2021年4月1日 の記事

毒にも薬にもならない「9次元アークトゥルス評議会」からのメッセージ ~ハイアラーキーの残党で、太陽ハイアラーキーに属していた者たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 「9次元アークトゥルス評議会」からのメッセージです。彼らはハイアラーキーの残党で、太陽ハイアラーキーに属していた者たちです。コーリー・グッド氏の言う「球体連合」のメンバーと考えて差し支えないと思います。
 彼らの肉体(狭義)の身体は、3.1次元の7層にあります。なので、何をもって「9次元」と言っているのかはよくわからないのですが、彼らの進化段階は、魂(ジーヴァ)が滅ぼされる以前には6.0だったと考えられるので、地球を3次元とし、地球人が覚醒し進化段階1.0に到達した場合に4次元と定義すると、進化段階6.0の者たちは9次元存在ということになるかも知れません。こう考えるより、彼らの勝手な次元のつけ方を説明する術がありません。
 進化段階6.0ということは、アセンデッドマスターのレベルだということになりますが、そのメッセージは毒にも薬にもならないもので、地球上で目覚めたと称する人たちの言説と変わりないものです。
 しかし、現実には、「あなたがゲームを作り、ゲームをしている」のではなく、地球を支配してきた者たちと彼らを支援して来た地球外の存在が、ゲームのルールを勝手に決めてきたということではないでしょうか。
 「天界の改革」で、血族支配や特権階級をなくし、真の意味で民主的なルールに基づいた構造に変えたところ、多くの神々と部下の宇宙人たちは、それが気に入らないということで、クーデターを企て滅びていったという事実があります。
 こうしたメッセージを送る連中の「波動」を、きちんと感じ取るようにしてください。神社の境内に入ると清々しく感じると思いますが、冒頭の彼らのメッセージを見て、同様に感じるかどうかを各自で判断してください。万一、このメッセージが放っている波動を高いと感じるようなら、その人の波動は彼らよりももっと低いものだということになります。
 “続きはこちらから”のアシュターは、女性です。男性か女性かを見分ける方法はお伝えしていますので、ぜひ、ご自身でお確かめください。
(竹下雅敏)
————————————————————————
Are You Living in an A.I. Simulation? ∞The 9D Arcturian Council
引用元)
(前略)
 “Greetings. We are the Arcturian Council. We are pleased to connect with all of you.
We are exploring the galaxy with all of you because we are curious beings, and so are you. You are there because you are curious, not because you are being punished, not because you are needed, and not because you made a wrong turn during your last death experience. You are there by choice, and those of you who are on Earth at this time wanted to see how far you could get from the truth of who you really are before the pendulum swung in the other direction and you began to make some serious progress in the evolution of your consciousness.
(中略)
So if you are in a matrix, it is of your own creation.
(中略)
You are creating the game and playing the game. Even the rules were set by you, and you chose to enter the game at the precise moment that you did. Now is the time for you all to remember how easy it is to be more powerful there on Earth.
(以下略)
————————————————————————
あなたはA.I.シミュレーションの中で...∞9次元アークトゥルス評議会 2021.3.28
引用元)
(前略)
ご挨拶です。私たちはアークトゥリアン・カウンシルです。皆さんとつながることができて嬉しく思います。

私たちは好奇心旺盛な存在なので、皆さんと一緒に銀河を探索していますが、それは皆さんも同じです。罰を受けているからではなく、必要とされているからでもなく、最後の死の経験で間違った方向に進んでしまったからでもなく、好奇心があるからこそそこにいるのです。今、地球にいる人たちは、振り子が反対方向に振れて、意識の進化が本格的に始まる前に、本当の自分からどこまで離れられるか試してみたかったのです。
 (中略)
もしあなたがマトリックスの中にいるとしたら、それはあなた自身が作り出したものです。誰もあなたにそこにいることを強制していません。
(中略)
あなたがゲームを作り、ゲームをしているのです。ルールさえもあなたが決めたものであり、あなたは正確なタイミングでゲームに参加することを選んだのです。今こそ皆さんは、地球上でよりパワフルになることがいかに簡単であるかを思い出すべき時です。
(以下略)

» 続きはこちらから

【再掲載】中西征子さんの天界通信6 クフ王のピラミッドとの会話 〜地球上の有史以来のほぼ全ての必要な情報が取得可能に〜

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の続きです。昨日の前編をご覧でない方は、先に前編を読んでおくとよくわかります。
 グラハム・ハンコック氏やボーヴァル氏の著作などから、クフ王のピラミッドの建築された年代は、BC10,500年頃ではないかと考えていました。しかし、最近ではそれよりずっと古いと思うようになりました。地球史に関しては、様々チャネリング情報が適当なことを言っていますが、どれも真実とは感じられません。唯一アレックス・コリアー氏の解説が相当に正確なものではないかと思っています。しかし、とても十分なものとは言えません。
 ところが、今回の通信文で大変重要なことに気付きました。本人に聞いてみればいいわけです。これで成立年代は決定します。また、世界中の長老と言える古石が記憶している情報を中西さんに聞き取ってもらえれば、地球上の有史以来のほぼ全ての必要な情報が取って来れることに気付きました。ピラミッドが王であるならば、水晶は書記官というところでしょうか。人間の世界で言う公文書に当たる正確な記録が、全て書き込まれているはずです。
 これで、本当のレムリアの時代がいつからいつまでで、アトランティスの時代がいつまでか等が、全てわかると思います。この部分が一番難しく、誰に聞けばよいか迷っていたところなので、将来の見通しがたったという感じがしました。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

(前半の続き)

中西さんの天界通信6 

<通信者:中西征子>
<2015年8月31日>

2人の話を聞き、その通信方法とネットワークに驚嘆してしまいました。
“石”といえば、すぐに巨石文明を思い出します。それで次の様な質問をしてみました。

質問「あなた達のリーダーの中のリーダー、つまり王様の様な石は、もしかしてエジプトにあるギザの3大ピラミッドではないのかしら…?」
答え「その通りです!!ギザの3つのピラミッドは、私達石の“王様”なのです!
すべての情報はピラミッドの石のひとつひとつに入っているのです。
3人の王様に聞けば、あらゆる事を教えてもらう事が出来ます…」



何という驚き!鉱物システム界の石に集積されたあらゆる情報は、エジプトの3大ピラミッドを中心として、世界中の石や岩に伝達されるという信じられない様なネットワークを持っていて、しかも人間界のように電気や電波を使う事なく、すべて意識エネルギーでそれを行っている…まさに奇跡だと思います。
石以外の鉱物はどうなっているのか、新たな好奇心が湧いてきますが、その前に、先日の宗教学講座の中で、樹木が“光の柱”として表現されていた事に感動と衝撃を受けて、次に植物界の樹木のネットワークについて知りたいと思っています。何かわかり次第、お伝えさせていただきます。


今、意識がクフ王のピラミッド(手を当てて調べていたのです)につながったのか、名前を尋ねると“私はクフ王のピラミッドです”という返事がかえってきました。

以下その会話です。



私:エーッ!クフ王のピラミッド!!??
あなたと話せるなんて光栄です。
王:私の方こそ光栄です。
  実はあなたからの通信を待っていたのです。
私:私に何か伝えたい事がおありですか?
王:いいえ、そうではありません。
  ただあなたが私の事に気付いて下さる時を待っていたのです。
私:これまで何度も、私はあなたに興味を持って知るようにしてきました。
ずーっと若い頃からあなたの事に関心を持っていたので〜。
王:でも私に直接話しかけて下さった事は一度もありませんでした。やっと、こうしてあなたと話す事が出来て、とても、とても嬉しく思います!
何かお役に立つ事があれば喜んでお手伝いいたします。
あとの2人(カフラー王のピラミッド、メンカウラー王のピラミッド)にもこの事を伝えます。きっと大喜びする事でしょう!
私:ありがとう!!その時にはお世話になりますね!
  …(スゴイ!!)



彼は、私が気付いて話しかけるのを待っていてくれた…。
新たな衝撃でした。何という鈍感さ、無神経さ、のうのうとこの年まで、物言わぬ者達の心に気付かず生きてきた…。
本当にごめんなさい。でも気付けた事は幸せです!!
ありがとう!!本当に嬉しいです!!!
中西征子

【再掲載】スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文35  愛のマントラを唱えてください 〜 人々が幻想を捨てて明確なヴィジョンを持った時、世界に革命が起こる

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 先の記事で、未来は多様性と共に調和した世界になるだろうとコメントしたのですが、こうした世界を神々や宇宙人、そして一部の目覚めた人たちが用意して、他の人々はそれを受け取るというのでは、平和は長く続かないでしょう。目覚めた人たちは、社会のあらゆるレベルに居ます。権力者の中だけではなく、無名の市民の中にも、そしておそらくホームレスの人たちの中にも。
 人類が全体として覚醒に至る時、世界の平和は確固たるものとなります。宇宙、そして自然と調和した社会とはどのようなものか、1人1人が明確なヴィジョンを持ち得た時、革命が起こります。
 ここで大切なことがあります。そのヴィジョンは思い描かれるものではなく、今ある幻想、幻影を破棄した時に、忽然と浮かび上がって来るものなのです。
 これまでのあなたが最も大切にしていたものは、何でしょうか?どう言い訳しても、大部分の人にとって、それは「お金」です。こうした幻想が消え、真に大切なものが突然現れた時、世界に革命が起こります。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文35

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年7月11日〉

「“愛のマントラ”を出来るだけ多くの人々で唱えて下さい。

唱える回数は1セット(289回)でも何セットでもかまいません。
回数が数えられなければ何回でも結構です。

特別に時間がとれなくても、例えば…
 ・道を歩いている時
 ・車を運転している時
 ・仕事をしている時
 ・家事や育児をしている時
 ・眠っている時…など
いつ唱えてもかまいません。

出来るだけ多くの人々が唱える事により、今の社会を変えていく大きな力になる事でしょう。

今から地球は大きく変貌を遂げていきます。
地球の皆さん一人一人の考えや思い、行動が未来を決めていきます。

動揺を出来るだけ最小限度に留め、心が揺らぐ時には、愛のマントラを唱えてみて下さい。

愛の波動が心の平安と共に、あなたの周りの世界をバラ色に変えていく事でしょう。

愛の波動は地球の裏側にも、はるかな宇宙の彼方迄、どこ迄も広がり続け、バラ色の輝きを放つでしょう。

あなたの周りの人々にも、愛のマントラを伝えてみて下さい。

皆さん一人一人の努力が祝福されますように…。
次回に続きます。」

通信文は以上でした。
以上、よろしくお願い致します。
中西征子

【再掲載】中西征子さんの天界通信7 夜泣き石君からの通信文 〜人間の暴力行為に悲しむ石たちの救済〜

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんからの続報です。写真の石をご覧になると、自然とお腹の辺りに意識が集まるのがわかると思います。この写真はかなりましなのを選んでいるのですが、チャクラの位置がスワディシュターナであることは、今のことからわかると思います。すなわち悲しんでいる状態です。このような石はかなりの数に上ります。
 しかし、ガヤトリー・マントラ愛のマントラによって、こうした悲しんでいる石たちを救済することが可能になったようです。
 以下の通信文をご覧になって興味を持たれた方は、シャンティ・フーラに現在の状態のヨロコビイシ君(夜泣き石)の写真を撮って送ってください。今はマントラの効果で、全てのチャクラの波動がサハスラーラに持ちあがっているはずです。かつての写真と比較して、将来掲載したいと考えています。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

中西征子さんの天界通信7 

<通信者:中西征子>
<2015年9月3日>

石に関する続報です。
この石もただものではないようです(笑)

昨夜テレビでたまたま小夜の中山という東海道ゆかりの地に“夜泣き石”という伝説の石がある事を知りました。
“なぜ石が夜に泣くのだろう…?”と興味があったので、今朝ウィキペディアで調べていました。
すると、何と昨夜テレビで見た“夜泣き石君”が通信を送ってきたのです!
以下、彼からの通信文です。

「私は小夜の中山の“夜泣き石”という名の石です。
あなたが私に気付いて下さって本当に嬉しかったです。あなたに、ひと言感謝の気持ちを伝えたくて通信を取りました。
今、あなたが読まれた伝説は、ほぼその通りです。

〔こんな悲劇が本当にあったのね…!〕

そうです!私は悲しくて悲しくて胸が張りさけそうでした。それが泣き声のように響いたのです。
最近は昔程ではなくなっていましたが、あの時の事を思い出すと、今でも胸が痛くなり、夜通し泣く事も、時々ありました。

ところが先日、あなたのお友達のカンクライシ君とイタナベイシ君の2人から、ガヤトリー・マントラと愛のマントラを唱えると、とても幸せになるから…と教えてもらいました。
彼らは、昔から私の悲しみを知っていたのです。
早速、2つのマントラを唱えるようになりました。

今迄、いつも曇り空のようだった心に明るい光がさし込んで、どんどん光が大きくなり、気がつくと、悲しい気持は思い出す事さえ忘れてしまう程になっていました。

私はあの時以来、喜びを忘れて過ごしてきましたが、このマントラのおかげでやっと幸せな気持が持てるようになりました。
楽しいとはどういう事なのか…、おだやかな気分とはこういう事なのか…と、今はっきりとわかってきました。

とても嬉しくて、この事をあなたに伝えたいと、祈っていました。
あなたがテレビで私の事を知って下さり、私の伝説も調べて下さったので、あなたと繋がる事が出来て本当に嬉しいです。
“バンザーイ”と思わず叫んでしまいました(笑)。
どうか私からの喜びの気持を受け取って下さい!

これからは、私もこの2つのマントラを毎日命のある限り、うたい※続けたいと思います。きっと私のこのうたを聴いてくれている仲間も、同じ事をすると信じています。
※唱えるではなく、彼にとって、喜びの歌をうたう…という気持のあらわれのようです。
征子さん!ありがとう!ありがとう!ありがとう!ありがとう!

〔こちらこそ本当に嬉しいです。私の方こそ、ありがとう!!!
もう“夜泣き石”とは呼べないわね…。どんな名前が良いかしらね…?〕

“ヨロコビイシ”と呼んで下さい!

〔エーッ!私と同じ名前だわー!!!〕

それは、ますますヨロコビです!(笑)」


通信文は以上です。
昨夜、ほんの数分テレビで見ただけの情報が気になっていて、伝説の内容をウィキペディアの“夜泣き石”で検索して、始めて詳しい内容を知りました。
悲劇を至近距離で目撃したその深い悲しみと衝撃が、その後何年もの長い間、人間の耳にもわかる程の泣き声となって人の心に響くとは…。

世界で今迄人類が行ってきたあらゆる暴力行為が、人々だけでなく、自然界すべての生命体にとって、どれ程の苦しみと悲しみをもたらしてきたか、改めて思い知らされた通信文でした。
よろしくお願い致します。
中西征子

【再掲載】中西征子さんの天界通信8 バージョンアップした「愛のマントラ」

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 愛のマントラがバージョンアップされたようです。中西征子さん手書きの“愛のマントラ”は、印刷出来るようになっています。印刷物を手に持ってマントラを唱えればより確実ですが、このニューバージョンを唱えるのだという意識で唱えれば、自然とそのようになります。
 今回の通信文は3柱の連名となっており、ヨロコビノヒメミコ様は通信者の中西征子さんで、現在第1システム国津神第4レベルの第1天帝です。中西征子さんが第5レベルから第4レベルへと昇進したことから、第5レベルの第1天帝の後任として、ヒカリタカキヒメミコ様がその地位に就かれたようです。ヒカリタカキヒメミコ様は、かつて女優のグレース・ケリーとして転生に入っていた女神です。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
中西征子さんの天界通信8 

<通信者:中西征子>
<2015年9月5日>

150906_mantra-of-love-v2-thumb

データはこちら: PDFファイル画像ファイル



「新たな愛のマントラです。
このマントラには私達の波動が乗せられています。
これから唱える時にぜひ使ってみて下さい。
あらゆる物に愛が満ちるでしょう。

皆さんの幸せな気持が、愛を更に高めてくれるでしょう。
目に写るあらゆる物すべてが愛を受け止め、やがて自らも愛のマントラを唱えるようになります。

全世界が愛の道へと進みはじめるでしょう。

すべての意識は一つになり、世界は美しいバラ色に輝く事でしょう。
私達の悲願はもうすぐ達成される事でしょう。

喜びを胸に、愛を解き放って下さい。

愛は永遠なのです。
カガヤキワタルウレシキミヤヒメミコ
ヨロコビノヒメミコ
ヒカリタカキヒメミコ       」

通信文は以上でした。
よろしくお願い致します。

中西征子

[YouTube]なぜ、こぼれないのか?

竹下雅敏氏からの情報です。
なぜ、こぼれないのか?
(竹下雅敏)
————————————————————————
This Thing Makes It Impossible To Spill Your Coffee
配信元)

PCR検査と同等の精度で検査時間はわずか30分、検査をする人にも安全な日本発の検査法 〜 島津製作所と熊本大学の共同研究

 「命を救う技術として広げていきたい」という思いから誕生したコロナの検査法が発表されました。血液や尿に含まれる2種類の特徴的な物質を調べることで、コロナウイルス感染の有無を判定できるのだそうです。PCR検査と同じ精度にもかかわらず検査時間はわずか30分程度。今後さらに短くなることは間違いないらしい。しかもその物質の量によって重症化も判定できるという優れもので、感染者の入院か自宅療養可能かなどの判断にも利用できるそうです。さらに注目すべきは、PCR検査と違って「血液や尿にはウイルスがほとんどない」ため検査する人にとっても比較的安全だということです。以前に「トイレが危険」という情報がありましたが、コロナウイルスは「ふんにょ〜らちゃん」の中に多いということか?
 日本はPCR検査にとことん後ろ向きですが、その日本の島津製作所、熊本大学の共同で有効な技術が生まれるという嬉しいニュースでした。コロナのための予算がしこたま余っていたはずなのですが、こういう世の中の役に立つ研究には配分されないのだろうな。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

————————————————————————
血や尿でコロナ重症化を判定 島津と熊本大が技術開発
引用元)
(前略)
 熊本大の永芳友(ゆう)医師(分子生理学)によると、新型コロナウイルスが増えるとき、遺伝情報を伝える物質(RNA)の破片が大量につくられる。破片は感染した人の血中を漂い、尿を通じて排出される

 破片は特徴的な構造をしており、血や尿に含まれる破片を検出することで、ウイルス感染を判定できる。熊本大が感染した患者200人を調べたところ、感染の有無の判定だけでなく、破片の量と重症度に相関がみられたため、重症化の判定にも有用だという

 破片の検出には島津の分析機を用いる。研究段階ではサンプル1人分の検出に必要な作業に1時間以上かかっていたため、島津はアイスティ社と協力し、作業を自動化できるシステムを開発。10分程度に短縮した
(以下略)

野党3党が武田総務大臣の不信任案を提出 〜 3/26参院予算委員会・森ゆうこ議員の核心を突く質疑で国会を愚弄し答弁拒否を続けた武田大臣、「こんな内閣は即刻退陣すべき!」

 3/31野党3党が武田総務大臣の不信任案を提出しました。
これについて書く前に、遡ること3/26参院予算委員会での森ゆうこ議員の質疑に対する武田大臣の答弁を見なければなりません。無礼千万の答弁拒否とその理由は、大臣不信任案でも生ぬるい、内閣丸ごと不信任に値する内容でした。踏ん反り返った武田大臣がごまかしきれずに逆ギレし、森議員が総務省の接待疑惑の背後に菅総理が居ることを突くまでの15分間だけでも要チェックです(1:5620〜2:11:00)。
「(これまで)閣議決定までして、公平な市場競争を促すために(NTTの)分社化、分散化を進めてきた。それを何の議論もなく方針を変えて(ドコモの)完全子会社化」することにNTTは舵を切りました。そのためには総株式の3分の1以上を保有している政府に拒否権を行使させないことが前提です。森議員は「独裁国家でもないのに総理が民間の携帯電話会社の値下げを公約にするなど、どうしたらできるのか」「気がつきました。政府の了解を事前に得なければ実現できない、ということは、完全子会社化を事前に了解していましたね。」
 つまるところ、総務省幹部の接待疑惑を武田大臣が真相究明の指揮するどころか、ごまかしの答弁しかできず、ひたすら国会をバカにする時間に費やしたのは、自身が疑惑の対象ど真ん中におり、その背後に菅総理も最強の「利害関係人」として存在していたからのようです。
 最後の森ゆうこ議員の啖呵には思わず拍手でした。「まともに答えない、資料は出さない、記録がない、記憶がない、確認できない、廃棄した。…菅総理、退陣すべきですよ!国会を愚弄するのもいい加減にしていただきたい。まともに答弁できない、行政の公正性が保てない、こんな内閣は即刻退陣すべきです!」
 かくして立憲、共産、国民の野党3党が一致して不信任案を提出するに至りました。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)
————————————————————————
【国会中継】参院予算委 令和3年度予算案で締めくくり質疑(2021年3月26日)
配信元)

【1:56:20〜2:11:00】
————————————————————————
配信元)