2020年7月12日 の記事

新型コロナウイルス研究に着手した香港大学の閻麗夢(えん れいむ)博士「WHOは感染発生の早期、すでにヒトからヒトへの感染を把握していた」 ~中国とWHOが情報を隠蔽

竹下雅敏氏からの情報です。
 WHOの顧問である上司の指示で、新型コロナウイルス研究に着手した香港大学の閻麗夢(えん れいむ)博士が米国に亡命。「WHOは感染発生の早期、すでにヒトからヒトへの感染を把握していた」と主張しました。彼女の発言で中国とWHOが情報を隠蔽していたことが確実になりました。
 私は当初から、新型コロナウイルスのパンデミックは、WHOの上層部が意図して作り出したものと見ていたので、この程度の情報ですら、これまではっきりしなかったことの方が驚きです。
 結果を見ると、新型コロナウイルスの対処に成功した国は、例外なく極めて早期に水際作戦を実行しています。なので、パンデミックを誘発したい者たちにすれば、人々が危機を楽観視してくれた方が良いのです。WHOの対応は、まさにそのようなものでした。
 「メイカさんからの続報」によると、“武漢肺炎ウイルスはサーズウイルスが混入しているため危険”だということです。新型コロナウイルスは、SARSウイルスにエイズの遺伝子が組み込まれた「生物兵器」である可能性が高いのです。
 ところが、一部の陰謀論者の間では「SARSCoV2 は、病原体として証明されていない」という根拠の無い妄想のような説を信じて、“マスク不要”を主張する人が後を絶ちません。
 トランプ大統領の支持者の中に、このような人たちが相当数いると思っています。「Covidパーティに参加した」という30歳の方は、死の間際に「間違っていました。COVID19 はデマだと思ったんです」と言ったらしい。この方は、“新型コロナウイルスは存在しない”と思っていたのかも知れません。
 “新型コロナウイルスのパンデミックはフェイクだ”と信じている人たちが、政府の指示に従ってマスクを着けるとは思えません。彼らが「危機を楽観視」することで、新型コロナウイルスの感染爆発に歯止めがかからなくなるのです。この目的で、CNNがマネキンに人工呼吸器をつけるというようなフェイクニュースをわざと流し、“COVID19 はデマだ”と思い込ませることで、マスクやソーシャルディスタンスなどの必要な措置を多くの人に取らせないようにしたのだとしたら、彼らの方が1枚も2枚も上手だと感じます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米国亡命の武漢ウイルス研究者 フォックスニュースで証言
配信元)
————————————————————————
香港大の女性ウイルス研究者が米に亡命 「中共ウイルスの真実を明らかに」
引用元)
香港大学の女性ウイルス研究者は4月、香港を脱出し、米国に亡命した(中略)… 亡命したのは中国青島出身の閻麗夢(えん れいむ)博士で、世界保健機関(WHO)のリファレンス研究施設として指定されている香港大学公共衛生学院の研究室に所属していた。(中略)… 昨年12月31日、上司でWHOの顧問であるレオ・プーン教授の指示を受け、中国本土で発生したSARSに類似するウイルスの研究に着手した。同日、中国疾病予防管理センターの科学者でもある友人から「家族全員が感染した事例を確認した。すでにヒトからヒトへの感染が起きている」との情報を入手した。
 
この情報を複数回、プーン教授に伝えたが、「中国共産党のレッドラインを踏むな」「我々が消される可能性がある」との警告を受けた。同じ情報を同大の著名なウイルス学者、マリク・ピーリス教授にも報告した。同教授も行動を起こさなかった。WHOのウェブサイトでは、ピーリス氏について「新型コロナウイルスによる肺炎の国際保健規則緊急委員会」の「アドバイザー」と記載している。「WHOは感染発生の早期、すでにヒトからヒトへの感染を把握していた」と同博士が主張している。
(以下略)
————————————————————————
メイカさんからの続報
引用元)
(前略)
香港の女性の医学博士が6月28日に米国に亡命。FBIが許可した。彼女は入管で「中国にはもう戻れない。中国の武漢肺炎の真相を話す。」と言って亡命を懇願した。夫は米国に亡命するのを拒否したため、彼女は夫に言わずにこっそりと米国に逃げた。彼女の中国の家族は中国政府に脅されている。今後、彼女はWHOと中国が隠蔽してきた真相を世界に伝えることを約束した。米国にその他3人の中国人研究者が亡命した。武漢肺炎ウイルスはサーズウイルスが混入しているため危険。
(以下略)

» 続きはこちらから

政府による、国民の全行動と生活の恣意的な監視、追跡の恐ろしさ ~「位置情報はもちろんのこと、通話やメールの相手、さらにメールについてはその内容まで把握」

竹下雅敏氏からの情報です。
 “マイナンバーカードには写真や住所、生年月日などが記載”されているため、将来的に携帯電話番号と紐づければ、本人の「位置情報はもちろんのこと、通話やメールの相手、さらにメールについてはその内容まで把握」出来てしまいます。
 スマホの顔認証システムを使っている人は、スマホを使うたびに最新の顔写真を政府に提供することになります。スマホを家に置いて外出しても、街中に張り巡らされた監視カメラが、ターゲットの人物を追いかけます。
 こうした監視システムを運用する権力者側の人間であれば、なんとしても実現させたいところです。自身は上級国民で、何をしても罪に問われることのない立場のものが、たまたま可愛い子を見つけてロックオンすると、その子の日常生活を覗き見できて、スマホやパソコンのカメラを通して家の中まで覗かれるという完全ストーカー社会になるわけですね。
 プチエンジェル事件を例に出すまでもなく、ド変態は権力者に多いのですよ。若い娘や幼い子供を持つ親は、権力者には小児性愛者が多いということを知っておくべきでしょう。
 また、“SNS(ネット上の交流サイト)などで政権に批判的な言動をしている者、特に影響力のある人物”については単に監視対象となるだけではなく、ことによると家族まで危険にさらすことになります。それが最も効果的な脅迫の方法だからです。
 人工知能(AI)が監視システムを運用することで、革命の芽は早期に摘み取られ、支配層の権力は絶対的なものになります。まさに、支配層のやりたい放題で人類は奴隷化されます。中国はその最先端を走っているといえるでしょう。
 新型コロナウイルスはこのような社会を実現するために、カバールによって意図的にばら撒かれたと考えるのが自然です。新型コロナウイルス騒ぎはショック・ドクトリンなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍政権が企む“国民全行動”追跡システムの恐怖「位置情報も通話も筒抜け」
引用元)
菅義偉官房長官(71)は6月23日、マイナンバーカード(個人番号カード)と運転免許証を一体化する検討を始めると発表した。将来的には携帯電話番号との紐づけなども検討しているというが、実はこれが「国民全行動把握」につながる制度と恐れられているのだ。

「これはヤバイ。政府による国民監視の始まりだ
こう声を上げたのは、監視業務に通じる警察関係者だった。
(中略)
これに携帯電話番号が加われば、もう無敵。位置情報はもちろんのこと、通話やメールの相手、さらにメールについてはその内容まで把握できる。こうなると、まさに丸裸。実際に捜査で使っているので、よくわかります」(警察関係者)

安倍政権はマイナンバーカードと運転免許証の合体で「行政のデジタル化」のメリットをうたいながら、その狙いは「全国民の顔写真入手」にあるのではないか。やろうと思えば、国民の全行動と生活の恣意的な監視、追跡をいとも簡単にできてしまうのだ。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 

[YouTube]見たこともない組み合わせ

竹下雅敏氏からの情報です。
おどろいたな~、これは!
(竹下雅敏)
————————————————————————
SEAL & TEGU MYSTIC STARE DOWN 1
配信元)

王族、政治家、ハリウッド俳優らのほとんどがトランスジェンダーという疑惑!

 ショッキングです!これは時事ブログでシェアするべきかしばらく悩みました。。。が、考えてみる価値はあるかもと思い書いています。ただ慎重に伝えたいと思います。以前、時事ブログでキャサリン妃をはじめ、メーガン妃、ミッシェル・オバマがトランスジェンダーであることを学びました。そして、その確認方法も竹下先生から教わりました。また、やすとみ歩さんのように肉体が男性、幽体が女性である場合、男性が女性に変わることは自然なことだということも教わりました。
 が、ここで話すトランスジェンダーはそれとは異なり、ルシファーを神として崇拝する悪魔崇拝、イルミナティが何百年もの間やってきた性転換儀式?!、つまり人生の成功を保証する代償として性転換を捧げるというのです。一番良いとされている性転換開始年齢は2歳前から、いやもっと早い人は子宮の中、胎児の頃から勝手に性転換されてしまうらしい。そして性転換を捧げた人たちは、結婚する相手を選ぶことすらできず、すべて支配者の言う通りの人生を過ごさなければいけないと。これらは、MKウルトラのマインドコントロールの被害者Ellen Atkinさんが自身のサイトで語っています。
 王族、政治家、ハリウッド俳優らのほとんどが性転換をした人たちらしい。。。こちらのサイトでは、アルファベット順に約1700人ほどの有名人性転換者疑惑リストがまとめられています。数々のトランスジェンダー明かしの動画を参考にまとめたようです。これらの動画は男女の体の特徴(額の形、顎、首、肩幅、ウエストラインなど)と比率などで判断しているようです。疑惑リストの95%はその特徴に当てはまると言っています。動画にはヴィクトリア・シークレットのモデルはすべて男性、ミスユニバース、ミスアメリカ、ミスティファニー、プレイボーイガールにも男性が。。。疑惑リストには、ビル&メリンダ・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ、トランプ大統領、メラニア夫人、ビル&ヒラリー・クリントン、ジャッキー・ケネディ夫人、ウィリアム王子、ハリー王子、ダイアナ妃までありました。疑惑リストをそのまま鵜呑みにせず、是非、冷静にご自身で測定しご確認くださいませ。疑惑リスト、動画ともに間違いはあると思います。

 popoちゃんは、最初、ショックのあまり消化に時間がかかりました。若いころ自分が憧れていた歌手が実は男性だったりで最初は「信じられない!完全に騙されていた!」の気持ちが。。。でも消化後には「なんてかわいそうな人たち、なんて辛い人生を送ってきたんだろう。」という胸が痛くなりました。こんなひどいシステムを作った闇の存在たち。。。消えてくれ‼️
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
All Male Royals = Kate Middleton Meghan Markle Diana Spencer Transgender Transvestigation #SSSTruth
配信元)


王族
モナコのステファニー妃、ダイアナ妃、セーラ (ヨーク公爵夫人)とその”娘”ベアトリスとユージェニー、キャサリン妃とその“娘”シャーロット妃、メーガン妃、エリザベス1世
————————————————————————
"Transgender Transvestigation" of First Laddies Lady Gaga Michelle Obama Clinton Trump SSS Channel
配信元)


ミス・ユニバース、プレイボーイ、ジェイムス・ボンドガール、メラニア夫人、ミッシェル・オバマ、ヒラリー、ジャッキー・ケネディ、バーバラ・ブッシュ、ナンシー・レーガン、アンジェラ・メルケル、イヴァンカ、リン・ロスチャイルド、ハッピー・ロックフェラー、レディ・ガガ….etc… 
Lad = 少年、若者
————————————————————————
"Transgender" Runways Victorias Secret Tyra Banks Heidi Klum Angela Ponce Andreja Pejić SSS Channel
配信元)


ヴィクトリア・シークレットのモデルはずっと前から皆、男だったと….etc……

ホルモン剤、整形、メイク、仕草でこんなにも化けられるなんて。。。
竹下先生が教えてくださった調べ方を知らなかったら、男性だと言われてもきっと信じない。
でもホントに男性だぁ。。。
————————————————————————
Before/After Male-to-Female Transgender Transformations Facial Feminization Surgery FFS SSS Channel
配信元)


Dr. Jeffrey Spiegel(整形外科医)が女性らしい顔にするための方法をイラストでわかりやすく語っています。(1分20秒あたりから)トランスジェンダーの整形手術はすべて保険が効くらしい。。。

〈日本語の自動翻訳字幕の設定方法〉
1. 動画を再生
2. 動画の右下にあるアイコンの歯車マーク(設定)をクリック
3. 「字幕」をクリックし「英語(自動生成)」を選択
4. 再度「字幕」をクリックし「自動翻訳」を選択した後、「日本語」(一番下)を選択

ままぴよ日記 53 「小1プロブレム」

未曾有の豪雨。
コロナの緊張の中、今度は一夜にして地形が変わるほどの豪雨です。我が町もレベル5にあたる大雨特別警報が出されました。奇しくも満月。近くの海が5メートルの高潮を迎える時間と重なっていました。

ヤバいです。ケータイはアラームが鳴り響き、激しい雨音が私の不安を煽ります。ヴァータの私はじっとしていられなくて行ったり来たり。

結局私がしたことは風呂に水をためて、二階に貴重品を運んで、猛スピードでご飯づくりです。そして避難リュックにマスクと消毒液、「癒しの光」「免疫・恒常性」「祝福の光」の写真サーキュエッセンス和も新しく加えて、やっと一息。
そうそう、友人が「トイレが逆流した」と教えてくれたので、その対策も準備しました。

ただ、今回は避難するつもりはありませんでした。家ごと流される可能性は低いので避難所に行く方が危険だと思いました。避難準備をしただけで気持ちが落ち着きました。備蓄の食料品はあります。

あとは落ち着いて過ごすだけなので「ままぴよ日記53」を書き始めようと思ったのですが、やっぱり私の頭は大雨から離れられません。こりゃムリだと観念して今の自分の気持ちを書くことから始めます。

それにしても毎年毎年、災害で全てが無になる事を覚悟させられます。いったい、いつになったら落ち着くのでしょう。そうでなくても色々な問題が同時進行で発生しているので、最近は祈ることが増えました。

でも、祈ってばかりの自分にも疑問が出てきました。祈ることに疲れたり、あきらめが出てきたりしている自分が見えてきたのです。もしかしたら祈りと期待を混同している?そんな自分を反省しました。

そして、自分が純粋に願っていることがあったら、その意識で生きていけばいいと思いました。叶うかどうかはどうでもいいのです。だってもうそんな生き方をしているのですから。そう思ったら気持ちが楽になりました。

おりしも今日は7月7日。年に一度だけタナバタヒメコタエ様へ願いを託せる日です。今、お願い事を書いた短冊が雨風に踊っています。気持ちを届けただけで安心です。ありがとうございます。

さて、今回のテーマは「小1プロブレム」。でも、子どもの視点で考えたら「学校プロブレム」です。
(かんなまま)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

小学1年生の授業参観


小1プロブレムという言葉があります。これは子ども達が小学校に入学してから授業中にじっと座っていられない、先生の話を聞けない、集団行動ができないという事が多くなってきたことから小学校1年生に起こる問題だと言われています。

現実、小学1年生の授業参観をすると立って回ったり、隣の子とおしゃべりをしたりして先生の話を聞かない子ども達が増えました。クラスに何人かそういう子がいると周りもざわざわしてきて落ち着きません。先生は1人1人に注意して席に着かせたり、言い聞かせたりしますが落ち着く気配はありません。


これでは一斉に勉強できるはずもなく、授業が進まなくなります。特に新任の先生が担任になると大変です。子どもの事を何も知らないで先生になっているので、まじめな先生ほど途方にくれます。

何と、教師になって一年目で3割の先生が辞めていくそうです。もともと教師志望が減って教育大学の合格率は1.1倍とか。団塊の世代の先生方が定年を迎えて大量に退職をしている今、新任の先生探しが大変です。だから講師として採用されて、教えながら教員採用試験の合格を目指す人も多いのです。でも、毎日仕事に追われて勉強する暇がないと言われています。


» 続きはこちらから