アーカイブ: Qシリーズ

19/1/23 ペーター・B・マイヤー情報:“Q”の誕生

 Qチームの組織構造を解説しているマイヤー氏の記事を御紹介します。ソルカ・ファール女史の昨年12月の記事ではQのトップとして次期統合参謀本部議長に指名されている米陸軍のマーク・ミリー大将が、そして今年1月半ばの記事記事ではロバート・ワーク米国防副長官がメンバーの一人として、初めて名前が上がりました。今回の記事で、スカリア最高裁判事もトップの一人だったことが判明。
 しかも玉葱構造で、中心には一番最初に集まった3名を含む創設者10名の「中核サークル」、それを取り巻くホワイトハウスの10名の「内部サークル」、各政府機関に散らばる10名の「外部サークル」、さらにその外側にはカバール処刑の〆を担当する何人もの裁判官による「最終サークル」で構成されているそうです。
 本物の「Q」は中核サークルの10名のことで、ネット上の「匿名Q」とはその配下。ジョーダン・セイザー氏などはQがグループ名であって、個人ではないと前々から指摘されていました。
 なんというか……男の子ってこういう秘密基地的、秘密結社的な取り決め、好きですよねー。まぁそっちの方が頑張れるのなら、大いに楽しんでくださって構わないのですが。そいでネットの4チャン・8チャン軍団の推測通り、Qはスタートレック絡みの命名でした。ようはスタトレ・オタクが内部に存在することも判明(笑)。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ペーター・B・マイヤー情報:“Q”の誕生
転載元)
投稿者:ペーター・B・マイヤー

■ 目次 ■

次の大統領


バラク・オバマの二期目の選挙が終わった2012年、3人の愛国者が集い、大変裕福かつ知性溢れ、有力な億万長者10人による極秘のグループを結成しました。彼らはファシスト勢力を介して、アメリカが外国の諸政権に奪われていくことを憂慮していました。

ということでアメリカの憲法と国旗に忠誠を誓う者同士、彼らは密かに同盟を結んだのです。その誰もがディープ・ステート側に個人的な知り合いがおり、【向こうの】計画について直に情報を入手していました。

この頃、グループはアメリカ合衆国の次なる大統領を自ら選ぶことを決意したのです。有力かつ極秘の同盟に支援された彼らは、何故いつもディープ・ステートが自分たち【人民】の大統領を選んでいるのだという同様の理由で突き動かされた、信頼のおける仲間に連絡を取りました;この計画の円滑な実施を確保する【ためです】。

こうして彼らは、ディープ・ステートの【支配する】選挙ゲーム上で【ディープ・ステートを】打ち負かそうと決心しました。【但し、向こうには】こちら側も同じゲームに参加していることを悟らせることなく。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

この10名のグループは、自分たちを“Q”と呼ぶことにしました。スタートレックに登場するQを取り巻く得体の知れなさを利用しようという考えでした。【Qは】全能で、世界の誰一人としてQの本当の正体を知ることはありません。Qグループ自らが世界に正体を明かすのであれば別ですが。

彼らは全知全能の存在として活動したかったのです。但し、ディープ・ステートからの報復を恐れることなく、密かに活動する匿名の集団です。

» 続きはこちらから

19/1/16 ソルカ・ファール情報:トランプ・フィンランド同盟がアメリカを“市街地核爆弾”で溢れかえらせようとしたのを知らされたプーチン、クレムリン中を震え上がらせる

 プーチン閣下が激オコで、部下の皆さまはガクブルだそうです。というのも、ロシアの仇敵フィンランドがアメリカに協力して、核爆弾搭載の戦車をせっせとアメリカに献上してしまったからだとか。
 いやはや、ヴァイキングの末裔フィンランドに“戦士の遺伝子”なる物騒なものがあるとは知りませんでした。100対1で、しかも大国二箇国相手に同時並行で勝利してしまうなんて、どんだけ戦闘民族なんですか、完全にバーサーカーですよ。

 そしてフィンランド大統領の人生、壮絶過ぎ。ただし、熱心なキリスト教徒だから社会主義と共産党は大っ嫌いなの、それで動機は理解できるでしょ、的な感性は日本人にはついていけないかも……。
 実は昨今の欧米保守層では、社会主義&共産主義が合体してしまい、最早「悪魔崇拝主義」と遜色ないほどに毛嫌いされているのです。中身をしっかり理解しようという気すらないんじゃないかな、とにかく「あいつら変! あいつら危険!」とゴキブリ扱いです。
 そういう訣で、トランプさんはもう、アメリカ国内の敵に小型核爆弾をぶっ放す瀬戸際まで来ているようです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:トランプ・フィンランド同盟がアメリカを“市街地核爆弾”で溢れかえらせようとしたのを知らされたプーチン、クレムリン中を震え上がらせる
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

クレムリンが凍り付くほどの“懸念”事項


本日クレムリンに出回っている【ロシア連邦】安全保障会議SC)の厳しい論調の新報告書は、プーチン大統領【にも当然ながら人として好き嫌いがある訣で、】誰や彼やら、あるいはあれやこれやのプロセスに対する否定的な態度【を率直に表明された際】には【こちらも】ひやりとさせられます」とのドミトリー・ペスコフ報道官の発言をどうやら裏付けているようです。

【※もう長いこと大統領報道官を務めている方なので、ロシアのメディアにプーチン大統領と一緒に仕事するのはどういった感じなのか、大統領が罵倒することもあるのか、と最近質問されたようです。詳しい言及は避けたものの、「そりゃまぁ大統領だって感情的になることはありますよ」的に否定しなかったものだから、スプートニクが記事にしちゃった模様。】

【――というのもロシア】対外情報庁(SVR)が、米軍は現在フィンランドマルミ【地区】の巨大な倉庫で活動しており、【倉庫内部は】中東から運ばれた米軍の軍備で溢れかえっていると明らかにすると、プーチンは「すさまじく危機感を募らせたらしいのです。【※「ブチ切れた」を婉曲的に包んでお届けしております。】

――【この軍備の内、】最も恐れるべきは“市街地核爆弾”なるもので――これは米軍B61核爆弾に対するロシア語での表現で、【爆発】威力をTNT換算で0.3キロトンまで下げられることが可能【だというのが「市街地」の由来なのですが】――広島を破壊した核爆弾のたった2%に相当する威力となります。
【※つまり都市丸ごとではなく、一区画だけを爆撃する程度に小型化可能な核兵器だということ。】
[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に相当するおおよその英語【訳】となっております。]

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
米軍がフィンランドのマルミに極秘の倉庫(上の写真)を立ち上げて以来、ロシアは危機感を募らせています

» 続きはこちらから

地球ニュース:レッド・ドラゴン大使 第2回 その4

 紅白ドラゴン会談の最後の20分の部分です。その3の終わりでベンジャミン・フルフォード氏が抜けてしまい、後は大使にどうやってこれまで抑圧されてきたテクノロジーを公表していくのかを伺っています。
 大使は各国や各企業が健全な技術競争を繰り広げることで、必然的に開示されていくと考えているようです。

 にしても宇宙人の存在よりも、UFOの燃料の方が知られたくなかっただなんて、脱力しましたわ。結局は金(かね)なんかいっorz
 ティムさんはとっても善良な方なので、ひたすら全人類の幸福を願っているようなのですが、野心に憑りつかれたエリートは「全員がハッピー」では納得しないと思います。「自分たちだけがハッピー」だからこその優越感でしょう。それに、やっぱり悪事を犯したらちゃんと裁かないと人々が納得しないと思います。

 さらにルイーザさんが指摘するまで、私は「昨今の技術革新は目覚ましい」と感じておりました。携帯が何Gにアップする云々て、健康被害を考えたらそこまでの機能は必要ないですし、確かに一般自動車はずーっとガソリンですし……あれ、そんなに進化してない?! むしろ後退してます。
 メディアが派手に喧伝しているから、すっかり騙されていました。色々と気付いていたつもりなんですが、洗脳ってコワイです。エリート層は小惑星で鉱物採掘して幾ら稼げるかを皮算用している時代なのに。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
レッド・ドラゴン大使 第2回 その4


現在世界を動かしているのは中国


第323回の金魚さんレポート特別版、その4は56分40秒辺り、ベンジャミン・フルフォード氏が抜けた後の様子です:

ルイーザ:大使、別の質問を一つさせてください。世界規模の通貨リセットでは、中国が本当に大きな役割を果たしています。世界中で、です。例えばアフリカを見ると、中国は沢山の国々のインフラへ、もの凄く投資しています。もう現時点では中国がこの惑星の皇帝です。その点について、どう思われますか?

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

レッド・ドラゴン大使(以下、「大使」)ええ、正しいです。我々【中国】はおっしゃる通り、現時点では世界皇帝なのです。アフリカに限られた話ではなく、アメリカでもそうです。アメリカの債務の大半を所有しているのですから。

主人に借金している人間は、【その主人の】奴隷にも借金しているのだと言います。

世界征服ということでアメリカと中国の唯一の違いは、アメリカのエネルギー【資源】の方が大きいこと。もし中国の方が大きければ、アメリカに取って代わったことでしょう。【中国は】アメリカと【表立って】競うだけのエネルギーがないのです。

» 続きはこちらから

地球ニュース:レッド・ドラゴン大使 第2回 その3

 今日もフルフォード氏が、ぐいぐい大使から内部情報を引き出そうとしています。昨年10月の第一回目では、大使は断言を避けてのらりくらりと躱していたのですが、今回はかなり詳しいことを話してくださっています。
 ファミリーの一員ではなく対外的なスポークスマンを任されているという立場上、そして昨年秋まで2年間ほど黙っているようにファミリーから通達されていたこともあって、あくまで自分の個人的な意見では、という語り口ですけどね。

 大使がフルフォード氏は結構いい線言っていると評価したのは、時事ブログにも登場したこの種の調査のことじゃないかと思います。ピラミッドの目は、別人物の図ですがここら辺。ようは1ドル札に描かれた、プロビデンスの目です。
 民主党の上院下院の両トップ「ナンシー・シューマー」の言い間違いが予期せぬジョークとなったのは、向こうではお似合いのカップリングだと思ったら、二人の名前をくっつけて呼ぶのが流行っているからだと思います。ウィリアム王子とキャサリン妃(愛称ケイト)なら「ケイリアム」と、通常は合体させて一つにするものの、多分そんな所でしょう。
 にしても2019年には表面上も変わってくれるかと思いきや、あと3年て! まだまだ忍耐力が試されそうです(泣)。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
レッド・ドラゴン大使 第2回 その3


南極の様子が気になります


第323回金魚さんレポート特別版として、紅白の龍の特別会談がゾロ目の1月11日に収録されました。今回はその2の続き、40分から56分過ぎまでです:

ルイーザさんが、エムスリー氏に取り上げたいトピックがないのか訊ねます。

ティム・エムスリー氏(以下、TE)フェイスブックで5時間ほど前から拡散している話題があるのですが、ニューヨークの青い光のことで、カバール連中の抽出【作戦】だったとか云々。グアンタナモ湾ではなく、南極に移動させるのだと。

私もちゃんと読んでいないものの、それはそれで興味深いなと思った訣で……偽情報の法螺話かもしれませんが、南極や極秘宇宙計画のことを話していたので――。


ベンジャミン・フルフォード氏(以下「BF」)私には南極に関する情報源があって、【実際に】米国大統領選挙の日に南極にいた【人物】なのですが、ローマにいて、私も会ったことがあります。実在の人物で、ネットの創作物じゃありません。彼に訊いておきましょう。


ルイーザ:ですね、あそこら辺では色々とありますから。【真相が】判明するといいのですが。


ディスクロージャーにはあと3年くらい


BF:大使に話を戻して、金融システムをコントロールしているファミリーについてさらに質問したいのですが……ディスクロージャーを巡っての予定はどうなってますか?


レッド・ドラゴン大使(以下、「大使」)それは彼らが全ての手順をしっかり詰めて、その後にくる話です。なので現実的に見ておそらく次の3年以内で出始めるようになるんじゃないかと思います。

新たな番人たちがきちんと配置されてからですね。彼ら【ファミリー】は貴方【ベンジャミン】や私などの人間を長らく監視しており、【資質を】試したり、何をしているのか見守っているんです。【これからも】私たちの言動がちゃんとしたものであれば、このディスクロージャーに参加させてもらえるかもしれません。

私が知っているのは、ファミリーの本当の話を映画化する計画があるということです。人々が観れるようにね。それが将来的には準備されています。


ルイーザ:それは南極に繋がる話ですよね、何故なら人類の本当の歴史については我々も扱ってきましたし、ベンジャミンも前に言ってましたし。ということは大使、これは本物の透明性を確保するという計画の一部なのでしょうか?


大使:そうです。ただし実現するためには、この惑星に【これまでとは】異なる構造を立ち上げねばなりません。そして――。

» 続きはこちらから

地球ニュース:レッド・ドラゴン大使 第2回 その2

 1月11日の金魚さんレポート特別版の続きです。今回は20分から40分まで。前回10月と異なり、フルフォード氏が積極的かつ真剣に大使から情報を引き出そうとしています。
 彼は本物だよ、とでも誰かから言われたんでしょうか。それとも実際に会って証拠でも見せてもらったのかしら。前は大使に任せるとぐだぐだになってしまうので、さっさと自分側のことを話し始めていたのに……今回はルイーザさんに割り込んででも大使に様々な質問を試みているのです。
 進行役のルイーザさんはエムスリー氏が殆どしゃべってくれないので、自分が話題を振ってあげなきゃと若干空回り。
 エムスリー氏は宇宙人のことを質問したかったのですが、正面から訊いちゃうと皆にドン引きされちゃうかな~と思ったのか、滅茶苦茶回りくどい質問をし始めます。「ねぇ、本当に宇宙人っているの?」の一言で済むんちゃうん、と延々訳しながら思いましたわ。
 表面上のことに惑わされずに、意識が揺るがないようにする。フルフォード氏の助言には納得です。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
レッド・ドラゴン大使 第2回 その2


レーザー兵器


1回目は大使とフルフォード氏を狙った暗殺未遂の話で終わりました。今回はその続き、20分目から:

ルイーザ:我々も【先程の海兵隊とは】別個の大統領暗殺未遂について取り上げました。クリスマス・ツリーの点灯式の夜、大統領に赤いレーザーが照射されたのです。誰でもはっきり見えるものでした。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

Qがシリアル番号を投稿していたんですが、皆意味が分からなくて。我々がそれでも取り上げたのは、情報がもたらされたからです。

【シリアル番号は】シュアファイア社のもので、「シュアファイア・レーザー」という名称【の製品】でした。これは【標的に】狙いを定めるものではなく、レーザーそのものが武器なんです。あなたの【身体の】細胞で電子や陽子を束ねているローレンツ力をレーザーが阻害して、そうすると電気化学的断絶が起こって、心臓発作を誘因するのです。これがお二人の話されていたことのからくりですよね。

ティム、黄色いベストについて語って頂けますか。というのも、ファミリーや大使がこの黄色いベストの影響をどこまでご理解されているのか、私にはよく分からないのです。これは人々が本当に目覚めていっていて、グローバリストを拒絶しているという事態です。彼らが私たちに代わって意思決定するなんて、もう望んでいないと。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7