2020年4月6日 の記事

現在求められているのは、徹底的なコロナ対策と、徹底的な経済対策 ~“経済的な損失への補償”なしに「都市封鎖」を行うと、おびただしい数の中小・零細企業が倒れる

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨年10月に消費税を10%に上げたことで、東日本大震災時の冷え込みを上回る激しい経済停滞に見舞われたところへ、今回の新型コロナウイルス騒動で、倒産・失業が拡大し続けています。現在求められているのは、徹底的なコロナ対策と、徹底的な経済対策のはずですが、「コロナ対策」の方は先の記事で見たように他国とは異なり日本はユルユルで、“外出禁止や店舗の休業は、「強制では無い」”のです。本来なら「緊急事態宣言」は、“経済的な損失への補償と一体で行うことが重要”であるにもかかわらず、そうした保証を出来るだけ行わないようにするつもりのようです。
 「経済対策」は、すぐにでも「消費税ゼロ」を約束し、1人15~20万円を緊急事態宣言の実施期間にわたって、毎月支給する必要があるでしょう。私なら1人15~20万円などと言うケチ臭いことは言わずに、1人50~100万円を支給すると思います。
 “そんな財源がどこにあるのか?”と言う人は、“続きはこちらから”の動画をご覧ください。「通貨発行の仕組み」がとても分かり易くまとまっています。現在はデフレなので、国債を発行して資金を調達したり、政府通貨を発行して経済の危機を乗り越えることも可能です。
 しかし、“経済的な損失への補償”なしに「都市封鎖」を行うと、おびただしい数の中小・零細企業が倒れることになり、日本は物を作る能力を失ってしまいます。こうなると、今マスクの値段が跳ね上がっているように、生活に必要な物の値段が上がります。最悪のケースが食糧不足で、食品の値段が跳ね上がります。多くの人が職を失い、家賃が払えない状況で、こうした状況に陥ることが容易に想定されます。まさに「アビー地獄」です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コロナ経済危機、切り札は「消費税凍結」 東日本大震災よりGDP減少!
引用元)
(前略)
 安倍政権は、昨年10月に消費税を10%に上げた。これによって日本は、昨年12月までの直近四半期、実質成長率マイナス6・3%という、東日本大震災時の冷え込みを上回る激しい経済停滞に見舞われた。念のため申し上げるが、これはコロナ・ショックが勃発する前の数字である。
(中略)
 そして現在、今年になって始まった新型コロナウイルス騒動と相まって、繁華街、歓楽街、観光地といったあらゆる場所から人々の姿は消え去り、大多数のビジネスが途轍もない「減収」の嵐に直撃される事態となった。ほとんど全ての国民所得が下落すると共に、倒産・失業が拡大し続けている。これはもはや、「国難」と呼ぶべき状況である。

 こうした安倍政権の不適切なコロナ対応と消費増税によって誘発された経済危機、いわばアベショックに対処するために現在求められているのは、徹底的なコロナに対する医療態勢の確立と、徹底的な経済対策だ。

 そしてそのために今、何よりも効果的な方法は、10%に引き上げられた消費税率を5%引き下げる「消費減税」、あるいは10%引き下げる「消費税凍結」だ。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

“緊急事態宣言に向けた準備に入ることを表明する”あべぴょん ~あべぴょんとその周りにいる専門家集団は、経団連への配慮を優先し、国民の命を守る気はさらさらない

竹下雅敏氏からの情報です。
 緊急事態宣言を出すのではなく、“緊急事態宣言に向けた準備に入ることを表明する”ということなのですが、NHKニュースによれば、“東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に1か月程度行いたいとして、7日にも宣言を行う考え”だということです。
 あべぴょんによれば、“緊急事態宣言を出しても、海外のような都市の封鎖を行うことはない…経済社会活動を可能なかぎり維持をしながら、密閉、密集、密接の3つの密を防ぐことなどによって感染拡大を防止していく”ということのようですが、こうした「緩和戦略」は最悪の結果を生むというのが、3月25日の記事で紹介した「ハンマー」と「ダンス」という論文の結論で、“致死率を少なくとも10倍”にする悪手だということでした。
 どうも、あべぴょんとその周りにいる専門家集団は、経団連への配慮を優先し、国民の命を守る気はさらさらないようなのです。しかも、緊急事態宣言では外出禁止や店舗の休業は、「強制では無い」ので「休業補償等は一切するつもりは無い」ということらしい。
 国民は新型コロナウイルスによって命の危険にさらされるだけでなく、安倍政権によって殺されそうな気配です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
6日にも緊急事態宣言の準備入り表明見通し
引用元)

動画は引用元でご覧ください(画像をクリックすると引用元へ飛びます)

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて安倍総理大臣は、6日にも緊急事態宣言に向けた準備に入ることを表明する見通しであることが分かりました。

緊急事態宣言を出す際には、専門家からなる諮問委員会を開き、期間や区域などを定めた公示案と基本的対処方針の変更案について諮問することとなっています。
(中略)
ただ、宣言が出されても、欧米のような都市封鎖、いわゆるロックダウンが行われることはありません。知事などが行う外出自粛要請に強制力はなく、出歩いたとしても罰せられることはありません。また、生活に必要な買い物や通勤のための外出はこれまで通り、制限されることはありません。 
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 

 
» 続きはこちらから

[Twitter]ビー玉レースが熱い‼️

読者の方からの情報です。
ついつい見入りました。
2分強の動画に、チョッピリ興奮
途中のドラマがなんともです
(メリはち)
————————————————————————
配信元)

20/03/11 ソルカ・ファール情報:DHSの内部告発者フィル・ヘイニーがディープ・ステートに殺された件を調査していた米連邦検事、妻と共に射殺される

 遅くなりましたが、3月冒頭でお届けした「20/2/23 ソルカ・ファール情報:ロシアの疾病専門家がアメリカの諜報専門家とイランのコロナウイルスについて会話した結果、前者はスペインの刑務所にぶち込まれ、後者は頭部に銃弾を撃ち込まれる事態に」の続報です。

 米国国土安全保障省(DHS)のフィル・ヘイニーは、デーオバンド派イスラム系のテロ組織を追っていました。トランプが大統領に就任する直前に、オバマ゠クリントン政権はそういった情報の全面破棄を命じたため、彼は内部告発者に転じます。
 そしてこの過激派が敵視する中国とイランで新型コロナウイルスが発生し、ロシア側の情報を求めたヘイニーは、翻訳の専門家アレーシャ・クラシーロヴァに接触しました。DHS時代にやり取りしていたロシアの官吏です。
 するとクラシーロヴァは、2月16日にコロナウイルスの不可解な症例を調査しに行った先で、アメリカ政府の意向を受けたスペイン当局に拘束されてしまいます。結婚間近だったヘイニーの方は、カリフォルニア州で銃殺されているのを2月21日に発見されました。
 二人とも、アメリカ合衆国ディープ・ステートによる生物兵器の可能性を探ろうとして、目をつけられたのでしょうか。

 ヘイニーの捜査を開始した検事夫婦も新たに犠牲となった、というのが今回の記事です。おまけとして末尾には、以前“自殺”で片づけられた唯一の連邦検事の例をご丁寧にも入れてくださっています。――って、誰一人“自殺”やないやーんっ!
 ディープ・ステートはあっちこっち脅迫しているので、見せしめの“自殺”は大概が似たりよったり。事情を分かっている人間が見れば、なんちゃって“自殺”からディープ・ステートの犯行声明が読み取れるようになっているようです。
 地元ニュースの僅かな映像を手掛かりに、点と線を結ぶロシアもお見事。
 そしてアメリカの極秘の内戦は相っ当に血で血を洗う状況らしく、具体例をこうして見せられると、ひたすらドン引きします。ロシア側が警戒度マックスで注視しているのも当然至極。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:DHSの内部告発者フィル・ヘイニーがディープ・ステートに殺された件を調査していた米連邦検事、妻と共に射殺される
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

■この記事のまとめ■
✅3月6日:米国務省が、ロシアに対してクラシーロヴァの情報を開示申請
(※情報を実際に欲していたのは、米連邦地検カリフォルニア州の事務所)
✅直後:ロシアとしては先にクラシーロヴァの身柄を解放するようアメリカに要求
✅3月8日:申請書類に署名したデルガード米連邦検事と妻が射殺死体で発見
(※デルガード検事とFBIとカリフォルニア州保安局は大手メディアが“自殺”で片づけたフィリップ・ヘイニー射殺事件を捜査中だった)

✅3月9日:ロシアは情報要請をされたので、アメリカとのテレビ会議を予定していた
✅しかし7日:デルガード検事夫婦(カリフォルニア州在住)と義理の両親(テキサス州在住)が既に連絡を取れない状態
✅この両親も、殺されたヘイニーも、テキサス州の共和党下院議員ゴウメルトの友人!
✅検事夫婦殺害が判明した直後から、トランプ派の有力下院議員が続々自主避難
✅ゴウメルトの部下で元CIAの車が、殺害後の検事の自宅前に
✅帰結:ゴウメルトらも、ヘイニー殺害事件を合同捜査中だった?

✅デルガード検事夫婦は捜査開始前から“自殺”との報道
✅厳密に選び抜かれ、入念に【精神状態を】検査される職業であるため、この35年間で自殺で処理された米連邦検事はたったの一人
✅2007年にジェフリー・エプスティーンを起訴しようとしたアチソン検事が、虚偽の児童性的犯罪で投獄され、首吊り“自殺”
✅2019年エプスティーンも全く同じ経緯を辿って首吊り“自殺”

✅以上、4つの“自殺”事件は、ディープ・ステートお決まりの手口?


暗殺は続くよ、どこまでも


本日クレムリンに出回っている【ロシア】対外情報庁(SVR)の最大限に懸念すべき新報告書は、【ロシア公文書の機密度として最上位の】「特に重要な」極秘情報に指定されていました。

――その中で明かされていたことですが、3月6日アメリカ合衆国国務省米連邦地検カリフォルニア州東部地区のサクラメント事務所を代理して【ロシア連邦】外務省MoFAに対する外交上の要請を行い、ロシア市民のアレーシャ・クラシーロヴァに関する情報を求めてきたそうです。

――この要請の直後、【ロシア】外務省は以下のような通知を投稿しました:


ツイートはシャンティ・フーラが挿入
» 続きはこちらから

20/03/30 フルフォード情報英語版: 地球を巡る戦いが激化する中、安倍もマクロンもメルケルもチャールズ皇太子も“コロナウイルス感染”させられることに

 フルフォード氏は当時事ブログと異なり、コロナウイルス自体はカバール配下の大手メディアによる茶番劇と見ていますが、世界の善と悪が両者入り乱れて便乗作戦を展開しているので、事態を読み解くのはなかなか大変そうです。
 もしコロナウイルスが不発だったら、今度は隕石衝突の恐怖だそうな。ヘイトもカバールは大好物なので、世界的には中国バッシングを更に煽ってくるかもしれません。中国国内では米国バッシングでしょうか。

 個人的には、太陽周辺にうじゃうじゃいる謎の物体映像が一番気になりました。

 あと今回はトランプさんの影が薄いです。ブラックロック社という怪しげな存在も本文で指摘されていますし、まだまだディープ・ステート健在なのでしょうか。
 反対に、我が国の恥さらしはトップを飾っています。頼むからどこへなりと消えて欲しい、コロナより隕石よりも真っ先に。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球を巡る戦いが激化する中、安倍もマクロンもメルケルもチャールズ皇太子も“コロナウイルス感染”させられることに
投稿者:フルフォード

善悪両方が便乗しているコロナウイルス


地球を巡る戦いがクライマックスに達している。相対するどちらの側も“コロナウイルスによるパンデミック”とやらで、自分たちのアジェンダを達成しようとしているからだ。

解放【を目指す】諸勢力は上級ハザールマフィア連中を逮捕する機会としてロックダウン【=封鎖】を利用しているし、悪魔主義者らは一般大衆にワクチンとマイクロチップを施して服従状態に戻そうと目論んでいる、と複数筋が口を揃えた。

まるで現実が二つに分岐してしまったかのように、【現実の】一方は恐怖と死で埋め尽くされ、もう一方は固唾をのんで惑星規模の解放を待ち望んでいるのだ。


正義の側:大量逮捕にコロナウイルスを利用


まず最初に良識派が何と言っているかを見ていこう。日本の安倍晋三首相、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、英国のチャールズ皇太子、其の他大勢がこれから、あるいは既に“コロナウイルス感染”させられる(つまり逮捕される)、というのがCIAやペンタゴンの良識派からの情報だ。CIA筋の一人はこう言っていた:

「奴らは偽情報を発信しては、【逮捕を】可能な限り極秘扱いのままにしておこうとしているのです。」(“」”は原文ママ)メルケルは3度目の検査を受けることになっていますし、マクロンも検査で陽性となります。それが、奴らが排除されたことを意味する暗号です。」

彼はこうも付け加えた:

安倍はカバールに直接仕えているので、国の経済を崩壊させる気です。それ故に奴は排除されねばなりません。(【昨今は】著しくフェイクなコンピューターグラフィックス【が出回る】時代なため、私はここ日本で、本物の安倍が消えてしまうかどうか、記者証を持っている同僚たちとの連絡を取り続けるつもりです)。」

ペンタゴン筋も同意しており、「日本では政権交代も起こるかもしれません。晋三は東京オリンピックの1年延期に追い込まれましたしね」、と言っている。

日本がアメリカ人全員の入国禁止を検討するに至ったのは、アメリカ人の暗殺者どもが安倍の元にやってくるのでは、と恐れたからかもしれない。

いずれにせよ、米国内部では粛清が明らかに加速している。ペンタゴン筋が言うには:

海軍の病院船マーシーは3月27日にロサンゼルスに到着し、その姉妹艦であるコンフォートは3月30日にニューヨーク市に到着しましたが、逮捕されたシオニストや小児性愛連中に対して提供するのは、マーシー【=慈悲】でもコンフォート【=慰め】でもないのかもしれません。

しかも[米大統領ドナルド・]トランプがバージニア州ノーフォークに自ら出向いて、ニューヨーク市に向かう海軍艦船コンフォートを見送る中、トラック運転手たちはニューヨークには配達しないよう命じられています。」


悪の側:ワクチン接種でシープル支配にコロナウイルスを利用


ここからは、闇側が何を企んでいるのか見ていこう。以下のリンク先の映像では15分20秒辺りから、ビル・ゲイツがワクチン【接種済み】証明書を持っている人間だけが旅行することを許されるべきだと訴えている。

動画はシャンティ・フーラが挿入

NSA筋もこの点を認めており、カバールが望んでいるのはシープルに地元の【大型スーパーの】ウォールマートへ行かせて、“電子ウォレット【=財布】”を受け取るのと引き換えにワクチン接種とマイクロチップ挿入をさせることなのだ、と言っている。

まじめな話、恐怖心を煽られて、ワクチン接種に追い込まれたりしないように。奴らが出してくるワクチンはどれもこれも、それで皆さんを守ってくれるとか称する対象よりもロクでもないのは確実だからだ。

アメリカ大統領候補のジョー・バイデンが、「私たちは治療方法に対処せねばなりません。それが何であれ、問題を悪化させるでしょう」と口走った際、本当のことを語っていたのかもしれない。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
» 続きはこちらから