報筋はこの著者に以下の情報を送ってきた:
(中略)… 中国は9/11の廃材のサンプルを多く保管しており、他の関連する科学調査要因の中で核、テルミット反応、エネルギー放射に対して試験をしたと述べている。もし、大統領ドナルド・トランプが9/11の独立した調査を支援する準備ができていれば、中国は9/11攻撃に関する証拠を持っているように思える
(以下略)

[Twitter]春ですね~♪

編集者からの情報です。
「あれ、なんですやろ。」
「さあ、春やしなあ。」
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

今度は経産省、「原発リスクを過大に見せる印象操作だ」高校での講演に内容修正を要求

 財務省、厚労省、文科省、国交相、防衛省に続いて、今度は経産省の問題が発覚しました。
北海道の高校でエネルギー問題の講演を行う予定の助教授に対し、経産省の出先機関の幹部が、わざわざ出向いて行って、講演資料の変更を求めていました。変更を求められたのは、福島第一原発事故についての内容で「原発のリスクを過大に見せる印象操作だ」と指摘したというのです。日本語の意味が吹っ飛びそうな指摘ですが、他にも「原発は本当に安いのか」という真っ当な考察部分へは、「別の見方があるのではないか」と話したらしい。それは別の見方をする人が自由に発言すればよかろうと思いますが、あえて意見を変えるよう求めて来た経産省、これは「教育への介入」という見方ができるのではないでしょうか。
 各省オールスターキャストの不祥事が示すのは、もはや、安倍政権では行政が信頼できないということだと思います。最後のツイートにあるように、
「モラルハザードの原因は、官僚に命令する権限を持つ者の側にあると考えるのが普通だろう。」
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「原発リスク過大に見せる」経産省出先機関が内容修正を要求
引用元)
去年、北海道の高校でエネルギー問題の研究者が講演を行った際、原子力発電に関する内容を修正するよう経済産業省の出先機関から求められていたことがわかりました。教育への介入だという指摘もある中、経済産業省は「調整の一環であり問題はない」としています。
(中略)
講演の前、教材として用意された資料のうち、東京電力福島第一原子力発電所で起きた事故の写真や原発の発電コストを示すデータについて、経済産業省の出先機関である北海道経済産業局の職員から「原発のリスクを過大に見せる印象操作だ」と指摘され、修正を求められたということです。

(中略)
北海道経済産業局は「国の事業である以上、エネルギー問題の長所と短所をバランスよく紹介することが前提だった。修正を求めたのは調整の一環であり問題はない」としています。
(以下略)
————————————————————————
講演での原発短所指摘、経産局が変更要求
引用元)
(前略) 山形助教が同11日、学校に講演資料を送ったところ、翌日夜、経産局資源エネルギー環境部の八木雅浩部長と課長が研究室に来た。福島第一原発事故の写真を「印象操作ではないか」と指摘、「原発は本当に安いのか」とした部分は「別の見方があるのではないか」などと話したという。
(中略)  経産局によると、原発の短所が強調されていたことなどから指摘したという。八木部長は「各エネルギーの長所と短所を紹介するという事業の趣旨にのっとった内容にしてほしいとお願いをした。圧力をかけて内容を変えてほしいという意図はなかった」と話した。
————————————————————————
配信元)



独逸の伯林で見た、聞いた、感じた難民問題、移民問題 ~第9楽章 アジア人といえば、 ベトナム人、タイ人

第8楽章のアフリカ人は心優しい人たち
続いて、第9楽章のアジア人といえば、
ベトナム人、タイ人をお送りいたします。

ドイツのベルリンでは、アジア人といえば、
ベトナム人・・・が多いのです。
ベトナム料理店も多いのです。
え、なぜ?? 理由は、おわかりに
なりますでしょうか・・・。
(ユリシス)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

ベルリンで一番多いアジア人は、ベトナム人


世界中を見まわしてみると、
どこにいっても、中国人がいるし、
チャイニーズタウンがある
・・
というのは、よく言われていることです。

Author:WilliamCho[CC BY-SA]


しかし、ベルリンには、チャイニーズタウンはなく、
アジア人で一番多いのは、ベトナム人
で、
次にアジアの中では地理的に近いこともあって、
2番目はタイ人になります。

なぜ、ベトナム人が多いのか
ベトナム料理店が多いのか・・・
理由は、想像できますでしょうか・・・。

東西冷戦時代、東ドイツ、東ベルリンと
ベトナムは、社会主義国、共産圏ということで
以前から交流があったから
なのです。

ですので、アジア料理といえば、
ベトナム料理で、いたるところにあります。


ベトナム料理は、フォーという米粉の
麺料理
もあり、重金属をデトックスすると言われる
コリアンダー、香菜のハーブを
ふんだんに使用した、料理で非常に人気
です。

pixabay[CC0]


また、ベトナム人の印象は、非常に勤勉で、
ドイツ人がしっかりと週末はお休みを取る中で、
土日祭日も働いている方も多いのです。

ベトナムは古来から、中国文化の影響を強く受けてきたため、ベトナム料理にも中華料理の影響が色濃く現れている。また、19世紀から20世紀にかけてフランスの植民地統治を受けていたため、他のインドシナ半島の国々同様、フランスの食文化の影響も多く残されている(バゲットやコーヒー、プリンなどが日常の食生活の中に定着しているといったような点はその例である)。食のタブーは、「魚の王」として信仰される鯨を除き存在せず、多彩な食材を扱う。

また、ベトナムコーヒーなども
コンデンスミルクが入るので、甘くて美味しい
のです。

pixabay[CC0]


アルミニウムまたはステンレス製の、底に細かい穴を多数開けた、フランスで伝統の組み合わせ式フィルター(カフェ・フィン、cà phê phin)を使って淹れる。このフィルターは、通常カップに乗せる平たい部分、湯を受ける筒状の部分、筒の中に入れるフィルターという3重の構造で、それぞれに細かい孔を開けて、粉がカップに落ちないように作られているが、どうしても粉が孔を塞ぐ形となって、簡単には湯が通らない。このため、抽出には5分から10分程度の時間がかかり、また、たくさんの湯を受ける大きさとなっていないため、濃く抽出される。ぽたぽたとコーヒーが落ちる様子から、このスタイルの淹れ方を、中国語で滴滴咖啡(ディーディーカーフェイ)と呼ぶことがある。

そのままでは非常に苦いため、cà phê sữa(カフェ・スア)と呼ぶミルクコーヒーにして飲む飲み方がある。この際、生乳ではなくコンデンスミルクを用いる。また後で加えるのではなく、あらかじめカップの底にコンデンスミルクを底が見えなくなる量敷いておき、その上からコーヒーを淹れ、飲む際にスプーンでかき混ぜる。濃厚で甘く、コーヒーキャンディーをなめている時に近い味を覚える。

» 続きはこちらから